0

農林水産省食料産業局賞 受賞「はたぎんぼ茶」森康商店 -和歌山県橋本市-

Posted by kanri on 2017年1月12日 in お茶, ドリンク全般 |

農林水産省食料産業局賞 受賞! 平成27年度優良ふるさと食品中央コンクール国産農林産品利用部門に選ばれた「はたごんぼ茶」。その産地はあの高野山の麓で丁寧に育てられたごぼう「はたごんぼ」のこと。

moriyasu001

ある時期、ごぼう茶をこぞって購入した頃がありました。スーパーの棚に並べるとあっという間に売れてしまう勢いは今では終息状態。瘠せる!ダイエット!血液サラサラ・・・個人差はあれど確かにそうなんですが、ごぼうの育った場所や乾燥や焙煎方法でその違いはあることを知ってますか?もはや選ばれたもの、その名産地といわれるものだけが「残った」という気がします。

moriyasu002

森康商店さんが製造・販売する「はたごんぼ茶」は、橋本市西畑地区の肥沃な赤土で育てたごぼうで、直径10センチにもなろうかというビッグサイズのごぼう。とても香りがよく、風味がよいのが自慢なんだとか。その成分も一般のごぼうよりポリフェノールの含有量が約1.4倍、ラジカル消去率が約10%アップという抗酸化作用の働きが通常よりも活発なので活性酸素を取り除き、生活習慣病を予防し、老化を抑える効果も期待できます。

moriyasu003

ではその味、いったいどんなものなのかこれから飲んでみたいと思います。

 

3.5gのティーバッグで約1リットルのごぼう茶ができるそうで茶がらもお料理に使えるそうです。(とても美味しいそうです)

moriyasu004

急須から注ぎ、そこから放たれるのは焙煎したごぼうのふくよかないい香り。口に含むと優しいベールにスーッと包まれたやわらかく、ごぼうの香りとコクが飲みこむ瞬間までじっくりと味わえます。渋くもなく、また苦味もなく、かといってお茶でもなく、例えるなら和風コーヒーといった感じでしょうか。手作りで丁寧に丁寧に作られているからこそ、飲みながらそこか優しささえ感じ取れます。こだわりが招いた究極のごぼう茶といっていいかもしれません。

 

和歌山といえば蜜柑や南高梅というイメージなんでしょうけど、あとひとつ「はたごんぼ茶」も是非加えてほしいですね。お買い求めは買っちゃって王カートから。

0

美味しい「業務用」緑茶ハイ。ホテルや飲食店さんにお勧め!-オーシーエス東都- 東京都葛飾区

Posted by kanri on 2017年1月10日 in お茶, ドリンク全般 |

緑茶ハイ専用のお茶ってあるんです。

東京都葛飾区のオーシーエス東都さんから送られてきた「焼酎割り用 香る深蒸し緑茶(玄米・抹茶入り)」。

seees001

原料のお茶はすべてお茶の名産地静岡県産で、世界農業遺産「静岡の茶草場農法」の掛川深蒸し茶。品質にこだわったかなり上質のお茶で、そのまま飲んでも香り豊かなお茶なのでは?

 

実はこの商品、差別化・付加価値商材なので「市販を一切しない」んです。ということは飲食店さん向けに作られたいわゆる業務用です。いずれは個人消費向けにも製造されるかもしれませんが、買っちゃって王をご覧の飲食店さん、一度お試ししてみては?

seees002

さてさて、気になるその味と作り方はというと・・・・・

1袋に30Pの三角テトラバックが入っていて、このテトラバック1つでグラス3~4杯以上飲めるそうです。もちろん普通に飲めるお茶としても美味しくいただけるそうで、香り高く深蒸し茶なので渋みが残らないんだとか。(1袋で1.5~2ℓ)

 

