0

濃厚な旨み♪優しい甘味♪み~んな笑顔になりますよ。 魚沼塩沢産コシヒカリ「カカシ米」 高村ファーム -新潟県南魚沼市-

Posted by kanri on 2020年1月14日 in お米 |

「旨いよこれ!」そんなお米に出会ったらテーブルを囲んだみんなが笑顔になっちゃいます♪
よね。今回紹介するのはあの魚沼の中でも特に美味しさに定評の塩沢のお米農家さんから送られてきたこだわりのコシヒカリです。

1
まず注目したいのはこの袋のデザイン。普通だと「〇〇〇のお米」とか、米の品種を大きく載せたものが目立ちますがこちらは「帽子を被ったへのへのもへじ」が描かれ、右上にはカラスのイラストが。

そしてこのお米のネーミングもそれらしく「カカシ米」といい、なんとなく田んぼに風がそよぐのどかな風景が自然と頭に浮かんできます。届いた箱を開けた瞬間いきなりこのイラストが現れたものですから思わずエヘヘっとニンマリ♪

このお米、中身は魚沼のコシヒカリ。しかも、魚沼の中でも特に極上の米が収穫されるという有名な塩沢産ですから、食べる前から期待は膨らむばかり。お送り下さったのは米処魚沼の「高村ファーム」さん。豊かな自然と高い栽培技術を生かし、濃厚かつ芳醇な米を生産。その歴史は古く、江戸時代後期の1827年(文政10年)まで遡ります。17代目の高村智也さんは、生まれた時から父親が毎日田んぼに向かう姿を見て育ったこともあり、いずれは後を継ぐことは自然なことだったそうです。農業大学で稲作を学び、研修を経て実家の農業を継ぎました。「多くの人に味わってほしい」と販路拡大に向け挑戦中です。

2

塩沢のコシヒカリが美味しい理由はその場所にあります。ここの自然環境がコシヒカリにとって最適であることは勿論なのですが、塩沢の土はコシヒカリと非常に相性がよい肥沃な土壌なため、しっかりした強い稲が育ち、たんぱく質が少ない粘りのある美味しいお米になるんだとか。

例年2mもの雪が積もる全国的に有数の豪雪地帯で、清らかでミネラルが豊富な雪解け水に恵まれています。夏でも冷たく山の栄養をふんだんに蓄えて田んぼにたどり着く雪解け水は、稲穂の生育にぴったり。

塩沢地域は米作りに最適な盆地で形状されており、八海山・巻機山・魚沼丘陵に挟まれた山間地にあるため、昼夜の寒暖差が激しく、夏場は10〜15度も気温が変化するんだとか。

ここ塩沢で、高村ファームさんは稲にストレスをかけない農法を実践中。稲の成長に欠かせない「根を伸ばす」「茎を伸ばす」「穂を実らせる」の3段階を実践し、それぞれに多くの力を使うため、各タイミングに肥料や水を切らさないことで稲がすくすくと成長できるんだとか。また、稲の体に馴染みやすい有機肥料や、体作りに欠かせない天然鉱石砕いたケイ酸肥料を与え、健康でたくましい稲が育てているそうです。

ここ塩沢で育ったカカシ米、早速いただいてみたいと思います。

3

茶碗から漂う湯気を嗅ぐとそれだけで旨みを含んでいることがわかるほど。口に入れた瞬間「これ、違う」。そうなんです、いつもと全然違うこの深さといいますか自然にあふれる甘さがこれまで味わってきたコシヒカリとは全く別物。それにほどよい粘りが丁度いい感じで飽きることなくおかずなしで1杯目をペロリ♪

4

2杯目はおかずと一緒に食べましたが、おかずよりお米の方が美味しいので、ついつい3杯目を食べてしまいました。虜にしてしまうカカシ米、もう他のお米が食べられないかも…

「極上」
この言葉ピッタリのコシヒカリ「カカシ米」。一度経験したら今まで食べていたお米が食べられなくなるほど贅沢極まりないお米です。

ご注文は買っちゃって王カートから

0

うっひゃ~!殻付き牡蠣がゴ~ロゴロ♪ 清野水産 -岡山県瀬戸内市-

Posted by kanri on 2020年1月7日 in 海の幸(海産物など) |

冬の方が美味しい味覚って夏より多い気がします。その中でも「牡蠣」は王道ではないでしょうか。でも居酒屋や料亭、レストランで食べたら以外と高い!そんな時こそ「お取り寄せ」に限ります。産地の水産業者さえ知っておけさえすればシーズン中にはいつでも送ってくれますよ♪

kiyonosuisan1

その牡蠣、普通なら発泡スチロールの箱に入って送られてくるのが多いんですが、なんと今回届いたのは画像でも確認できるように「缶入り」で牡蠣がどっさり!

