0

炊きあがり、色、艶、粘りが魅力!神の国、伊勢の「御糸米(みいと米」」-㈱クスキ- 三重県伊勢市

Posted by kanri on 2016年4月11日 in お米, 山の幸(農産物など) |

今回紹介するお米は伊勢神宮のお膝元、御糸地区で収穫されたコシヒカリ「御糸米(みいと米)」というお米で、色・艶・そしてその味もなかなかの評判。
お送りくださったのは伊勢市でお米を販売している㈱クスキさんからで、いろいろなお米を取り扱う中「御糸米」の人気は常にTOPクラスなんだそう。

kusuki01

「御糸米(みいと米)」は、三重県のほぼ中央部に位置する御糸地方で生産されるコシヒカリ。伊勢湾に面し、海辺の沖積層に属する地帯で、昔から米づくりの盛んなところなんです。
神代の昔より伝承の斎王倭姫命(やまとひめのみこと)ゆかりの御糸米は、葦(あし)原の沼地より起こり、櫛田川水系の豊かな水に育まれ、長い年月をかけて牛馬や人の手により丹精こめて作られてきた田んぼから生まれた伝統あるお米です。

kusuki02

では伊勢神宮お膝元のコシヒカリ、どんな味わいなのか!?

じっくりいただいてみましょう。

この色艶、自ら白銀色を放ち、色合いだけでもわくわくさせてくれます。

kusuki03

茶碗に鼻を近づけると、お米の豊潤ないい香りがします。
口に運んで軽く租借すると「しっとりとした粘り」そして自然な甘さはこのお米の最大の特徴だと思います。

kusuki04

何といっても風味と粘り具合、みずみずしさはまさに「究極の米」といっていでしょう。

先人が残した伝統と土地を受け継ぎ、御糸米はある意味「大切に守られてきたお米」だと思います。
美味しいだけではなく、そこには深い歴史もある。

お買いお求めは、買っちゃって王をご覧ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.