カテゴリー : お惣菜など

ネバネバ凄し!フコイダンた~っぷり北浦産アカモク-マルヤマ水産- 山口県長門市

アカモクと聞いてピンとくる方はおそらくツウではないでしょうか。2月の終わり、アカモクの収穫が始まります。アカモクとは海藻のことで、今回紹介するアカモクは山口県北浦産(長門市~萩市~阿武郡地域の海岸線)の“すんごい粘り”に驚き!

 

maruyama01
アカモクはわかめやもずくと同じ海藻類で、割と浅いところに生息するため地元の漁師さんからは厄介者として邪魔者扱いだったのが、なんと食べてみると粘りの強さにビックリ仰天。成分を調べてみるとフコイダン(水溶性食物繊維)が実に豊富!お味噌汁やご飯に載せて食べるのは当たり前なんだとか。見向きもしなかった海藻が今や別モノに変身したアカモク、これから食べてみたいと思います。

maruyama02
今回お送りくださったのは山口県長門市のマルヤマ水産さんから。刻んだアカモクを使いやすいサイズにし冷凍をして発送してくれます。(個人用もですが、業務用にも対応可能)
日本海で育った天然の海藻アカモクは、巨釜で茹でることでネバネバシャキシャキがしっかりするそうで、アカモク特有の粘りの中に皆さんご存じ「フコイダン」が豊富に含まれているんです。整腸作用に優れ、便秘解消、コレステロールや血圧を下げる効果があるんです。さて海のミネラル、まずはそのまま食べてみました。

maruyama03
解凍し、袋から出しながらすぐに粘りが強いことがわかります。そして磯のとってもいい香り!これを付属のタレを使い熱々のご飯に載せて・・・・・

maruyama04
立ち上る湯気から磯の香りがふんわりと鼻をかすめてきます。粘りを確かめると、画像でわかるとおり自然薯を思わせるほどギュ~ンと伸びるではないですか!

maruyama05
そのまま白いご飯と一緒に口に運ぶと「うわ~~海、口の中が磯の香で充満」そして噛んでみると「シャキシャキ」!癖がない分すごく食べやすい。これご飯一杯で足りる?と思うほどおかずなしで十分2~3杯いける感じです。

粘りが美味しい、そして癖になる・・・・実は関サバ・関アジで知られる大分県佐賀関に「くろめ」という海藻があるんですが、それとちょいとばかり比べてみたいと思います。買っちゃって王は大分県にオフィスがあるんですが、私の知り合いに佐賀関出身がいまして、冷凍庫にあったくろめを少し分けてもらいました。食べ方はアカモクと「全く同じ」です。1月になると佐賀関の高島周辺で箱眼鏡を使い収穫するんですが、瀬戸内海の水と太平洋の水がぶつかるあたりで潮流が速く水質がきれいなため、この周辺だけ美味しいくろめが育ちます。刻んだくろめはアカモクと同じでものすごい粘りがでて、それをご飯に載せて醤油少し入れて混ぜ、口の中にかきこむように食べるんです。

maruyama06
アカモクと比べるとどちらも磯の香りがよく、粘りも強いんですが、繊細で細やかな粘りはアカモク。引きが強く粘りも固めなのがくろめですね。

アカモク、美味しいです!アレンジひとつでいろんな料理やデザートにも使えますし、健康にもすごくいい。長門市直送のアカモク、ネバネバがたまんな~~~~~い♪

 

お買い求めは、買っちゃって王カートから

 

 

