カテゴリー : お酒

糸魚川産ケールを食べて毎日元気!ケール加工品はお任せください!ケールショップKAMIYA -新潟県糸魚川市-

みなさんケールってご存知?随分前ですが「マズイっもう一杯」の青汁のCM、記憶にあれば「あ~あれか」とピンとくるはずです。CMでは知られているものの肝心なケールのことは以外と知らない人もいてホウレン草の仲間?とか小松菜の一種?と思っている方もいるのではないでしょうか。

kamiya001

今回お送りくださったのは新潟県糸魚川市のケールショップKAMIYAさんからなんですが、商品を紹介する前に、ケールのことを少し記しておきたいと思います。

kamiya002

ケールの原産地は地中海沿岸で、アブラナ科の植物。和名は「緑葉甘藍」といい、栄養価が豊富なことから野菜の王様と呼ばれています。葉は扇状に広がり一見キャベツと思われがちですが、キャベツのように葉がクルクルと巻き込んで球状になることはありません。また国内では青汁の原料として広く栽培されていますが、冬野菜と同じで寒い時期は甘く、暑い時期は苦いという特徴があります。一般的な緑黄色野菜と比較してもビタミン類が非常に豊富!食物繊維、葉緑素、カルシウムといった栄養素も豊富。ですがケールは独特の臭みと苦味と青臭さがあり、食用には向いていません。しかし栄養価も高く美容や健康に優れていることからジュースにしたり、様々な食品に加えたりすることでその栄養素を体に取り込むことができるのです。

 

お送りくださったケールショップKAMIYAさん、画像でわかる通り加工品だけでたくさん製造をしています。もちろん加工に使うケールは自社栽培、パンや麺などは地元産にこだわったもので、美味しく食べて元気をだしてほしいことを願い糸魚川産ケールの製品を全国に発送しています。

kamiya003

さて数ある中からいくつかご紹介したいと思います。

 

「ケール豆腐」

kamiya004

普通は真っ白なお豆腐もケールを混入させればご覧の通り緑色。ツルツルした表面に箸を入れ口に運ぶと「ん~滑らか」。
kamiya005

色合いからしてケールの苦みがあるのでは?と思いきや、ほんのりとした癖がない味わい。普通に食べられます。

 

「ケール入りラーメン」

kamiya006

日頃からラーメン大好きな私。しかしこんなラーメン見たことも聞いたこともない。緑色の麺なんて・・・・と、ところがこの緑の縮れ麺なかなかうまい!

kamiya007

プロ級とまではいかないものの、一般的には高カロリーのラーメンを健康的に食べられるのはウレシイ♪スープは塩味、これもコクがあってなかなかななもの。

 

 

「ケール入り餃子」

kamiya008

鮮やかな皮の中にも緑色のケールが!肉のうま味と相まってジューシー&オイシイ!

これまた普通に美味しい餃子です。

kamiya009

これといってパンチが強いわけでも、肉の旨みが前面に押し出されているのではなく、どちらかといえば野菜系です。ラーメンと餃子を同時に並べるとまるでラーメン屋さんのよう。ケール健康ラーメンなんていうネーミングでお店があったら面白いですよね。

 

 

「焼酎 海洋」

kamiya010

さて次に最も興味があり、こんなものまで!驚いたのが「焼酎」です。新潟だからてっきり日本酒と思いきや焼酎ともあれば買っちゃって王は九州の大分県にオフィスがありますから、焼酎大好きな連中が沢山いるわけでして、興味をもたないはずがありません。

米焼酎/25度、ほのかにケールの香りが広がりいい感じなんだとか。まずはストレートで・・・

「ん?なんか違うぞ・・・」植物っぽいような、超薄いんですが苦味のような感じがしますが、味わいや旨みは米焼酎そのもの。どちらかというと濃くなく、すっきりしたように思います。

kamiya011

ロックでいただいてみると、これが不思議でうっすらと甘味が感じられます。

人それぞれと思いますが、私はロックが好みのようです。

 

 

糸魚川産ケールを用いていろんな加工品を提供しているケールショップKAMIYAさんは、まだまだ開発中の商品もあるんだとか。今度は地方の食材とのコラボもやってほしいと思います。

 

