カテゴリー : トリ肉

ビールによ~く合います!ジューシー&スパイシーさぬき名物「骨付鳥」-ばばフードセンター- 香川県丸亀市

香川県といえばさぬきうどんと答える方が殆どなんでしょうけど、もうひとつ「骨付鶏」も地元ではすっかり浸透したソウルフードのひとつ。この名前を見たり聞いたりした方はおそらく「あっ丸亀市のあれね!」とすぐに脳裏に浮かび上がるはずです。
から揚げや蒸し焼きにしたものと全然違う骨付鳥をこれからご紹介。お取り寄せの参考にぜひ!

toriya1

骨付鳥は、丸亀にある居酒屋「一鶴」の創業者(近藤定市、田鶴子夫妻)が、ハリウッド映画に出てきたローストチキンをヒントに1953年から売り出したのが始まり。その後横浜市、大阪市に進出し、うどんに次ぐ香川県の名物として注目されるようになったんです。今や居酒屋や料理を提供するお店のメニューとして取り入れられることが多く、テイクアウトで提供する店もあるほど。骨付鳥には親鶏と若鶏の2種類があって、それぞれ違った味わいなんだとか。地元の人はその日の気分によって変えてみたりするらしいのですが、親鶏はしっかりとした歯ごたえがあり、コリコリとしていて長時間噛みしめることができ、噛めば噛むほどジュワーッと旨みが出てきて、若鶏は身がふっくらとしていて柔らかく、食べやすいのが特徴なので、女性に人気なんだとか。酒飲みには親鶏っていうとこなんでしょうね。

作り方の基本は、塩、コショウ、ガーリック!どのスパイスを多めに使用するかでその店の特徴がでるといわれており、中には塩にこだわったり、ハーブに付け込んだりするお店もあるそうで、味付けされた鶏をオーブンや、フライパンで表はカリッ中は鶏肉の旨みを封じ込め、肉汁を逃さないように焼きあげるのですが、その加減が旨みを出す秘訣なんだそうです。提供する際、銀の皿に載せてテーブルに運ばれてきますが、備え付けのキャベツやお店で出されるおにぎりに肉汁をつけて食べるのが地元の方のツウな食べ方なんです。

では、お取り寄せともなれば・・・・

その骨付鳥、お店から発送するのはできたとしても冷ましてパックに入れて送られたものだと、確かにチンをすれば美味しいのでしょうけど、そうすれば油が周りうま味が損なわれる可能性もあるかもしれません。ところが今回到着した骨付鳥はお店で焼いた骨付鳥を瞬間冷凍&真空パック!で発送しているんです。その販売元がばばフードセンターさんで、とっと焼きうどん、お惣菜、不動産まで経営。「本当の味を目の前で味わってほしかった」という思いで味にこだわり全国の皆さんにも気軽に味わってほしいそうです。

toriya2ではその作り方・・・・

袋を開封せず冷凍したまま沸騰したお湯に約3~5分。そしてフライパンに少々大目の油を熱しそこに袋から取り出した骨付鳥を入れるんですが、ここで袋の中には鶏肉からでた油が残っていますので、その油も入れて焼くと更に香りが染み込みます。

toriya3

フライパンで焼く際、最初から骨付鳥には焦げ目が付いていますがさらにじっくり、じわじわと焼くのがポイントのようです。中までアツアツになったら完成。(3~4分焼いてレンジでチンでもおいしいですよ)

 

さてその味は・・・・

といいますか、味の前に口の周りが油まみれになるのが嫌という方は上品な食べ方もありでしょうが、地元では一気にかぶりつくそうなので、ここは「ガブリッッッ、めっちゃウマイやんっ!」

toriya4にんにく、塩気、そして鶏肉の旨味が一気に口の中でステップしているかのよう。噛めば噛むほど鶏の美味しいところが溢れてきますから、飲み込むまで十分楽しめますが、私はビールで流し込みました。骨に付いた細かな肉片までしゃぶるかのように、