糸魚川産ケールを食べて毎日元気!ケール加工品はお任せください!ケールショップKAMIYA -新潟県糸魚川市-

みなさんケールってご存知?随分前ですが「マズイっもう一杯」の青汁のCM、記憶にあれば「あ~あれか」とピンとくるはずです。CMでは知られているものの肝心なケールのことは以外と知らない人もいてホウレン草の仲間?とか小松菜の一種?と思っている方もいるのではないでしょうか。

kamiya001

今回お送りくださったのは新潟県糸魚川市のケールショップKAMIYAさんからなんですが、商品を紹介する前に、ケールのことを少し記しておきたいと思います。

kamiya002

ケールの原産地は地中海沿岸で、アブラナ科の植物。和名は「緑葉甘藍」といい、栄養価が豊富なことから野菜の王様と呼ばれています。葉は扇状に広がり一見キャベツと思われがちですが、キャベツのように葉がクルクルと巻き込んで球状になることはありません。また国内では青汁の原料として広く栽培されていますが、冬野菜と同じで寒い時期は甘く、暑い時期は苦いという特徴があります。一般的な緑黄色野菜と比較してもビタミン類が非常に豊富!食物繊維、葉緑素、カルシウムといった栄養素も豊富。ですがケールは独特の臭みと苦味と青臭さがあり、食用には向いていません。しかし栄養価も高く美容や健康に優れていることからジュースにしたり、様々な食品に加えたりすることでその栄養素を体に取り込むことができるのです。

 

お送りくださったケールショップKAMIYAさん、画像でわかる通り加工品だけでたくさん製造をしています。もちろん加工に使うケールは自社栽培、パンや麺などは地元産にこだわったもので、美味しく食べて元気をだしてほしいことを願い糸魚川産ケールの製品を全国に発送しています。

kamiya003

さて数ある中からいくつかご紹介したいと思います。

 

「ケール豆腐」

kamiya004

普通は真っ白なお豆腐もケールを混入させればご覧の通り緑色。ツルツルした表面に箸を入れ口に運ぶと「ん~滑らか」。
kamiya005

色合いからしてケールの苦みがあるのでは?と思いきや、ほんのりとした癖がない味わい。普通に食べられます。

 

「ケール入りラーメン」

kamiya006

日頃からラーメン大好きな私。しかしこんなラーメン見たことも聞いたこともない。緑色の麺なんて・・・・と、ところがこの緑の縮れ麺なかなかうまい!

kamiya007

プロ級とまではいかないものの、一般的には高カロリーのラーメンを健康的に食べられるのはウレシイ♪スープは塩味、これもコクがあってなかなかななもの。

 

 

「ケール入り餃子」

kamiya008

鮮やかな皮の中にも緑色のケールが!肉のうま味と相まってジューシー&オイシイ!

これまた普通に美味しい餃子です。

kamiya009

これといってパンチが強いわけでも、肉の旨みが前面に押し出されているのではなく、どちらかといえば野菜系です。ラーメンと餃子を同時に並べるとまるでラーメン屋さんのよう。ケール健康ラーメンなんていうネーミングでお店があったら面白いですよね。

 

 

「焼酎 海洋」

kamiya010

さて次に最も興味があり、こんなものまで!驚いたのが「焼酎」です。新潟だからてっきり日本酒と思いきや焼酎ともあれば買っちゃって王は九州の大分県にオフィスがありますから、焼酎大好きな連中が沢山いるわけでして、興味をもたないはずがありません。

米焼酎/25度、ほのかにケールの香りが広がりいい感じなんだとか。まずはストレートで・・・

「ん?なんか違うぞ・・・」植物っぽいような、超薄いんですが苦味のような感じがしますが、味わいや旨みは米焼酎そのもの。どちらかというと濃くなく、すっきりしたように思います。

kamiya011

ロックでいただいてみると、これが不思議でうっすらと甘味が感じられます。

人それぞれと思いますが、私はロックが好みのようです。

 

 

糸魚川産ケールを用いていろんな加工品を提供しているケールショップKAMIYAさんは、まだまだ開発中の商品もあるんだとか。今度は地方の食材とのコラボもやってほしいと思います。

 

