カテゴリー : ジャム

開けた瞬間からワクワク!自然の味わいたっぷり♪信州の甘い誘惑3種の「自然ジャム」-寿高原食品㈱-長野県千曲市

「ジャム」

“美味しくて甘~い”パンやクラッカーにたっぷり塗って、ヨーグルトに混ぜて食べるとフルーツの香りと甘さが相まってシアワセな気持ちになりますよね。朝、頭の目覚まし代わりになんて人もいるのではないでしょうか。

jyokou001

今回お送りいただいた長野県千曲市の寿高原食品㈱さんは大正8年創業のジャムやジュースを製造する会社です。手元にはいちご・ブルーベリー・あんずの「自然ジャム」が3つ、白亜の容器がお洒落で洋風な雰囲気を醸し出し、開封する前から本格的な風格さえ漂わせています。

このジャムは、品種指定の厳選した果実を砂糖だけでじっくり時間をかけて煮詰め上げた「果肉感のきわだつこだわりジャム」なんだとか。

jyokou002

早速いちごのジャムから蓋を開けてみると・・・・

 

いちごジャム

jyokou003

ジャムに使われるイチゴは栃木県産のとちおとめ。完熟した果肉にすぐ目がいき、ゴロっとしたボリューミーないちごを確認。

jyokou004

クラッカーにのせてお口へもっていき“パリッ”即あま~~い♪♪とっても柔らかいいちごの果肉感に、舌に染み込みそうなくらい甘い甘いジャムの誘惑!毎朝食べても飽きないかも。

 

ブルーベリー

jyokou005

普通酸味があって香りも強いイメージがあると思いますが、このブルーベリージャムはジュンっと浸透してくる感じです。

jyokou006

果肉感は確かにブルーベリー、味はほんのり鼻を抜ける香りが「あっブルーベリー」って感じ。ドドドッと迫りくるような味わいではなく、ゆっくりイメージさせられる感じがなぜか頭に残る不思議な味わいです。

 

あんず

jyokou007

これぞ果肉ゴ~ロゴロです。鮮やかな橙色はミカンを連想させ、いざ口にいれるともう甘さは十分。

jyokou008

ちょっと疲れたなぁってときにそのまま食べてみたいですね。あんずが好きな方はさらにファンになるのではないでしょうか。熟した果肉・・・この表現ピッタリのジャムでした。

 

さてもう一種、信州産のりんごジュースも同梱されていたのですが、このジュースもめっちゃ美味しい!その名は「しぼりっぱなし」っていうホントに搾りたてのようなりんごの香りと味がしました。

jyokou009

そうですね「さわやかでりんごそのものを噛まずに飲んでいる」という表現がピッタリだと思います。濃くてのど越しもいい!やっぱり美味しいりんごは信州ですキマリ♪

 

さて皆さん、市販のジャムから専門工場のジャムに変えてみませんか。甘さにも随分違いがありますが、甘さにも深さや心を動かす魅力がそれぞれあるんだってことがわかっていながら勉強になりました。美味しい甘さ、食べ応えと風格あるジャムはここにあります。

 

ご注文は、買っちゃって王カートから

 

鹿児島最南端、沖永良部島の農家さんから笑顔になれる甘くて美味しい「マンゴーのコンフィチュール」「天然はちみつ」-東マンゴー園-

その先沖縄の鹿児島県最南端の島「沖永良部島」から届いたマンゴーのコンフィチュ-ルと天然はちみつ。亜熱帯気候の南国風味が詰まったこの2つを紹介します。

mangokago01

お送りくださったのは沖永良部島のマンゴー農家さんの東さんから。
「おいしく・安心・安全」をモットーに農薬を減らし、有機栽培でデリケートなマンゴーを大切に育てているそうです。
その一方でまだまだ日は浅いそうですが養蜂をスタート。南国の島の花々から採れる蜜は働き者の西洋ミツバチから集められ、最近やっと販売できるようになったそうです。

mangokago02

マンゴー・・・そうです、あの南国の黄色く甘い魅力のマンゴーをコンフィチュールにするなんて、よくよく考えたら一般的にもったいないほどの贅沢品。しかも市販のものじゃなくて沖永良部の専門農家さんから玄関まで直送されてくるわけです。コンフィチュールはフランス語でジャムのこと。
ジャムは果物を煮込んで作られたものですが、コンフィチュールは果物を漬け込んで作られたもので、パンに塗って楽しむだけじゃなくていろんな料理の引き立て役にもなります。さてどんな味なのか、東さん曰く、そのまますくって食べたほうが一層美味しいよっということです。

