About kanri

Posts by kanri:

0

昔から変わらない独自製法で製造する職人技の佃煮 株式会社廣川 -大阪府松原市-

Posted by kanri on 2021年5月6日 in その他 |

「佃煮」

我が家はどっちかというとご飯党です。白いふかふかのご飯におかず、みそ汁、サラダを順番に食べるだけで腹を満たすことができますが、時々「あと一杯」がほしい時、目の前にあればご飯のアテにすぐになるのが「佃煮」。小魚、アサリ、昆布、牛肉など甘辛く煮漬けた佃煮があれば無敵のおかず!幼い頃、母親がせっかく作ったおかずが気に入らず、冷蔵庫の中から取り出した椎茸の佃煮を山盛りのご飯の上に載せて腹を満たしたことが懐かしいです。

39418_1

日本の古来から伝わる佃煮は当初塩煮から始まり、江戸時代に醤油を使った小魚や貝の佃煮が主流となり保存性の高さもあって国内に広く伝わっていったそうです。これから紹介する佃煮は明治35年創業の株式会社廣川さんかお送りいただいた「角切汐吹昆布」「近江牛すじ煮」「ちりめん山椒」の3つ。

39418_2

株式会社廣川さんは初代廣川春吉氏が広島県福山市で「広川商店」として漬物・佃煮を製造販売。2代目廣川雅市氏が大阪市西成区にて「広川塩昆布製造所」を開きました。おそらくご存知の方も多いと思うのですが、よく目にする「汐吹昆布」を開発したのが廣川さん。特許を公開、三笠宮・同妃・両殿下に塩昆布を献上した事もある由緒ある佃煮製造会社なんです。

昔から変わらない独自製法にて製造する廣川の佃煮。「直火釜炊き製法」という職人が一釜ずつ匂いや気泡を確認し、火を加減しながら時間をかけ、食材に調味料をほとんど吸収させ食材から出る旨味をまるごと封じ込め、焦がさず、しかも形よく炊くのに欠かせないのが廣川で受け継がれた技。伝統の匠の技で作られる佃煮は世代を超え、今もなおその人気は不動のもの。

 

そのままでも、ご飯のお供として最適な味を求め作った惣菜感覚の佃煮「佃惣菜」

佃惣菜(つくだそうざい)と読みます。株式会社廣川の登録商標で美味しいとは何かを考え旨味・塩味・甘味の調和を大切に自分達の持っている技術で自分達の美味しいを表現し、自分達の誇れる商品を作り販売したいと考え開発したのが「佃惣菜」。

39418_3

社長+調理師免許取得者の職人5名+営業従業員1名が試食・選考し、皆が美味しいと認めた物が佃惣菜なんだとか。

 

さてこれから食べる3つ。まずは変わらぬ製法、心で作られた「角切汐吹昆布」から頂いてみたいと思います。明治35年から受け継がれてきた直火釜炊き製法による味とは・・・・

39418_4

2代目廣川雅市のこだわりに合う昆布を当時のままの目利きによる作り方。こだわりの醤油をブレンド、佃煮に合うようにし、調味料も酒蔵直送の本味醂などを使っているんだとか。

39418_5

まずはそのままポイッと口に放り込んで2,3度咀嚼。すると塩辛さの中に隠れた昆布の旨味がじゅんわりと広がり、噛むごとにしっかり味が染みた昆布の旨味と塩気が相まってお茶が欲しくなります。

39418_6

熱々のご飯の上に載せるとすぐにご飯の熱で温められ、みるみる内に塩のベールがご飯の熱で昆布に溶け込み、塩気が染みて柔らかくなったところでお口へIN。これまた最高!いやはやご飯が旨い!いやいやそうじゃなくて汐吹昆布が美味しくさせてくれます。

 

 

「近江牛すじ煮」

39418_7

国内三大和牛と証される近江牛。その近江牛のすじ肉から余分な脂身を丁寧に取り除き、食べやすい大きさにカットし直火釜炊き製法により作られた牛すじ煮。昆布佃煮を製造する過程で出る昆布のだし汁をベースに、こだわりの生揚醤油と調味料で炊きあげた逸品。