骨付鳥を食べることだけに集中する、いやいや集中してしまうんです。自宅で骨付鳥!ビール5杯!うぃ~酔った酔った。

激ウマ!皮パリッ!ジュワ~!スパイシィ!丸亀名物「骨付鳥」(5本入)
3,645円(税込・送料別)なり~。

お買い求めは、買っちゃって王カートから。

 

土佐はちきん地鶏の「燻製ハム」&「胸肉スライス」こりゃあ“うまいぜよ”-森田フーズ- 高知市

皆さん、地鶏って聞いたことあるでしょ。その数、意外と多いんです。
地鶏ってその場所で特別に育ったからというだけではなくて、在来種の純系または在来種を素びなの生産の両親か片親に使って飼育した鶏のことで、飼育期間が80日以上、28日令以降は平飼いで1m²当たり10羽以下で飼育しなければならないという規定もあるんです。
よく聞くのは九州の宮崎の地頭鶏(じとっこ)、愛知県の名古屋コーチンなどその数は全国で50を越えるほど。

moritaf01

今回紹介するのは高知県の「土佐はちきん地鶏」。
高知県原産の日本鶏が交配のベースでその地名の「土佐」に「はちきん」という土佐の「女性」を表現する言葉と「地鶏」を組み合わせて命名したもの。高知県原産の土佐九斤(とさくきん)の雄を大シャモの雌に掛け合わせた個体(雄)と白色プリマスロックの雌を交配して平成17年に完成した期待の地鶏なんです。

moritaf02

今回送られてきた森田フーズさんの扱う土佐はちきん地鶏をまるごと燻製にしたものと、ムネ肉のスライス(これは珍しいでしょ!)。
まるごと燻製は、手で裂いてそのままお酒のアテにもいいですし、ピザやサラダのトッピングにも合うんだとか。ムネ肉のスライスは出汁にサッとくぐらせて「シャブシャブ」にもってこいらしく、サッと焼いて、季節の野菜を巻いた鉄板焼き。
パン粉をまぶして揚げれば極薄カツに。普通牛や豚肉のシャブシャブはよく聞くけれど、鶏肉でしかも地鶏のシャブシャブなんてどんなものなのか体験してみたいです。

レポート①まるごと燻製

moritaf03

そのまままるごとを解凍し、指先で肉片をつまみながら剥がしていきます。食べやすい大きさに裂きながらそのまま口に。(お皿に食べる量盛り付けたほうがいいでよ)

moritaf04

そうですねぇ、避けるチーズを連想したほうがいいかもしれませんね。

ではお口にIN・・・・・・・・・

ウヌォオオッッッ!!!う、うんま~~~い♪♪♪歯ごたえのいい身が締まった鶏肉と噛む程にジュワッと溢れる鶏肉の旨みにプラスされた燻製の香ばしさ、これ最高のおつまみです。

moritaf05

絶妙な塩気と鶏肉の美味しくジューシーなところが口の中で合わさると、もう口の中は満天の鶏肉アワーの始まり始まりぃ~~♪。
ビールにもワインにも、テーブルにおいてみんなでワイワイ裂きながら食べるのもいいかも。もしかすると、蟹を食べてるときみたいにだんまりしながら会話もなくなるほどかも・・・・。
そうですね、サラダに、ピザのトッピングに、パンに挟んでもきっと美味しく食べられますよ。

