カテゴリー : 洋食・和食

大好きなカレーがもっと美味しく!石川県ブランド製品「剣崎なんばスパイス」&「金澤カレー」-ふれあい工房たんと- 石川県金沢市

「カレー」そう、み~んな大好きあのカレー!中には毎日カレーでもいいっていうファンもいる程。

tanto001

ではそのカレー、美味しいから食べるのはわかっていますが、その美味しいカレーにある「スパイス」をササッとカレーに向かって振りかけるだけでメッチャメチャ美味しく味が変化したら3食カレー(ちょっとオーバーかな)でもいいってくらいの凄いスパイスを紹介します。

tanto002

「剣崎なんば」

これがこれから紹介するスパイスの名前。聞いたことあるって人はほとんどないと思いますが、この剣崎なんばとは石川県白山市剣崎町で生まれた細長い「とうがらし」のこと。栽培の歴史は古く、明治9年には既に栽培が始まり、剣崎町のほとんどの農家さんで作られていたそうです。戦後になると重要が減り、だんだん栽培する農家さんも減少してきたのですが、平成21年に白山市の地域特産農産物に指定され、再び注目を浴びるようになったそうです。剣崎なんばは一般的に使われる鷹の爪を上回る辛味成分カプサイシンが豊富に含まれ、その加工品は町の特産品として注目を浴びているんだとか。

 

その伝統野菜剣崎なんばに注目し、加工や使用方法を吟味し生まれたのが「剣崎なんばスパイス」。生産したのは「ふれあい工房たんと」さんで、このスパイスは「平成28年度石川ブランド」に認定された製品なんです。

tanto003

唐辛子=辛いのですが、その辛さもさながら、唐辛子にはその地方の気候や風土で違いもあり、引き付ける香りと味わいがあるんですね。

辛味が強いものや、中には甘いものもあって熊鷹、獅子唐辛子、伏見唐辛子、万願寺唐辛子など有名な唐辛子が国内にはありますが、今回いただいた剣崎なんばも国内を代表する唐辛子と肩を並べても決しておかしくありません。だってブランド認定ですもの!

 

ではこれからいただいてみますが、ふれあい工房たんとの酒井さんからのリクエストで「うちで作ったカレーに使って食べてみてください」ということでしたので、お送りくださった「たんとの金澤カレー」と一緒に食してみたいと思います。

tanto004

レトルトですので湯煎し(約8分)、そのままライスにオンザカレー。まずは剣崎なんばスパイスを使用前の味を確かめてみました。

tanto005

まったりした金澤カレーの味はとても深く、優しく家庭的な温かみのある味わいに仕上げていて、辛さが後を引く中辛。どこか強く引き付けるカレーではなく、煮込むことでバランスが整った誰でも好きになる「おかわりしたくなるカレー」です。

 

さてお待ちかね、こんなに美味しいカレーなのに今回の主役「剣崎なんばスパイス」をササッとふりかけて、スパイスのかかった部分を混ぜ混ぜ・・・

tanto006

口に運ぶと「ウホッ!なんにコレ!」カレーの輪郭が凄くはっきり!旨みもググ~~ンとUP。今度は全体にもっとかけてみた。すると絶品!旨み引き立つカレーに大変身!このスパイス、これからカレーを食べる時手放せない気がします。これさえあればどんなカレーでも美味しくなるハズ。

tanto007

おっとっと、汗かきさんご注意です。私なんてどのカレーを食べても汗が止まらなくなるんですが、このスパイスのおかげでカレー皿の横にティッシュの山!それだけ体の代謝に優れているということですね。「剣崎なんばスパイス」すっご~~い!

tanto008

 

これは是非経験してほしいですね。特にカレーが好きっていう方、そして行きつけのカレー屋さんでこっそり振りかけてみて味の違いを確かめてみては?焼き鳥のアクセントにも合うと思いますよ。

お買い求めは、買っちゃって王カートから

 

 

札幌黄玉葱をふんだんに使った「幻のたまねぎカレー」-北海道アグリ企画- 札幌市

カレーってどのくらいの頻度で食べていますか?

