カテゴリー : パン

くまモンもだ~い好き♪八代特産の「はちべえトマト」を丸ごと7個も使用した「はちべえトマトパン」-熊本県八代市 九州福祉会-

今年春、熊本から全国でも珍しいパンが県を通じで発表されました。
その名は「はちべえトマトパン」というあの「くまモン」ブランド認定の商品がまた一つ誕生!

tomatopan001

このパンの製造・販売を取り組んでいるのは今回お送りくださいました熊本県八代郡氷川町の障害者の就労支援活動をしている社団法人九州福祉会さん。
地元特産のトマトで名物のパンができないかと思い、甘くて味が濃い「はちべえトマト」に着目し、地元の企業の協力もあり約3ヶ月の間試作を繰り返し完成したそうで、1つのパンに使われるはちべえトマトはなんとまるごと7個なんだとか。

tomatopan002

牛乳と水や添加物(発酵の補助剤・保存料)などを使わず、ピューレーの水分のみで作り、イースト菌の発酵とパンの膨らませ方の均等化に大変苦労したそうです。
またドライトマトをちょうど良い間隔でパンに練り込むことにも苦労したそうなんですが、その甲斐あってより味に深みが出たそうです。

さて原料に使われる「はちべえトマト」は、熊本県八代平野で作られる減農薬のブランド冬トマト。この名前の由来は日本一のトマト産地八代平野の「八」と「平」を合わせると“はちべえ”となることから「はちべえトマト」と名付けられたそうです。
化学合成農薬の使用をなるべく減らして栽培されるこの冬トマトは、温暖な気候、ミネラル分をたっぷり含んだ土、清流・球磨川の水などトマトを栽培するのに適した環境から産まれる賜物。

ビタミンC、カロチンを多く含むトマトなんですが、はちべえトマトは昔ながらの自然の味をギュッと詰め込んだ味わい。地元でもおいしいと評判で、加工にも向いているトマトなんだそう。

 

さてそのはちべえトマト7個も使ったパン

これから食べてみたいと思います。

tomatopan003

しっとりした生地、誰が食べても「あっトマト」ってわかります。ひとかじりで香りがフワリっと広がってトマトの酸味を感じることができます。

tomatopan004

そうですねぇ「爽やかなそよ風に揺れる真っ赤なトマトが口の中で揺らいでいる」って感じですね。

tomatopan005

さらに付属のサルサソース、この出来栄えもなかなかのもの。「これレストランのシェフが作った特製」と言われても恐らくわからないと思う程バランスのいい本格的味に仕上げています。
ピリッほんのり酸味&苦味がスパゲッティやモ●バーガーのソースみたい。このソースと食べるとあれま不思議、パンの感覚が薄れてしまい、スパークリングワインが飲みたくなります。

作り手がわかるって嬉しくもあり、安心して食べられますよね。トマトの名産地八代から送られてきた「はちべえトマトパン」、もっと多くのみなさんに食べてその美味しさを実感してほしいです。

お買い物は、買っちゃって王カートから。

 

お酒のお供に本場ドイツのパン「プレッツェル」-新田パン 群馬県太田市-

今回は“お酒に合う大人のパン”の登場。
ワインやビールと食べたいパンといえば?…そうですね、殆どの方がガーリックトーストって答えるかもしれませんね。お酒と食べ物は相性が合えば何倍にも美味しくなりますが、実はドイツに「プレッツェル」っていう塩気が特徴で、歯応えのいいワインやビールと一緒に食べるパンがあるんです。
プレッツェルは、中世以後に西ヨーロッパにおけるパン屋のシンボルにもなった歴史のあるパンなんですが、美味しいプレッツェル、群馬県にもあるんですよ!