お送り下さったのは岡山県瀬戸内市の清野水産さんから。送られてきた牡蠣は半斗缶で約5㎏で牡蠣の数は驚きの50~70個も!1斗缶(約10kg)だと100~120個といいますから牡暫く蠣三昧は間違いないでしょう。清野水産さんは岡山県の瀬戸内市邑久町尻海で20年もの養殖の歴史を刻み、夏に牡蠣の幼生を採取し、育生して、翌年春に種付けをした1年物にこだわり出荷しているんだとか。

kiyonosuisan2

ご存知の方もいらっしゃると思いますが牡蠣は「海のミルク」と言われ、たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素がバランスよく凝縮されています。特に「鉄」、「亜鉛」、「銅」が豊富で、貧血ぎみの方やストレスの多い方、疲労回復にも効果が期待できるんだそう。
お勧めの食べ方※必ず加熱調理してお召し上がりください。
一番簡単な食べ方は電子レンジでチン♪耐熱皿に1個につき約1分少々を並べ(重なってもOK)ラップを軽くかけて、例えば10個なら10分プラス約1、2分加熱してフタがあけば食べられます。

kiyonosuisan3

私はコンロで焼いてみました。蓋を開けるときはとても熱いので軍手をし、蓋を開けにくいときはバターナイフやホークを隙間に入れてこじ開けるように。

kiyonosuisan4

蓋が開いた牡蠣の殻の底にはたっぷりのエキスが溜まっていて牡蠣の身をそのエキスに絡めるようにしてパクリ・・・・いやぁまあ美味しいこと!口に入れた瞬間に広がる牡蠣の芳醇な旨みと磯の香り、そしてぷりっぷり&ジューシー♪

さぁどうです、牡蠣をた~くさん食べたい方にはお勧めですよ!ビタミン、ミネラルたっぷりの牡蠣を食べて、疲れを吹き飛ばしましょう!

お取り寄せは買っちゃって王カーとから

0

厳選したふじのみで作った高級りんごジュース「Silky Sweet」三起旅行

Posted by kanri on 2020年1月7日 in ジュース, ドリンク全般, 果物類 |

「うわぁ美味しい」と思わず口にしてしまうものってありますよね。うわさになったものだったり滅多に食べたり飲んだりできないものに出会ったりするともう嬉しくて。今回紹介するりんごジュースもそんな一本。だって青森のりんご農家さんが贈答用だけのりんごで特別に作られたものなんですから。

sankitravel1

お送り下さったのはご夫婦で旅行会社を営む三起旅行の柴田あや香さんから。青森県五所川原市の柴田さんのご実家では古くからりんご農園を経営していて、そこで栽培される太陽をいっぱい浴びた贈答用のふじだけを使って搾汁し、そこへビタミンCを加えた香料を一切使わない100%のリンゴジュースが「Silky Sweet」です。

ふじは酸味と甘さのバランスがよくて、日持ちすることから贈答用としてお歳暮によく使われる品種なんだけど、柴田さんは地域農業を活性化しようとあえて贅沢な贈答用のりんごのみを使いSilky Sweetを作ったんだとか。

そんなこだわりのりんごジュース、飲んでみたいと思います。

sankitravel2

コップに注ぎゴクリッ・・・ネーミングのとおり舌ざわりは滑らかで、瞬時に芳醇な甘さと同時に爽やかな酸味、それにまるでりんごを食べているかのようなのど越しです。

sankitravel3

これはりんごを食べなくてもいいんじゃないかってくらい、りんごの味が瞬時に記憶に刻まれてしまいます。生でかじるのもいいんだけど、そのままゴクゴク飲み干すのも食べたときと同じ満足度が得られます。大人だけじゃなくてきっと赤ちゃんや子供さんにも勧めたいですね。