我が家では月に2回平均くらいと思いますが、カレー大好きな私は週1回でもウレシイ♪

自宅で作ったカレーだからでしょうか月2回は案外時平均かもしれませんが、スーパーに行くとカレーのコーナーにレトルトカレーも普通においていますよね。

 

さて、皆さん今までどれだけレトルトカレーを食べました?きっとその中には「これ、これだよ!」なんておかずに困ったときや、めんどくさいときにサッと温めて白いご飯にかければもう立派な食事になりますよね。でもそのレトルトカレー、具材にこだわった“幻”なんていう名前のカレーが通販できるとすれば食べてみたくありませんか?

tamanegi001

今回紹介するカレーはスパイスやお肉にこだわったカレーではなく「玉ねぎ」にこだわったレトルトカレー。その名も「幻のたまねぎカレー」といって「札幌黄」という北海道生まれの玉ねぎを使ったものです。この札幌黄を栽培するヴェール農場は、100年以上の歴史ある農場で、札幌黄の種子を自家栽培し、120項目以上の適切な農場管理の基準をクリアーした農場のみに与えられる「JGAP認証」を取得した農場。安心・安全で美味しい自慢の野菜を今も皆様へ提供しています。

tamanegi002

札幌黄はどんな玉ねぎなのかというと、その栽培の歴史は長く明治13年にさかのぼります。一時、大きさが不揃いで病気に弱いという点から生産する農家さんが少なくなったことから今では幻とされている玉ねぎなんです。札幌黄は他の玉ねぎよりも肉厚で、熱を加えると甘味と柔らかさが増すのが特徴で一般の玉ねぎの糖度が9~10に対し、札幌黄はりんごの甘さに近い13度もあります。またビフィズス菌の働きを助け、整腸効果をもたらすフラクトオリゴ糖も多く含まれているんです。

tamanegi003

在来品種である札幌黄の栽培に情熱を注ぎ、それをカレーの材料のひとつとして使われているわけですが、当然最初からレトルトになったわけではありません。その美味しさが故にレトルトになったのですから。札幌にある温故知新「ブルックスカレー食堂」で提供するカレーにはヴェール農場さんの札幌黄が大量に使われているんです。そこで食べられているカレーのうまさを封じ込めたのがこれから食べる「幻のたまねぎカレー」です。

 

ボーイズ・ビィ・アンビシャス(少年よ大志を抱け)で有名なクラーク博士がカレーライスの名付け親らしいのですが、そのクラーク氏の後任に就いたのがウィリアム・P・ブルックス氏で、札幌黄を国内へ(札幌)最初に持ち込んで広めたんだそう。では早速いただいてみましょう。

 

湯煎したカレーを白いご飯にON。
スプーンに盛られた幻のたまねぎカレーは・・・・

tamanegi004

酸味から、うまいに変身!普通通りだと旨みとコクがブレンドされて美味しいかどうかがはっきりしてくるんですが、このカレーはカレー本来の風味と酸味、そして想像通り札幌黄の本質である、玉ねぎの旨みと食感がじんわり沁み渡ってくる感じです。

tamanegi005

うわっこれ何?という「次はないね」とう想像を絶するカレーではなく、カレー屋のカレーに玉ねぎのいいとこがバランスよくほかの素材の邪魔をすることもなく溶け込んでいるから、次もアリです。キーマを連想させますが、優しい味わいの中に中辛のスパイスが後をひきます。

 

 

「カレーってみんな大好き」だからこそこだわってみてほしいんです。自宅の近くに美味しいカレー屋さんがなければどうでしょう?おいしいレトルトカレーが売ってないなら?

幻のたまねぎカレーなら満足できるカレーではないかと私は思います。だってオイシイんだもん♪

 

お取り寄せは、買っちゃって王カートから

 

「育てる」「食べる」「また、来たくなる」井上農産の「富良野るるるそば」-富良野市-

「富良野」といえばメロン、ラベンダーというイメージ。広大な大地に色鮮やかな紫のラベンダー畑、甘くでジューシーなメロン。しか~しそれだけじゃないんだよね。美味しいそばだって富良野にはあるんだよ。

inoueko001

育てる 食べる また、来たくなる 

3つの「る」の富良野るるるそば。作っているのは何と農家さんなんです。お送りくださった井上農産さんは高品質のものを生産するため、土作りからこだわり、玉ねぎやにんじん、スイートコーンなどを広大な大地で作っています。

inoueko002

今回主役のそばは「牡丹そば」という昭和の始めから北海道では定番のそばで、香り・甘みがよく、そば通の方に評判の品種。栽培が難しく、収穫量も少ないことから今では幻のそばと言われているんだそう。井上農産さんのそば畑は小高い丘陵地にあって、そこから眺める景色はとっても素晴らしいんだそうです。

 

