0

普通に美味しい・・・それこそ基本の食味です。山の麓の減農薬米-伊藤ふぁーむ- 三重県いなべ市

Posted by kanri on 2016年10月24日 in お米, 山の幸(農産物など) |

こんな経験ないでしょうか、初めていったお店に入り、そこのご飯が美味しかったことなんてありませんか。お昼や夜食べた定食のご飯が美味しいと自然に「おかわり」なんてことあると思うんですが、その店はいうなれば「当たり」ですよね。お米の品種とかではなく、記憶にインプットされるお米に出合うと、当然ご飯はあの店と決めてしまいますよね。

見た目じゃ味なんてわからない白いご飯も、食べて感動さえすれば満足。

では日頃自宅で食べるお米はどうでしょうか。私の周りに以前こんなことがありました。

「普通通りの炊いてザラザラした感じがする」「柔らかいけど、ネチャネチャしているだけ」「炊いて時間が経つと匂いがする」「米の形状がバラバラで割れているのが多い」「水を変えたり、炭を入れて炊いても美味しくない」などなど。

どこで購入したのか聞いてみると激安ショップの特売品でした。通常の半額以下の値段でお米の袋には品種はあるものの精米した時期、収穫した時期、産地さえ明確でないわけです。安く、食べられればいいという安易な結果が招いたある意味「悲劇」で、捨てるに捨てられず無くなるまで我慢の日々。お米が美味しくないため、固めに炊いてチャーハンにしたり、カレーにしたりで、白米本来のうま味なんて味わえるはずがない毎日だったわけです。

 今回紹介するお米は全くの「普通に美味しいお米」です。

全国有数の米処が多いといわれる新潟でも、山形でも、秋田でもありません。ただ言えるのは山の麓で丁寧に育てられたコシヒカリであることは間違いありません。

itou001

お送りくださったのは三重県いなべ市の伊藤ふぁーむさんから。三重県最北端、宇賀渓の麓で「量より質」にこだわり、地元農業の活性化を担い、元気で丈夫な稲を育てています。

土壌は粘土質で肥えているため、コシヒカリ系の育成にぴったり!

透明な水の中で岩魚が泳ぎ、夏には蛍が群れを成し、昼間は暖かく、朝夕の寒暖差からお米も野菜も自然に美味しくさせてくれるといいます。

itou002

では早速炊き立てを食べてみたいと思います。

itou003

コシヒカリの癖といいますか、粘りとコシがあって普通に美味しいですね。強い癖はないですが、このお米は飽きることなく安心して毎日食べられる、素直に口に運べるさっぱりした感じが印象的。

「おにぎり」にしてみました。

itou004

味付けは塩のみ。「弁当にもっていきたい!」これ、素直な気持ちです。やっぱりおにぎりにすると本当のお米の美味しさが前面にでます。冷めてもうまい!これが普通に美味しいってことですよね。

 

普通に美味しい!

だから毎日あってもおかしくないお米です。やっぱり作り手、産地がわかるということはお米購入の大切なキーワードですね!

お買いものは、買っちゃって王カートから。

 

 

0

安全で美味しいお米を皆様へ。農薬不使用「長寿米」吉田農園-滋賀県長浜市-

Posted by kanri on 2016年10月19日 in お米, 山の幸(農産物など) |

誰もが願い追及する「おいしさと安全」。毎日食べるお米だからこそ、そうあってほしいのは皆さん同じだと思います。今回紹介するのは「無農薬有機肥料栽培」でありながら、美味しさを追求したコシヒカリです。

yosida001

滋賀県長浜市。
琵琶湖の北東部に位置し、その昔、羽柴秀吉が城下町として整備し、北国街道や琵琶湖水運の要衝として発展してきた歴史ある町です。ここ長浜市に今回お送りくださった吉田農園さんがありますが、吉田農園さんでは水質浄化で知られる「EM菌」による生産方法でより美味しさを追求したお米を栽培しています。米ぬかやEM活性液を大量に作り、田んぼに散布し土を良い微生物でいっぱいにします。そうすることで健康な稲になり、草も生えにくく、さらにお米の波動も高くなり美味しくなるんだとか。この方法を位置づけ、長年の功績が認められ「第8回全国・米食味分析鑑定コンクール若手農業経営者部門」にて「コシヒカリ金賞」を受賞しました。