「プレミアム」このジュースはこう捉えることが可能な極上で気品さえ感じる贅沢な一本。飲み干した瞬間「これだな」と思うのは決して自分だけではないはずです。一玉一玉大切にに育てられたふじに感謝しながらもう一杯、うんうん、やっぱり美味しいや!自然の甘さっていいですよ!元気になりますよ。

お買い物は買っちゃって王カートから

0

安心して皮まで食べられる無農薬レモン「京都れもん」 京都府京田辺市

Posted by kanri on 2020年1月7日 in 果物類 |

「レモン」漢字で表すと「檸檬」。
揚げ物などのお皿の隅っこによくありがちでそんなに意識することなく、とんかつやフライの上にかけて食べると爽やかな酸味が広がり油濃さを中和させてくれますよね。でもそのレモン、ほとんどが海外のもの。国内で生産されるレモンは広島県が一番多いんですが、それでも海外のレモンに約97%も頼っているのが現状のようです。今回紹介する京都府京田辺市の無農薬栽培レモンは、「皮まで食べられる」という正に安心・安全なレモンです。

1生産をしているのは「京都れもん」のネーミングで無農薬栽培をしている黒川さん。
京都・飯岡の農家の生まれで、ものごころついた頃から農業をはじめました。市役所で地域振興などに従事する傍ら、無農薬野菜栽培を15年、お米やお茶も50年に渡り生産しています。

2黒川さんの生産するレモンは京都と奈良の南山城の飯岡という場所で作られているのですが、殺菌剤や防カビ剤などを一切使用せず、柑橘の栽培でよく発生する害虫の駆除もすべて手作業という徹底ぶりで、残留農薬検査200項目の分析をしたところ全てが不検出といいますから、いかに安全面を配慮した作り方なのかがよくわかります。

3作られているレモンの品種は耐寒性・耐暑性に優れている「リスボン」。5月になると強いシトラスの香りがする花が咲き、7月頃から摘果作業をするそうですが、この頃になると無農薬栽培のためハチが多く現れ、時折ハチに刺されながらの作業に手を焼くんだとか。
9月になるとようやくレモンが青く実ります。それを「青レモン」といって、初物らしくフレッシュで爽やかな香りが楽しめます。そして12月、あの特色がある黄色いレモンになりはじめます。完熟したレモンはとてもジューシー♪

4さて我が家に届いたレモン。少しばかり収穫の最盛期のもの。こちらは少し傷がついている所謂「訳アリ」のもの。でもご安心を!味や香りは全く問題ありません。

では早速使ってみたいと思います。

5半分にカットし、顔を上に向け、口を大きく開け、果汁をそのままダイレクトにギューッと絞り出してみました。「これは美味しい」軽やかな酸味に、爽やかさが口の中を颯爽と駆け抜けるかのような豊かな香りが充満します。

6海外のものは何となく刺し込むような酸味がある気がしますが、このレモンは優しい酸っぱさ。牡蠣の上にたっぷりかけてみましたが、これがまた美味しくて、牡蠣の旨味と相まって実に味が引き立ちます。

さわやかな味と香りがする「京都れもん」。土と語り、自然に背を向けることなく真面目に育てたこのレモンに有難ささえ感じます。それはそのはずで、国内で無農薬栽培をするにあたり、害虫や雑草との戦いもあるでしょうし、天候にも左右される中での必死に作業をされているわけですから、感謝以外の言葉が見つかりません。時期もありますが、ぜひ皆さんも注文されてみてはいかがでしょう。揚げ物に、お刺身にかけて♪またレモンシロップ、レモンピールなど皮まで使って調理するのもお勧めですよ。

 

お買い物は買っちゃって王カートから

0

食の安全に配慮して育て上げた、高品質なコシヒカリ 未来ファーム板山-新潟県新発田市-

Posted by kanri on 2020年1月7日 in お米, 山の幸(農産物など) |

「子どもが体に良い米を食べて元気な未来を作ってほしい」をモットーに食の安全を追求する米作りを常に掲げ、「量より質」を重視したお米栽培を続ける新潟県新発田市の「未来ファーム板山」さんのコシヒカリを紹介します。
35211_1
「元気な子供を育てる米作り」
新潟県下越地方、越後平野の北部、新発田市の仁王子岳の雪解け水が流れ込む感興の中、高品質の米作りを手掛ける未来ファーム板山さんは、栽培期間中にできる限り耕さない農法を実践中。