 

nittapan1

ドイツでお馴染みのプレッツェル。
独特な結び目の形に作られているドイツ発祥の焼き菓子のひとつです。この形をみて“あっ見たことある”っていう方もいらっしゃるかもしれませんね。
地元ドイツではプレッツェル売りが、ビールを飲む場所を回ってビールを飲んでいる客に販売する伝統があって、アメリカとカナダではスーパーなどで手軽に買えて、日持ちのするスナックタイプのプレッツェルが一般的なんだとか。
では、新田パンさんのプレッツェル、どんな味なのか早速食べてみました。
※冷凍状態で到着します。冷蔵でゆっくり解凍させ、オーブンで温めると一層美味しくなります。

nittapan2

香ばしい生地の香りはどことなく懐しさを感じさせてくれます。食べやすいサイズにちぎりお口へポンッといれ噛んでみると、丁度いい塩気!
噛むほどに、飲み込むまで塩気が続くんです。

nittapan3

ここでなぜお酒に合うのかがハッと思い起こせます。この塩気&噛みごたえは「おつまみパン」といっても決して過言ではないくらいで、片手にビールはこのパンにとって当たり前。近所のパン屋さんのパンに飽き飽きしてきたら是非食べてみてほしいです。パンの意識が変わりますよ。

nittapan4

新田パンさんは大正6年創業の老舗のパン屋さん。新田パンさんのお勧めのパンのひとつに「栄養パン」があります。創業以来今までずっと同じ製法で、自社工場の釜で黒蜜を作って生地に練り込んだ黒いコッペパンなんです。
その中にレーズン、甘納豆を練りこんでいて、その懐しさのあまり遠くから買いに来るお客様もいらっしゃるんだとか。また学校給食で食べていたパンからプレミアムなパンまでその種類はたくさんあって、創業以来、地元太田市を代表するパン屋さんのひとつ。
お近くに行かれた際は、美味しいパンを求めて尋ねてみてはいかがでしょう。勿論今回紹介したプレッツェル、お酒のつまみに買いに来る方もいますよ。

nittapan5

美味しい「プレッツェル」のお取り寄せは、買っちゃって王カートから。

ドイツでおなじみの…「プレッツェル」歯応えが強く、塩気が特徴のドイツ生まれのパンです。店頭でもよく売れていますよ♪
●10個入り:1,942円(税込・送料別)
ワインやビールと一緒に!ビールやワインなどのお酒のおつまみとしてお買い求めになるお客様が多く、パンを食べて頂くシチュエーションとしては珍しいパンであることも!是非とも一度

 

おもてなしの心が込められた、京ブランド認定“京(みやこ)の各種パン” パン工房ヒロ

-京都- 言うまでもなく我々日本人が世界に誇る歴史と伝統の中心都市。
ここ京都に作る人、食べる人への「おもてなしの心」を食べ物ひとつひとつに込められ、地元の食品産業を発信しようと伝統と革新を形にした「京ブランド食品」が発足。

panhiro1

京都から日本各地へ、更に世界へ向け、京都の食文化を発信しようと地元で育まれた独自の伝統と技の数々を、作り手が心を込めて作り上げた逸品「ほんまもん」を皆様に届けようと生まれました。

その中のひとつ京都市上京区にあるパン工房ヒロさんの京ブランド認定の各種パンを紹介します。

panhiro2

パン工房ヒロさんの代表瀧野さんから送られてきたパンは全部で5種。
このパンはもちろん地元でも販売され、子供からお年寄りまで大変評判のいいパン。元々瀧野さんの先祖は京都御所に務める武士だったそうでその後、自宅の裏を牧場にし牛乳を販売。
大正に入り独学でパン作りを始めたそうなんですが、当時材料も揃いにくい中で幾度も失敗を重ねパン製造に欠かせない安定した酵母(酒種)の培養に成功したそうです。当時今のように牛乳で仕込んだパンなんて全くないころに先代は「牛乳でパンを仕込む」をやり遂げ、瀧野の乳(ちち)のパンとして人気を博したそうです。

tennnai1
それから数年、現代表の瀧野さんは、以前飲んだことのある記憶にとどまった丹波の「美山牛乳」の美味しさをパンに活かそうと試作。先代の作った瀧野の乳パンと程遠い味わいではありますが、材料も質も違う正に「平成の瀧野の乳パン」が誕生したそうです。

tennai2

 