お勧めの焼酎は「甲類」

  • 2ℓのピッチャーに焼酎を500~800ml入れます。
  • そこへ水1200~1500cc入れます(割合はお好みで)※甲類は香りの少ないものがお勧め
  • グラスに氷と香る深蒸し茶をひとつ入れます。
  • 1、2で作った焼酎を適量入れ軽くかき混ぜます。
  • 最初に使ったティーパックにそのまま氷をたし、1、2で作った焼酎を適量入れて作ればおかわりが3~4杯飲めます。

 

宝焼酎の25度を使ってみました。

seees003

一度に作れませんから上記の10分の1にし作って飲んでみました。

ウーロンハイを飲んだ経験がある方は多いと思います。あの焼酎の匂いが殆ど消され、スイスイ喉の奥に吸い込まれる感じだから、気づいた時にはかなり気持ちよくなった経験はないでしょうか。

seees004

この「焼酎割り用 香る深蒸し緑茶」もその「感覚」に似ていて、焼酎がまろやかでスッキリ飲みやすくなります。それに私はほぼ毎日晩酌をしますが、決して上等ないい焼酎だとかえって合わないと思います。安い甲類の焼酎で十分!

seees005

 

いろんな割り方、飲み方で楽しめる焼酎。緑茶で割ることでヘルシーで飲みやすくなりますが、この焼酎割り用 香る深蒸し緑茶はその名の通り正に「焼酎用」にぴったりです。

お店のオーナーさん、旅館の女将さん、焼き鳥屋さん、どうです「焼酎割り用 香る深蒸し緑茶」を新たなメニューに付け加えてみては?

 

お買い求めは、買っちゃって王カートから(あくまで業務用です)

 

0

キレイはスプーン1杯から!きちょくれ大分の「アマニオメガゴールド生搾り」-大分県大分市-

Posted by kanri on 2017年1月10日 in 調味料 |

買っちゃって王の故郷大分県にある指定工場で丁寧に搾油した、美と健康にいいオイルとして注目を集めているアマニオイル「アマニオメガゴールド生搾り」をご紹介します。

kityo001

「食生活を改善して、健康な体作りを始めたい」「化粧品やサプリに頼らずより自然のもので美容やダイエットに使ってみたい」などを求める女性がとても増えています。ここ最近、SNSなど各メディアなどでもよく耳にしたり、見かけることが増えましたが「アマニオイル」が美容や健康にとってもいいんです!

 

今回紹介するきちょくれ大分さんが販売する「アマニオメガゴールド生搾り」は、高品質で、使いやすさを追求し、あくまでも生搾りにこだわった亜麻仁油。

kityo002

なぜ亜麻仁油が美容や健康によい働きをするのかというと、主成分が必須脂肪酸であるオメガ3ということです。αリノレン酸、DHA、EPAで構成されており、オメガ3は体で作ることができない必要な油なんです。また大豆イソフラポンと同じ女性ホルモンの働きを保つ植物系ポリフェノールの一種「リグナン」も含まれていて、更年期障害など辛い症状の改善にも役に立っているそうです。

 

このアマニオイル、実は熱(50度以上)や光に弱いので開封後は必ず冷蔵庫で保管することが品質を劣化させないコツ。要するに生で摂取することが大切ということ。一番の使い方は「生のままスプーン1杯」!!またはドレッシングとしてサラダにかけたり、ヨーグルトにかけて食べたり、納豆やパスタにかけて使うのもオススメです。

 

では、皆さんが一番気になる香りや味をこれからお伝えしたいと思います。

 

まずはそのまま“スプーン1杯

kityo003

きれいなゴールドに輝くオイル。香りは特に鈍いようなイヤな香りはしません。少し花のような甘い香りがします。スプーンに1杯、口に運ぶと滑らかで決して強くはないんですが、香ばしさを感じます。ネット上では後味が苦いと書かれていたんですが、全く気になりません。

 

ヨーグルトにかけて

kityo004

無糖のヨーグルトにかけてみました。スッキリした酸味の中にアマニオイルの香ばしいさがほんの少しするだけで、特に食べにくいことはありません。これでおなかの調子+美容につながるならいいですよね。

 

「長く続けること」なんでもそうですが、気長にやっていかないと効果もわかりません。皆さんどうでしょう、今回紹介した「アマニオメガゴールド生搾り」を生活に取り入れ、みずみずしい皮膚や美容の維持に役立ててみませんか。若々しいっていいですから!!