yosida002

「長寿米」

これが吉田農園さん自慢のお米です。名前からして歴史を感じる気がしますが、この長寿米は「50年前の本物のお米を作りたい」という思いから無農薬無化学肥料栽培を始めたそうです。確かに昔は農薬なんてなかったですから、病気になりやすく、天候に左右され、草が生え、害虫が荒しますから稲の生育にも影響が出やすかったはずです。それを回避するために田んぼに農薬を散布するようになったのですが、それでは量は収穫できやすくなっても、本来の自然の力で育った、本来の旨みなんてなくなってしまって当たり前。

yosida003そこで、過去を遡り、先人の技術を学びEM農法によって「長寿米」が誕生。技術を研究し、今では大型の機械も導入することで従来の農家直送の販売方法によって「安全、美味しい、安い」を実現したそうです。今では地元の「ふるさと納税」のお礼品に吉田農園のお米は人気なんだとか。では長寿米、早速炊飯してみましょう。

香・・・このお米の香りからどこか遠くを見てしまいます。田舎の風景が蘇り、山と山の間の田んぼから運んできたまだ籾の状態の米の香りを瞬間的に思い出しました。

yosida004色・・・

純白の炊き立てのお米は、キラキラと輝く宝石のようで、見ているだけで今日も食べられるというありがたさを感じます。

yosida005味・・・

一口で「あっこれは美味しいコシヒカリ!」だとわかります。ほどよく粘り、その奥からは自然な甘さが感じられ、一粒一粒がはっきり鮮明にとらえられ、飲み込む直前までじっくりその優しい味わいを確かめられます。

yosida006さて次に味わうのは、そうあなたの番!毎日の食事が楽しい、眼の前には温かい茶碗につがれたお米がある、どんなおかずとも合う。そうあってほしいと思いませんか。

お買いものは、買っちゃって王カートから

 

0

石巻市名産「ホヤ」の粉末入りマドレーヌ「保夜美人」-宮城県石巻市- 萬楽堂

Posted by kanri on 2016年10月19日 in スィーツ, 洋菓子 |

平成25年 第26回全国菓子大博覧会 外務大臣賞受賞

これから紹介するのはこの賞を受賞した宮城県石巻市の萬楽堂さん製造のマドレーヌ「保夜美人」という石巻市名産の「ホヤ」を粉末にしてマドレーヌに入れたという何とも普通では思いもよらない摩訶不思議な洋菓子。

manraku001

お送りくださった萬楽堂さんは100年を超える老舗。石巻の名産であるあの「ホヤ」をマドレーヌに使うなんてとても普通では考えられないですしいったいどんな経緯があったんでしょうね。はっきりしているのは震災後、何とかしたいという思いと、郷土に対するすごく強い思いやりがあってのことというのは事実に違いありません。

manraku002

今から3年前、全国の名店が揃い技術の結晶でできた商品が評価される菓子博で見事「外務大臣賞受賞」を受賞したのですが、その受賞に至るまで震災復興を願う萬楽堂さんの思いが水揚げ日本一のホヤを使えないか日々試行錯誤の連続だったに違いありません。だってあのホヤですよ。海にいる貝の一種で酒のアテに食べるホヤをマドレーヌになんて、いったい誰が考え付くでしょうか。それをやってのけ、しかも大臣賞でしょ!即ち認められたってことですから、買っちゃって王のスタッフも食べてもみたくなって当然。

 

このマドレーヌ「保夜美人」というネーミングで、ホヤを乾燥させて粉末にしたものをマドレーヌの生地に練り込み、ホヤが好きな人にはもちろん、苦手な人にも美味しいと地元でも大好評を得ているお菓子なんです。もちろん手作り!!(賞味期限:常温で製造日より30日保存)

 

では早速食べてみたいと思います。

見た目はどこでもある感じですが、一口食べてみると「ほんのり甘く、クリーミーな感じ」。

manraku003

自然とじゅんわりまるで舌に乗せたアイスが溶けていくかのような感触です。すごく甘いわけでもなく、物足りなさなんてこれっぽっちもない。

manraku004

でも、でもですね、ホヤ・・・・

おや?ホヤはいったいどこって感じで、磯の香りなんて全然しません。そんなことより普通に全然美味しいです♪お茶よりコーヒーに合いそうな気がします。

 

そうでした、もうひとつ「黄金ごまゆべし」も同梱されてきましたので、そちらも紹介。manraku005

黄金ごまゆべしは、黒ごまた~っぷりで甘さも控え目に作られているんだとか。その味は

「お茶がほしい!」です。滋味でありながら素朴な味わいでふんわりとやわらかく、心を落ち着かせてくれるありがたいゆべし。実はこのゆべしも「全国菓子博にて橘花栄光賞・全菓博栄誉大賞」を受賞しているんです。どうりで、しつこさがなく一味違うって思いましたね。

manraku006

どうですこの2つ。お茶うけに名誉ある賞を頂いた逸品もオススメではないでしょうか。

お買いものは、買っちゃって王カートから。

 

