カテゴリー : お土産・郷土料理など

ネバネバ凄し!フコイダンた~っぷり北浦産アカモク-マルヤマ水産- 山口県長門市

アカモクと聞いてピンとくる方はおそらくツウではないでしょうか。2月の終わり、アカモクの収穫が始まります。アカモクとは海藻のことで、今回紹介するアカモクは山口県北浦産(長門市~萩市~阿武郡地域の海岸線)の“すんごい粘り”に驚き!

 

maruyama01
アカモクはわかめやもずくと同じ海藻類で、割と浅いところに生息するため地元の漁師さんからは厄介者として邪魔者扱いだったのが、なんと食べてみると粘りの強さにビックリ仰天。成分を調べてみるとフコイダン(水溶性食物繊維)が実に豊富!お味噌汁やご飯に載せて食べるのは当たり前なんだとか。見向きもしなかった海藻が今や別モノに変身したアカモク、これから食べてみたいと思います。

maruyama02
今回お送りくださったのは山口県長門市のマルヤマ水産さんから。刻んだアカモクを使いやすいサイズにし冷凍をして発送してくれます。(個人用もですが、業務用にも対応可能)
日本海で育った天然の海藻アカモクは、巨釜で茹でることでネバネバシャキシャキがしっかりするそうで、アカモク特有の粘りの中に皆さんご存じ「フコイダン」が豊富に含まれているんです。整腸作用に優れ、便秘解消、コレステロールや血圧を下げる効果があるんです。さて海のミネラル、まずはそのまま食べてみました。

maruyama03
解凍し、袋から出しながらすぐに粘りが強いことがわかります。そして磯のとってもいい香り!これを付属のタレを使い熱々のご飯に載せて・・・・・

maruyama04
立ち上る湯気から磯の香りがふんわりと鼻をかすめてきます。粘りを確かめると、画像でわかるとおり自然薯を思わせるほどギュ~ンと伸びるではないですか!

maruyama05
そのまま白いご飯と一緒に口に運ぶと「うわ~~海、口の中が磯の香で充満」そして噛んでみると「シャキシャキ」!癖がない分すごく食べやすい。これご飯一杯で足りる?と思うほどおかずなしで十分2~3杯いける感じです。

粘りが美味しい、そして癖になる・・・・実は関サバ・関アジで知られる大分県佐賀関に「くろめ」という海藻があるんですが、それとちょいとばかり比べてみたいと思います。買っちゃって王は大分県にオフィスがあるんですが、私の知り合いに佐賀関出身がいまして、冷凍庫にあったくろめを少し分けてもらいました。食べ方はアカモクと「全く同じ」です。1月になると佐賀関の高島周辺で箱眼鏡を使い収穫するんですが、瀬戸内海の水と太平洋の水がぶつかるあたりで潮流が速く水質がきれいなため、この周辺だけ美味しいくろめが育ちます。刻んだくろめはアカモクと同じでものすごい粘りがでて、それをご飯に載せて醤油少し入れて混ぜ、口の中にかきこむように食べるんです。

maruyama06
アカモクと比べるとどちらも磯の香りがよく、粘りも強いんですが、繊細で細やかな粘りはアカモク。引きが強く粘りも固めなのがくろめですね。

アカモク、美味しいです!アレンジひとつでいろんな料理やデザートにも使えますし、健康にもすごくいい。長門市直送のアカモク、ネバネバがたまんな~~~~~い♪

 

お買い求めは、買っちゃって王カートから

 

 

りんご農家直送のりんごジュース。超ウマ、ゴクゴク、スッキリ-高屋敷好一-青森県三戸町

今回紹介するのはりんご農家さんが作ったりんご加工品。
100%りんごジュース、ドライアップル、りんご園で採取した純度100%の良質な蜂蜜など。普通のお店で買えない農家さん自らが一生懸命作った製品を紹介します。

takayashiki01

青森県三戸郡三戸町。寒暖差の大きい岩手県との堺にある人口約1万人の町で、大人のお茶菓子「三戸せんべい」三戸地方のB級グルメ「三戸ひっつみ」、そして青森のフルーツの定番甘くてジューシーな「りんご」だって収穫されます。今回三戸町の高屋敷さんから送られてきたのは青森らしさといいますか、開封と同時に今にもりんごの香りがしそうなくらいのものばかり。

 