39418_8

これは贅沢!ご飯は勿論、私はビールのアテにしてみました。

最高で最適!過度のない優しい甘辛い味つけによ~く合う近江口に入れた瞬間「なんやこれ?うますぎるやろ!」もう絶品の言葉しか浮かんできません。

39418_9

柔らかい肉に染み込んだ濃厚なうま味が広がり、並々に注いだビールで流し込む・・・これシアワセ以外に何があるんでしょう。

 

「ちりめん山椒」

39418_10

兵庫県産の実山椒を佃煮にし、ちりめんの佃煮と合わせこだわりの醤油を佃煮に合うようブレンドし、酒蔵直送の本味醂などを使って作ったちりめん山椒。さていかなるものか・・・・

39418_1112 のコピー

醤油の香りがぷ~んと広がり、ご飯に載せてパクリ。すると甘辛く炊き上げたちりめんの香りに時折ピリッとした感じの山椒の実がはじけると、より一層コクの効いた風味と味わいを同時に堪能できます。

さすがの味わいに満足。佃煮を食べながら日本人であってよかったとつくづく思いました。

白米に合う、お茶請けに、酒のアテに廣川の佃煮がお勧めです。

 

お買い物は買っちゃって王カートから

0

「即南国気分♪フレッシュなココナッツでおうちリゾートしてみた♪」株式会社ココナッツリー 千葉県流山市

Posted by kanri on 2021年4月30日 in ジュース, スィーツ, 果物類 |

アメリカ、韓国で人気急上昇の高品質フレッシュココナッツが日本上陸! ベトナム ベンチェ産100%天然果汁の「そのまま飲めるココナッツ」が登場! 現地ベトナムのスタートアップ企業をピックアップするテレビ番組に取り上げられ、 […]

0

連日完売!ラム酒香るアーモンドクリーム入り廣川菓子製作所の「ガトーバスク」 札幌市中央区

Posted by kanri on 2021年4月19日 in その他 |

久しぶりのパティシエ直送の逸品が届きました。お送りくださったのは札幌市の廣川菓子製作所のオーナーパティシエ廣川雄士さんから。開店以来人気の「ガトーバスク」これから紹介したいと思います。   札幌市出身の廣川さん […]

0

自社生産の野菜で作った“お酒に合う”農家直送めっちゃうまキムチ 有限会社楽農三恵園 -埼玉県越谷市-

Posted by kanri on 2021年4月12日 in お惣菜など |

「キムチ」 買っちゃって王ではこれまで何度かキムチを試食しレポートを書いてきましたが、その殆どのキムチは専門店のキムチでした。今回紹介するキムチは野菜を生産する農家さんが自社栽培の野菜のみで作ったオリジナルキムチです。 […]

0

丁寧に丁寧に作った鮮やか色の干し柿 佐藤ファーム -宮城県丸森町-

Posted by kanri on 2021年4月5日 in その他 |

「干し柿」 私が10代のころ位までは冬になるとよく軒下に干し柿をつるした風景を目にしたものです。 渋柿に焼酎を振りかけて渋を抜き、皮を剥いてヘタに藁で編んだ細い縄に6,7個の柿を縊りつけ竹竿につるし、外気にさらします。霜 […]

0

手間暇惜しまず丁寧に作った農家直送「生絞りえごま油」 えごま油の佐々木 -岩手県奥州市-

Posted by kanri on 2021年3月29日 in 調味料 |

「えごま」 以前はそんなに目にすることが少なかったえごま油。ここ数年の間にスーパーの棚に様々なメーカーのえごま油が並ぶようになりましたが、そもそも「えごま」とは何なのか、またどのように作られているのか。体によいことは知ら […]

0

熊本県産菊芋100%使用「くまさんの菊芋」で快適生活♪ 五色の里 -熊本県宇土市-

Posted by kanri on 2021年3月22日 in その他, 野菜 |

最近健康診断で「血糖値が高いですね」や「便秘が続いていて」なんて方、意外と多いと思います。買っちゃって王では主に産地の食材、素材や製法にこだわるオリジナルの逸品を紹介し、レポートをしていますが、美味しく食べることができる […]

Copyright © 2009-2021 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.