0

つるっとさっぱり喉越し良し、旨し。京都のうどん 名代おめん-京都市-

Posted by kanri on 2019年11月25日 in その他 |

うどんといえば、讃岐をはじめ全国どこでも古くから親しまれてきた気軽に食べることができて、私たち日本人にとってごく当たり前のもの。その「うどん」今回ご紹介するのは、自家製麺でありながら、使われる素材にもこだわった京都の専門店さんからの直送のうどんです。
35130_1
お送り下さったのは昭和42年創業の「名代おめん」さんから。左京区の銀閣寺近くに本店を構え京都に3店舗、ニューヨークにもお店を開いている人気のうどん専門店です。
特徴といえば、汁に入ったうどんではなく「つけ麺」で召し上がるスタイル。麺は国産小麦100%の自家製麺、出汁は上質の厳選した昆布と鰹でとったもので、その出汁に胡麻と甘辛く作った金平ごぼうを入れて食べるスタイル。

35130_2

「おめん」というと顔につけるあのお面を想像してしまいますが、おめんさんの故郷は上州伊勢崎、今の群馬。上州地方ではその昔、自粉による小麦粉で打ったうどんのことを「おめん」と呼ばれ、日常は勿論、冠婚葬祭や神仏へのお供えとして「御麺」と記されていたそうです。それが今では「おめん」となり、現在、京の都で育てられた「名代おめん」として京都は勿論観光客、また海外に至るまで、その美味しさはお客様に喜ばれています。

35130_3
さておめんさんのうどん、お取り寄せを開始しました。「団欒(だんらん)」というネーミングで家族で楽しみながら食べてほしいという思いを込めてお店から直送してくれます。

箱を開けると、作り方のレシピに冷凍のうどん、出汁、金平ごぼう、ごま、そしてサービスで小瓶に入った熊本産の素材を使った特選八味と書かれた薬味が入っていました。

早速レシピ通りにお湯を沸かし湯銭し、麺を湯でること3,4分。
35130_4
ではいただきます。出汁にうどんを付け“ズルッ”・・・ツルッツル!そうなんです、とにかく滑るように口に入ってきます。

35130_5

噛んでみるとシコシコした食感が実によくてリズミカルにモグモグ。喉元を過ぎる瞬間、すでに箸は自然と次のうどんに手が伸びていきます。

35130_6
「これはうまい!」粉の香りと胡麻の香りを楽しみながら、付属の金平ごぼうと一緒に食べれば、どこか懐かしい田舎の風景にタイムスリップしそう。

35130_7
半分近く食べたときに特選八味と書かれた薬味を少々出汁に入れて食べてみましたが、麺をすすった瞬間、ピリリと舌を刺激してきてそれが刺激となり、またまたツル&シコの連続を堪能。

35130_8
食べ終わるまで10分はかからなかったと思うんですが、この麺は最高にオイシイです。鍋や焼きうどんにしてもきっと美味しいと思いますし、すき焼きのシメにも合うと思います。

名代おめんさんのうどん、完璧です。うどんが好きな麺通ならきっと太鼓判でしょう。讃岐が一番なんて思ってるあなた!食べてみてください。これもなかなかイケますよ。

お求めは買っちゃって王カートから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.