カテゴリー : 洋菓子

石巻市名産「ホヤ」の粉末入りマドレーヌ「保夜美人」-宮城県石巻市- 萬楽堂

平成25年 第26回全国菓子大博覧会 外務大臣賞受賞

これから紹介するのはこの賞を受賞した宮城県石巻市の萬楽堂さん製造のマドレーヌ「保夜美人」という石巻市名産の「ホヤ」を粉末にしてマドレーヌに入れたという何とも普通では思いもよらない摩訶不思議な洋菓子。

manraku001

お送りくださった萬楽堂さんは100年を超える老舗。石巻の名産であるあの「ホヤ」をマドレーヌに使うなんてとても普通では考えられないですしいったいどんな経緯があったんでしょうね。はっきりしているのは震災後、何とかしたいという思いと、郷土に対するすごく強い思いやりがあってのことというのは事実に違いありません。

manraku002

今から3年前、全国の名店が揃い技術の結晶でできた商品が評価される菓子博で見事「外務大臣賞受賞」を受賞したのですが、その受賞に至るまで震災復興を願う萬楽堂さんの思いが水揚げ日本一のホヤを使えないか日々試行錯誤の連続だったに違いありません。だってあのホヤですよ。海にいる貝の一種で酒のアテに食べるホヤをマドレーヌになんて、いったい誰が考え付くでしょうか。それをやってのけ、しかも大臣賞でしょ!即ち認められたってことですから、買っちゃって王のスタッフも食べてもみたくなって当然。

 

このマドレーヌ「保夜美人」というネーミングで、ホヤを乾燥させて粉末にしたものをマドレーヌの生地に練り込み、ホヤが好きな人にはもちろん、苦手な人にも美味しいと地元でも大好評を得ているお菓子なんです。もちろん手作り!!(賞味期限:常温で製造日より30日保存)

 

では早速食べてみたいと思います。

見た目はどこでもある感じですが、一口食べてみると「ほんのり甘く、クリーミーな感じ」。

manraku003

自然とじゅんわりまるで舌に乗せたアイスが溶けていくかのような感触です。すごく甘いわけでもなく、物足りなさなんてこれっぽっちもない。

manraku004

でも、でもですね、ホヤ・・・・

おや?ホヤはいったいどこって感じで、磯の香りなんて全然しません。そんなことより普通に全然美味しいです♪お茶よりコーヒーに合いそうな気がします。

 

そうでした、もうひとつ「黄金ごまゆべし」も同梱されてきましたので、そちらも紹介。manraku005

黄金ごまゆべしは、黒ごまた~っぷりで甘さも控え目に作られているんだとか。その味は

「お茶がほしい!」です。滋味でありながら素朴な味わいでふんわりとやわらかく、心を落ち着かせてくれるありがたいゆべし。実はこのゆべしも「全国菓子博にて橘花栄光賞・全菓博栄誉大賞」を受賞しているんです。どうりで、しつこさがなく一味違うって思いましたね。

manraku006

どうですこの2つ。お茶うけに名誉ある賞を頂いた逸品もオススメではないでしょうか。

お買いものは、買っちゃって王カートから。

 

手作り・オリジナルケーキのお店こんかり~にょの「杏のトルテ」 -長野市-

手作り・オリジナルケーキのお店こんかり~にょの「杏のトルテ」 -長野市-

 

みなさんコンニチハ!!な~んて弾んだ口調でいいたくなりそうな、食べたら目の前がパ~ッと明るくハッピーになるトルテの紹介です。

konnkari001

お送りくださったのは長野市でお菓子お料理教室・お菓子教室・パン屋さんをやっており長野市近郊のお住まいの方ならご存知の方もいらっしゃると思いますが、こんかり~にょ(いちよし菓子教室)のオーナーの一由様からステキな「杏のトルテ」を手作りで製造したものをお店の厨房から直送していただきました。 こんかり~にょさんでは杏のトルテも人気なんですが、実は6種類の食パンが大人気♪というのも1本あたりのサイズが約10センチ×20センチ×高さ9.5センチで、普通の市販のものより小さめサイズ。

