0

“へいらっしゃい”鹿児島より♪お寿司屋さん直送の「かんぱち箱寿司」が到着しました-栄楽寿司- 鹿児島県鹿屋市

Posted by kanri on 2015年1月6日 in お惣菜など |

何年か前のこと、鹿児島にいって大隅半島を巡る旅をしたことがあります。目的は佐多岬までいき、そこにある神社で初詣をすること。大隅半島最南端にその神社があるんだけど、たどり着くまでかなり時間がかかりました。
到着するまでの間、右側は常に錦江湾の景色が広がり、桜島を眺め更にその奥の方に目をやると開聞岳が見えます。穏やかな錦江湾にはいくつもの養殖場があるんですが、今回紹介するのは大隅半島最大の鹿屋市の「栄楽寿司」さんが「かごしまブランド認定」の「かのやカンパチ」を使った箱寿司。
もちろん錦江湾で育ったカンパチをさばいて材料に使うわけですが、手作りの箱寿司にはお客様を納得させるこだわりが当然あるようです。

eiraku001

栄楽寿司の大将米川さんにカンパチの箱寿司のことを聞いてみましたが、米川さんはとにかく元気!そして気さくで明るい方。まだお若いのですが、それゆえに先のこともしっかり見据え、地元の素材にこだわり四季を通じ、いつ来店しても美味しいネタで迎えてくれます。

eiraku002

先に紹介しましたが鹿児島県は日本一の生産量を誇り、大自然豊かな錦江湾で育ったかごしまブランド認定の「かのやカンパチ」を使い、シャリは地元産の「ひのひかり」を使い、カンパチの上の昆布は通称「野菜昆布」と言われる若くて柔らかい北海道産「棹前昆布」を使っています。

eiraku003

この「かんぱち箱寿司」、2010年に大隅地域特産品コンクールで優秀賞を受賞、同年九州新幹線全線開業“これぞKAGOSIMA!自慢の逸品大発表会”で優秀賞受賞、 2014年には大隅「食のおみやげ」審査会最優秀賞を受賞するなど、認められた確かな味わいの逸品であることは間違いありません。では、早速食べてみたいと思います。

 

eiraku004

関東の箱寿司は酢に塩だけのお店が多いのですが、栄楽寿司さんは関西と同じで砂糖が入る関西風。その砂糖も徳之島産にこだわっていますから、より一層のコクが期待できそう。箱を開封し、ひとつまみ口へ・・・・・「あぁこれです、この味を待っていました。押し寿司はこうじゃないと・・・」なんといっても押し寿司の旨さは具とシャリのバランスに尽きると思います。

eiraku005

一口で決まるといっていいほど、まずいとただ残すのがもったいないから、口に入れ無理に飲み込むだけで終わり、愛想のない味は二度と食べる気がしない。ところが栄楽寿司の押し寿司は、飽きることなくただ黙々と加速が付いたかのように食べてしまいます。
酢による刺激も少なく、身が締まったかんぱちは実に美味絶品。それに口に入れひと噛み目でとっても気色のいいゆずの香りがプンと広がり、シャリ、カンパチのいいとこだけが混ざり合うその瞬間「あ~なんて旨いんだ」となるのです。勿論残すことなく一気に食べてしまったことは言うまでもありません。

これぞ“粋”な味わい、さすがです!

食べ終わるころ「どう、美味しかったでしょ」とオーナーの優しい声が聞こえてきそうでした。自宅で鹿児島名産を!

お取り寄せは、買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.