0

試食れぽーと

Posted by kanri on 2020年3月30日 in 山の幸(農産物など) |

随分昔のこと、椎茸の栽培を手伝ったことがあります。クヌギの木を山から切り出しドリルで穴を開け、そこに椎茸の筋腫を入れる作業なんですが、山影に重たいクヌギをきれいに並べる作業がとてもきつかった思い出があります。数か月もすればりっぱな傘を付けた椎茸が成長し、それを収穫、乾燥しサイズごとに手作業で分けました。以前も何度かレポートに書いたことがありますが、通販サイト「買っちゃって王」は椎茸の産地九州大分県にオフィスがあります。特に干し椎茸は全国的にも良質な椎茸産地として知られていますが、今回お送りいただいた椎茸、大分県民は勿論、今まで椎茸を食べたことがある方ならきっと驚くであろう、それはそれは立派な椎茸だったのです。

ENATEX_1

その椎茸「サンシェードプリンス」といいます。「菌興115」という日本きのこセンターが開発した鳥取生まれの代表品種から生まれたこの椎茸は、通常の椎茸よりかなり肉厚で大型!機能性にも優れ「山のアワビ」といわれるほど。

ENATEX_2

サンシェードプリンスは日本海を望む鳥取県のほぼ中央に位置する北栄町生まれ。豊かな緑が広がるのどかな町で、澄んだ空気、大山山麓からの新鮮な水の恵みに加え、サンシェードプリンスは作られていますが、その生産方法がとてもユニークでなんと太陽光パネルの下に原木を設置し、適度な太陽の木漏れ日を浴び、水分管理をしながらイノシシやシカなど野生動物に荒らされないよう監視をしながら我が子のように丁寧に育てているんだとか。

 

専用の箱を開けると中から現れたホントに大きなサンシェードプリンス。その中で最も目を奪われたのがケースに入ったジャンボ椎茸で、大人の手のひら以上の大きさでずっしり重い!

ENATEX_3

それと、これでも普通なんでしょうか他のサイズのサンシェードプリンスだってスーパーで見かけるものと比べものにならないくらいのサイズと存在。しかもどれも肉厚で色もいい。さて、どうやって食べようか・・・・

 

悩んだ挙句、特大サイズはカットし刻んだニンニクにオリーブオイルで炒めてみることにしました。

ENATEX_4

半分に割るとその肉厚のボリュームに「うわっ」と声を出してしますほど。火を通し食べごろになったところでひと噛み・・・・「こ、こりゃ凄い」柔らかいステーキのような歯ごたえで、噛むほどにその旨みが溢れ出してきます。

ENATEX_5

今まで口にしたことがない他に類のないものを美味しく食べ応えを楽しみながら食べている感覚です。

 

次にチャレンジしたのは天ぷらです。サクサクの衣をかじり、その下にはホクホクで肉厚の柔らかいサンシェードプリンス。

ENATEX_6

最高の存在感、最高の旨味、このうえない幸せ感でいっぱいになります。凄い、すごすぎる。今まで食べてた椎茸がちっぽけな存在になった瞬間でした。

 

プレミアム、ラージ、ミディアムこれはサンシェードプリンスのサイズのこと。どれもボリューム感、満足感があって素晴らしい椎茸。まさに椎茸界のプリンスの誕生といっていいと思います。

 

 

ご注文は、買っちゃって王カートから。

(シーズンによって不足する場合、品切れの場合がございます)

 

 

 

0

江戸時代から続く農家からお届けする「菊芋のお漬物」 氣賀澤農園 -長野県駒ケ根市-

Posted by kanri on 2020年3月25日 in お惣菜など |

天然のインスリン「イヌリン」をご存知でしょうか。菊芋やごぼうなどに含まれる水溶性食物性繊維のことで、体の中で水分を含むとゲル状になりダイエットや糖質コントロール、便秘対策に優れており、一緒に摂った糖質の吸収を抑える働きを持っています。また腸内で善玉菌のエサとなるため、腸内環境を整える効果を持ち、ダイエット食品などに多く利用されています。

kegasawa_noen_1

さて今回紹介するのはイヌリン豊富な菊芋のお漬物。なんと江戸時代から続く農家さんが

完全無化学肥料、無農薬で作った安心・安全な地元でも評判のお漬物です。

 

お送りくださったのは長野県駒ケ根市の「氣賀澤農園」さんから。アルプスが2つ見える南信地方、標高約650mの場所で育った野菜やお米は澄んだ空気、雪解けのミネラル豊富な水、寒暖差が大きい場所で作られ、化学肥料に頼らず無農薬での栽培方法を用いているため、どれも自然な美味しさが感じられる新鮮なものばかり。その中から3つのお漬物をこれから紹介します。

 

「菊芋醤油漬」

kegasawa_noen_2

醤油のいい香りによ~く漬かった薄くスライスした菊芋。口に入れると「パリッパリッ」の食感が気持ちよくて、リズミカルに細かくなるまで噛んでしまいます。

kegasawa_noen_3

時折甘く感じられ、大根や株と違う感じから、これまたご飯のお供によく合いそうです。

 

「菊芋味噌漬」

kegasawa_noen_4

味噌の味が濃い分、どんどん食べてしまいそう。醤油漬はさっぱりでしたがこれはその逆で、軽快なパリパリ感に味噌の風味が強く感じられます。

kegasawa_noen_5

ご飯の上に少し多めに載せ、よく混ぜ込んで食べたらおかず無しで一気にお腹にかき込んでしまいそう。

 

「白かぶ味噌酒粕漬」

kegasawa_noen_6

見た目、アクセントは申し分なく、ガブリッと口の中で噛んだ瞬間、濃いめの味噌と酒粕の香りが鼻を抜け、例えるなら奈良漬にも似た味わい。

kegasawa_noen_7

シャクシャクと大きめの株を歯で潰しながら飲み込むまで、このお漬物の濃さが長く続きます。

 

実は生産者の氣賀澤さんはお米も作っていて、第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会(2019年)にて氣賀澤さんはBEST FARMERに選ばれるほど。

kegasawa_noen_8

お米のサンプルをいただいたのでこれも食べてみたんですが、粘りが強く、粒がはっきりしていて甘く、とても美味しかったです。

 

氣賀澤さんのお漬物、なかなかインパクトがあって美味しくいただきました。そうですね、特に気に入ったのは菊芋のお漬物です。健康志向の強い方に是非おすすめしたいですね。

 

お買いものは、買っちゃって王カートから。

 

0

ツヤ香り豊か、甘み強し、神奈川のお米「はるみ」 霜島農園 -神奈川県厚木市-

Posted by kanri on 2020年3月24日 in お米, 山の幸(農産物など) |

これまで長年に渡りいろんなお米の品種や農家さんのこだわりのお米をレポートしてきました。甲信越や東北、北海道といった雪が降り積もる寒冷地のお米が随分多かった気がします。同品種でもそれぞれに特徴があって思い出すのも大変なくらい。これから紹介するのは買っちゃって王では初登場の「はるみ」という神奈川県のお米なんですが、艶があり甘さが特徴のお米なんだとか。とても興味深々、いったいどんな感じの食感なんでしょう。

shimoshima1

お送り下さったのは神奈川県厚木市の「霜島農園」さんから。霧島さんは厚木市に直売所を構えるブドウや梨の農家さんでクリ・キウイフルーツ、スイートコーンを栽培する中、これから紹介する「はるみ」も生産しています。近くに飯山温泉があって、山々から流れる綺麗な水が流れ、標高が高い傾斜地で栽培をしていることもあって、昼夜の温度差が大きく、作物の糖度が自然と高くなる地域。品評会ではブドウが優勝するほどで地元の方々にとって霜島さんの作る新鮮なフルーツはとても人気なんだとか。その寒暖差の大きさ、綺麗な水を使い栽培しているのが「はるみ」です。

shimoshima2

「はるみ」は神奈川県平塚市の全農 営農・技術センターが19年の歳月をかけて開発したお米。名付けられた名前は「湘南の晴れた海」に由来し、キヌヒカリの後継品種として開発され、艶があり強い甘み、炊飯後から硬くなりにくい性質があるため、冷めても美味しく弁当やおにぎり等にも最適な品種です。日本穀物検定協会が実施した平成28年産米の「米の食味ランキング」では、神奈川県産米として初の快挙となる最高評価の「特A」の評価を獲得。その翌年も連続で「特A」の評価を得るなど、地元農家さんや消費者にとって嬉しい話題となりました。

そんなはるみ、そりゃあ食べてみたいですよね。どんな味わいなのか炊飯してみました。

炊き立ての香りっていいもんですね。特に輝くピッカピカのはるみ、見ただけで早く食べたい気持ちが焦ります。鼻を近づけクンクン・・・ふくよかな香りを吸い込んでいざ箸で口に入る量を持ち上げパクッモグモグ・・・!!・・・あれまオイシイよ。

shimoshima3

さっぱりしている中に甘さが感じられ、程よい粘りがあって食べやすいです。次に箸に載せたはるみを暫くフ~フ~と息を吹きかけ冷まして食べてみたんですが、甘さが引き立ちますからおにぎりにしてもこれは間違いなく美味しいはずです。

shimoshima4

はるみは口当たりがさっぱりしているので、お子様は勿論沢山食べる方にオススメなお米と思います。

神奈川のお米って美味い!本気で凄いお米です。食べる前に、そうでもないよな・・・なんていう甘い気持ちもありましたが、それが食べてみてオイシイんですよ「はるみ」!ぜひ食べてみてください。今食べているお米と比べてみてはいかがでしょう。

お買い物は買っちゃって王カートから

0

新型コロナウイルス対策に不老不死のハーブ飲んでも美味しい♪「ホーリーバジル」でうがいを! あおぞらぼ農園 -新潟県十日町市-

Posted by kanri on 2020年3月24日 in お茶 |

2020年オリンピックイヤーの今年、新型コロナウイルスの猛威が世界中を駆け巡り、重症化し亡くなられる方もいらっしゃるほど。わが日本でも様々な対策が取られ、学校が休校し、集団感染を防ぐためイベント等の自粛、人が集まる場所になるべく行かない等、国を挙げての指示がでるほど大事に発展しました。

1

コロナウイルス(COVID-19)は人的な害を及ぼす「菌」ですから、予防が必要になります。マスクをする・手洗いをする・うがいをするなど様々な処置を自らするよう呼び掛けています。これから紹介する『ホーリーバジル』は「必ず効果がある」とは言えませんが、殺菌力が強いハーブなんです。

このホーリーバジルを生産する「あおぞらぼ農園」の柳さんは、雪降る里山・新潟県十日町市の高原で、農薬や化学肥料に頼らない農業を営んでいます。マスクや消毒液がなかなか手に入らない現状から、「自分が作るホーリーバジルが役に立つのでは?」と、買っちゃって王スタッフに商品を提供してくださりました。

先に触れましたように、コロナウイルスに効果があると断言できませんが、このホーリーバジルは殺菌力が強く、かつてはマラリヤや脳炎の特効薬としても使用されていたほどなんです。風邪・インフルエンザ・気管支喘息・気管支炎等の気管支系には特に効力を発揮し、生活習慣病にもその力を発揮します。最近ではSARSやAIDSへの活用も研究されて
いて、ホーリーバジルはお茶として飲むのも勿論ですが、うがいをするのもお勧めなんだとか。

2

柳さんは一番香りのよい花穂を一つ一つ丁寧に手摘み乾燥させ、晩秋の種を付け柑橘系のような香りになった花葉をミックスさせ香り高いお茶に。またティーバッグにしていますから、熱めのお湯に5分近く蒸らせばOK。

3

さてさて、バジルっていうくらいですから、その味や香りが気になりますよね。一言でいえば「爽やか」です。スーッとした感じがして飲み込むとすぐに舌の付け根辺りで甘さを感じます。ジョギングやヨガなどをしている方から「集中力が上がった」という声もあるそうです。

4

ホーリーバジルは「癒し」のエネルギーが高く「心」と「躰」のバランスを整えてくれると昔の人は感じ取っていたようで、アーユルベーダにおいては「不老不死のハーブ」とまで言われているんだとか。

生産者の柳さんは、香りや美味しさを楽しみながら、リラックスをしてほしいこともですが、早くコロナウイルスが終息することを願っています。うがいを!このホーリーバジルでうがいをしましょう!

※ノンカフェインですが、妊娠中に飲用しますと生理を引き起こし、陣痛を促進する可能性がございますので、1日1杯程度にお控え下さい。

ご注文は買っちゃって王カートから

0

甘いねっとり♪おやつ感覚で!紅はるかの「干し芋」 農業生産法人㈱健康ファーム -京都府綾部市-

Posted by kanri on 2020年3月17日 in スィーツ, 自然食品 |

ここ最近なぜだか「干し芋」ブーム。メディアで取り上げられ、甘さは勿論手軽さも手伝ってか老若男女問わず凄い人気です。そんな中、やはり「間違いない干し芋」を誰でも欲しいはず・・・今回紹介するのは場所、作り方に至るまでこだわりぬいた干し芋です。

kenko_farm_1

皆さん「茨城の干し芋が一番」なんて思っていません?古くからある有名な産地で選ぶのもありですが、芋の育て方や栽培に合った好適地によってもそれはそれは美味しい干し芋だって沢山あるんですよ!これから紹介する京都府綾部市の健康ファームさんは平成25年に法人化をし、自然と向き合い、土を触り、より安心で安全な農産物生産を皆様へと努力を重ねて、平成30年に農業生産・加工生産の双方の有機JASを取得した農業生産法人です。

kenko_farm_2

お送り下さった健康ファームの小田垣さんはとても気さくで、いろんなお話しを聞けたんですが、最も頭に残ったのは「ここら辺は寒暖差が大きいから野菜も米も美味しくて、自然な甘さがでるんですよ」ということ。雪も降り、夏にはホタルが舞い、交通量も少ないため、自然豊かな場所から作物の生育は勿論、すべてが元気で立派に育つんだとか。小田垣さんは日本の農業の再生を理念に「良い作物を作るにはよい土から」という考えのもと、定期的に土壌検査を行い安心・安全な作物を皆様に販売しています。また年に数回美味しい空気と自然の中で農業体験を実施。子供たちにも農業や自然の素晴らしさを伝えようと作物の収穫を経験させているんだとか。

 

さて送られてきた干し芋はご存知の方もいらっしゃると思いますが、甘さと粘りが特徴の「紅はるか」で作られたもの。スティック状と平たいものを送ってもらいましたが、袋の裏側にはレンジで温めるとさらに美味しくなると書かれています。

kenko_farm_3

最初にステックの干し芋から食べてみることにしました。袋を開けると4~6㎝ほどにカットされた干し芋を確認。ひとつ指でつまみ袋から出すや否や「粘りがすごい」。このねっとりした干し芋を口に入れモグモグ・・・芋の香りがプ~ン、粘ること粘ること。徐々に口の中の熱も手伝ってトロッと溶けていくかのようで、飲み込むまで自然な芋の甘さが続き、またすぐにもうひとつ手に取ってしまうほど。これどうやったら美味しくなるんだろう?と思いつつ2、3個続けて食べてしまいました。

kenko_farm_4

平たい方も同じ食感ですが、どちらも「手に持って食べやすい気軽さ」があります。そうですね、新発売のお菓子っていう感覚で袋を手に持って食べながら歩くってのもアリ?なのかも。もちろんお客様が来られた時、おやつにお茶と一緒に召し上がれば、次の日もまた次の日も待ちどうしい一品になるのかもしれませんね。

kenko_farm_5

そうそう、袋の裏に書いていたレンジでチン♪やってみました。これまた柔らかくてまるで茹でた時の芋を食べているかのよう。バターを載せて食べたらきっとクセになるかも・・・

kenko_farm_6_7

それと「特選」という干し芋もあって20㎝近くも長い!これも食べ応え十分ですよ!

 

さてどうです、紅はるかの干し芋。ほんとに欲しいも~ん♪になっちゃいそうなくらい甘い誘惑に負けちゃいましたね。ついつい一袋全部をあっという間に食べてしまいました。

 

お買い物は買っちゃって王カートから

0

糖度8以上、驚きの甘さ!アマメイドは病みつきになる大阪生まれのミニトマト キノシタファーム -大阪府岸和田市-

Posted by kanri on 2020年3月11日 in その他 |

みなさん岸和田って聞くとあの有名なだんじり祭りを思い浮かべる方もいると思いますが、今回紹介するのは岸和田のトマトといえばコレ!というくらい記憶にとどまるめっちゃ凄いミニトマトを紹介したいと思います。

36017_1
お送り下さったのはキノシタファームの木下健司さんから。「青空が広がり、朝晩の気温差があるロケーションが自慢」そんなミニトマトの栽培に適した岸和田の農家で生まれ、今から10年近く前から新しい品種の栽培に取り組んだのが「アマメイド」なんだとか。糖度が8以上にもなる甘さが自慢のトマトを「大阪で一番のミニトマトに」を掲げ、地元は勿論、注文があれば全国どこへでも送ってくれます。

36017_2
キノシタファームさんではほぼ通年で栽培し、どのシーズンでも高い糖度の状態でお届けできるっていうのがすごいところ。生産方法は「パック栽培」といい、ビニールハウスの中で有機肥料の入ったバックで育て、早朝から一日5~6回タイミングを見計らい水を与えることが甘さを作り出す秘訣なんだとか。

36017_3
このアマメイド、地元のスーパーでも売られていて棚に並ぶや否やすぐに売り切れになることもしばしば。大阪唯一のミニトマトブランド「アマメイド」実際に食べてみたいと思います。

36017_4
箱を開けると目の前がパッと明るくなるほどの真紅の粒が。まるで宝石のようでサクランボを連想させます。指でトマトを持つと張りがあるのがわかり、その粒群の中に時折ハートにも似た形のアマメイドを見つけるとなんとなく嬉しくなります♪一粒を口の中にポイッと放り込んでひと噛み・・・・「うわっ、な、なにコレ」一瞬焦ります、息が止まり、目を大きく見開いたまましばらく硬直状態。

36017_5
凄い、スゴイんですこの“甘さ”!!!!!張りのある皮の中から溢れ出てくる果汁に、砂糖でも入っているんじゃないかってくらい甘くてジューシー。もう止まりません、だって砂糖なんて入っているはずないしリコピン吸収の絶好のチャンス!だからパクパク・・・一息ついてまたパクパク。お腹が膨らむほど食べたミニトマトなんて生まれて初めての経験です。

アマメイドを食べながらこんなことを思いました「この世に生まれてきたお子様が初めて食べるトマトがこのアマメイドだったらトマト嫌いが誰もいなくなるんじゃないかな?」って。食の好き嫌いは初めて食べた瞬間に記憶に入っていくから初めて食べるトマトがこのアマメイドだったらどうなんでしょうね。

いやいや、スゴイトマトでした。目をつぶって食べたらトマトだってわからないんじゃないかな?甘くて恋しくて、毎日食べたいって思うアマメイド。どうぞお気軽にご注文を。

お取り寄せは買っちゃって王カートから

0

甘っ♪美味しい、食べやすい新感覚干し芋「紅はるか」 いばらきデザインセレクション2019選定 ほしいもBASE TAKASHIMAYA -茨城県ひたちなか市-

Posted by kanri on 2020年3月2日 in スィーツ, 和菓子 |

みなさん、干し芋というとどんなイメージをもっているでしょうか。私の中では田舎の保存食で、おやつやお茶のお相手といったところですが、伝統ある干し芋を古めかしいイメージから一新し、これまでと違う販売方法で躍進中の農家さんの干し芋をこれから紹介したいと思います。

1

「ほしいもBASE TAKASHIMAYA」とても農家さんとは思えないこの屋号!そして、画像の赤い建物は収穫した芋を貯蔵するための倉庫なんだとか。私はこの倉庫の画像を見るやワクワクした感じになって、バイクや車の部品があるピットと思ったんです。オーナーの黒澤さんは、もともとバイクの販売業に携わっていたことがあったそうで、今から5年前一念発起。干し芋屋を創業し「カッコよさ」を注入することで、他とは違った販売方法を取り入れているようです。

2

どちらかというと端っこ的存在だった干し芋を、表舞台へと輝かせる斬新な販売方法で躍進中の「ほしいもBASE TAKASHIMAYA」さんの干し芋とはいったいどんなものなのでしょうか?

3

送られてきた干し芋は3種類。真っ黒の箱がカッコよくて、全く干し芋のイメージを感じません。黒澤さんが作る芋は「紅はるか」で、甘さはもちろん、ねっとり感が特徴の品種。こだわりの生産方法で、天日干しではなく冷風乾燥機でじっくり乾燥させることで甘さが引き立ちます。今までのお茶のお供的な干し芋が、冷風乾燥機を用いたことで半生のような食感のスイーツ感覚で食べる干し芋へ見事に大変身。

味はもちろん、食べやすさにもこだわった干し芋。これから食べてみたいと思います。

干し芋 紅はるか ゴールド(丸干し)
カップに入っているから手に持ったまま歩きながらスナック感覚で食べてもよさそう。

4

手で摘まんでモグモグ…ねっとりの中に芋の旨み、そして追いかけてくる甘さがたまらない!

5

溶かしたチョコやアイスクリームでディップして食べてもいいかも♪

干し芋 紅はるか レッドシングル
これは柔らかい!一人で食べてしまうのはもったいないですね。

6

友達同士で家族でつまみながらおしゃべりも弾みそう。トースターで軽く炙って食べるとウマさも引き立ちますよ!

干し芋 紅はるか ホワイトシングル(平干し)
形も揃っていることから贈答品として人気なんだそう。

7

これまたねっとり柔らかくて、ご自分へのご褒美に、お世話になったあの人にもきっと喜ばれそうな干し芋です。

干し芋は変わった!そう思うのは私だけではないと思います。「ほしいもBASE TAKASHIMAYA」さんの干し芋は、努力と工夫の2つがよく現れています。美味しいのは当然、食べる側にこともよくわかっていらっしゃいます。安心して美味しく、そして何よりみんなが笑顔で食べることができる干し芋がここにあります。

御注文は買っちゃって王カートから

 

 

 

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.