 

それではこれより

「マンゴーのコンフィチュール」の試食です。

 

蓋を開けると眩しいほどの黄色いマンゴーが見えます。スプーンですくうとマンゴーそのままが確認できますが、ジャムというよりシロップに漬け込んだフルーツのように見えます。

mangokago03

東さんの言うとおりそのまま

お口へ・・・うわっ、何これ!

暫くスプーンを咥えたまま2、3秒動きが止まってしまいました。“高級なみかん”にも似たような甘くトロけるフレッシュな食感。確かにマンゴーですが、カットして食べる「生」よりこっちの方がコンパクトにまとまった感があるから、食べやすいです。

mangokago04

焼いた食パンに載せて食べてみましたけど、ちょっと贅沢で当然パンよりマンゴーの方が先立ってしまい、朝食というよりおやつ。そうですねぇフルーツケーキを作るのに使ったり、ヨーグルトに入れても十分美味しいでしょうね。

 

次に「天然はちみつ SWEET HONEY」

ハチミツも随分食べましたが、南国の島のって初めてです。環境も違うし気候だって咲いている花も内地と違うからどんな味なのか期待感も自然と膨らみますね。コンフィチュールと同じく

まずはスプーンですくってお口へ・・・

mangokago05

うんうん濃厚濃厚!

このまったりの濃さ、たまりませんねぇ!サラッとした感じの中にジュワッととろける濃くて甘いハニー♪市販にはないこの風味、純粋さ、そしてコクはここ沖永良部の自然のものだからこそ。

mangokago06これは食べてもらって是非違いを実感してほしいですね。

この2つ、沖永良部島がOKINOE“L♥VE”JIMAこうなります。
勿論食べたらの場合ですけれど。実に個性のあるこの2つ、東さんに感謝感激♪ ぜひ味わって下さい、南国の幸。

お買い物は買っちゃって王カートから。

元教師が作りました。使う素材も地元のものなんです!食工房「わが家」の絶品ジャム-熊本市-

実は私、食品系の高校の出身なんです。
今回お送りくださった熊本の食工房わが家の徳永さんはなんと食品系の高校の元教師。
先生のお作りになった製品のこをお伺いした祭、一気に高校時代にタイムスリップ!と同時に、あの頃もっと真面目にやってりゃあよかったと、なぜか反省する自分がいたのです。

wagaya01

いやいや驚きです。恩師ではないにせよ農業に携わり、しかも食品の科目を専属に教えられていたというのですから、気持ちも自然と素直になります。お送りいただいた徳永先生(ここではあえて先生と呼ばしていただきます)は、小さな工房ながら地元の素材を使ってジャムを作っています。
勿論“手作り”ですが、地元熊本にいながら、その中でも有機栽培やその生産方法に関心がある果実のみを使っているんです。それにみなさんの健康を気遣ってなのかもしれませんが製造に使う砂糖は「てんさい糖」。砂糖大根からできるてんさい糖にはオリゴ糖が含まれ、腸内活性の手助けをしてくれるんです。
ジャム以外にクッキーも作っているんですが(私も2種類いただきました)、熊本または九州産の小麦粉を使い、奄美の洗双糖、こだわりの卵などが材料で地元の幼稚園のおやつにも使ってもらっているんだそうです。

wagaya02

さてお送り頂いたジャム、まだまだ種類は豊富なんだそうです。その中からいくつかをご紹介させていただきます。

 