ご注文、お問い合わせは買っちゃって王カートから

地元の名産品やご自分で作った食材をコロッケに!お店の看板メニューにオススメ!-合同食品㈱- 大阪府豊中市

「コロッケだけを作り、

コロッケを知りつくした会社」

今日は「コロッケ」専門の企業から送られてきた「コロッケ」の紹介です。ですから「コロッケ」大好きな方も、お店のメニューにしたいと思うオーナーも必見ですよ。

goudou001

今回紹介するコロッケは大阪府豊中市のコロッケ一筋33年!合同食品㈱さんから送られてきた黒毛和牛コロッケ、コーンクリームコロッケ、極上ミンチカツなど6種類なんですが、これはまだまだ序の口。よく聞く名前のコロッケですし、スーパーでもメーカーは違うにしろ、簡単に言ってしまえば定番に近いコロッケ。とはいうもののもちろん素材や製法にこだわり、味に自信のコロッケを合同食品㈱さんは業務用として取引のある店舗などに卸していますが、先にも書いているように「コロッケだけを作り、コロッケを知りつくした会社」ですから、コロッケを通じ、何か違うことを常に模索しながらオリジナルはもちろんお店のオーナーのリクエストや消費者のリクエストにお応えして、いろんなコロッケを製造・販売をしているんです。

 

私はこんな話を聞きました。

「ご当地の一品をコロッケに入れるとどうなるのか?」・・・・

確かにコロッケは茹でて潰したジャガイモ、ミンチなどを入れ衣を纏わせパン粉をつけて油で揚げたもの。家庭によって、またお店によってその味はもちろん形やサイズも全部違います。が、中身・・・そうなんですその「衣の中の具」をご当地にしかない一品を詰めて揚げてお客様に提供すればどうなるのか?この話を合同食品さんから聞いたとき武者震い、ドキドキ、頭の中はこれまで数年間に渡り数々の北から南までのいろんな食べ物を食べてきた私にとって「なんてすごい会社だ」でした。“そうか!この手があった。なんて面白いんだ”と勝手に興奮したのも記憶に新しいところ。どの家庭もコロッケはおかずの定番。だからこそ変化をつければ食べてみたいだけではなく、「あっこのコロッケってアレが入ってんだ」になるはずで、ドキドキワクワクのはずです。

goudou002

しかも、ご当地やオリジナルのコロッケの提案や指導だって合同食品㈱さんは完成まで指示、指導もやってくれますから、ぜひ看板商品をお考えの方やあと一品ほしいなんて方は相談してみてはどうでしょうか。また誰が揚げても品質一定を目指していますから、大量に揚げ物を扱うお店にもオススメ!

大阪府豊中市今在家町21-15 合同食品㈱

TEL. 06-6866-3364

HP:http://www.godo-fods.jp

 

では合同食品さんのオリジナルコロッケ、いくつか食べてみたいと思います。ぜひ購入の参考にしてみてください。

★黒毛和牛コロッケ★

goudou003

狐色に揚がったアツアツの衣に歯をあて、一気にサクリッ・・・「甘いっ」ジャガイモが美味しくて、切ない甘いです。

goudou004

そのジャガイモから溶け出すかのように、お肉の旨みがフワリッ!!

★チーズベーコンコロッケ★

goudou005

風味のいいチーズが見事にとろけます♪ビールと一緒に胃袋へGO!衣とジャガイモとチーズの夢の競演がかなり癖になりそうです。

goudou006

★極上ミンチカツ★

goudou007

アツアツのミンチカツは肉汁ジュワッ!この噛んだ瞬間で旨いかどうか決まります。

goudou008

もちろん上出来!極上の名にふさわしくうんま~い。おかずもだけど、酒のお相手にもオススメ。

 

 

ご注文、お問い合わせは上記HPまたは買っちゃって王まで

においが殆どしない、プレミアムエリンギ「濃丸」一般財団法人日本きのこセンター-鳥取県鳥取市-

今回「こんなエリンギあったんだ!」を紹介。

その名は「濃丸」という15年もの長い年月と研究を重ね、栽培に成功したプレミアムなエリンギです。

koimaru01

エリンギというと・・・

そうあのスーパーに必ずといっていい確率で野菜コーナーに陳列されているキノコ。ヒラタケの一種の食用キノコで、フランス料理やイタリア料理に使われる定番のひとつ。国内では1993年に愛知県で初めて人工栽培により、太く大きいエリンギが開発され、その後各地で商業栽培が行われるようになりました。私たちがよく食べるエリンギは柄の部分を主に好んで食べますがイタリアでは開いた傘の部分が好まれるんだとか。味というよりご存知のあのシャキシャキの歯ごたえは、縦の繊維に沿って裂いてバターでソテーして食べると、おかずやワインにもよく合いますよね。

koimaru02

さてそのエリンギ、さらに高級になったものが登場!!

