0

塩っぱ~いけど癖になる山形名物「雪割納豆」 ㈱ゆきんこ -山形県米沢市-

Posted by kanri on 2015年10月8日 in お惣菜など |

「納豆」

ねばねばの大豆を発酵させた、みなさんご存知のあの茶色い糸を引くご飯の友。毎朝食べる人も多いと思いますが、もし納豆が“いつもと味が大幅に違ったら”恐らく納豆のイメージは変わるのではないでしょうか。

今私の手元には「雪割納豆」なるものがありますが、この納豆、とんでもない味らしいのです。

happa001

 

お送り下さったのは株式会社ゆきんこという如何にも雪国らしい企業名なんですが、場所はあの米沢牛で知られる山形県置場地方の米沢市にあります。ここで作られる「雪割納豆」は、山形県置賜地方の農家に保存食として伝わる『五斗納豆』がルーツで、春の農繁期に食される大事な栄養の源。

正月になるとホーロクで豆を割って皮を飛ばして煮込んだ後、藁に詰め、こたつの暖で発酵させて引割納豆を作り、さらに米こうじ・塩を適量混ぜ合わせ瓶に押し、春までじっくり発酵熟成させたのが『五斗納豆』、「雪割納豆」の原型なんだとか。

happa002

雪割納豆は通常の納豆と違い、出汁醤油や普通の醤油を入れて食べるのではなく、すでに調理された味付納豆なので、そのまま少量ずつご飯のうえにのせていただくのが地元流。ではその流儀に基づいて私もアツアツのご飯にのっけて食べてみたいと思います。

happa003

製造に使われるお塩はあの有名な赤穂のものなんですが、塩辛い中にも深いコクと旨味があるんだとか。ご飯にちょこっと載せてまずは一口・・・・うっ・・・えっ・・・・OhMySoltPower炸裂!

普通の納豆は混ぜると糸を引きますが、どうやらこれは食べれる量をご飯の上にのっける「ひとくちご飯の味のアテ」みたいな感じ。漬物感覚といいますか、岩海苔をご飯に載せて食べる「おかずがないときの一品」という感覚。しかし、塩辛い!味が濃い!だからご飯がススム!いや~納得の納豆♪

happa004

この納豆に圧倒!マジで旨い!

そろそろ毎日の納豆に飽きたなぁって方、雪割納豆の出番なのかも。

 

ご注文は、買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.