レポート②ムネ肉のスライス

moritaf06

シャブシャブに使いました。鶏肉を使うなんて思ってもいませんでしたから、いつもとの違いを確かめるには丁度いいチャンス。
箸で摘み熱々の鍋にIN、4、5回シャブッサシャブッ・・・

moritaf07

これもウッマ~~イ!さっぱりしていてどんどん食べれるんだけど、とにかく柔らかい。

moritaf08
地鶏だから幾分固くなって歯ごたえを楽しむものとばかり思っていましたが、とっても弾力があって、癖も強くないからあっさりしているんです。
豚肉や牛肉もいいけれど、これは新しいシャブ肉の登場といっていいかもしれません。
この2つ、肉好きにはたまりません。焼く、煮るだけじゃなくて鶏肉はこうも美味しくなるということを「土佐はちきん地鶏」から教えてもらった感じですね。是非皆さんご賞味を。

ご注文は、買っちゃって王カートから。

 

しずおか食セレクション認定、噛むほどに“これが本物”「天城軍鶏」-堀江養鶏- 静岡県伊豆市

久しぶりに旨い鶏肉にありつきました。
その鶏肉は“天城軍鶏(あまぎシャモ)”というシャモ肉なんですが、普通だとシャモ肉は硬いとか、普通に家庭で扱えるのか、などいろんな不安や言い分もあるかもしれませんね。

amagi2

私は田舎育ちで、卵を産まなくなったシャモを裁いて鳥飯や汁物にいれて2、3年に一度くらいは食べていました。
最近シャモを飼育して量を増やし、シャモ肉を食べさせてくれる田舎風レストランもあるようですが、確かにコクもあり当たり前に食べられているブロイラーとは随分違うようです。

pakerge

今回お送りくださった静岡県伊豆市の堀江養鶏さんの飼育生産する「天城軍鶏」は厳選した審査の結果、静岡県が認定する「しずおか食セレクション」に昨年見事選ばれた鶏肉なんです。
天城軍鶏は、黒の系統(うまさの証)、しっかりした歯ごたえの「黒系シャモ」と、きめ細かく柔らかい肉質の鶏をかけあわせた「最高の美味しさを求めた鶏種」。徹底した管理体制のもと、栄養度の高い飼料を与え、野鳥が入らない元気にそして自由に走り回ることの可能な平飼い鶏舎でブロイラーの3倍以上の時間をかけているため、しっかりした肉質で臭みがないのが特徴。

saigoni_ireru

 

もも肉、ササミ、胸肉をこれから使いますが皆さんにできるだけわかりやすく味をお伝えするため、まずは焼き鳥にしてみます。

yakitori_yaki

「生きている旨さ」これは焼き鳥屋の焼き鳥じゃない野生感のいある鶏肉って感じですね。ひと噛みで目が覚めるっていうか、繊維が詰まっていて、鶏肉の旨みが先立つから美味しく飲み込むまで味わえるわけです。新しい分野の鶏肉の登場といっていいでしょうね。

 

これは酒の相手にしては上等ですよ!


ネギ間には胸肉を使いましたが、これは柔らかくて食べやすかったです。親子丼に使ってほしいですね。

 

さて次は、お馴染みもも肉は「唐揚げ」、ササミは「フライ」に。

唐揚げ!実は唐揚げで有名な大分県に買っちゃって王のオフィスがあるわけですが、おそらく天城軍鶏を唐揚げにして食べた大分県民第一号が私か?しつこくない脂身、しっかりした繊維質が噛む程に旨みをジュワ~ッと参ったかと言わんばかりに溢れてきます。唐揚げも普通のもも肉と比べ、しっかりと歯ごたえが味わえますから思う存分天城軍鶏の味を満喫できます。

sasami_furai

ササミは、逆に柔らか!さばいたその日に食べられるのならば、刺身で食べたい!スーパーで買うものより肉がギュギュっと締まっているから、揚げ物なのに重みさえ感じます。

 