りんごの収穫時期になると紅玉やふじなど、高屋敷さんのりんごを求めて毎年購入するお客様もいるそうですが、今回は丁寧に育てられたりんごからできた加工品が今回の主役です。
特にお勧めなのが「りんごはちみつ」高屋敷さんのお知り合いの養蜂家の方が下草を刈り、ていねいに手入れしたりんご園で蜂を離して収穫した良質なりんご蜜で、着実にリピートを増やしている人気商品のひとつ。ではまずこの純度100%のピュアハニーから頂いてみたいと思います。

 

三戸りんごのはちみつ

takayashiki02

料理やヨーグルトとの相性も抜群なんだそう。その味、クラッカーに付けて確かめてみました。

takayashiki03

何、何なんのこの香り?初めて嗅ぐこの香り、花には間違いないと思うんですが、これが「りんご」なのね!すっきりした華やかさから、どこか記憶の遠くにあったような、清々しい香り。

takayashiki04

甘ったらしい味わいではなく、クセがないから自然にスーッと溶け込む感じがします。こんな爽やかなはちみつは初めて、甘すぎず食べやすい。リピーターが多いわけです。

 

りんごジュース

takayashiki05

昨年の秋に収穫したりんごのみ100%のミックスジュース。酸味の強い紅玉をベースに、ふじ、甘い王林を合わせた完熟りんごを搾ったジュースです。その味はというと「りんごを飲んでる!」本当にそうなんですよ。

takayashiki06

勝手にりんごをイメージし、目の前のりんごが瞬間ジュースになって私の喉の奥でスッキリ、爽やか。甘くふくよか、これは子供は大喜び!もう一杯っていいそう。

 

ドライりんご

takayashiki07

紅玉とサンふじの2種類あります。紅玉から食べてみましたが、深い紅色と果汁が多い紅玉のドライりんごは酸味がやや強くて甘く。スッキリした感じで酸っぱさが飲み込んでも暫く残ります。国内で最も人気の高いサンふじのドライりんごは紅玉とはまるで逆でさっぱり甘さ控えめ。

takayashiki08

2つともシャキシャキした食感が季節のりんごを思い出させてくれます。

 

りんごの奥深さを知りました。産地や種類によることは知っていましたが、作り手でこんなに違うとは。優しく、自然に笑顔になる高屋敷さんのりんご加工品。市販のものが遠ざかります。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから。

 

秋田名物いぶりがっこを使った「元祖燻(いぶ)りん坊らーめん」&「いぶりん坊くん」

今回紹介するのは秋田名物いぶりがっこ・・・ではなくいぶりがっこを使ったラーメン?

これを考えた㈱SBプロジェクトの石黒社長さんから早速送ってもらったんですが、食べるまで心配で心配で。というのも「いぶりがっこ」って漬物なんですね。

sbporojye01

いぶりがっことは「燻り」と秋田県の方言でがっことは「お漬物」のことから「いぶりがっこ」と呼ばれる燻製した「たくあん」のことなんです。

sbporojye02

秋田の冬の厳しい寒さで漬物用の干し大根が凍ってしまうのを防ぐため、大根をいろりの上に吊るして燻した後に米ぬかで漬け込んでいたのがはじまり。そのいぶりがっこをラーメンになんて誰が考えようか。地元を愛するからこそ生まれた賜物か!なんと“商標登録済”だそう。

 

袋を開封し麺に鼻を近づけてみると、ほんのりといぶりがっこの香りがします。さて早速作って食べてみましょう。

sbporojye03

 

sbporojye04

スープ:「さっぱり塩味」濃すぎず、薄すぎず、物足りなさもないから「ホッとする」いうのが正直なところ。いろんなラーメンを食べて「なに、コレ」みたいな裏切られ感があったけど、これは期待を裏切らない優しい塩味。濃厚さはないけれど、安心して飲める透明なスープです。

sbporojye05

麺:いぶりがっこが練りこんでいる・・・お漬物?・・・匂いは?実は、一番気になった

ところ。きっとこのレポートの途中で「きっと匂うに決まってる」とか「漬物樽の匂

いがする」とかきっとそう思った人多いはずです。

実は私もそうでした、食べる直前までは。と・こ・ろ・が!ツルツル、シコシコ

した舌触りで、モッチモチの食感。沢庵の匂いなんて全然しないんです。「この技術、只者ではない!」細めの麺スープの絡み具合、これ最高です!豚骨のようにギトギトしていない、醤油や味噌と違い、さっぱり飽きることなく最後まで食べやすい美味し~いラーメンなり!