ご注文、お問い合わせは買っちゃって王カートから

究極の本格焼酎、豊の国大分の最高級焼酎「神々(じんじん)」

うまい焼酎に出会うと毎日飲むのがもったいなくて、週末だけチョビチョビもったいぶりながら、一口目が“あ~やっぱり旨い”今日はそんな焼酎を紹介します。自分に合った“これぞ”という焼酎を探すにはひたすら飲むか、友人を頼るか、利き酒のできる酒場にいくかというところ。
私の場合は、酒のソムリエに聞くという方法で取り寄せをしていた頃がありますが、それでもただ単に頼ったというだけで、確かに美味しいのですが完璧なる「自分好み」では決してありません。

kamigami001

さてここで焼酎ファンといいますか「呑み助」の皆さんはきっと大分の焼酎、はたまた九州を代表する焼酎といえばおそらく「いいちこ」「黒霧島」と答えるでしょう。確かに美味しいし、安心感があるから毎日の晩酌の相手はお決まりのはず。
でも、でもですね“それ以上”の美味しさを醸し出した焼酎があれば少々お高い値段でも一度は飲んでみたいと思いませんか。今日は大分を代表する「超越した最高級の焼酎」をご紹介したいと思います。

kamigami002

その名は「神々(じんじん)」25度720ml 2,500円と30度720ml 4,500円という普通に買う焼酎の約2~3倍もの価格。しかも限られた場所でしか販売していない希少な麦焼酎です。
この焼酎を販売する大分市の㈱LINESさんからぜひレポートをというご指名を頂いたわけですが、買っちゃって王のオフィスも大分にありますからいつもより熱く語りたい、焼酎ファン納得の試飲レポをしたいと思います。
「神々(じんじん)」というまるで神様が宿ったようなネーミング、そしてそのルーツをご紹介しましょう。大分県といえば皆さんご存じ温泉!今やおんせん県として別府や湯布院など温泉を目指し国内はもちろん海外からもやってきますが、この神々も温泉と深~い係わりがあるんです。

kamigami003

場所は企業秘密ということで言えませんが、ある農家さんが温泉を使い野菜を栽培しており、その温泉の泉質を調べたところから始まります。地下800mから汲み上げられた天然温泉水で、約一万五千年前の源泉温泉水といわれ、天然の保湿成分とも言われるメタケイ酸が最高数値(106mg)を示したそうです。
メタケイ酸は、温泉に含まれる天然の保湿成分で肌の新陳代謝を促進してくれる美肌のサポーター。その含有量が50mg以上なら温泉として認められ、100mg以上で美肌サポートの湯です。神々には美容の効果にも期待でき、コラーゲンの生成、皮膚の老化の抑制、肌の新陳代謝の促進、毛髪や爪の強化に期待ができるほか、胃粘膜を修復したり、デトックス効果だってあるそうです。
その温泉水を用いて温泉や観光で賑わう湯布院の家族だけで営む小野酒造㈱さんの100年以上の歴史ある酒蔵で昔ながらの伝統製法により神々は誕生しました。

 

さてその香り、味わいはどうなのか?まずはそのまま・・・

kamigami004

ほんのり軽く漂う麦のいい香り。もうこの香りだけでまずいかどうか、早くも判断してしましいそう。そのままほんの少し口に含み、その輪郭を確かめると角のないまろやかで、普通ありえない瞬時に舌先で甘さを感じるのが不思議。
通常はグビッと口に含むと甘いとか、芋の香りとか感じるものなんですが、最初から研ぎ澄ましたかのような、まるで「気持ちよく酔わせてやろう!だから飲め」と言われているようだ。

 

さて、こいつはやはりいつも通りロックでいってみよう。氷を入れグラスに霜が・・・

kamigami005

やさしい、いや優しすぎる。スッと入りこんでスッと消える。消える直前にまろやかさと甘さを残し喉の奥へ。その余韻がたまらなくて、欲求のままグイグイまた飲んでしまう。いやもう虜なのだ!
静かに、心地よく、決して派手派手しくなく、スゥゥゥゥッと知らず知らずに口へ入り込む、まるで予想を超えたフェイントを決められたかのようだ。
神々(じんじん)ジ~ンと静かに心に沁み入り、記憶に残る戦列な旨さは久々に脳裏に完璧にヒットした。野球でいえば連続ホームラン、サッカーでいえばハットトリックを決めたかのような心が躍り余韻が残りまた飲みたくなる焼酎。それこそ「神々」!

kamigami006

 

お買いものは、買っちゃって王カートから。

 

人気酒につき、お届けまでお時間をいただく場合がございます。※未成年者の方へのお酒の販売は固くお断り致します。

女子会を盛り上げる!梅花酵母のどぶろく『嬉し楽し』

どぶろく。。米こうじや酒粕に残る酵母などを加えて発酵させることで作られる日本酒の原型です。
通常のアルコール度数は14-17度。
米を使った酒類では、最も素朴な形態だそうです。