土壌の中にある無数の雑草の種が、表面に出てきて発芽するのを防ぐことを行っており、一般では農薬を使って草を抑えますが、除草作業の工夫で草を生えないようにしているんだとか。

田植え後は田んぼに足を踏み入らないよう、畦の両端から綱で引き合う農具を使っての初期の除草は必要で、この作業はとても重労働。現在この努力が認められ、県から「特別栽培農産物の認定」を受けるほどで等級検査では毎年一等米の評価を得ています。

35211_2
食の安全に配慮して育て上げた、高品質なコシヒカリ、その味は濃厚で優しい甘味が感じられ、もっちりとした粘り気があるんだそう。
5年前に米作りを始めてから、農薬・除草剤・化学肥料を一切使っていない田んぼで育ったコシヒカリ、早速炊飯してみました。と、その前に・・

これまで何度かオイシイお米の食べ方を紹介しましたが、ここ近年本当にゴシゴシ糠をこそぎ取るようなお米の研ぎ方は全く必要ない時代になりました。各家庭によると思うのですが、単純に洗いすぎないことや炊飯に使う水は水道水以外のものを使う方が断然オイシイです!

我が家では、ボウルにお米を入れそこへ多めの水を入れ、最初はお米の表面についた糠を優しく4~5回かき混ぜすぐザルに。次に再びボウルにお米を入れ(ここで水は入れません)優しく円を描くように左方向へ10回、右へ10回、そしてザルに移し水を入れ濁りが少し残る程度まですすぎを約3回繰り返します。

次にお釜にいれたとき必ず「冷たいペットボトルの水」を入れ、冬場は約1時間浸し、夏は30分「お釜にラップをし冷蔵庫」で冷やします。炊飯するときは「早炊き」にし、炊き上がったら「よそう(装う)作業」。お釜にシャモジを垂直にし、深く差し込みます。縦横に十字に切るようにして、底から持ち上げて、お米の粒をつぶさないように蒸らしていきます。お茶にはシャモジのヘラを底にし、お米を載せたらそのままの状態で茶碗に入れます。

さて、どんな味なんでしょう。写真でわかると思いますが、お米の美味しさの見分け方に「粒が揃っていること」も大切なんです。未来ファーム板山さんのお米、粒のサイズは見事に揃っていますね!
35211_3
炊き上がったばかりのお釜を覗くと芳醇な香り、炊き上がりの艶やかさはピカイチ。では装ったコシヒカリ、頂きます。
35211_4
やはり、やはり美味しい。粘りの中に甘さと深いコク、ふっくら柔らかくて、口を動かす度「さすが米処新潟」と声に出したいほどで、一粒一粒がホントに出来が良くて素晴らしいです。こんなお米毎日食べたら今まで食べてた地元のお米って・・・となりそう。

銘柄米を輩出する新潟に勝るものはないといいますが、どうやら本当のようです。お米は大人だけではなく、子供たちもみんな笑顔にしてくれる毎日のエネルギーの根源のような存在でなくてはいけない我々日本人の大切な食べ物です。オイシイお米食べてますか?子供さんに食べさせてみては?お勧めは「未来ファーム板山」さんのコシヒカリです。

お買い物は買っちゃって王カートから

0

心晴れ晴れと。やま喜のオイシイお米「日本晴(にっぽんばれ)」 滋賀県愛知郡愛荘町

Posted by kanri on 2019年12月11日 in お米, 山の幸(農産物など) |

「日本晴」

昭和38年に幸風(中新110号)とヤマビコ(東海7号)の交配によって誕生した品種で、

茎が強く、病気にも強いことから、関東から九州までの平地部で広く作られていましたが、今では滋賀県や山口県・兵庫県での生産が主で、全国合わせても3万ヘクタールくらいしかない今では希少な品種のひとつ。味はあっさり、噛むほどに甘みが感じられるお米なんだとか。随分前には滋賀県で作られる日本晴が食味ランキングの基準米として人気を博していましたが、コシヒカリやひとめぼれなど優れた品種が登場したこともあり、生産量は今ではごく僅かに。

yamaki_1

この日本晴を生産する滋賀県愛荘町の「やま喜」の小川さんは、自ら守っていきたいというお父様の言葉から一念発起。地元の活性化を願いつつ、家族を支えながら農業を志すようになったんだとか。

yamaki_2

やま喜さんの田んぼ付近の環境は、夏になると近くを流れる岩倉川ではホタルが舞い、また平成湧水百選に選ばれた「山比古湧水」を源に持つ宇曽川にも囲まれ、米作りに最適な豊かな土壌にも恵まれているため、農薬や化学肥料の使用も半分以下に抑えています。