konnkari002

市販のパンは大きすぎる・・・という目線で食パンを認識している方も多いことをご自身も感じ、この市販のサイズより小さくして製造を開始したんだとか。販売以来これが大当たりで、カットしやすいので好きな厚さに切り分けがしやすく、またて手に取りやすく、お皿に起きやすい。そればかりか全粒粉とひまわりの種やライ麦を使ったものや、グラハム食パン、レーズン食パン、ヴィリヨシュ食パンなどいろんなシーンでも使われており、今ではお店の看板商品に。

konnkari003

さてそんなこんかり~にょさんだからこそ、素材はもちろんオリジナルのお菓子やケーキもたくさんお持ち。その中で「杏のトルテ」にはここ一倍思い入れがあるんだとか。

見た目はバウムクーヘン、アーモンド生地に杏の産地「森の杏」で作ったこだわりのジャムを使ったトルテ。使用しているジャムは、杏の産地である千曲市森の「平和」という杏にこだわったものを使っているんです。(受注生産につき完全予約制、賞味期限製造日より2ヶ月)

 

では早速食べてみましょう。

開封するとそこに現れたのはお餅を連想させる大き目のドーム。

konnkari004

それを1/6くらいのサイズにカッすると、その切り口は幾層にもなったミルフィーユのよう。

konnkari005

食べやすいサイズにしたらお口へ・・・・杏の甘い香りと酸味がふんわりと口の中を覆い、高級なチョコがお口の熱で除所に溶ける感覚が実に心地いいです。

konnkari006

酸っぱさと甘さと程よい素材を活かした質感から丁寧に作られたことがすぐに実感できます。手間暇をかけた手作りの杏のトルテ。切り分けてみんなで食べるならここ「こんかり~にょ」の杏のトルテがティータイムの会話に一層楽しく花を咲かせてくれるのではないでしょうか。

 

ご注文は、買っちゃって王カートから。

酪農家が作ったジェラート地元でも大評判!「みるぱす」-神田酪農- 新潟県阿賀野市

ジェラート

暑い日、ちょっとづつ溶かして口に入れると甘さと冷たさが広がって、熱をもった体を冷やしてくれますよね。今では夏冬関係なく年中食べられているジェラートの種類は計り知れない数があると思います。

 

そのジェラート、主原料で多くつかわれるのが「牛乳」です。今回我が家に届いたのは、新潟の酪農発祥の地阿賀野市の酪農家「神田酪農」さんが愛情込めて作った生産者直送ジェラートを紹介します。

jera001

大正9年から3代に渡り受け継がれた新潟県阿賀野市の神田酪農さん。新潟県から安心ブランド生産農場に認定され、毎日搾乳し、生産される「やすだ愛情牛乳」や「白鳥の翼」そして今回紹介するジェラート「みるぱす」、牧場ではソフトクリームも販売しています。そのソフトクリームとジェラートに使用している牛乳を作ってくれる牛の牛舎がお店の敷地内にあり、見学もできるようになっているそうです。

jera002

お送りくださったジェラートの「みるぱす」とはどんな意味なのか?というと「みるぱす(Milk passport:みるくぱすぽーと)」ということ。すなわち「酪農を体験する楽しさ」を知っていただくための“楽しい酪育の場の入口”という意味で、酪農を通じて本当の美味しさを知ってもらいたいという当たり前のようで、それを知らない皆さんにも簡単に日本の酪農は素晴らしいんだよということを牛を見たり、食べたりして理解してもらうのが「みるぱす」の役割なのかもしれません。

jera003

お店の敷地内にある牛舎で、愛情を込めて育てられた牛のこだわりの生乳を使用して店内で作られたジェラート「みるぱす」これから私が選んだ3つを紹介します♪

 

送られた来たのは6個。その中でミルク味、いちごミルク、ほうじ茶を食べてみました。

美味しく食べるには常温で5~10分ある程度溶かし、そのあとスプーンで空気を含ませるようによく練り込みます。そうするとふんわりとしたミルキーな素材の味わいが目覚めます。

 