さてこれから食べてみる5つ。どんな味なのか、どんな違いを感じ取ることができるのか、食してみたいと思います。

 

panhiro3

京(みやこ)の小倉あんぱん

国内産小豆で炊き上げた風味豊かな餡、京都伏見の酒酵母で作った酒種を使用。全く水を使わず美山牛乳を使い焼き上げたあんぱん。生地だけつまんで食べてみるとうっすらとほのかに牛乳香りがして、噛む程にもっちりしていて自然の甘さが溢れてきます。餡はさっぱりした甘さで、しつこさがないから食べやすく2、3個続けて食べられるほど。高級感&食べやすさは魅力十分。

 

panhiro4

京(みやこ)のこしあんぱん

これも小倉あんぱんと同じ材料を使い作ったパンです。小豆の嫌いな方に是非食べていただきたいですね。もちもちの生地の中から餡がトロリ・・・おや、このピンク色のものは、なんと塩漬けした桜の花!
この塩味と餡の甘さがアクセントになってお互いが上手に表にでてきます。しかしよく考えましたよね、さすが京都っていう感じです。

panhiro5

京(みやこ)のクリームパン 抹茶クリーム

一口で「あ~感じのい抹茶の味」っていうクリームパン。フカフカの生地の中に綺麗な緑色と純白な生地のコントラストが眩いほど。
抹茶の風味に甘すぎないクリームが実によく合い、緑茶や砂糖抜きの紅茶と一緒に流し込みたくなります。こんなに美味しいクリームパンは久しぶりでした。

panhiro6

サンライズ

皆さん知ってます?京都ではメロンパンのこと「サンライズ」っていうんですよ。丹波の美山牛乳でじっくり長時間発酵させた酒種パン生地をビス生地で包み焼き上げたメロンパン(あっサンライズでしたね)。
かじるようにして口に入れると、外側は甘く、中は柔らかい。一口おやつパンといったところですが、普通これをメロンパンっていうんだけど、京都って不思議。

panhiro7

メロンパン

京都ではこのラグビボールの型をした餡入りパンがなんと「メロンパン」といいます。国内インゲンで炊き上げた風味豊かな餡を包んだパンです。
よく見かけるのはラグビーボールの形をしたカレーパンがありますが、外側がちょっぴり香ばしく、ほんのり甘い餡が美味しい。このパンは口飽きしない優しい味わいがしました。

 

凄いですね、瀧野さんの作ったパン。何が凄いのかっていうと全部個性があって、そこには和の風味がちゃんと残してあって生きているからなんです。パンは生き物、私は学生時代そう教わりました。その言葉が噛む程に蘇り、懐しさを味わえたことに感謝したいと思います。
いろんなパンがある中、試してみる価値十分です。なんせあの都から古のときを超えてやってくるのですから。

お買い求めは、買っちゃって王カートをご利用ください。

 

 

1日のはじまりは美味しいモチフワッ食パンで!-食パン工房L’amie(ラミ)-大阪市福島区

今日紹介するのは大阪市福島区にある食パン工房ラミさんの手作り食パン。

こんな経験ありませんか?例えばスーパーで市販されている食パンを食べて、確かに美味しいんだけどもっとこうあってほしいとか、モチモチ感が足りないとか、味そのものに物足りなさを感じたことってあると思うんです。

添加物が入っていたり、日持ちさせるために合成保存料が含まれるものって以外と多いんですが、そのせいもあるかもしれませんが、素材本物の良さがもっと身近にわかれば、手作りの食パンってこんなに美味しいんだって思ってくれると思います。

どこの町のパン屋さんも食パンは必ずあって食パンって基本中の基本と思っています。
ある意味、食パンでそのパン屋さんが旨いかどうかわかるともいいます。さて今回紹介する「食パン工房ラミ」さんはその名の通り“食パン”の専門店。他のパンを作らない代わりにきっと手間暇をかけていらっしゃるに違いありません。

昼12時に開店、販売終了の夕方5時までに毎日殆ど残らず完売するといいますから、如何に味がいいのか、人気があるのか想像させられてしまいますね。

そんなラミさんの食パン、ちゃんとお取り寄せできるんです。ただ市販のように日持ちしませんから前もって予約をしておりた方がいいでしょう。

kobourami1

ではなぜ美味しいのか?