それがこれから食べてみる「濃丸」なんですが、お送りくださった鳥取市の一般財団法人日本きのこセンターからで、きのこのプロといいますか、菌類の調査や研究、栽培指導を行い、しいたけなどきのこ類を通じ、森林や山々の健全な発展と健康促進、学術文化においての向上を図ることなどを目的とした一般財団法人です。この「濃丸」は、プレミアムエリンギとして誕生し、生産者の安全性を重視し、開発に成功した無胞子性のエリンギで、味・食感・見た目の美しさを重視し、国内資源(杉のオガ粉)を活用した培地材料にこだわり、15年もの研究の末完成したいわばスーパーエリンギ。

koimaru03

さて、どう食べる?というのが課題のひとつなんですが、香りと食感をモロに感じるには、やはり網の上で炙るのが最適という判断。

koimaru04

縦の繊維状にカットし、網で焼くこと約5分。十分熱を通し、やや焦げ目を付け、ポン酢でいただいてみると・・・・「えっこれ、エリンギじゃない」甘い!そう、とても濃くて甘いんです。

koimaru05

しかもコリコリ感が半端なくて、口に入れてしばらくゆっくり噛みながらその感触を堪能。よくエリンギは山のアワビみたいなことをいいますが、これは高級なキノコ。でも臭みがないのが不思議で、濃いうま味しかでてこないから贅沢なエリンギといいきっていいでしょう。


次に天ぷら。

これまたうまいのなんの。贅沢な天ぷらはおそらく専門店で1皿1000円くらい払ってもいいんじゃないかってくらい。アワビなら磯の香が口の中で漂うところだけど、濃丸からは濃い旨味が気持ちいいくらいジュワジュワと噛むごとにでてきます。
天つゆより、お塩が合うと私は思うんですが、天ぷら以外に炒め物やキノコご飯にしても以外と美味しいはずです。食感と風味、これが最高の旨味となって喜ばせてくれます。

koimaru06

濃くて、甘くて、食感がよくて。これこそプレミアムの名に恥じない高級感たっぷりのエリンギ。新種の何か??というべきでしょうか、エリンギの域を超えた新食感に「革命的えらいことが始まる」予感がします。

お買いものは、買っちゃって王カートから。

 

 

岐阜県郡上市の清流で育てた「蛇穴山葵(じゃあなわさび)」-わさび屋-

日本人なら山葵(わさび)!

あのツーンとくるわさびは、お寿司を筆頭にお刺身や蕎麦、最近ではステーキなどにも使われています。でも一般家庭では(お店も一部そうかもしれませんか)メーカーのチューブ入りわさびが今や主流。

 

“本物のわさび”をご自宅で刷りおろして使ったことってそんなにないと思うんですが、今回は是非これから紹介するわさびをお取り寄せし、お試しいただければと思います。

wasabiya001

山奥の清らかな水、澄んだ冷涼な空気、静けさが漂う場所でわさびは育ちます。お送りくださったのは、岐阜県郡上市和良の「わさび屋」さんからで“蛇穴山葵(じゃあなわさび”というその昔、謂れのある場所で育てたわさびなんだとか。蛇穴山葵は古くから言い伝えられている伝説の鍾乳洞「蛇穴」にその名前にルーツがあります。

wasabiya002

蛇穴(じゃあな)昔話

昔、乙姫様(竜神・大蛇)がおり、村人が祝儀や法事の膳や腕が足らないときには、「膳、腕何人前」と書いた札を穴の前においてお願いすると、次の朝にはそこに揃えてありました。ある年、どこかの村で鼓が欲しいことがありました。

 

「鼓を五つ貸してください」とお願いしたところ、早速貸してもらえました。村人はその鼓があまりにも珍しいので、一つ隠し、四つを返しました。するとその夏は酷い干ばつで、田はひび割れ、畑の作物は枯れてしましました。乙姫様の怒りに触れたのだと村人は雨乞いをしました。

 

すると、一転かき曇って烈しい雷雨になり、あちらこちらで落雷があり、火事がおこりました。そして穴からは、恐ろしげな大蛇が踊りだし、黒雲とともに天に昇っていきました。それから何も貸してもらえませんでした。

 

という伝説がある場所の鍾乳洞の湧水を使い、栽培されることから「蛇穴山葵」と言われ、地元はもちろん遠くから蛇穴山葵を求め、買いに来るお客様も多いんだとか。もちろん、画像で確認できると思いますが、生の状態の蛇穴山葵・加工品は“お取り寄せ”ができ、わさびを扱う業者の方にも発送しています。

 

さて、この蛇穴山葵をどう試すのか?ということになるわけですが、お寿司やお蕎麦、お刺身なんて当たり前すぎますから「ステーキ」につけて食べてみたいと思います。

wasabiya003

そんなに高価なお肉ではありませんが、焼きすぎないように注意をし、カットしたお肉に、その前に・・・

wasabiya004

お肉を食べる前に、付属されていたサメ皮で摩り下ろしたばかりのわさびをちょっとそのまま食べてみました。あのツ~ンがドッときたら、という思いを浮かべつつ恐る恐る口に運びそっと舌先で味を確かめてみると、わさびの香り!そしてうっすらと甘い!ツ~ンはない!しかも美味しいのです。

 

次にツンとこないならと、多めのわさびをお肉にON。

wasabiya005

口に入れた瞬間、ステーキが肉汁をどんどん出しながら、肉と肉汁のうま味に合い混ざり、わさびのいい香りがフワワワワワッ~と攻めてきます。

脂っ濃いステーキがわさびのおかげで、さっぱり食べれるのが不思議。

wasabiya006

そうですね精一杯美味しいっていう表現があってる感じですかね。タレやお塩で食べるお肉と違い、新たな発見を皆さんもするはずですが、ここで本物の香り、風味を官能するには市販のものではなく、絶対的にご自分で摩り下ろした「生」に限ります。

wasabiya007

いただいた「わさびのり」も食べてみましたが、これはご飯がすすむこと間違いなしです。

わさびの香りと磯の香りは毎日のご飯が飽きることなく食べられるでしょう。

wasabiya008

「蛇穴山葵」これはいいですね。日本人でよかったなぁって食べながら「わびさび」を感じ、古の伝統もわさびの風味と香りから少しばかり理解ができたと思います。

 

ご注文は、買っちゃって王カートから。

 

ガツンとうまい、これさえあればご飯もお酒もすすみます!毎日食べたい「とらじや」の超ウマ“俺のキムチ”-京都市右京区-

只今絶賛発売中、バカうまキムチをご紹介!

どうせ食べるなら本格派キムチに限りますよね。

toraji001

今回お送りいただいたのはとっても優しい気さくなオーナーがいる京都市右京区の「とらじや」さんから。使われる野菜はすべて国産にこだわり、味はオーナーのキムチ一筋に賭ける愛情と情熱入り!
数あるキムチの中お勧めなのが「俺のキムチ」。丁度送られてきたタイミングがホームページのオープン記念ということもあって韓国のり27枚付き。箱を開けると白菜、胡瓜、大根、イカ、チャンジャの5種類のキムチが入っていて、唐辛子の真っ赤な色がとても鮮やか。

 

早速味わってみたいと思います。

 

白菜

toraji002

白菜のキムチはどの専門店も定番中の定番。とらじやさんの白菜キムチは、あっさりみずみずしく時折白菜の甘さをほんのり堪能した瞬間ピリッ!です。

toraji003

これが強い辛みではなく、白菜を噛んだときにあふれる野菜の水分と相まってうま味+コク+辛みが舌に上手に浸み込むように伝わってくるんです。癖が強くない分、多めに食べられる白菜キムチです。