ミルク(これぞ基本)

jera004

甘さより牛乳の風味が先立ちます。確かに溶かしておいて練り込んだほうがいいようです。

jera005

はっきりいいますが牛乳が嫌いな方でもこの風味は“誰でも好きになります”!あっさり&さっぱり、濃すぎず甘すぎず、それでいて爽やかふんわり♪緑の草原の真ん中で弾みながら食べているかのようです。

 

いちごミルク(アイスを愛す)

jera006

いちごうんま~♪それにミルキーな味わいが実に合う!

jera007

「上品でまったり」この言葉通りの甘いいちごとのコラボ。この味に恋をしてしまいそうなくらい大好きになりました。

 

ほうじ茶(さっぱり美味しい)

jera008

和の風味で落ち着き、クリーミーな舌触りと冷たさが沁み渡る感じがとてもいいです。

jera009

夏、お客様がいらっしゃったときにきっと喜んでいただけそうな雰囲気が醸し出されています。

 

 

「酪農」ってみなさん御存じでしょうか。生き物を扱いますから決して楽ではありません。何十、何百頭もの牛を早朝から搾乳し、餌を与え、掃除をし、牛の体調を管理し、そして夕方から夜までまた搾乳という周りから見れば「あっ牛さんだ」というまるでぺット感覚なのかもしれませんが、実は生き物相手ですから時に病気もしますし、出産もしますから苦労も絶えないんです。

jera010

牛乳離れが年々増え、販売されている牛乳は以前より少なくなっていますが、牛乳がないと皆さんが大好きなチーズ、ケーキ、お菓子類にも牛乳が含まれているわけですから、いかに尊いものかをわかってほしいです。今回紹介した「みるぱす」。ミルクパスポートをあなたにもお送りします。ぜひ味わっていただきホンモノの味を確かめてほしいです。

 

ご注文は、買っちゃって王カートから

 

食品添加物不使用!北海道の農家さんが作った「ポテトチップス」-河田農場- 北海道久遠郡せたな町

み~んな大好き「ポテトチップス」

おやつに、口寂しいとき、ビールのつまみに、手が自然と伸びてしまうあの“ポテチ”。

じゃがいもを薄くスライスし、油で揚げて、そこに塩をふりかけたもの・・・確かに簡単に説明すれば間違いないのですが、普通ポテトチップスはカル○―や、コイ○ヤなどメーカーのもの、または自宅で作ったものを連想すると思います。
今回お送りしてくださったのはメーカーのものじゃなくて、北海道の農家さんが育てたジャガイモをポテトチップスに製品化した農場直送の“ポテチ”です。

kawata001北海道久遠郡せたな町。人口約8,600名、函館から北へ約100kmにある日本海側に面した町です。ポテトチップスをお送りくださったのは河田農場さんからで、ポテトチップスに使われている原料のジャガイモは勿論河田さんら農場のスタッフさんが懸命に育てたものです。
箱には24袋ものポテトチップスがどっさり入っていますが、実は年に何度も製造しておらず、今回到着したのも最終便。次回は新じゃがが収穫される時期付近のようです。

 

せたな町は馬鈴薯発祥の地。

そこで収穫した“新じゃが”を薄く薄くスライスし油で揚げ、使われる塩はオホーツクの焼き塩、しかも食品添加物は一切使っていません。河田さんによれば、製造するにあたり使う油、揚げる時間、揚げたときの色合いなど食べる側のことを考えながら製造し、特にジャガイモ本来の特徴を残すために試行錯誤を繰り返したそうです。

kawata002広大な大地、せたな町の自然にはぐくまれた場所で育った新じゃがのポテトチップス、その味とはいかなるものなのか、早速食べてみたいと思います。
某メーカーのものと違いやや小ぶりのサイズで、色もあっさりした感じです。

ひとつ手に取りパリッと噛んでみると

「軽~~~~~~い」。

さっぱりした塩気、次の瞬間「あっじゃがいも、キタよ」となります。

kawata003塩気よりもじゃがいもの味わい、風味がシュンっと広がり、軽やかで“やめられない美味しさ”に即変身するのです。サイズが大きかったり、少しでも焦げていたり、ジャガイモより塩気が先立っていたら河田農場のポテトチップスじゃないと思います。
本当のジャガイモの味とダイレクトに届ける役割を果たしているのがこのポテトチップスだと思います。

kawata004河田さんのポテトチップスは地元で大評判。ホテルや観光地でも売られていますが、個人宅へも発送OK!
・・・なんですが、次回は夏付近にならないと生産できないそうです。

kawata005で、その予約は買っちゃって王でもできますので、今すぐの発送は難しいですがご注文受付中です。
※上記レポートは2016年2月です。

お買いものは、買っちゃって王から

 