イクリ(阿蘇市一の宮産使用)

wagaya03

九州一帯では「スモモ」といいますが、我が家では大分県にいながら「スモモ」と呼んでいました。実はこのジャム、一番気になっていた中のひとつなんですが、スモモがジャム?っていう感じでどんな味わいがするのか予測不可能。お勧めな食べ方はそのままいただくか、ジュースにすると美味しいんだそう。

wagaya04

スプーンに載せて食べてみると最初苺に似たような感じもしますが、舌の中間辺りでキュンと軽い酸味が確認できます。これは女の子や小さい子供さんが喜ぶ甘さと酸味が丁度いいベストな味わいです。ブルーベリーにも含まれるアントシアニンも入っているからきっと目にいいはずですよ。

 

無花果(熊本市産・無農薬栽培)

wagaya05

無花果と書いてイチジク。整腸作用があるからジャムにすることでいつでも食べることができると大変喜ばれているそうです。ちょっと舐めてみると甘く奥の方から無花果の香りと味わいがします。

wagaya06

食パンに塗ってみましたが、コロコロと入っている無花果の果肉がインパクトとなって、甘く熟した無花果の食感をそのまま味わっているような感じになります。鼻をフッと抜ける香りもなかなか格別です。

 

イチゴ(山鹿市産)

wagaya07

普通苺のジャムって定番なんですが、どうやら使われている苺に秘密があるようです。

山鹿市の農家さんが自然農業に近い「炭素循環型農業」で栽培しており、味が濃くとっても美味しい苺なんだそうです。

wagaya08

パンに載せてみましたが一言でいうなら“デラックス”な苺の贅沢なジャムですね。苺の酸味、コク、追いかけてくる風味が最高です。出来の良さに感動さえ覚えました。

 

しらぬい(熊本産・デコポン)

wagaya09

皆さんご存知デコポン。私の中では柑橘の帝王っていうイメージなんですが、これもまた熊本ならではといいますか、贅沢ですよね。だって1玉大きいもので1000円以上するんですもの。

wagaya10

さて肝心な味はというと、以外と“さっぱり”なんです。でも2秒後にはマーマレードに違いみかんのあの皮の苦味と甘さが交わって、これがまた癖になっちゃうわけです。流石熊本の一級品だけあって本物の風格が感じ取れます。

 

しょうがシロップ(宇城市小川町産使用)

wagaya11

夏場でも人気というしょうがシロップは5倍に薄めていただきます。

wagaya12

有機JAS栽培の生姜を使い、小川町特産のレモンを隠し味に。氷を浮かべて冷たくして飲んでみましたが意外と旨い!
生姜の香りにレモンの風味、これがスッキリさっぱり喉越し最高♪冬はホットで風邪対策にもいいはずです。ゴクゴク何杯でも飲めそう。

 

徳永先生、ありがとう。心からお礼をいいたいです。高校時代を思い出しながら試食させていただきましたが、もしかするともっと真面目に授業を受けたり、実習をしっかりやっていればまだ違う感じでレポートができたのかもしれませんが、事実なのはまだ未熟な私でも全てが安心安全であり、美味しく、記憶に残ったということです。
明日も使おうと思える傑作に感動を覚えまた、懐しさが蘇った時間を過ごせました。

wagaya13

皆さん、美味しい・安心・安全を後世に残すために、生産者のやっていることに若干でも関心をもっていただきたいと思います。
食べることの大切さは以外と近くでも見つけることができるかもしれませんから。

 

食工房わが家さんのジャムのご注文は、買っちゃって王カートから

ワインや日本酒、焼酎に!下北産ほたて・尻屋崎産うにをたっぷり使ったディップ -むつグリーンホテル-

「地元の素材を使った無添加のもの」って案外多い。その中で余計な味がしない、濃厚で素直で癖になるディップに出会ったのです。

皆さん ディップ(DIP)は、ご存じでしょうか。

 

パン・クラッカー・ポテトチップ・生野菜などにつけて食べるためのペースト状のものでクリームチーズや生クリーム、マヨネーズなどを単品またはいくつか合わせたものをペーストにし、調味料・香辛料を加えた中にたまねぎなどのみじん切り、アンチョビ、ツナ、味噌などを混ぜたものです。

 

普通はこうですが、

 