0

「夏秋いちご」って知ってます?? -八守ファーム- 長野県茅野市

Posted by kanri on 2016年9月28日 in 果物類 |

苺(イチゴ)の旬は冬・・・
でも暑い時期にもぎたてがあればどうでしょう。

今、季節は9月初旬。私の手元には真っ赤なイチゴがあります!もちろん海外のものなんかじゃなく、れっきとした国内生産のものなんです。

itigo001

お送りくださったのは、長野県茅野市の八守ファームさんからで、この苺の生産量を増やすまで、かなりの時間とご苦労が絶えなかったそうで「普通イチゴは寒い時期のものなんですが、なんとか夏場にも安心して食べられるイチゴを作りたかった」のが生産に踏み切ったきっかけなんだとか。今では地元をはじめ洋菓子店やイチゴを求める皆さんから、ひっきりなしに注文が入るそうです。

itigo002

確かにスーパーには5月を過ぎるとほぼ陳列されていないですし、あっても冷凍のイチゴのはず。その常識を覆すにはそれなりの覚悟もあったかもしれませんが、順調な収穫をしていくにあたり、栽培する場所、気候も大きく関わってきます。夏秋いちごの品種は「すずあかね」といって夏場でも大玉の果実が収穫が可能で、収穫してから一週間程度の日持ちがする品種。また光沢もよく、酸味があり固い品種のため甘いケーキの引き立て役になりやすいのもこの品種の持ち味。

itigo003

八守ファームさんの夏秋いちごは「標高950mの冷涼な場所、蓼科高原の太陽と風、八ヶ岳の地下水」の恩恵をたっぷり受けて育ちます。もともとの持ち味が寒暖差の大きな場所によってさらに爽やかな酸味を生み、特徴を引き出しているのです。

 

では、夏秋いちごを使って
ジャムを作ってみたいと思います。

 

イチゴジャムの作り方

用意する材料:イチゴ300g、白砂糖100g、レモン汁大さじ1杯

  • ザルに移しよく水洗いしたイチゴのヘタを取り除きます。

itigo006a

  • 鍋にイチゴと砂糖、レモン汁を入れ、全体を軽くかき回し、1時間待ちます。

itigo007b

  • 中火より少し弱い火力で30分位煮詰め、煮立ってきたらアクを丁寧にとります。

※煮詰める時間は水分がなくなり、固まってきてジャム状になればOKです。

itigo008c

  • 固まり始めたら粘りもでてくるので、焦がさないようにし、ジャム状になったら火を止め、粗熱をとります。
  • これで出来上がりですが、瓶に移す場合は瓶をしっかり煮沸消毒しておいてください。

 

さて、いよいよ試食♪その味はというと「甘酸っぱ~~い」です。市販のものより濃さがない分、たっぷり使えそう。それに“爽やか”!!

itigo004

無糖のヨーグルトにたっぷり入れて食べたらきっと美味しいと思います。

itigo005

 

ケーキ屋さん、洋菓子屋さん・・・どうでしょうか、この夏秋いちご。
積んだばかりのフレッシュな瑞々しいイチゴがない夏に、秋にお店の洋菓子に欠かせないのでは?

お買い求めは、買っちゃって王カートから。
※個人でもご注文OKですよ。

 

 

0

地元の名産品やご自分で作った食材をコロッケに!お店の看板メニューにオススメ!-合同食品㈱- 大阪府豊中市

Posted by kanri on 2016年9月28日 in お惣菜など |

「コロッケだけを作り、

コロッケを知りつくした会社」

今日は「コロッケ」専門の企業から送られてきた「コロッケ」の紹介です。ですから「コロッケ」大好きな方も、お店のメニューにしたいと思うオーナーも必見ですよ。

goudou001

今回紹介するコロッケは大阪府豊中市のコロッケ一筋33年!合同食品㈱さんから送られてきた黒毛和牛コロッケ、コーンクリームコロッケ、極上ミンチカツなど6種類なんですが、これはまだまだ序の口。よく聞く名前のコロッケですし、スーパーでもメーカーは違うにしろ、簡単に言ってしまえば定番に近いコロッケ。とはいうもののもちろん素材や製法にこだわり、味に自信のコロッケを合同食品㈱さんは業務用として取引のある店舗などに卸していますが、先にも書いているように「コロッケだけを作り、コロッケを知りつくした会社」ですから、コロッケを通じ、何か違うことを常に模索しながらオリジナルはもちろんお店のオーナーのリクエストや消費者のリクエストにお応えして、いろんなコロッケを製造・販売をしているんです。