最後に胸肉は大分県を代表する
家庭の味「とり天」に。

あれれ、これも肉が締まっているからいつもの肉より歯ごたえがとってもいいです。衣の下の天城軍鶏は大分県民の舌も満足させてくれました。郷土料理も美味しい鶏肉を使うと随分美味しくなります。

toriten_good

鶏肉もここまで進化すれば、料理だって美味しくなるばかりか世界に堂々と誇れるはずです。これも生産者の汗と努力があってからこそなんですが、如何に本物の美味さを記憶に留ませるかが課題だったに違いないのです。
口にいれ、美味しいだけではなく「また食べたい」それこそ答えであったはずですし、正に今回食べた天城軍鶏はこれまでの鶏肉の概念を超越した、素晴らしい鶏肉であると思います。

 

旨み、コク、食べごたえの三拍子揃った

天城軍鶏、是非ご賞味ください。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから。

 

愛媛県今治市では、鶏の唐揚げのことを「せんざんき」というんです!-西屋-

鶏の唐揚げ。美味しいですよね!
カリッと揚がった出来立てホヤホヤは最高ですよね。でもこの唐揚げ、村上水軍のふるさとでもある愛媛県今治市では何故か“せんざんき”と呼ぶんです!


まるで洗濯機?とでも聞き間違えそうで、呼び方から絶対唐揚げなんて思いもしない。でも、正真正銘「鶏の唐揚げ」なんです。
今回お送りくださったのは今治市のお肉屋さんの西屋さんからなんですが、今治では当たり前に呼ばれるせんざんき。気になるのはその味です。
西屋さんのせんざんきは、独自の味付けをしていて高温の油で揚げるだけ♪揚げる前になぜこの地方だけ鶏の唐揚げを「せんざんき」と呼ぶのか、ちょっとルーツを探ってみました。

鶏肉を細かく千個近くに切るような感じから「千斬切」という説や、中国語ではないかという説などがあるようですが、呼び方のルーツは中国語というのが正しいようです。
中国語で「軟炸鶏(エンザーチ)」骨付鶏の唐揚げ、「清炸鶏(チンザーチ)」骨なし鶏の唐揚げという意味らしく、衣をつけて揚げた鶏肉のことのようです。ちなみに北海道では鶏の唐揚げのことを「ざんき」と呼ばれますが、語源は中華料理の炸鶏(ザーチ)料理からきているそうです。

 

せんざんきの始まりは「スター」というお店から。

最初は「せんざんちー」と呼ばれていたらしく語呂が悪いので「ちー」を「き」に変えたそうです。
このお店の先代が満州へ兵隊で行った時、中国の人に教えてもらったのが「せんざんき」なんだとか。その作り方、美味しさが脈々と受け継がれ広がり、今では今治の“名物”になったのです。

西屋さんのせんざんき、先に紹介したように油で揚げるだけ。
買っちゃって王は鶏肉消費量日本一の大分県にありますから、勿論鶏肉大好き人間がた~くさんいるわけです。もしかして私が大分県でせんざんきのお取り寄せ第一号だったりする?のかもしれませんが、その噂の味、確かめてみたいと思います。

 

アツアツをパクリッ・・・
カリッ、ハフハフ・・・

あっ正解!

おいしぃぃぃっすよ、コレ!

鶏肉の好きな方なら、1日おきに食べても飽きないでしょうね。
ついでにビールもあればなおいいし、おかずにも入れたいし、おやつにだって勿論いいし…。
風味は、ちょいニンニク。味は薄い塩味なんですが、唐揚げの聖地と呼ばれる大分の中津地域の唐揚げと比べ、濃すぎない味付けになっていて、肉の味が損なわれず、鶏の旨味を最大に引き出した味になっています。自宅で揚げるだけで簡単つまみの出来上がり!こりゃうまいよ。

 

鶏肉ファンなら間違いなくだ~い好きになりますね。カリッ、ジューシー、あとを引く旨さ!今治の唐揚げってめっちゃうまいわぁ♪

お取り寄せは、買っちゃって王カートから

 