いただいたディップは青森県むつ市のむつグリーンホテルの鷹架社長さんからで、下北産ほたて&クリームチーズのディップと尻屋崎産うに&クリームチーズのディップの2つ。地元産の素材の味を活かすため、添加物や余計なものは一切使っていないディップなんですが、この味に至るまで何度も何度も試行錯誤しやっと納得の味に仕上がったんだとか。
焼きたてのフランスパンやクラッカーにつけて食べるとその味は濃厚そのもので、九州の展示会や都内のホテルでは評価も高く、その存在は一度味わうとどうやら脳裏に焼きつくほど癖になるようです。またパスタなどに和えて使っても美味しく召し上がることができるそうです。

 

では焼き立てのフランスパンにほたての方を、

うにの方はクラッカーにつけてストレートに味わってみましょう。

 

下北産ほたて&クリームチーズのディップ


香ばしい香りの焼き立てのフランスパンにたっぷり乗せてかぶりつきました。

サクッ、その瞬間チーズが高級なものであることがはっきりとわかります。見ためから想像できない口に入れたその瞬間、少しの塩気とまったりした濃厚でとろけるようなチーズは実に美味しい。

それに細かく糸状にしたホタテの鮮度のよさを実感しながら、一切食べるのに邪魔のない味は当然ながら酒がほしくなります。ワインも合うでしょうが樽で仕込んだ焼酎にも絶対合う。たとえば大分県の「いいちこ長期貯蔵酒」、このディップと一緒に試してみてほしいです。

 

尻屋崎産うに&クリームチーズのディップ

うにのまったりとクリームチーズ、合わないはずがない。クラッカーの上にたっぷりのディップをのせ一口・・・一瞬口が止まります。

美味しくて、濃くて、予想を超えた味のよさに頭の中で拍手喝采!上等なウニにまったりチーズ、鼻を抜ける磯のふんわりした香り、これは日本酒にぴったり!私は甘口の清酒よりちょっと辛口がお勧めな気がします。

通(食通)な人であればその味に瞬間で惚れてしまうはずです。そうでない方、不思議でならないこれってなぁに?ってなると思います。「うまいから続けて食べたい」これって当たりまえですが、地元のよさが100%引き出ているものってそうはないはずで、100あるうちの10は他の場所のものを使ってバランスをとったものが多いはずです。
ところが今回レポートをした2つのディップは地元だけのもので、ここまで美味しく癖にしてくれました。今後ウケないはずはありません。だって素直に笑顔になってうなずけますから。

 

下北を中心とした青森県産品へのこだわり
「うにとクリームチーズのディップ」には東通村産のウニをたっぷりと使用。クリームチーズと相まって瓶の蓋を開けたときから芳醇な香りに魅了されます。「添加物の入れ方を知らないので(笑)」とおっしゃる鷹架社長の言葉通り、添加物の余計な味がせず、濃厚かつ素直な味に仕上がっています。

◆むつグリーンホテル

御注文は、買っちゃって王カートから

 

栄養豊富な蜂蜜の風味そのままに、Honey Honey -サン・フカヤ(有)-

誰もが一口でびっくりする、味と風味にこだわった
「れんげはちみつレモンジャム」が福岡にあります。
それが日本初の食感「Honey Honey」

サン・フカヤさんは福岡の中心地天神に昭和31年からある創業55年の老舗喫茶店。
地元の人ならかなり多くの人知っている、天神の新天地南通りの角っ子にある3階建てのお馴染みの店です。
今では殆どが当たり前になりましたが、2階はタバコの苦手な人のために禁煙フロアにしていてモーニングから珈琲、ランチ、軽食までメニューも豊富な地元では特別な存在。

 

さて、そんな老舗喫茶で販売するサン・フカヤオリジナル「れんげはちみつレモンジャムHoney Honey」の魅力を紹介しましょう。


2008年福岡県産業デザイン賞奨励賞受賞(特許出願中)のHoney Honeyはドイツのインターテック社のブレーメンで、厳しい品質検査を受けた中国の特上レンゲ蜂蜜を使用しています。
雑味がなくスッキリとした上質な甘味を誇る蜂蜜で、垂れる、べとつくなど食べにくさのイメージの蜂蜜をジュレにし、レモンを加えて爽やかにしています。パンに塗ったり、紅茶に入れたり、アイスにのせたりといろんなシーンで利用ができるはちみつレモンジャム。