さて早速茹でてみたいと思います。(レシピ・汁付き)約4分茹で、冷水で締めます。

inoueko003

さて付属のつゆに付けて“ズッズズズズ~ッ”ん~いい香り、噛むとほんのり甘さが鼻を抜けます。

inoueko004

喉越しよく、プリッとした食感にほんのりとした甘さは、他のそばにはない特徴。農家さんが自ら作った絶品そば。るるるそばは“また食べたくなる”でした。

 

次に、牡丹そば茶。いつでも飲めるノンカフェイン!

inoueko005

いやいや、このそば茶うま~~い。香ばしくて香り高く、優しく口の中を包み込む懐かしい味わい。

inoueko006

お茶の色から薄い味かなと思いきや、決してそんなことはなく濃すぎることもない。実にしっかりしたそばの風味がジュンッと喉の奥からもわかります。

 

そばは健康にいい。健康に適した要素を気軽に摂取できますが、地元にないそばに興味がありませんか?すぐ近くにあるそばもいいけれど、遠くにあるそばも実に美味しく、喉越しも最高です。だって全て自社生産なんですから、こりゃあ旨いは当たり前。

 

お買い求めは、買っちゃって王カートから。

 

レシピ通りでも、ひと手間加えてVeryウマ「カレーうどん」-富貴堂- 神奈川県藤沢市

カレーうどんと聞くとそうですねぇ、うどん屋さんの和風出汁のカレーうどんがごく普通だと思うんですが、自宅で食べる時にはいつものカレーを茹でたうどんの上にかけて食べる方も多いと思いますが、肉じゃがとカレーを混ぜて柔らかいうどんと一緒に食べても美味しいですよ。

fukidou01

さて今回紹介するカレーうどんはカレーうどんの“専門店”から、なんとお取り寄せ(麺はありません)ができちゃうわけです。
神奈川県藤沢市の富貴堂さんは、試行錯誤を繰り返し辿りついたカレーライスのカレールーではなく、カレーうどんのもとを開発。普通にカレーライスに使っても美味しいそうですが、カレーそば、鍋、冷やしカレーにもとっても合うそうです。

fukidou02

地元を中心に、幅広い世代に愛されている富貴堂のカレーうどんは、その美味しさから「湘南・藤沢ご当地グルメコンテスト」で『2冠』を獲得!女性も一人で食べにくる方もいらっしゃるほどで、夜は山中オーナーオススメの焼酎や日本酒も味わえるそうです。

またオーナーの山中さん曰く「カレーうどんだけじゃなく色々な料理に使ってオリジナルレシピも楽しんでほしい」そうで、つまりアレンジもし易く、いろいろ「使える」ということなんでしょう。では早速基本のカレーうどんをつくってみたいと思います。

▼カレーうどん(3人前)
1、バラ肉、長ねぎを下茹でする。
2、カレーうどんのもと1袋と牛乳250gを混ぜる。
3、②に①を加え、温める。
4、温めたうどん麺を器に入れて③をかけたら出来上がり。

以前も何度かレポートで告知してきましたが、買っちゃって王は九州の大分県にオフィスがあります。大分県ではここ最近になってコシの強いさぬきうどんの人気も上がってきたようですが、そもそも幼い頃から柔らかいうどん麺に慣れていますから、どの家庭も柔らかいうどんが当たり前なんです。

fukidou03
今回スーパーで買ったうどん麺は「柔らかい」もので、その麺を温めて使いました。

実食・・・このカレー「マイルドでうまい」

fukidou04

食べながら「うどんに合わせたカレーが確実に美味しい」というのが口に入れた瞬間にわかるんですね。

fukidou05

それにこのクリーミーがたまんないのね!女性が好むのもよ~くわかります。くどさもないし、物足りなさもない。うどんのチェーン店のとは全然違います。
で、私はとろけるチーズを入れて2杯目!アレンジを加えるとどうなるのか、果たしてチーズと合うのでしょうか・・・・

fukidou06

それがもっと美味しくなっちゃいましたよ!残念ながらカレーの色とチーズの色が似ているから画像で確認できないんですけど、チーズの香りがフワワッとして、スープもコクが倍増して更に美味しくなりました。

さてどうでしょう。このカレーうどんのもとは、よくできた完成度の高いカレーです。食べたみんなが「うまい」、そこに到達したのはオーナーの心意気とひたむきさに違いないのです。誰もが考えそうな市販のカレーに和風だしを少し加えただけの、つまんないカレーうどんなんかじゃない「うどんと合う」絶妙な加減が今日もお店で『美味しい』なのです。

いつでも、毎日美味しい!!

fukidou07

今度はあなたがお取り寄せして「自分カレーうどん」を作る番です。

お取り寄せは、買っちゃって王カートから

 