 

ご注文は、買っちゃって王カートから

 

0

美味しい果物でほんわり「シアワセみかん」-伊藤農園- 静岡県浜松市

Posted by kanri on 2016年12月12日 in 果物類 |

今回お送りくださったミカン&柿は静岡県浜松市で長きに渡り果樹園を営む伊藤農園さんから。「こたつにみかん」にぴったりな伊藤農園さんのみかんは、宮川早生というその昔福岡が発祥で、昭和に入ったころから徐々に全国に広がった品種を作っています。

itouen001

黄色い皮を剥くと現れる薄い膜(じょうのう膜)が薄いためとても食べやすく、気づいたときには何個も食べたなんて方も多いのではないでしょうか。知らず知らずに食べてしまうほど甘くて美味しいみかんってホント“シアワセ”な気分でいられますよね。そんな自然に笑顔になるみかんを伊藤農園さんは毎年作っていて、伊藤さんとこのみかんじゃないとダメなんていうファンも多く、浜松の温暖な気候の中、気持ちの暖かい農家さんが一生懸命作った「シアワセみかん」だから故のありがたいお言葉ではないでしょうか。

itouen002

みかんの生育に必要不可欠なのは太陽の光の照り返しのよい場所で、傾斜がかかる山であること。だから海のそばといいますか、海に近くで山の斜面でみかん栽培をしている農家さんが特に多いんですね。伊藤さんのみかん園は三方原台地の北端にある小高い山の南東に面した緩やかな斜面で、日当たりと水はけが良いみかん栽培に適した場所。大手肥料メーカーと研究を重ねた混合肥料を与えていて、みかんの木全体に日が当るよう剪定処理を行ったり、一本の木に対して適正なみかんの個数となるよう摘果(間引き)処理をしたり丁寧な手入れをしながらの作業。その丁寧さから育てたみかんは地元や都会でも当然人気なんです。

itouen003

早速私も食べて見ました。親指を少し立て、みかんの中心から少しづつ剥いていきます。

すると鮮やかなオレンジ色の身の部分が現れ、一片をつまんでお口へ。

itouen004

「いやぁこれは爽やかでうまい」。甘すぎず、濃すぎず、食べやすい伊藤さんのみかん。これじゃあ誰もが美味しいからここのじゃないとっていうはずです。味にムレがなく、果汁が口の中で迸る瞬間に「あ~シアワセ」です。あふれる甘い果汁、自分だけのシアワセな時間がみかんと共に堪能できた瞬間でした。

 

実は伊藤さん、みかんも宮川早生とネーブル、しらぬい(デコポン)も生産していますが、柿も美味しいんだとか。その柿は「次郎柿」というとっても甘く、歯ごたえの良い柿で愛知県と静岡県で全国の約8割が生産されています。

itouen005

1844年(弘化元年)、松本治郎吉が、静岡県周智郡森町の太田川で見つけた幼木を自宅に持ち帰り植えたのがはじまりなんだとか。秋といえば柿「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」なんていう俳句もありますが、柿は我々日本人にとって古くから食されてきた日本古来の果実。柿にはビタミンCやビタミンA、カロテン、タンニン、カリウムなどの栄養素が含まれ、二日酔いにも効果があるといいます。

itouen006

伊藤さんの育てた次郎柿、手に取るとズッシリと重く、秋真っ盛りの味をこれから満喫できるのかと思うとワクワク。カットした柿をひと噛み・・・・・うわっぁぁぁあ「甘い」。素朴な味わいの中からあふれる古の甘さ!硬い果肉からはパリッ感がこれまた後を引きます。