それにはこんな秘密が隠されているんです。

 

小麦粉:小麦粉こそ全てを決めてしまいます。それは紛れもなく生き物だから、扱い方によって変化しやすく他に使う素材との相性に関わってきます。ラミさんでは吸水性に富んだカナダ産の高級パン用小麦を使っています。この小麦がもっちり、ふわっと感を生み出してくれるんだとか。

バター:色白でクリーミィ、油っぽさを強く感じない宮崎産高千穂ブランドの無塩バター。

生クリーム:これも「純生」の高千穂ブランド。乳脂肪分48%、乳化剤などを加えず、すっきりした風味。さらに乳脂肪分が多い割にさらっとしており、しつこさを感じない生クリーム。

練乳;これまた高千穂ブランドのしつこさのない優しい甘さの練乳を使用。

kobourami2

ここまで到達するのに数々の失敗もあったに違いないんですね。幾日もかけ、パンというのは見た目は変わらなくても持ち味をグッと引き出すまで相当な時間がかかるんです。

常連のお客様がパンにスーッと手が伸び、レジに持ってくる・・・これが美味しい、安心の何よりの証拠。そんな愛情と情熱の加わった食パン、これから食べてみます。

kobourami3

アンパンマンにでてくる“しょくぱんまん。”彼が正義ならば、正統派の食パンはここラミさんの食パン。
サクッとひと噛み、ふわっふわでモッチモチ。一口で贅沢っていうのがわかります。ほんのり甘く、バターの香りがフーッと鼻をかすめるとき、やっぱりパンはこうじゃなきゃって思いましたね。

耳もカリッカリだし、素材の良さが抜群に表にでているから、これなら毎日食べてもそう簡単に飽きない。フレンチトーストにしてもきっと美味しいはず、それとこれはあくまで感ですが、初めて食べたおばぁちゃんは、あまりにもモチモチで柔らかいから、腰を抜かすほど驚くんじゃないかな?

kobourami4

決めちゃったぜっ!みたいな、食パンの王子のごとく存在感たっぷり。こんなに美味しい食パンにであって食パンだけにSHOCK、SHOCKです。物足りないなんて絶対ありえない、これから朝はこれだよねってきっとなっちゃいますよ。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから。

 

“気持ちが伝わるパン”だから美味しいのです。-天然酵母パンらそら-福岡県大牟田市-

「天然酵母のパン」を使ったパン屋さんすごく増えてきましたね。たぶん多くの皆さんが“天燃”と“酵母”の2文字だけに誘われてパンを購入したケースも案外多いと思います。

通常はイースト菌などによる化学培養菌を使いますが、自然培養からなる天然酵母でじっくり時間をかけて発酵させて焼いた「天然酵母パン」はなぜか本当に美味しいんです。その理由をひも解くと説明が長くなりますが、風味や味にそれぞれの違いがあり、格段にいいパンになることは紛れもない事実です。ただ、お店によってはその天燃酵母のよさを生かしきれていないところもあるようです。

 

パン屋さんの前っていい匂いがしますよね。

どのお店もイチオシのパンが必ずいくつかあって、一度食べるとハマってしまうでしょ。しかしです!いくら美味しくたってたまには浮気したくなりません?私が今回食べた天然酵母のパンは正にそんな気持ちに自然となってしまったんです。

 

お送りくださったのは福岡県大牟田市にある「天然酵母パンらそら」さん。

“らそら”とはスペイン語で「絆」という意味で、障害福祉サービス事業 恵愛ワークセンターの事業としてオープンし、店舗や移動販売、バザーなどで多くの人に食べていただいています。勿論“お取り寄せ”だってOK♪

 

我が家に届いたのは「グリストミル」と「農夫のパン」。

では早速食べやすいサイズにカットして

食べてみたいと思います。

 