今回ご紹介するのは、石見銀山の梅の花から酵母 どぶろくに使って商品化されたとっても珍しいどぶろくです。

kiyonari3

「命をいただく喜びを感じてもらいたい」という思いのこもった商品名”嬉し楽し”
独自の商品を造りたいと思い「梅花酵母」と出会ってから1年の月日をかけて完成した。
商品化したのは今田貴志江さん。スッキリした飲み口をうりに女性に飲んでもらいたいという今田さんの思いから度数は10-11度と低め。

今回レポーターします!2代目に就任しました(買っちゃって王の中でだけですが..(笑))
Qちゃんです!(女子会大好きな女の子です!)
今日の女子会で、”嬉し楽し”をいただきま~す(^○^)

kiyonari2

匂いはほぼ 甘酒 みたいです!梅 のすっぱい匂いは全くありません。

 

では…みんなでカンパーーイ!!

 

「美味しいーーー!!!」   アラサー女子の第一声です!(笑)
Aちゃん:どぶろくてこんなやったかな?
Mちゃん:初めて飲んだけど(どぶろくを)イメージと違うね!
Iちゃん:甘い 甘~~~い!!!これ酒なの?

kiyonari1

しつこさもなくてなめらかな口当たり。
飲んだ後のほのか~な梅と酒の香りマイルドでとにかく飲みやすい!!
梅自体が苦手なQちゃんも全然飲めます!!!

おしゃべりしながら…あっという間にみんなのグラスは空に。(笑)
実はIちゃんは普段チューハイしか飲めません。ホロ酔いではありましたがとてもご満悦でした。

どぶろく祭りに足を運ぶほどどぶろく好きなQちゃんも正直初めて味わう程!

 

一番はやっぱり飲みやすさ!

ラベルと見た目の可愛さで女子会の主役になってました!ホントに カクテル?って思いました。

kiyonari5

 

2本キレイに空いてしまい女子会終了(笑)
”嬉し楽し”を飲んでみんな笑顔で”楽し”い会になりました。
そんなみんなの笑顔を見れて”嬉し”かったな★

 

また”嬉し楽し”女子会しようね~!!!

kiyonari4

By Qちゃん★

 

詳細は、買っちゃって王から!

 

こりゃいける!本格里芋焼酎「我酔楽」-㈱ガスラ-

「焼酎」日本を代表する蒸留酒、またの名をスピリッツといいます。
焼酎は、蒸留機の種類とアルコール度数により「甲類焼酎(アルコール度数36%未満)」と「乙類焼酎(アルコール度数45%以下)」に分類され、その種類は多く、原料によって風味や味わいが違います。主に知られている代表的な焼酎は芋、米、麦が多いのですが、今回紹介する焼酎はなんと「里芋」が原料という国内でも大変珍しい焼酎。

その名は “我酔楽” -ガスラ- 25度

 

「我々が酔いしれる程楽しくなる」この思い通りという飲みやすさをウリにし、芋焼酎が苦手な方でも楽しんで飲める焼酎なんだそうです。この我酔楽、販売元がこの焼酎と同じ名前の株式会社ガスラさん。

場所は剱岳を望む富山県中新川郡上市町にあり、特産品はもちろん「里芋」。
上市町では里芋の親芋のことを「ガシラ」「ガスラ」と呼び、普段あまり口にされず、ほとんどが廃棄されてしまうそうで、その親芋を活用して生まれたのが「我酔楽」。地元をこよなく愛する商工会青年部員が集い、地焼酎の生産を提案。幾度も幾度も試行錯誤し、やっとの思いでできたそうです。

㈱ガスラの高橋代表によれば町をもっと元気に!
そして外部に誇れる特産品を開発しようという熱い思いからできた本格里芋焼酎「我酔楽」を皆さんに是非飲んでいただきたいそうです。

 

買っちゃって王は九州大分県にオフィスがありますが、スタッフ全員大の焼酎ファン。みんなそれぞれ好きな焼酎を2,3種は持っていて晩酌に必ず飲んでいます。

しかしながら「里芋の焼酎」なんてもちろん飲んだこともなく、どんな風味と味わいなのかこれから飲んでみたいと思います。

風味:さつま芋に近い甘い匂い。これが本当に里芋?って誰もがそう思うはずです。

 