とろみ多め&フルーティ♪鳥取のお米で作ったカレールゥ-中嶋米穀㈱-鳥取市

米粉ブームも落ち着いたこの頃、いよいよ質の問われる第2段階にはいった気がします。
あらゆる種類の米粉の製品を食べましたが、今のところ言えるのはその地域で育った米の種類や加工方法で、味や香りに変化があって、さらに美味しくなりました。

今回紹介する米粉を使った商品は、中嶋米穀㈱さんから送って頂いた「鳥取のお米で作ったカレールゥ」。中嶋米穀の中嶋社長さんは、お米マイスターの資格を持っていて、「食卓においしさと健康」をモットーに、品質のよいお米を毎日届けています。
今回お送り頂いたお米で作ったカレールゥも、お米のエキスパートだからこそ出来うる安心・安全なカレールゥ。普通カレールゥの原材料の一部に小麦粉が使われていますが、その小麦粉の代わりに地元鳥取で収穫された米を粉末にした米粉を使うことで、違いが現れたそうです。

それはとろみとフルーティな味わいだそうで、お米の澱粉質、糖分が煮込時点でカレーに溶け込み、それが美味しく、ご飯によく合っていて自然にハマるんだとか。

さてこのカレールゥ、作り方は商品のラベルに書いていますからお肉、野菜の材料さえあればいつも通り簡単にできます。そうそう野菜、肉を炒めて煮込んでルーを入れるいつものやり方でOK。

アクを丁寧にとって火を止めそこへカレールゥを投入。
鍋を混ぜると通常のカレールゥより粘りが強い。さらに火をつけて混ぜるとさらに粘りがでてきます。

 

さてこれで完成です。

お皿にご飯をつぎ、カレーをたっぷり多めに。

香りはというと、市販のカレーよりも柔らかく感じます。

では、いざお口へ。

ん~美味しいですぞこれ!味はやさしい中辛♪ってとこですね。
大人カレーじゃなく、家庭的な子供に合わせたカレーと思います。そして「とろみ」が多いから、スプーンですくいやすく、子供でも食べることができる辛さに抑えています。小さお子様がいらっしゃる家庭のレシピに新たに付け加えてもいいと思いますよ。

 

それから、これは個人的なんですが小学校のころ給食で食べたカレーによくにていて、懐かしくいただくことができました。ということは優しいカレーってことですよね。

 

子供の笑顔が思わずでてきそうなカレーでした。どうぞ家庭の名物にしてくださいね。

 

ご注文は、買っちゃって王カートから

 

ついにでた!麺好き日本人驚きの「そばパスタスパゲッティ」-しゃっきり亭-栃木県矢板市


いやいや久々に驚きました。きっと誰かが「やってくれる」とは思っていましたが、我々日本人がこよなく愛すあの「そば」の風味を活かした新食感、新風味の麺の登場です。

 

お送りくださったのは栃木県矢板市の「しゃっきり亭」のオーナー桑原さんから。矢板市の“やいたブランド”に認定された「生うどん(清流)」のお店で、どうやら麺に対してかなりのこだわりと情熱はタダモノではない様子。
私の目の前には、そばパスタスパゲッティとナポリパスタがありまして、ネーミングからしてやはり「そばパスタスパゲッティ」が一番気になる。まぁ、どうこう言う前に先に食べてみたいと思います。

 

当然先に食べるのはそばパスタスパゲッティ。桑原さんによれば、そばの風味がありしっとりとした歯ごたえと、のどごしの良さは格別。
パスタソースでも、醤油系のたれ・ソース等の相性が最高にいいそうです。茹で上がってすぐにオリーブオイルをかけ、混ぜて食べてくださいということでした。

ではその通りに・・・・・・・

 

茹で上がったパスタに使うソースは、和風が合うと思ったので醤油バターにしました。皿に盛りつけ普通にいつも通りフォークに巻き取ってズズッと・・・。
おおっとこの滑らかさは紛れもなくパスタ!
色合いからして“これは蕎麦だね”と誰もが思うであろう見た目とは裏腹に、しっとりした歯ごたえが特徴で、喉を通り過ぎるまで誰がなんと言おうと「美味しいパスタ」です。和と洋が合体した麺は、これから期待ができるジャパニーズソウルフードになるかもしれませんね。

 

次にナポリパスタ。

癖のない麺から放たれる甘い味わいが特徴なんだそう。ナポリパスタスパゲッティとナポリパスタフィットチーネの2種類あるんだけど、普通よくみなさんが知るスパゲッティに、きし麺状のパスタのフィットチーネのこの2つ。
先に食べたのはフィットチーネで、ソースはカルボナーラで試してみました。