 

次にいぶりん坊くん。

sbporojye06

これは酒のアテにもいいけれど、これがお漬物とはとても思えないですね。いぶりがっこは独特な匂いがありますが、これなら人がいる近くでも安心して食べられます。いぶりん坊くんの食感ですが固めで食べごたえバッチリ。

sbporojye07

サキイカにも似た感じですが、その味はさっぱりした塩気に、ほんのりと沢庵の香りがします。お父さんの酒のつまみに、子供さんのおやつに、これは合いますよ。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから。

 

 

うなぎの蒲焼、名店の味をそのままご自宅で。-鰻昇亭- 静岡県浜松市

うなぎといえば、浜松といっていいくらい!その知名度は高い!!
「あそこの鰻、美味しかった」と聞くと電話で注文して時間指定で配達・・・近くならば可能ですが、自宅からあまりにも遠いとそうはいかない。ところが今では、パソコンや電話、FAXで名店の鰻が簡単にお取り寄せできる時代。その中でも、やはり「老舗」の味に一生に一度はありついてみたいと思うのも私だけではないと思いますね。
ukabayaki1

さてさて前書きはこのくらいに、今回お送り頂いた鰻を紹介したいと思います。場所は静岡県浜松市、温かい気候に恵まれたここ浜松には昔から鰻の老舗が多く、今回お送り頂いた「鰻昇亭」さんは2店を構え、浜松では大型店に数えられる創業45年を超える浜松屈指の名店なんです。
ukabayaki2a
2つのお店とも浜松駅から車で10~15分の位置にあって、毎週水曜日と第3木曜日の定休日以外、昼時ともなれば常連を含め、その客足が途絶えることはありません。ukabayaki2b
純和風の落ち着いた店内で風流な庭園を眺めながら、ふっくらふわふわの鰻は接待にもよく使われ、格別なんだとか。

ukabayaki3
職人の目利きで活きのいい鰻を使い焼き上げた蒲焼。秘伝のタレと一緒にこれから食べてみたいと思います。真空パックに入っており、沸騰しないようにした多めのお湯に(70度~80度)皮側を下にして約2分程つけておきます。レンジで温める場合は、袋から取り出して器に置き約1分温めばOK(少量の酒を使い酒蒸しでも美味しく召し上がれます)※消費期限:冷蔵で製造日から約1週間。

ukabayaki4

では、お店直送の蒲焼を食べやすいサイズにカットし、その上に秘伝のタレをご飯の上に。

ん~部屋中に立ち込めるこんがりしたこの香り、たまりません。

ukabayaki5

まずはタレがご飯にからんだところをかっ込む
「うわ~~うんま~~~~~い」
まずいはずないわけで、ふわふわ感、鰻に染み込んだ脂、それにこのタレのそれぞれのいいとこがジュワワワワ~ンと舌をいじめてくる!
もうニンマリするしかない、もったいぶりながらも「日本人でよかった」自然にこのフレーズが頭をよぎったことは事実。

ukabayaki6

こんなに美味しい鰻を店にいかなくても食べられるなんて、ほんの束の間の贅沢が逆にいい思い出になって「次はあいつに食べさせよう」とふと思うのでした。
ukabayaki7

お父さんや家族の記念日に、ご自分の元気回復に、今年の土用の丑は本場浜松の「鰻昇亭」でいかがだろうか。私は本気で満足でした。鰻は全部同じじゃありません。やはり本場、本物の美味しさ、職人技には叶いっこないですから。

ご注文は、買っちゃって王カートから。

 

しっかりと美味しい理由をいただきました“日本料理のざわ”-北海道北見市

入口を入ると“はい、いらっしゃい”行きつけのお店の奥から聞こえるハリのある声。
雪が舞う日なんか特に寒いときほど早く一杯やりたくなります。

メニューに目を通し「あ、まずはこれね」そして自分で注文したお気に入りの一品を目の前に、まずは手酌で乾杯、そして箸をつける今日のアテ・・・あまりにもの美味しさに「これ、もって帰れないかな?」「毎日自宅にあったら」こんなこと思ったことないですか?
酒のアテにもいろいろありますが、勿論皆さんが納得する美味しい、癖になるもいいんでしょうけど、今回は私がお勧めする北海道北見市の「日本料理のざわ」さんの3つの「旨い」を紹介します。

1nozawa

日本料理一筋五十余年。地元オホーツク海の厳しい寒さと冷たい海で獲れた旬の天然食材にこだわることで、脂ののった極上もののみを使い、職人の手による確かな技が今も受け継がれている日本料理のざわさん。