 

私はこんな話を聞きました。

「ご当地の一品をコロッケに入れるとどうなるのか?」・・・・

確かにコロッケは茹でて潰したジャガイモ、ミンチなどを入れ衣を纏わせパン粉をつけて油で揚げたもの。家庭によって、またお店によってその味はもちろん形やサイズも全部違います。が、中身・・・そうなんですその「衣の中の具」をご当地にしかない一品を詰めて揚げてお客様に提供すればどうなるのか?この話を合同食品さんから聞いたとき武者震い、ドキドキ、頭の中はこれまで数年間に渡り数々の北から南までのいろんな食べ物を食べてきた私にとって「なんてすごい会社だ」でした。“そうか!この手があった。なんて面白いんだ”と勝手に興奮したのも記憶に新しいところ。どの家庭もコロッケはおかずの定番。だからこそ変化をつければ食べてみたいだけではなく、「あっこのコロッケってアレが入ってんだ」になるはずで、ドキドキワクワクのはずです。

goudou002

しかも、ご当地やオリジナルのコロッケの提案や指導だって合同食品㈱さんは完成まで指示、指導もやってくれますから、ぜひ看板商品をお考えの方やあと一品ほしいなんて方は相談してみてはどうでしょうか。また誰が揚げても品質一定を目指していますから、大量に揚げ物を扱うお店にもオススメ!

大阪府豊中市今在家町21-15 合同食品㈱

TEL. 06-6866-3364

HP:http://www.godo-fods.jp

 

では合同食品さんのオリジナルコロッケ、いくつか食べてみたいと思います。ぜひ購入の参考にしてみてください。

★黒毛和牛コロッケ★

goudou003

狐色に揚がったアツアツの衣に歯をあて、一気にサクリッ・・・「甘いっ」ジャガイモが美味しくて、切ない甘いです。

goudou004

そのジャガイモから溶け出すかのように、お肉の旨みがフワリッ!!

★チーズベーコンコロッケ★

goudou005

風味のいいチーズが見事にとろけます♪ビールと一緒に胃袋へGO!衣とジャガイモとチーズの夢の競演がかなり癖になりそうです。

goudou006

★極上ミンチカツ★

goudou007

アツアツのミンチカツは肉汁ジュワッ!この噛んだ瞬間で旨いかどうか決まります。

goudou008

もちろん上出来!極上の名にふさわしくうんま~い。おかずもだけど、酒のお相手にもオススメ。

 

 

ご注文、お問い合わせは上記HPまたは買っちゃって王まで

0

札幌黄玉葱をふんだんに使った「幻のたまねぎカレー」-北海道アグリ企画- 札幌市

Posted by kanri on 2016年9月13日 in 洋食・和食 |

カレーってどのくらいの頻度で食べていますか?

我が家では月に2回平均くらいと思いますが、カレー大好きな私は週1回でもウレシイ♪

自宅で作ったカレーだからでしょうか月2回は案外時平均かもしれませんが、スーパーに行くとカレーのコーナーにレトルトカレーも普通においていますよね。

 

さて、皆さん今までどれだけレトルトカレーを食べました?きっとその中には「これ、これだよ!」なんておかずに困ったときや、めんどくさいときにサッと温めて白いご飯にかければもう立派な食事になりますよね。でもそのレトルトカレー、具材にこだわった“幻”なんていう名前のカレーが通販できるとすれば食べてみたくありませんか?

tamanegi001

今回紹介するカレーはスパイスやお肉にこだわったカレーではなく「玉ねぎ」にこだわったレトルトカレー。その名も「幻のたまねぎカレー」といって「札幌黄」という北海道生まれの玉ねぎを使ったものです。この札幌黄を栽培するヴェール農場は、100年以上の歴史ある農場で、札幌黄の種子を自家栽培し、120項目以上の適切な農場管理の基準をクリアーした農場のみに与えられる「JGAP認証」を取得した農場。安心・安全で美味しい自慢の野菜を今も皆様へ提供しています。

tamanegi002

札幌黄はどんな玉ねぎなのかというと、その栽培の歴史は長く明治13年にさかのぼります。一時、大きさが不揃いで病気に弱いという点から生産する農家さんが少なくなったことから今では幻とされている玉ねぎなんです。札幌黄は他の玉ねぎよりも肉厚で、熱を加えると甘味と柔らかさが増すのが特徴で一般の玉ねぎの糖度が9~10に対し、札幌黄はりんごの甘さに近い13度もあります。またビフィズス菌の働きを助け、整腸効果をもたらすフラクトオリゴ糖も多く含まれているんです。

tamanegi003

在来品種である札幌黄の栽培に情熱を注ぎ、それをカレーの材料のひとつとして使われているわけですが、当然最初からレトルトになったわけではありません。その美味しさが故にレトルトになったのですから。札幌にある温故知新「ブルックスカレー食堂」で提供するカレーにはヴェール農場さんの札幌黄が大量に使われているんです。そこで食べられているカレーのうまさを封じ込めたのがこれから食べる「幻のたまねぎカレー」です。

 

ボーイズ・ビィ・アンビシャス(少年よ大志を抱け)で有名なクラーク博士がカレーライスの名付け親らしいのですが、そのクラーク氏の後任に就いたのがウィリアム・P・ブルックス氏で、札幌黄を国内へ(札幌)最初に持ち込んで広めたんだそう。では早速いただいてみましょう。

 

湯煎したカレーを白いご飯にON。
スプーンに盛られた幻のたまねぎカレーは・・・・

tamanegi004

酸味から、うまいに変身!普通通りだと旨みとコクがブレンドされて美味しいかどうかがはっきりしてくるんですが、このカレーはカレー本来の風味と酸味、そして想像通り札幌黄の本質である、玉ねぎの旨みと食感がじんわり沁み渡ってくる感じです。

tamanegi005

うわっこれ何?という「次はないね」とう想像を絶するカレーではなく、カレー屋のカレーに玉ねぎのいいとこがバランスよくほかの素材の邪魔をすることもなく溶け込んでいるから、次もアリです。キーマを連想させますが、優しい味わいの中に中辛のスパイスが後をひきます。

 

 

「カレーってみんな大好き」だからこそこだわってみてほしいんです。自宅の近くに美味しいカレー屋さんがなければどうでしょう?おいしいレトルトカレーが売ってないなら?

幻のたまねぎカレーなら満足できるカレーではないかと私は思います。だってオイシイんだもん♪

 

お取り寄せは、買っちゃって王カートから

 

0

美味しいお米は健康な田んぼから!魚沼こしひかり-魚沼炭工房-新潟県

Posted by kanri on 2016年9月6日 in お米, 山の幸(農産物など) |

そろそろ秋の気配がしてきた9月初旬。我が家に届いたのは去年収穫の魚沼産コシヒカリ。

玄米でしたので無洗米にし、炊飯してみましたが「これ、本当に去年のお米なの?」と疑うことの方が先行されてしまいました。

uonoma001

お送りくださったのは十日市市の魚沼炭工房(株)さんから。炭という文字があるように、炭の生産とお米の生産をしていて、魚沼炭工房さんのオリジナル「エコ遠赤炭マットレス」は大変人気の商品なんだとか。そのマットレスに使われている炭を使いコシヒカリを生産しているんです。しかも特別栽培、有機にこだわった魚沼産ともあれば、誰もが食べてみたい贅沢なお米です。

uonoma002

炭はいろんな機能をもっているんですが、粒状にした炭を田んぼに平均に散布して耕し、さらに画像でも見れますが、炭で浄化したミネラル豊富な水を使うことで健康そのものの稲が毎年すくすく育つそうです。それに米処魚沼の独特の風土と地形と寒暖差はコシヒカリをさらに美味しくしてくれるんです。

uonoma003

その味は「これは、ほんとに去年のか?」です。新米と間違えてしまうほど、きらびやかで艶もよく、芳醇な香りから「これお米の匂い、田んぼの匂い」を即座に感じ取ることができます。

uonoma004

その味は「文句無し」!!粘り、コシ、のど越しに至るまで、格好のいいコメントはかえって全然浮かびません。それだけ素直に「あ~なんてうまいんだ!」だけで十分です。要するにこの夏を過ぎたばかりなのに、これだけ美味しいお米は今まで食べたことがありません。

uonoma005

さて新米の予約も行っていますが、10月中旬までが限度らしく、それだけ人気でほしい方が多いためできるだけお早めにということでした。それから、腰痛や肩こり、冷え症などでお困りの方、ぜひ魚沼炭工房さんのオリジナル「エコ遠赤炭マットレス」も御覧になってください。

http://ecosumi.com

 

特別栽培米 魚沼産コシヒカリ 1kg 950円(税込・送料別)ご注文は5kgより

お買いものは、買っちゃって王カートから

 

 

Copyright © 2009-2017 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.