 

「これうまいよね!」

はっきりそう言える、自然と笑顔になる、また食べたい・・・これが伊藤さんの作ったみかんや柿です。どうぞお気軽にご注文を!こたつでみかんにピッタリですよ。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから

 

 

0

弱アルカリ性、高ミネラル、残留農薬ゼロ ピロール米「加茂の郷」米屋治郎兵衛 -岡山県津山市-

Posted by kanri on 2016年10月24日 in お米, 山の幸(農産物など) |

今回紹介するお米は米栽培に適した場所に更に「ピロール農法」という国内にもまだ僅かしかないお米の作り方で生産した「加茂の郷」を紹介します。

kaganokom000

まず「ピロール農法」について、わかりやすく説明したいと思います。35億年前から存在する「らん藻」。地球の空気を作りだした「らん藻(シアノバクテリア)」は今も土の中に存在しています。通常の農法は、微生物が土の中で酸素を使って有機物を分解することで生活し二酸化炭素を放出しますから土の中の酸素が欠乏しがちとなり根腐れなどが起きやすくなります。

kaganokomkokome

「ピロール農法」は光合成を行う「らん藻」を土の中で増やし、二酸化炭素を吸収して酸素を土の中に産み出すことで、「酸素欠乏」という問題点を克服した農法です。それと同時に土の中の微生物も豊かになりますから、増えたらん藻や微生物は、ビタミンなどの様々な有用な物質を土壌中に供給し「農薬」などの分解や浄化も行うんです。

また従来の農法では、有機質堆肥などの土壌中発酵により、CO2が出ますが、ピロール農法はでません。作物の根がのびやすいように酸素がでますから、地球温暖化防止にも役立つ農法のひとつです。

 

骨粗しょう症が改善された実例

ピロール米は「弱アルカリ性」です。通常お米は弱酸性ですが、酸性の食品を摂取すると骨を溶かし、アルカリ性を維持しようとする働きがあります。

 

ミネラルが豊富

お米は田んぼで育ちますから、強く長い根からたくさんのミネラル(人体に必要な13元素)を吸収します。ピロール農法で青だてたお米には通常のお米に比べ、。ミネラルが多く含まれています。また動物性食品にしか含まれていないといわれる造血作用のあるビタミンB12が含まれています。

kaganokom002

ピロール農法を用い、寒暖差が大きく、地下水で育った「加茂の郷」

品種は「コシヒカリ」。標高1200m級の中国山地を背に広がる水田で「加茂の郷」はピロール農法によって育てられています。湧き出てくる地下水を田んぼに引き、日中降り注ぐ太陽の光を浴び、朝と夕方の温度差が美味しいお米にしてくれます。

kaganokom003

さて、その味は・・・

真っ白な輝きを放つ加茂の郷は香り豊か。箸につけるとその時点で粘りが強いことがわかります。そしてひと周り大きく、粒のサイズにばらつきがありません。

kaganokom004

こういうお米は、食べる前から美味しいのはわかりますが、その味を確かめてみると確かに美味しい!一切雑味がなく、ふくよかな舌触りで、噛むほどに強い粘りと口の中でお米の形が連想できるほどの弾力が感じ取れます。

kvonnveir

そうですねぇ別の表現で表すならば「ふくよかな美人」といったところでしょうか。おなか一杯にならずとも、味と風合いは格別です。

「加茂の郷」はB-1グランプリで有名になった「ホルモンうどん」でブレイクした津山市の農家さんが一生懸命育てたお米です。今まで数多くのお米を紹介してきましたが、「ピロール農法」を知ることでお米のイメージだけではなく、健康や安心・安全をより一層身近にさせてくれる機能性の高いお米であることがわかりました。ピロール農法で育てたお米を食べて健康に!今後期待の「今より楽しく食べることができる」お米だと思います。