さぬき、もう一つの名物“骨付き鶏”-(有)さぬき鳥本舗-

さぬきって聞くとみなさん“うどん”という人が殆どでしょう。でもうどんも名物なんだけど、もう一つあるんです。それが「骨付鶏」なるもの。

今回お送り下さったのは香川県三豊市の(有)さぬき鳥本舗さんから。初めての方もいると

思いますのでここで骨付鶏のルーツを紹介したいと思います。

骨付鶏は、鶏の骨付きもも肉をオーブン釜などで焼き上げたもので、全国的にも珍しい料理のひとつ。地元の人たちにも人気で、噛みごたえがあり、深い味わいのおやどりと、柔らかくて食べやすいひなどりの2種類あります。
その発祥の地は、香川県丸亀市。一番の老舗とされる「一鶴」(いっかく)さんが開業したのは、1952年で、創業者のご夫婦がアメリカ映画を見ていると、大きな骨付きの鳥足をかぶりつくシーンがあったそうで、これにヒントに思いついたのが「骨付鶏」の始まりらしいです。養鶏の多い香川県では80件もの専門店があって、各店焼き方や味付けに特徴があります。

さぬき鳥本舗さんの骨付鶏「お取り寄せ」ができちゃいます。しかもこだわりにこだわった骨付鶏といいますから、とっても興味津津。
さぬき鳥本舗さんでは“真空調理法”というフランスでフォアグラを美味しく調理するために開発された調理法を使っています。焼く・蒸す・煮るに注ぐ第四の調理法とも呼ばれ、真空パックの浸透圧により少ない量の調味液が均等に浸透することで、風味や旨味を逃すことなく調理ができる画期的な方法なんだとか。
そして鶏肉の味を更に活かすために使われる材料は、香川県地域資源認定とうがらし香川本鷹、瀬戸のあら塩、地元産にんにく&たまねぎパウダー・醤油に至るまで細かくこだわっています。

▼さて食べ方ですが…

パックのままレンジで約1分間温めます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

次に付属のチキンオイルをフライパンに敷き温めたらそこへ骨付鶏をIN。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

皮側を強火で約50秒、裏面を約30秒焼きます。
この時油が跳ねやすいのでフライパンに蓋をして焼いた方が安全。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お勧めな食べ方として刻んだキャベツをお皿に敷いてその上に熱々の骨付鶏をON。
そしてフライパンにある油、実はこれが旨いんですよ!骨付鶏の旨味、スパイスがしみ込んでいますから、これを骨付鶏にかけます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

さて、これであとは食べるだけ♪

かぶりつくとじゅわ~っと
うまい脂が口いっぱいに!
そしてUMaaaaa~~い。

こいつはクセになる味でスパイス、塩気、甘さ、辛さが一度にギュッとストレートに迫ってきます。これを食べると他の鶏肉が遠くに感じてしまうし、元気だってでてきそう。これに合うお酒はやはりビールでしょうね。
天気のいい日、外で食べたらもっと美味しいかも。あっそうそう、地元では残った油を塩むすびに付けながら食べるのがさぬき流だそうです。

ああよかった、よかった。マジウマでしたね骨付鶏。

 

お買いものは、買っちゃって王カートから

 

福岡市早良区西新名物チキンバー&ぷるぷる豚足 -とり良-

毎日とはいかないが、酒の当に鶏肉は欠かせないという連中も多いはず。
から揚げや焼き鳥を買ってきて自宅でテレビを見ながら鶏の旨味に舌づつみ・・・。でもまた同じになっちゃうなぁっていう人、案外いるのでは?こんなときに是非ご利用をしてもらいたい逸品をご覧いただきたい。

今回紹介するのは鶏肉のから揚げとはちょっと違うチキンバーと豚足です。
これが福岡の西新では名物になっていてそのお店が「とり良」さん。揚げた鶏肉を独自のタレで絡めたものなんだけど味は甘口と辛口があります。それと豚足、これもプルップルで人気の商品なんだとか。(※レンジで温めてください)では早速ビールを用意していただいてみましょう。

 