 

胡瓜

toraji004

シャクシャクと砕ける胡瓜はこれまたみずみずしく、辛いのだけど刺激が強い辛さではありません。

toraji005

さっぱりした食べやすい胡瓜の美味しさを逃すことなく、奥底から生姜の風味がシュンと立ち上がってきます。

 

大根

toraji006

サイコロ状にカットした大根の甘みと辛味、ざっくりした歯ごたえがビールと合いそうです。

toraji007

みずみずしく素材のうまさを封じ込めた大根はワイルドに味わえますよ。

 

イカ

toraji008

これは焼酎に合いそうです。

toraji009

イカの食感とキムチのうま味が絶妙に絡み合い、白いご飯の上においてガッと一気にいきたいですね。

 

チャンジャ

toraji010

これは最高!歯ごたえのいいコリコリの鱈の内臓が酒のつまみにバッチリ合いそうです。

toraji011

「これさえあれば」っていうのが素直なところ。ご飯の共に、サラダや納豆と混ぜても美味しいですよ。

 

俺のキムチ最高です!!!辛ければいい、甘い、食感がイマイチ・・・そんなキムチではないことは食べた方ならわかっていただけるはず。サービスでついてきた韓国のりも、サクサクでチーズに巻いて食べたらとっても美味しかったです。

toraji012とらじやのキムチ、これさえあればしばらく酒のつまみは買う必要ないですね。

 

お買いものは、買っちゃって王カートから

 

 

 

2015沖縄南城セレクション推奨品 トビイカメンチカツ –(有)三大食品- 沖縄県南城市

久々に沖縄県伝統の“うまい”の紹介です。
トビイカというイカをご存知でしょうか。画像でわかるようにまるで飛行機のような翼があって沖縄をはじめ台湾や南アフリカに生息、全長約30㎝、沖縄ではビンガーイカ、トビイチャーと呼ばれているようです。船や大型の魚が近づくと驚いて海の中から飛び出し数メートルから50メートルほどグライダーのように滑空する珍しいイカです。

 

sandai001sandai001a

このトビイカを沖縄では干しものにしたり、旨煮にしたり至って普通の食べ方ではあるんですが、今回お送りくださった三大食品さんは産物のトビイカを使い「メンチカツ」にし、それを販売すると地元で評判に。昨年地元南城市で行われた沖縄南城セレクションで推奨品に選ばれたんです。元々肉類、バーベキュー、山羊汁、豚の丸焼きなどを扱う三大食品さんが製造販売するトビイカのメンチカツ(冷凍)、いったいその味はどうなのかこれから試食してみたいと思います。

sandai002

メンチカツというと普通はひき肉を使いますが、沖縄でしか流通していないトビイカを使ったメンチカツ、ちょっと興味津々。180度の油に入れきつね色になるまで揚げます。

sandai003

おっとっと、アツアツ、ハフハフ・・・

えっ!こ、これはうみゃ~~~~い!!

もしかすると魚の匂いがするの?とか、ミンチだけに豚や牛肉じゃないと美味しくないのでは?なんて思いがあったとしたら「それはぜ~ん違います」

sandai004

イカのぶつ切りというか、コロコロとした歯ごたえのあるものだとばかり思っていたんですが、それとは裏腹にサクサクの衣の下には“ふんわりやわらか”なジャガイモを思わせるほど柔らかいペースト状なんです。ですからサクッフワッの触感と、どこにもないであろう臭みのないイカのうまみだけがジュッワ~としばらく余韻を残したまま次の一口が待ち遠しくなるんです。

sandai005

南国沖縄のイメージのひとつに新たに表れた庶民的なトビイカのメンチカツ。子供も喜ぶ、お父さんは酒のアテに、お母さんは今日のおかずに。まだまだ流通していないからお取り寄せしかありませんが、ぜひ購入してお試しください。※冷凍発送

 

お買い物は、買っちゃって王カートから