5k(白米)4,100円(税込・送料別)
URL http://jirobeokayama.com/

お買いものは、買っちゃって王カートから

0

津軽平野で育てた農家直送米「まっしぐら」「つがるロマン」-小笠原農園- 青森県つがる市

Posted by kanri on 2016年10月24日 in お米, 山の幸(農産物など) |

今回お送りくださったのは青森を代表するお米「まっしぐら」と「つがるロマン」の2つを生産する小笠原さんから。岩木山を望む圃場で育てられたお米は地元でも評判が高く、炊飯でもおにぎりでもおいしいと世代を問わず人気だ。

sasaha001

最初お話をしたとき、思わず「えっ!」と声を出してしまうほど驚いたことがある。小笠原さんの自宅の電話は黒電話!だからFAXもない。そこで私が感じたことは「羨ましい」でした。普通なら「え~まだそんなウチあるの?」になるに違いないでしょう。我が家も農家でしたから山と山の間にある藁ぶき屋根の家で、電話なんて滅多にかかってこないから使うことも殆どなく、緊急のときや急ぎの用事の時以外は受話器を握ることなんてなかったです。だからなんでしょうね、昔の風景といいますか、わざわざ今の世の中に合わせていないところがあるから、そこには昭和の田舎の風情が残っているように思えて、お話しているとハッと気持ちが幼いころに戻って正座をして茶碗を持つ自分が浮かんでしまったんです。

sasaha002津軽平野にぽつんと突き出た岩木山が見下ろす小笠原さんの田んぼので収穫された「まっしぐら」と「つがるロマン」。この2つをこれから食するわけですが、青森の方なら「あ~うちもこの米だぁ」なんていうと思うでしょうから、初めての方のためにどんなお米なのか、紹介したいと思います。

つがるロマンは青森を代表するエース級の奨励品種。

sasaha003

育成に適した気候条件に恵まれた津軽平野、津軽西北などを中心に作付けされています。あきたこまちの影響を色濃く継いだ特徴を持ち、平成9年に初出荷されて以来その人気は今や不動のものに。つがるロマンがデビューする前までは味より耐冷性や収穫量を重視したお米が県内に多く、あまり美味しいというイメージはなかったようです。つがるロマンはそうした常識を覆しコシヒカリの味わいや、あきたこまちの耐冷性を持つことに加え、病気にも強いという大きな特徴があります。

まっしぐらのデビューは平成18年と比較的新しく、現在では青森県の様々な地域で普及されているこれも青森のブランド米のひとつ。

sasaha004

名前が示すように「食味・品質をまっしぐらに追及していく」という意味合いと生真面目に取り組んでいく気持ちを込めて命名したんだとか。コシヒカリやあきたこまちの持ち味を引き継ぎ、粒がしっかりしていて、形が崩れにくいのが特徴でおかずの味を崩さないあっさり感のある品種。

小笠原さんは田植えの際、株と株の間を広く開けるようにし、どの苗も根本まで公平に日差しがあたり、丈夫な稲が育つように工夫をしているそうです。

sasaha005その田んぼには岩木山からの清らかな水、そして昼夜の寒暖差によって2種のお米は今年も黄金色に輝き収穫の時期を迎えました。

さてその新米、早速炊飯してみたいと思います。

まずは「まっしぐら」から。

sasaha006

炊きあがりの艶やかなこと!見た目でも粒がしっかりしているのがわかります。

sasaha007

フ~フ~、口へ運び2、3回咀嚼・・・この弾力がたまらん!!さっぱり&食べやすい。粘り気が少ない分軽やかに食が進みます。そして新米のよさといえば程よい甘さ!これが後をひくからついついおかずなしで一杯食べてしまうほど。お米の名前がまっしぐらだけど、口へもまっしぐら♪見た目のよさ、食味、食感の3拍子揃った素晴らしいお米です。

 

次につがるロマン。

sasaha008

炊きたてを口に放り込んで・・・瞬間あきたこまち??・・・あっこれまたあっさり!やさしいふんわりした味わい。

sasaha009

これはですね、塩気のあるおかずに合うはずです。たとえば焼き魚、お漬け物では沢庵、ちょっとしたオンザライスでいただけるものなら何でも合う予感。柔らかくふんわりだから・・・女性にもお勧めかな?