ストレートでそのまま:癖が強くないから、ス~ッと入っていきます。鼻を抜ける瞬間、あっ里芋かなこの香り・・・っいうのがわかります。

ロック:ここでやっとこの焼酎の旨さの理屈といますか、気持ち良さといっていいのか実に飲みやすく作られているのがわかります。

口当たりもよく“フルーティ”でありながら、マイルドな味わいが女性にも優しい感じです。この焼酎スイスイ入るから、ある程度飲む前に今日はここまでと決めておかないと、ついつい飲みすぎてしまうかもしれません。

 

おっと、まだお湯割があるのに

ロックで2杯目いっちゃいました。

お湯割:芋の香りを楽しみたいのなら、お湯割に限ります。焼酎4、お湯6にしてグイッ・・・「フルーティな甘さの中に旨味あり」っていうのが素直な意見。里芋ってこうも化けるのかっていうのが素直なところ。寒い日はこれに限りますね。ツーンとくるのがないからこれまた飲みやすい。

今夜からこいつのおいらの定番の仲間入りか!いやいや、女性陣にもぜひ味わってもらいたいですね。フルーティだし、飲みやすい。さつま芋や麦焼酎と違う全く異色の焼酎に、惚れてまうやろ!

 

ご注文は、買っちゃって王カートから。

 

こいつは新しい泡盛だぜ!「琉球にごり酒・米の花」-うおうお亭-

沖縄のお酒といえばだれがなんといっても泡盛。

しかしその泡盛や古酒は年々消費が低迷傾向にある。全国的にもそうだけど数年前と比べればお酒を飲まない、飲めない若者(もちろん20歳以上ですが)が増えてきたように思える。

今回紹介するのは沖縄県北谷町(ちゃたんまち)に店舗を構える海鮮料理 「うおうお亭」のオーナー富岡さんから送られてきた「琉球にごり酒・米の花」で、開発までに結構な苦労をしたといいます。
そのきっかけこそ泡盛の消費低迷からで「新しい泡盛を造りたい。違った形で泡盛をのみたい」と思い泡盛のにごり酒を思いついたそうです。

そもそも泡盛とは沖縄特産の焼酎で、粟または米が原料で無色透明。
アルコール分が強く、造るときに、蒸留器から滴る成分が泡になって盛り上がるところから泡盛といいます。その種類は豊富で沖縄本島は勿論、宮古八重山地方でも独特な文化から生まれた泡盛も多い。
琉球にごり酒・米の花の開発の段階で大変だったのは、米の成分がにごり酒のにごりになるのでその米麹を初めから造る事だったそうです。米を炊き発酵させ、液体ろ過して泡盛をブレンドしてできたのが「琉球にごり酒・米の花」です。

白こうじ&黒こうじの2種類が巧みにブレンドされており、自然の甘みが引き出され、リキュールとして属されますが、カクテルにも最適でロックでも美味しく頂けるそうです。

もちろんうおうお亭さんでもこの琉球にごり酒・米の花は人気。お店以外でも神酒としてイベントやお祝いの席に欠かせない神聖なお酒として使われたり、カップルや若い世代にもお洒落なお酒として地元では浸透しています。

 

それと琉球にごり酒・米の花はなんと特許(第4642044号)もとっているというから凄い。

泡盛で特許とは驚きです。それだけ真剣に取り組み、人が真似をできない独自の手法だったからこそそこに価値があるんです。

 

では琉球にごり酒・米の花、試飲してみましょう。

瓶の底にはにごり酒特融の白濁とした滓(おり)があります。この滓が最も多いものが一般的にいうどぶろくのことです。

では一杯注いで一口・・・・・・

あ、うま~~い。

マッコリにも似た舌触りに、にごり酒独特の自然の甘みがとってもいい感じ。暫く余韻を楽しむと、あ、これは間違いなく泡盛の酔い方で市販されているような幾分安い泡盛とは違い「スッ」と優しく自然に入ってきて楽に飲めます。

アルコール度数20度、ちょっぴり贅沢な味わいの琉球にごり酒・米の花は彼女に飲ませるなら是非カクテルにしてほしい。男性ならロックでまず一杯。

それと泡盛との組み合わせが最適といわれる豆腐よう。これをサービスでいただいたんです。
ちょっと癖がありますが、その味はエダムチーズを合わせたような味わい。私は大好きでこの琉球にごり酒・米の花にも勿論よ~く合います。

 