Honey Honeyは「栄養価が高く、美味しい本物の蜂蜜を、もっと多くの方にお伝えしたい」そんな思いから作られたそうです。たっぷりの自然の栄養を手軽に、楽しく。素材・製法すべてにこだわったHoney Honey早速いただいてみましょう。

プルプルと揺れるHoney Honeyを


 

スプーンですくい、そのままお口の中へ。

まったり濃厚な蜂蜜の甘さが暫く口の中で残り、逆に舌が蜂蜜に食べられてしまいそうなくらいで、口いっぱいにその存在を残そうと絡んできます。その後に感じるさっぱりしたレモンの酸味もこの蜂蜜とよく合っていて、今までにない出会った幸せを感じずにいられないはちみつジャムです。

一口で普通スーパーで売られているものとの違いがわかりますが、上質であり、優しい味に仕上げた邪魔になるものが一切ない癖になる味です。

 

トーストしたパンにも塗って食べてみましたが、ジュレ状なのでとても塗り込みやすい。朝目覚めが悪い人にオススメしたいですね、この甘さを目ざまし変わりにしていただきたいものです。

さぁどうだ!美味しいぞ!甘いぞ!


と言いたいほどのHoney Honeyの魅力。虜になったのは私だけでしょうか。

ご注文は買っちゃって王カートから。

美味しい季節の旬の味が生きた存在感たっぷりのジャム -ジャムスプレッド-

ジャムでもいろんな種類があって、これもまた作り手で随分その格差が表れやすくて一度ペロリと舐めたときから今まで使っていたジャムから「今度はこれにしょう」みたいなことって経験した方もいらっしゃると思うんです。

今回紹介するジャムは名前はジャムに間違いないんですが、「ジャム一筋」のプロが作った超一級品。高級感もありながら素材のよさをたっぷりと含んでいて、一口でこりゃ普通のジャムじゃないってわかります。

さてお送りいただいたのは福岡県遠賀郡遠賀町の「ジャムスプレッド」のオーナー今山さんから。
今の店舗を構える前は普通のサラリーマンで、ジャムを作るのが趣味。会社にジャムを持っていっては周りの仲間に食べさせてその評価を聞いていたんだとか。何度も何度も作り独自の製法、味にたどりついたんです。でも変化は当然求めますから、これまで以上を目指しているのは間違いないこと。

自宅に届いたジャムはゆず、紅玉、人参の3つとドレッシングベース。
ジャムの容器を傾けてみると市販のジャムと違うことが一目瞭然。トロトロなんです。振ってみるとタプタプと音さえします。コンフィチュールでも普通の固まった感じのジャムではない。紅茶に入れても、牛乳に入れて飲んでも美味しいのでは?と思わず想像させられるこのジャム。

食パンに塗るというより垂らして染み込ませるような・・・見た目ではそう思います。私は素材そのものの味を感じ取りたかったので、クラッカーにサワークリームを載せ、その上にジャムを使ってみました。

まず、ゆずジャムから。

使われているゆずは黒点病になっていないものを使い、味を損なわないゆず本来の持ち味を活かしたもの。出来上がりまでに2日かかるという苦労の賜物。

一口食べてみると「柚子」の香りがすごくよくてくどくない甘さ、というか機械的に故意に作られた甘さと香りではなく、自然にそして「素直」に感じる素材の旨味の凝縮されたもの。柚子の香りのよさをもっと身近に感じさせてくれます。甘い果物にかけても美味しいはずです。柚子そのまんま!

紅玉のジャム。

昨年の異常気象の影響もあって色合いはイマイチなんだけど、味は例年と同じなんだとか。紅玉特有の酸味が見事に再現というか、そのままって感じです。目の前にりんごが置いてあってカットしたリンゴに手をのばさずにダイレクトに口にジャムとなって入ってきます。ほのかな甘さが後を引きます。

 

人参ジャム。


根菜独特の土臭さを消すために、リンゴを少し入れているそうです。

人参というと人参嫌いの方も案外多いはず。しかしこれは人参ぽさがない。あの特有の臭みが全くないんです。綺麗なオレンジ色をした新種のフルーツ。そうです、これは果物に遥かに近いジャム。食べやすく、口に馴染んで市販のキャロットジュースよりも妙な癖がなくて実に美味しいです。