まずはチキンバー(甘口)から。

甘く仕上げたタレと鶏肉の旨味が絶妙のバランスで、一発でビールが欲しくなります。から揚げにひと工夫凝らしたこの味は一度食べると確実にヤミツキになります。あとを引く味とゴマの風味の宛ら、辛口はさらにパンチの効いた味付けで、長く口に残る辛さがついついビールにも、チキンバーに自然と手が伸びてしまいます。これは子供のおやつにもいいけれど、正に酒飲みのためにあるチキンバー!デス。


では次に、ぷるぷる
豚足。

臭みがなくとにかくホロホロと肉片が簡単に崩れるほど柔らかい。その味は、しっとりでしてとても食べやすい。豚の油の旨味が十分堪能できる正にプルップルの豚足。スーパーで売っているものなんて比べようがないくらいの味と風味、それとスーッと簡単に箸が入る柔らかさには惚れ惚れ。

さて今宵、あなたを魅了するつまみは是非「とり良」のチキンバー&豚足で決めていただきたい。
ご注文は買っちゃって王カート。または、下記店舗直接でもOK。

とり良
〒814-0002 福岡県福岡市早良区西新4丁目7-21
電話:092-852-8528

昭和35年創業の受け継がれた味そのままに -矢野若とり専門店-

唐揚げ&鶏の丸焼き、昭和35年創業の受け継がれた味そのままに

鶏肉の料理の代表的なものに唐揚げがある。特に九州はその本場でどの店も鶏肉、味、油にまでこだわり独自の味と風味を持っています。今回紹介するのは宮崎県延岡市の「矢野若とり専門店」さんで創業が昭和35年、我が家にお送りくださったのは2代目和美さん。

実は22年前に和美さんの父親が他界しその味を素直に受け継いだこだわりの味。

その味がもっとも地元でも人気なのが「鶏の丸焼き」で、写真でわかる通り黄色いセロハンに巻かれたパッケージは昔からのもの。厳選した生後45日ヒナを独自の製法で加工したこの鶏の丸焼きはボリュームもさておきながら、実に柔らかく老若男女、年齢関係なく子から孫へと自然に受け継がれ、今では北海道から沖縄まで注文が入るといいます。

ただ残念なのがアツアツを通販の場合食べられない。お近くへお立寄りの際は1時間前に予約を入れて来店をということです。


ではその黄色いパッケージを開けて、皿に移しレンジで温めて頂いてみました。足の付け根(モモ)のあたりを引っ張ると簡単にはずれ、一口噛みつくと「うまい」これが老舗の当時から変わらない味なんだ!香ばしく実にやわらか。足から胸部に至るまで鶏肉すべてを味わえ、肉汁が口中に広がり鶏本来の味をこれ一羽で満喫できる。このうまいことうまいこと。酒の共にも十分その役割を果たしてくれるけど、肉を裂いて野菜と一緒にサラダに混ぜても美味しいはずです。最高!これなら全国に鶏だけに羽ばたいて行くはずです。


では次にもちろん鶏肉の専門店さんだから唐揚げだってある。
しかも下味を付けてくれているから油で揚げるだけ♪

では早速揚げてみましょう。

アツアツをお口へGO!

う、うま~~~。

旨いじゃん!ジューシーじゃん。

えー味はというとまず生姜の香りが先立ち、ちょっぴり甘めの醤油系の味。それに肉の柔らかいこと!

外カリッ中ふんわり、噛むと飛び出す肉汁が酒を誘う。次に冷まして味わってみたんですが甘さが引き立っているから、子供さんには超贅沢なおやつ感覚でいける気がします。すぐ食べたいとき油で2、3分あげれば老舗の味に出会えます。

さてみなさん、鶏肉って奥が深いですね。お取り寄せもいいけど、延岡に行く機会があれば是非お立寄りください。アツアツが食べられますよ!

ご注文は買っちゃって王からもできます。カートをご利用ください。