この2種、ぜひ食べてもらいたいですね。粘りの強いお米もいいですが、さっぱりといただくのもなかなかオツでよろしいのでは?粘りのある品種とまっしぐらやつがるロマンに振り分けて食べるのも案外アリかもしれませんよ。

 

ご注文は、買っちゃって王カートから

 

0

普通に美味しい・・・それこそ基本の食味です。山の麓の減農薬米-伊藤ふぁーむ- 三重県いなべ市

Posted by kanri on 2016年10月24日 in お米, 山の幸(農産物など) |

こんな経験ないでしょうか、初めていったお店に入り、そこのご飯が美味しかったことなんてありませんか。お昼や夜食べた定食のご飯が美味しいと自然に「おかわり」なんてことあると思うんですが、その店はいうなれば「当たり」ですよね。お米の品種とかではなく、記憶にインプットされるお米に出合うと、当然ご飯はあの店と決めてしまいますよね。

見た目じゃ味なんてわからない白いご飯も、食べて感動さえすれば満足。

では日頃自宅で食べるお米はどうでしょうか。私の周りに以前こんなことがありました。

「普通通りの炊いてザラザラした感じがする」「柔らかいけど、ネチャネチャしているだけ」「炊いて時間が経つと匂いがする」「米の形状がバラバラで割れているのが多い」「水を変えたり、炭を入れて炊いても美味しくない」などなど。

どこで購入したのか聞いてみると激安ショップの特売品でした。通常の半額以下の値段でお米の袋には品種はあるものの精米した時期、収穫した時期、産地さえ明確でないわけです。安く、食べられればいいという安易な結果が招いたある意味「悲劇」で、捨てるに捨てられず無くなるまで我慢の日々。お米が美味しくないため、固めに炊いてチャーハンにしたり、カレーにしたりで、白米本来のうま味なんて味わえるはずがない毎日だったわけです。

 今回紹介するお米は全くの「普通に美味しいお米」です。

全国有数の米処が多いといわれる新潟でも、山形でも、秋田でもありません。ただ言えるのは山の麓で丁寧に育てられたコシヒカリであることは間違いありません。

itou001

お送りくださったのは三重県いなべ市の伊藤ふぁーむさんから。三重県最北端、宇賀渓の麓で「量より質」にこだわり、地元農業の活性化を担い、元気で丈夫な稲を育てています。

土壌は粘土質で肥えているため、コシヒカリ系の育成にぴったり!

透明な水の中で岩魚が泳ぎ、夏には蛍が群れを成し、昼間は暖かく、朝夕の寒暖差からお米も野菜も自然に美味しくさせてくれるといいます。

itou002

では早速炊き立てを食べてみたいと思います。

itou003

コシヒカリの癖といいますか、粘りとコシがあって普通に美味しいですね。強い癖はないですが、このお米は飽きることなく安心して毎日食べられる、素直に口に運べるさっぱりした感じが印象的。

「おにぎり」にしてみました。

itou004

味付けは塩のみ。「弁当にもっていきたい!」これ、素直な気持ちです。やっぱりおにぎりにすると本当のお米の美味しさが前面にでます。冷めてもうまい!これが普通に美味しいってことですよね。

 

普通に美味しい!

だから毎日あってもおかしくないお米です。やっぱり作り手、産地がわかるということはお米購入の大切なキーワードですね!

お買いものは、買っちゃって王カートから。

 

 

Copyright © 2009-2017 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.