サクッと優しく、さっぱり口どけ、ほんのり甘さにうっとり♪菓心亭かまだの「おし花クッキー」-新潟県上越市(本店)-

国内屈指の米所新潟。新潟のお米といえばコシヒカリ。とまぁ誰もが当たり前にそう思うわけですが、このお米も細かく粉にすればちゃ~んと食用粉「米粉」になる訳です。その米粉も隣の田んぼとうちの田んぼ、北と南、種類で違うように微妙にその香り、違いがあるようです。
今回お送り下さいました新潟県上越市に本店がある「菓心亭かまだ」さんから“おし花クッキー”が届いたのです。

kamada001

菓心亭さんは厳選した安心、安全な素材を使用し、鮮度を大切に手作りの味を大切に気持ちが伝わるお菓子を作っています。
お店はオーブンキッチンスタイルを取り入れ、お菓子作りの作業を見たり、焼菓子の香りも楽しめるとあって学校帰りの学生や、ご近所の主婦、デートに人気のスポットなんだとか。お店の雰囲気もとってもアットホーム!美味しい笑顔が自然と溢れる中で、素材にこだわったお菓子が店内に並びます。
その中のひとつが「おし花クッキー」。清らかな水、澄んだ空気、蛙が鳴く田んぼで育てられたコシヒカリと厳選した小麦粉から生まれるクリーミーな味わいは、不動の人気。
kamada002

その味は・・・・

注目すべきはクッキーの真ん中の「押し花」。

kamada003

もちろん食べられる食用のものですが、これが素朴で、愛らしく、「美味しく食べてね」と微笑んでいるかのよう。サクッとひと噛み・・・
おやまぁ、なんと軽いんでしょう!クッキーのサイズからは想像できないくらい軽く、それでいて甘さ控えめで、歯触りもよくて口の中にくっつきにくいから食べやすい。

kamada004

ひと工夫した絶妙の優しい味わいは、誰もが気に入るのではないでしょうか。
都会にはない優しさに包まれ、ホッとしたいとき、大切なお客様に、また贈答に是非ご利用ください。きっと喜んでいただけると思いますよ。

お買い求めは、買っちゃって王カートから

アイスでワイワイ!盛り上がること間違いなし。岐阜県美濃市の老舗アイス店からお届け「手作りアイスパーティセット」パリッと清涼感♪

「夏」カンカン照りの眩しい太陽、汗フキフキ・・・
そんなときに食べたいのはやっぱり「アイス」。キャンデー、モナカ、かき氷などキーンと冷えたアイスって最高ですよね。ではそのアイス、自分でつくらたら?さらにさらに、みんなで作って楽しめたら?どうでしょうか。きっと楽しい思い出になるでしょうし、なんどやっても楽しいと思うんです。
今回パーティやるならぴったりなパリパリ&清涼感たっぷりの「モナカ」を紹介します。

suehirodou001

お送りくださったのは1954年創業、約60年アイス一筋の末広堂美濃アイスさんから。

suehirodou007

末広堂さんは乳脂肪分を4,5~8.8%にし、後味爽やかでクリーミーな味わいが自慢のアイスを販売しています。体に必要な栄養価がたっぷり、安定剤・化学香辛料・化学着色料など極力排除した自然味覚の冷たいアイスクリームは美濃の皆さんにとって夏の風物詩。

suehirodou006

創業当時(昭和18年)、戦時中に大阪で和菓子店を営んでいた岡本氏は今の地美濃市に疎開。そのときかつて食べていたアイスクリームをまだ食べたことのない美濃のみなさんに食べてもらいたいと、名古屋から製造設備を購入し製造したところ、それはそれは子供から大人まで喜んでもらったそうです。
昭和29年に「甘党の店末広堂」を開業、昭和60年喫茶「パルフェ末広堂」に改装、そして今、3代目岡本弘司氏がアイスクリーム製造販売卸業の専業「末広堂美濃アイス」として昨年の元旦に先代から続く味を受け継ぎ、今も丁寧に手作りにこわだっています。