グリストミル(700円)


フランス産の石挽き小麦を使い、ライ麦を入れしっかり焼いたパンです。外は堅く、中はもっちり。ファーストインパクトは“香ばしい”こと。噛むほどに伝わる粘りとモチモチ感が特徴です。ライ麦のパンは酸っぱいというイメージがある人もいると思いますが、ここのパンは全然そうではなく、おそらく発酵の段階で酸味がない日本人向けのパンになったのでは?と思います。トーストをするとコクが現れて甘みもあって、麦の味が口いっぱいに広がりました。

農夫のパン(500円)

国産の小麦、ライ麦を使い4種類の穀物を入れ、低温・長時間発酵でしっかり焼いたはちみつを使ったドイツの田舎パン。薄めにスライスしトーストしてみました。外側は堅く、中はモチモチでひまわりの種の香ばしさが特徴のとっても美味しいパン。何か付けて食べるのでしたら、サワークリームがお勧め。ジャムならブルーベリーが合いそうですね。

さて、らそらさんにはまだまだ沢山の天然酵母のパンがあります。心から美味しい、そう感じる久々のパンとの出会いでした。セット購入もできます。

 

お問い合わせ購入は、買っちゃって王カートから。

 

大人のカレーパン「惚れてまうやろ~」-ブーランジェリーパン・パリッシュ-

パン屋さんに行くと必ずある「カレーパン」あそこはおいしいよとか、今度買ってくるから食べてみてとか行きつけのお店のカレーパンを自慢したことって案外あるはずです。

しかしながら、自宅でまるで出来立てのような熱々を食べたことって殆どいないと思うんですよね。

 

今回紹介するのはちょっぴり大人のカレーパンを作っている大阪府寝屋川市のブーランジェリーパン・パリッシュさん。


冷蔵で送られてきたカレーパンの形はよく見かける舟形をしていて、見ためはごく普通。ブーランジェリーパン・パリッシュさんのカレーパンの特徴はオーブンで焼き上げることで油の浸透を防いでいるので、時間が経っても脂っこくない。外はサクッと軽く、じっくり煮込んだ野菜とカレーのフィーリングが癖になるんだとか。

 

では、到着したらどうやって食べるとおいしいのかというと、油で片面1分ずつ揚げるだけ。

お店で売られているものとほぼ同じ味になるんだとか。HOTな状態のカレーパンにそのままかぶりつけるわけだからこりゃたまらないっていうことになる。レンジで温めるとどうしてもねっちょりとなってしまいます。それがサクサクに!

油で揚げてよく油をきって・・・・・・

よ~しかぶりついてみるぞ!

サクッ~~~~

このサクサクっはたまんないです。次の瞬間もったいない!ついついそう思う理由はご飯にかけてもおいしいほどのカレー!
生地が薄いので一口目からジュワ~~っと口いっぱいにたっぷり広がって、ねっとりした食感はじっくり煮込んだ野菜が十分溶け込んでいる証拠。それと辛めの味がとってもいいんです。サクッ、ネトッ、辛ッ。この順番で何度も私の舌をもうこれしかないと言わんばかりに、もったいぶりながら夢中で食べてしまいました。本当に違うぞ、そう感じるのは私だけなんでしょうか。

お近くに行ったら是非立ち寄ってみてください。気持のあったかいオーナーが作ったパンの数々を食べてみては?大人のカレーパン、お取り寄せの価値十分アリ!!!!!

 

お買いものは、買っちゃって王カートから

 

「黒」の魅力を引き出した、無添加で優しい竹炭パン パン工房 らずべりぃ

「竹炭」をご存じの方もいらっしゃると思いますが、竹炭はその名の通り竹を炭にした無味無臭のもので、一般的には消臭、除湿、浄水、空気清浄などでよく使われています。

実は竹炭は体にもよくて不純物や有害物質を吸収して、体の外に排出する働きがあるんです。肌荒れや便秘に悩む方、これから紹介する滋賀県の「パン工房らずべりぃ」さんの竹炭パンにご注目ください。