 

日本晴、早速炊飯してみました。

 

いやぁこのお米随分懐かしい味がします。昔はこんなお米ばかりだったんじゃないでしょうか。あっさりしており適度に硬く、噛むほどにふんわりと甘さが引き立ってきます。yamaki_3

おそらく若い方が食べたら、近なお米もあったんだと思うのかもしれません。粘りや柔らかいお米が好みの方には合わないかもしれませんが、調べると関西エリアのお寿司屋さんでは日本晴をシャリに使っているお店が多いそうです。

yamaki_4

ということは手巻き寿司なんかにも合わせられるお米ってことではないでしょうか。

 

日本晴は「あっさり」でした。劇的な旨さではなく、庶民的なお米の基本を備えた品種といったところでしょうか。このお米、日本のお米の品種から無くなってはいけないと思いました。

 

ご注文は、買っちゃって王カートから。

0

つるっとさっぱり喉越し良し、旨し。京都のうどん 名代おめん-京都市-

Posted by kanri on 2019年11月25日 in その他 |

うどんといえば、讃岐をはじめ全国どこでも古くから親しまれてきた気軽に食べることができて、私たち日本人にとってごく当たり前のもの。その「うどん」今回ご紹介するのは、自家製麺でありながら、使われる素材にもこだわった京都の専門店さんからの直送のうどんです。
35130_1
お送り下さったのは昭和42年創業の「名代おめん」さんから。左京区の銀閣寺近くに本店を構え京都に3店舗、ニューヨークにもお店を開いている人気のうどん専門店です。
特徴といえば、汁に入ったうどんではなく「つけ麺」で召し上がるスタイル。麺は国産小麦100%の自家製麺、出汁は上質の厳選した昆布と鰹でとったもので、その出汁に胡麻と甘辛く作った金平ごぼうを入れて食べるスタイル。

35130_2

「おめん」というと顔につけるあのお面を想像してしまいますが、おめんさんの故郷は上州伊勢崎、今の群馬。上州地方ではその昔、自粉による小麦粉で打ったうどんのことを「おめん」と呼ばれ、日常は勿論、冠婚葬祭や神仏へのお供えとして「御麺」と記されていたそうです。それが今では「おめん」となり、現在、京の都で育てられた「名代おめん」として京都は勿論観光客、また海外に至るまで、その美味しさはお客様に喜ばれています。

35130_3
さておめんさんのうどん、お取り寄せを開始しました。「団欒(だんらん)」というネーミングで家族で楽しみながら食べてほしいという思いを込めてお店から直送してくれます。

箱を開けると、作り方のレシピに冷凍のうどん、出汁、金平ごぼう、ごま、そしてサービスで小瓶に入った熊本産の素材を使った特選八味と書かれた薬味が入っていました。

早速レシピ通りにお湯を沸かし湯銭し、麺を湯でること3,4分。
35130_4
ではいただきます。出汁にうどんを付け“ズルッ”・・・ツルッツル!そうなんです、とにかく滑るように口に入ってきます。

35130_5

噛んでみるとシコシコした食感が実によくてリズミカルにモグモグ。喉元を過ぎる瞬間、すでに箸は自然と次のうどんに手が伸びていきます。

35130_6
「これはうまい!」粉の香りと胡麻の香りを楽しみながら、付属の金平ごぼうと一緒に食べれば、どこか懐かしい田舎の風景にタイムスリップしそう。

35130_7
半分近く食べたときに特選八味と書かれた薬味を少々出汁に入れて食べてみましたが、麺をすすった瞬間、ピリリと舌を刺激してきてそれが刺激となり、またまたツル&シコの連続を堪能。

35130_8
食べ終わるまで10分はかからなかったと思うんですが、この麺は最高にオイシイです。鍋や焼きうどんにしてもきっと美味しいと思いますし、すき焼きのシメにも合うと思います。

名代おめんさんのうどん、完璧です。うどんが好きな麺通ならきっと太鼓判でしょう。讃岐が一番なんて思ってるあなた!食べてみてください。これもなかなかイケますよ。

お求めは買っちゃって王カートから

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.