 

市販のソースを使ったとはいえ、この生麺のコシとツルツルの食感、モチモチ感は乾燥麺に絶対ありえません。やっぱり麺は生なんだって改めて認識させられたワケですが、この麺は使い方によってはもっとレシピが増えそうな予感がします。
例えばカットして揚げて、チョコで絡めたり、以前も買っちゃって王で紹介したことがありますが、大分県のおやつで“やせうま”っていう茹でた平麺に砂糖ときな粉を混ぜたものを麺にたっぷりまぶして食べるんです。通常より長めに茹で、柔らかめにして、そのやせうまにしてもいいかもしれませんね。

ナポリパスタスパゲッティは、定番のミートソースに絡めてみました。

これも実に美味しい!胸がキュンキュンしそうなくらい、ナチュラル&ビューティな出来のいい麺。これも“やっぱり生は美味しい”って思うんですね。

 

小さな子供さんから、大人まで人気のスパゲッティは美味しければ美味しいほど、安心感がありつつ、またここのにしようって思うもの。私はここの麺、何度食べても飽きないと思います。

 

桑原さん、流石!

 

この相性のよさ、我々日本人の旨さを感じる部分にチクリっと刺されたかのような、今までなかった麺に出会えて本当によかったです。
みなさんも是非感じてください。このウ・マ・さ!!

お買い物は、買っちゃって王カートから

 

おひさまと大地の恵みを詰め込んだ、有機野菜と米粉の「野菜カレー」-風丸農場- 秋田県鯵ヶ沢町

ジリジリと暑い夏の太陽、照り返す道路、日焼けをなんて気にせず、ビーチで遊ぶ若者たち、顔を滴る汗…夏本番のこの時期に食べたい、スパイシーなカレーが届きました。

そのカレーは、青森県西津軽郡鰺ヶ沢町の風丸農場(有限会社 白神アグリサービス)さんのオリジナル「有機野菜と米粉の野菜カレー」で、青森のりんご、米粉、有機栽培の野菜が豊富に含まれたレトルトカレー

カレーは嫌い…なんていう連中って聞いたことないですよね。
カレーの種類が多い中、いつも食べているカレーじゃなくて、食べたことがないカレーって以外と好奇心を唆られません?私なら見つければ必ず食べる性質を持っていますから、必ず食べちゃいまね。

暑い日に汗をかきながらのカレーもいいけれど、寒い日冷えた体にもカレーはオススメです♪

 

風丸農場さんは「よいものづくり、そして次世代農業の進展に関わりながら地域に貢献する」をモットーに、地元の旬の味覚を全国にも発送しています。

さくらんぼ、りんご、ブルーベリー、山ぶどうやお米など、四季を通じて生産する農産物。米粉、りんご酢、カレールウ、柿やリンゴ、プルーンを干した果実、ジャムなどの加工品を生産しています。

地域活性と、消費者と生産者が共につくる新しい農業を目指して出来る「風丸ブランド」は今もなお開発中です。

 

さてその中のひとつ有機野菜と米粉の野菜カレーは、風丸農場さん生産の米粉とりんごのカレー・ルウに、協力農場である久松農園さんのこだわりの有機野菜で作ったヘルシーなカレー。

ゴロッと入った大きめの野菜がおすすめポイントなんだとか。

さてこのカレーの決めては一体なんなのか。早速食べてみて素直に味を表現してみたいと思います。

 

★香り「ほんのりと甘いんだけど、スパイスの香りもふんわり漂います」

★スパイス「種類は使われていることがはっきりわかります。酸味、辛さのバランスが最高」

★味「野菜の大きさは驚き!レトルトなのにこんな大きいじゃがいもや人参は初めて見ました。‘ウマッ3秒後にカラッ’、肝心なコクだって負けじとグッと感じますよ」

 

ヒ~ハ~♪

 

と徐々に辛さが増してくるからうまいんですよ。
作り手の考え通りのカレーじゃないかなと思います。野菜のボリュームといい、カレーのコクと旨みといい正に

 

“あっぱれ”

当然ながら、また食べたいと思うのは食べてみた連中しかわからないこと。
でも本当に安心・安全でしかも美味しいんだよっていうのは伝わったと思います。市販されているカレーより「できのいい」カレーであることは間違いありません。見た目、味でインパクトを与え、脳裏を離れそうにない有機野菜と米粉の野菜カレー、是非食べてみてほしいです。

 

ご注文は、買っちゃって王カートから。