 

次に「ドレッシングベース」この使い方も大変面白くておそらく料理の好きな方だったら自分で想像をわかせてその場その場に合わせて使うと思うような優れもの。

ジャムや摩り下ろした野菜などと混ぜると好みの「ドレッシング」になり、そのまま使うのであれば肉料理や魚料理にもピッタリ。私はステーキにそのままかけてみました。

黒胡椒で味をつけ、食べやすいサイズにカット。
そこにたっぷりとドレッシングベースをソースの代わりにかけました。


これは「果実酢」といっていいかも。フルーツの香りがフッと鼻を抜け、肉の旨味がこの酸味と実に合う。暫く続くレモンと邪魔にならないフルーツの香り、肉が食べやすくなり食欲もわいてくる酸味の余韻。これはジャムスプレッドさんの作るジャムと合わせてドレッシングにすれば野菜だって美味しく食べられるはずです。

 

私はこう思います。

おそらくジャムでありながらどんな料理にも合うソースの分類にも近い。ちょっとお洒落なレストランで味わうようなものであるような感じがありながら、素材が生きた見事なまでのジャム。それに使うとわかるフルーツ&酸味の余韻がたまらないドレッシングベースも凄い。

 

これはお試しいただきたい。

ご注文は買っちゃって王カートから。

 

 

 

■ジャムスプレッド■

福岡県遠賀郡遠賀町浅木1-4-2

 

電話:093-293-5769
FAX:093-701-8148
ご注文専用のFAX用紙が御座いますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 




無花果(いちじく)に革命か?イメージを変えざる終えないジャム&コンポート。

熊本県南小国町。
阿蘇山の北に位置し黒川温泉で知られ自然景観が最高の町です。
今回お送りいただいた無花果のジャム、
コンポートは佐藤いちじく農園さんから。
 
 
南小国町観光農園内でいちじくを作っていて
「枡田ドーフィン種」で果実は大きく甘味、
皮ごと食べる方もいるのでもちろん無農薬栽培で肥料は堆肥を使う。
しかし全国的にも無花果のジャムやコンポートって珍しいですよね。
当然買っちゃって王でも初登場ってことになります。
 
お取り寄せもいろいろある中、果物の加工品って
案外当たりハズレがあったりもするけど、佐藤さんの作るジャムや
コンポートは実は手作りということもあるんだけど
町内や阿蘇近郊でも買うことができて、知らずと知れた有名なもの。
リピートも多くよく在庫がなくなるそうです。
 
食べたら最後、無花果のイメージが皆さん変わるという
手間隙をかけて作ったジャム&コンポート。
 
 
 

早速いただいてみましょう。


 確かにいちじくってわかるんだけどある意味「新種」のジャムです。


いちじくジャム
いちじくのイメージが一新されましたね。

リンゴジャムやイチゴジャムにも似た食感とほんのりと感じる
いちじくの香りがとっても心地いい。
それに「甘さ」を抑えているのがわかります。
完熟したいちじくのイメージが一掃されるほどで
あの独特のまったり感は一切なく、かえってさっぱり。
いちじくジャムは普段朝ごはんを食べないお子さんに
是非食べさせてあげたい。
 
これならペロリと平らげてしまうはずですよ。
 
イチジクコンポート(赤ワイン煮)
瓶の中には赤ワインでじっくり煮込んだコンポートが入っています。
コンポートは果肉の食感をそのままにフレッシュな仕上がりが特徴。
通常ヨーグルトと食べるのが一般的です。
食べやすい大きさにカットしてたっぷりのヨーグルトと
一緒に食べてみましたが、これもイチジクの域を超えた爽やかな味と風味。
あのまったりのイチジクがこんなに美味しいなんて。
ヨーグルトとの相性も抜群!
さっぱりしてて酸味と甘さと時折感じるワインの香りも楽しめて、
ティータイムにもぴったりです
 


 
 
な~るほど。

 
確かに美味しく実にフレッシュで甘すぎない。
無花果ってこんなに変わるものかと唯々関心するばかり。
天晴れ佐藤いちじく農園さんのジャム&コンポート。