これまで多くのパンを食べてきましたが、

竹炭の入った真っ黒なパンは初めてのレポート。

届いた箱を開けると本当に「真っ黒」。神秘的にも見え、黒だけに締まったかっこよさがどことなく漂っています。同封されていたパンフレットを見るととてもパン屋さんとは思えない私を惹き付ける言葉が目に入ってきました。
「男は女を綺麗にする 男は男を強くする 天然サプリメント竹炭」こう書いています。驚きですよね、パン屋さんのキャッチフレーズにとても思えないですよね。でも「無添加で体にやさしいパン」なんです。

竹炭の効能はどんなことが期待できるかというと、血行促進・お腹の中を掃除し、ダイエットをサポート・お肌ツヤツヤ効果・血液サラサラ効果などなど。ミネラルも豊富ならずべりぃさんの竹炭パンは、地元メディアやグルメ情報誌で度々記載されるほどで、リピーターだって多い。

さてさてその竹炭パン、これから実食してみますので購入の際の参考にして下さい。

 

竹炭パン

バニラ:甘いバニラとさっぱりした生地の食感が魅力的。甘いパンが好みの方に受けそう。

いちご:イチゴシェイクの連想させ、噛むほどにほんのりイチゴの風味が広がります。

メープル:メープルシロップの風味と甘さが濃く表れています。珈琲が欲しくなります。

チョコ:これは完璧に大人の味。香り高いチョコ、生地との相性も抜群。柔らかいチョコレートをまるかじりしているかのようで、色合いも竹炭の黒さとうまくマッチング。甘さも控えめなので食べやすいです。


フランスパン:形からフランスパンだと連想できますが、黒いと別のものに見えてしまいます。食べやすいサイズにカットしてそのままでも甘さと、さっぱり感を味わえますが、オーブンで焼いてチン。パリッとした食感で味わえます。

 

バターをつければ美味しさ倍増。

竹炭ラスク:シナモン、シュガーに新しくハバネロシュガーが仲間入り。そうそうあの辛いハバネロが練り込んである。シナモンから食べてみたんですが、甘く爽やかな風味が特徴。シュガーは甘くて、子供が喜ぶようなおやつというべきでしょうか、素直に何も考えずパクパク食べてしまいそう。一番気になったハバネロシュガーは一口目あっそんなに辛くないところが3秒後、ピリピリ舌を刺激、10秒後舌が更にヒリヒリ、喉の手前が熱くなります。ですが、ですがこいつは旨いです。サクサクの食感に甘さと辛さが口の中でぶつかり合う。新感覚のラスク!!

 

新登場!黄金のきなこパン

オーナーの橋本さんからきなこを使ったパンを新しく作ったんですというお話を伺いまして、同梱していただきました。綺麗なメープルの色で、きなこを混ぜていることが見た目でも確認できます。きなこにはイソフラボンやオリゴ糖、植物繊維が多く含まれていて、便秘の改善にとっても役に立つんです。では黄 金のきなこパン、食べてみたいと思います。

柚子:確かに幾分かきなこの舌触りがしますが、むせるようなしつこい粉っぽさではなくて、優しくて食べやすいです。柚子の香りが鼻を抜け、爽やかな食感が印象的。
紫:これは紫芋?だと思うんですが、漉し餡に近い舌触りでお饅頭を意識してしまいます。味は落ち着いていて、お年寄りに受けいられそうな懐かしい感覚のパンです。
白:らずべりぃさんのパンの中で、田舎の風景を連想するのがこのパン。きなこの食感に合うように今まで以上に工夫されている感じがしますが、白あんがとってもこのパンに合っているんです。懐かしくて、和菓子感覚でいただけるとっても甘い。その甘さが日本人的な甘さというか、和風の甘さが純粋で気持ちを落ち着かせてくれる不思議なパンです。

 

さて、みなさんどうですか。らずべりぃさんのパンって凄いだけじゃなくて、みなさんの健康を意識して作ったパンなんです。お取り寄せもできますので是非ご賞味ください。

 

ご注文は時買っちゃって王カートから。