2nozawa

勿論我が家の冷蔵庫には、のざわさん手作りの銀がれい・秋サケの西京漬、イカゆず塩辛の3つがまだ眠った状態で保存されているわけですが、天然の銀がれいは、オホーツクでも大変希少価値のある魚種なんだとか。
なんと体長は1mを超え肉厚なんだそうです。そしてその味は「とろける」そうなんですね!では、その銀がれいからいただいてみたいと思います。

3nozawa

大きい銀がれい(約140g)に焼き目を付け、皿にのせると甘く香ばしい味噌の香りが鼻をくすぐってきます。パリパリの皮の下にある身にスーッと箸が入っていき、そして口へ。

4nozawa

その瞬間「あっ濃厚」そしてトロけ具合が、私の舌も一緒に溶かしてしまいそうなくらい柔らかいんです。特に注目したのは縁側の柔らかく濃厚なこと!
マジにとろけます。こんなに美味しいかれい、生まれて初めての経験です。すんごいわぁオホーツク!!改めて感動です。何が美味しいっていうと「脂」が最高ってとこですね!

5nozawa

さて次もお勧め「秋サケの西京漬け」です。これも一切200g!大きいです♪

骨を取り除いているので、子供もお年寄りも安心して召し上がれるよう丁寧に仕上げてくれています。これ、期間限定なんですけど地元の方はみんな「ほっぺが落ちる」ほど美味しいという噂の一品。

6nozawa

焼けた甘い味噌に鮭独特の味わい、これは焼酎に合います。勿論おかずやお弁当の横にそっとおいて欲しい。厳選した素材は正直でいいですね!
食べていて飽きないし、料亭直送っていうのが嬉しい。これひと切れで焼酎2、3杯はいけそうです。

7nozawa

実は特に気になったのが最後に食べる「イカゆず塩辛」なんです。そう“ゆず”なんて量が多かったり、やたらとゆずの香りばかりが先立つとせっかくのいい素材が死んでしまいますから、自信の逸品という表現をしてもいいかもしれませんね。

さて、その味はというと「イカが旨い、だからゆずが更に美味しい鮮度のいいイカを引き立ててくれている」香り高きゆずが、いい感じで封じ込められています。それと臭みや塩気が殆どないこと。つまりイカとゆずの味と風味が先行して深い味わいに整っているんです。これはいつも食べる塩辛と全然違いますから、とにかく臭みがないのに驚きます。

8nozawa

この癖になるほどの美味しさの秘密は、オホーツクで水揚げされた真イカをその日のうちに処理し、「皮を丁寧に2度剥く」ことで、口ざわりがとってもなめらかになるようにしているから。手間を惜しまない職人技が、この1つの瓶の中に込められているなんて、あ~贅沢極まりない。

 

この味、言葉になりませね!

イカが本当に美味しくて、これは日本酒のアテに最高!!!

 

極寒のオホーツク海からの贈り物はどれも最高で、どれも思い出になり、記憶に刺さるほど絶品でした。お酒のアテにもったいないほど・・・だけど一生に一度は経験してもらいたいのが本音です。滅多に食べることができない北の幸、是非お取り寄せを。

お買い物は、買っちゃって王カートから。

これぞ究極!ハマっちまう!驚愕の“飛騨牛餃子”-運商会-岐阜県養老町

岐阜で庶民的な鶏肉料理といえば鶏ちゃん。
高級な牛肉といえば誰もが飛騨牛と呼ぶでしょうね。さて今回の主役、この飛騨牛・・・の餃子!!!なんです。

gyouzahi1

買っちゃって王ではこれまで散々餃子を紹介してきました。
餃子の聖地といわれる宇都宮、皮に色を付けたもの、野菜が超たっぷり、肉汁がものすごい・・・いやぁ食べまくりましたねぇ。普通餃子に使う肉は、豚肉のミンチや豚肉と牛肉の合ミンチを使うのが普通なんですが、なんと今回我が家に到着したのはあの有名な“飛騨牛”の餃子。
餃子もついにここまで進化したか!というのが正直な感想ですが、その餃子は勿論飛騨牛の故郷岐阜県から送られてきたホンモノ。飛騨牛の最高ランク“A5”の肉だけを使い、脂と赤身の割合が餃子に適しているマエバラ(肩ロースの下部)を使った手作りなんです。

gyouzahi2

この餃子を販売する養老町の運商会さんは「普通の餃子より高いけれど、食べたら納得するはずです」といいます。
1パック12個でなんと3000円!こんなに高い餃子のレポートは初めてなんですが、ワクワクしている気持ちはどうにもこうにも抑えきれません。

では、早速ジュジュッと焼いてみましょう。
※焼き方レシピ付き

gyouzahi3

では、アツアツを一口・・・

gyouzahi4

に、肉が甘ぁぁぁぁぁぁい!