届いた箱を開封すると「あっモナカだ」お徳用のでっかい箱(バニラ1250ml)に、モナカの皮が30組60枚、美濃和紙の世界無形遺産登録で有名な花みこしデザインのナプキン20枚が入ってます。
※アイスはバニラ・抹茶・あずき・きなこの4種類あります。

実はこのモナカ、テレビ番組のロケで元横綱若花田関と俳優の温水洋一さんがお店にお見えになったことがあって、特にバニラモナカアイスクリームがとても美味しかったといっていたそうです。ではそのバニラモナカ、いただきます。

カチカチのバニラアイスを外気にさらし、表面を少し柔らかくしました。

suehirodou002スプーンですくいモナカにできるだけ隙間なく入れたら蓋をするようにもうひとつのモナカをかぶせます。

 

さてお口へIN・・・

パリッ、ムシャムシャ・・・

 

耳に響くモナカの噛み砕く音、そしてバニラがドドッとモナカの皮の隙間から溢れてきます。

suehirodou003

食べごたえあるなぁと思いきや、そんなに甘くないからすごく食べやすい。よく最近のバニラアイスにありがちな「濃厚なミルク味」ではありません。

suehirodou004

爽快でいくつでも食べられる後味さっぱりなモナカです。それが「自分で作られちゃいます」からね、溢れんばかりに好きなだけアイスをモナカに詰め込めてこれは楽しい♪
これならパーティーにうってつけってわけです。女子のみなさん、甘すぎずしつこくなくて、おまけに“ヘルシー”なバニラモナカは飽きませんよ。
幼いころ食べてたバニラアイスってこんな感じだった気がします。自然の味といいますか、邪魔がない素朴な味わいっていいですね。

suehirodou005あ~アイス食べた~い・・・

暮らしの中に末広堂のアイス、あってもいいんじゃないでしょうか。

 

お買い求めは、買っちゃって王カートから

 

りんご農家さんが作った子供に食べさせた~い「あっぷちっぷ」-さとう果樹園-秋田県横手市

りんご農家さんからりんごが届く。これは当たり前のようだけど、こんなに有難いことはない。
何故なら素直に「産直」であり、木に実ったそのままが玄関に届くわけだから鮮度も抜群。
秋田県横手市のりんご農家さんが、うまくかじれないような子供にも是非本物の味を知ってほしい、こどもに安心して食べさせられるおやつを、という思いから栄養士の資格を持つ佐藤さんが作るりんごチップス「あっぷちっぷ」。通常りんごのチッブスは「ふじ」や「紅玉」といった赤いリンゴが使われますが、あっぷちっぷは黄色い「王林」を使って乾燥させて作った大変珍しいチップス。

satouka001
チップス「あっぷちっぷ」。
今ではお近くのお店などでも販売をしていますが、シーズンによって数が少なく、お取り寄せはまだまだこれからっていう段階。あっぷちっぷは、秋田県の南玄関に位置する小安峡温泉の地熱で乾燥させて作ったも食育の観点から作った新感覚おやつ。

satouka002
その味は・・・・

ほんのり甘く軽い酸味。これは食べやすい!子供さんは毎日でも食べたくなりそうなくらい癖になる味わい。「健康食」として最高のおやつ。

次にりんごジュース「わが家のこだわりりんごジュース」

satouka003
りんご農家さんならどこも作っているりんごジュース。でも、りんご本来の美味しさを味わうなら噛む必要のないジュースが一番。案の定このりんごジュースは期待通り100%だけあって「りんごを飲んでいる感」そのまんま。

りんごのシーズンになるといろんな種類が次々にでてきます。もちろん佐藤さんちもそうなんです。子供の未来を考えて作った、安心・安全な「あっぷちっぷ」。ニッコリ子供の笑顔がきっと見れますよ。

お買い求めは、買っちゃって王カートから。