さてみなさん、正に新しい新星の誕生というか沖縄に明るい話題といいますか、琉球にごり酒・米の花はカップルでもよし、ちびちびやる晩酌でもよし、もし沖縄に行かれる機会があればぜひ北谷町の海鮮料理うおうお亭を訪ねてみてください。ボリューム満点!沖縄の海の幸を手作りで出してくれますよ。

 

買っちゃて王

 

琉球にごり酒・米の花
http://www.afn.jp/shop/12392

 

創業明治5年こだわりの手作り薩摩焼酎「心華」(しんか)

鹿児島といえば芋焼酎。
 
今回お送りいただいた芋焼酎は、鹿児島市西千石町の野崎酒店さん
オリジナルの「心華」という手作り焼酎で黒麹と白麹の2種類。
 
麹蓋と呼ばれる昔ながらの木箱を使い、自然換気・保湿の麹室で
機械を使わず換気・通気をしながら蒸した米に種麹菌を手で擦り込んで造った焼酎。
麹を作るのに約40時間、正に職人の技が生んだ手作りの逸品。
「薩摩焼酎」呼べるのは単式蒸留器で蒸留したもの、原料は100%鹿児島県産であり、
製造から容器詰めまで全てが県内で行われる焼酎のことをいいます。
 
「心華」に使われる芋は薩摩千貫、水は北薩摩の最高峰柴尾山(1067m)の伏流水。
それに代々伝わる素焼きの壷で熟成させることで遠赤外線効果に加え、
容器全体の気孔に詰まった空気によって熟成が進む。
ここで焼酎が呼吸すると言われ独特の「まろやかさ」が生まれるのだ。
 
手元に届いたのは白麹のもの。

 

 
黒麹の焼酎が今や多くなってきたが、あえてご主人は私に白麹をすすめた。
なぜなのか飲んでみて納得せざる終えなかったのです。
 
蓋を開けるとやわらかな芋の香り。
ツーンとくるような強い香りではない。
 
ではまずはロックで一杯いってみた。
 
スーッと自然に入っていく様はとても滑らかで気づいたときには喉の奥を通り過ぎていた。
アルコール臭もほとんど感じず口当たりが、
 
とにかく「まろやか」でいて柔らか!
 
飲みやすく「惚れやすい」素直にそう思います。
 
次につまみを変えお湯割りで。
 
コップに70°近いお湯を先にコップに入れ、
後から好みで焼酎を入れるのが美味しいお湯割りのコツ。
 
では一口、芋のほのかな香りを味わうのならお湯割りに尽きる。
強烈な鼻を刺す香りではなく芋焼酎の好きな方にはたまらないフワッとした柔らかな香り。
それと飲んだ瞬間、舌の真ん中あたりで感じる芋の甘みがとても心地よくて飲みやすい。
これは芋の好きな方には打って付けの芋焼酎のはずです。
 
古の昔から受け継がれてきた焼酎作りの技は、
蓋を開け飲んだ瞬間「あっこれだな」と酒が好きなら一発でわかる。
 
そんな心地よい芋焼酎のひとつこそ「心華」です。
それに飲みやすいので女性にもお勧め。
是非お確かめいただきたい
 
本物の薩摩の逸品。天晴れ!

鹿児島市西千石町6-35 野崎酒店 電話/FAX:099-213-9281
 

 韓国直送「紅マッコリ」韓流気分で最高の夜を迎えませんか。

マッコリって知ってますか?

お隣の国、韓国では毎晩飲まれているローカルなお酒でその種類も大変多く、蒸し米と小麦麹(こうじ)をあわせて一段で仕込む速醸酒で平均6度の濁り酒のことでマッコルリとも呼ばれる。

今回お送りいただいたのは韓国酒類販売㈱さんからで、韓国より厳選されたアルコール飲料・健康飲料を直接輸入して広く販売をしていて韓国酒の取り扱いは日本一

お送りいただいたのは「富者紅芋マッコリ」という、韓国産お米と紅芋のみ使って製造した新タイプのマッコリなんだそう。

CA3A4252

オリの食物繊維の健康機能性を強調した紅芋マッコリで、のどこしや紅芋の栄養分を生かした度数8度とややマッコリとしては高く、濃い味を重視した銘酒。

さてその味は・・・・・・・・・

 CA3A4261

ん~さっぱり。

 

しかもいい香りです♪

日本酒に近いので飲みやすいですね。

 

さっぱりなのに濃厚、ワイン感覚でいけちゃいます

女性に人気がでそうなそんな雰囲気も十分あります

他にもたくさんの韓国のお酒も取り揃えているから安心。

今宵あなたも紅芋マッコリで韓流気分!


ご注文はコチラ