もの凄い肉汁です~~~っ 

皮はモッッッチモチっす!

「まるで皮に包まれたステーキやわぁぁぁぁぁっ!」パンチも効いているし、豚のひき肉を使った餃子より一味もふた味も違う。素材がいいとここまで旨いのか、これが美味しい餃子なんだって殆どの連中はそう思うはずです。
贅沢でいながら庶民的、いつまでも続いてほしいこの余韻。豚のひき肉を使った餃子もいいけれど、ハッとするこの味は暫く記憶から離れそうにありません。いやぁ満足、満足。飛騨牛バンザ~~イ♪

gyouzahi5

こりゃマジ凄いわ。

牛肉、しかも飛騨牛とくれば誰もが一度は食ってみたいはずですよ。それが餃子に入っているんですから。是非みなさんもご自宅でお試しあれ♪

お買い物は、買っちゃって王カートから。

ちゃんぽん、皿うどんの本場長崎からお届けします。 -長崎製麺所-

長崎のイメージって皆さんどうなんでしょう。
私は坂本龍馬、福山雅治、眼鏡橋・・・。おっとここは食べ物じゃないと先に進めませんよね。
なんといっても「ちゃんぽん」や「皿うどん」「カステラ」が代表的じゃないでしょうか。
何年か前、観光で訪れた長崎の中華街で食べたちゃんぽん、皿うどんは最高に美味しかったですねぇ。では、もし本場長崎のちゃんぽんや皿うどんがお取り寄せできるとしたらどうでしょう?
自宅で気軽に食べられるのであれば一度は経験してみたくないですか。
それが長崎発!できちゃいますよ♪

nagasaki1

今回我が家にお届けくださったのは創業50年以上、製麺一筋の長崎製麺所さんから。
取引先の専門店に卸している麺をそのまま送ってくれるわけですから、当然オリジナル&直送ってわけですね。
時代に流されす、昔ながらの製法で素材にこだわり、麺に合った喉越し、歯ごたえは長年愛されている老舗ならではの信用と実績の賜物。長崎で食べられているちゃんぽん麺、皿うどんは、小麦粉に唐灰汁(とうはいあく)を混ぜ合わせた唐灰汁麺。昭和初期に上海から伝わったとされ、独特の風味があるんだとか。

nagasaki2

我が家に届いたのは「皿うどん」です。※チャーメンともいいます。
中身は麺と餡用のスープが入っていて、見た目ではよくスーパーで売られているものと変わりません。ちゃんぽんと並ぶ人気の皿うどんは、細めの麺をほぐして蒸した後、油でさっと揚げたもので、その麺の上に野菜や豚肉、かまぼこなどをいれた餡をたっぷりかけて食べます。
更にその上にお好みでウスターソースやレモン汁をかけて食べても美味しいです。

 

皿うどんは、元々はちゃんぽんを出前用にアレンジし、お店から配達する時にこぼれないよう汁を少なくしたものがはじまり。見た目が皿に盛った焼きうどんのようだった事から「皿うどん」と呼ばれるようになり、その後堅焼きそばが伝わって長崎で発展し、同じように皿うどんと呼ばれるようになったといわれているそうです。
また祝い事に大人数分を一度に注文し、大皿から各自取り分けて頂くのも地元の食べ方のひとつ。

 

nagasaki3
レシピ付きなので安心♪
麺は軽くほぐし、大きめの皿の上に盛りつけて下さい。

 

nagasaki4

皿に載せた麺に鼻を近づけて見ると、とても香ばしく市販の皿うどんの麺よりかなり多めに感じます。

 

nagasaki5

さて餡を麺にかけて

熱いうちに口に運ぶと・・・

いやぁうんまい!

 

パリパリの麺と餡が絡んで存在感バッチリ、やっぱこれが本物!
時間が経つと餡が麺に染み込んで、この時の食感は「モチモチ」。更に皿うどんにウスターソースをかければ、酸味が効いてもっと美味しくなるんです。
1つの皿うどんが2度、3度と違った食感で味わえる、正に「長崎ばんざ~~い」。量も多いからたっぷりお腹にたまります。

nagasaki6

きっと粉の配合から、練り上げて麺になるまでそれ相当のこだわりがあるからなんでしょうね。たまに食べるスーパーで買う皿うどんがちっぽけな存在にさえ感じます。本場から伝統の味がお取り寄せができるわけで・・・

うちに、長崎がやってきたぁぁぁぁっ~

を味わってみませんか。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから