0

コクとうま味は絶品。うまい焼き鳥食べるなら「丹波地どり」「但馬すこやかどり」-㈲総美 食品事業部- 兵庫県豊岡市

Posted by kanri on 2014年11月10日 in お惣菜など |

焼き鳥。
我々日本人が海外でも自慢できる串に刺した肉。
いつからなのか、既に生まれた頃からあったはずで、オヤジが酒のつまみで食べていたのを横から甘えた声で「ひとついい?」というと「ほら」と一本もらい、それを食べると「なんて美味しいんだ!」と感激した記憶がある。大人っていいなぁ・・・と羨んだこともあったっけ。就職し子供心を忘れない大人になった自分は、仲間や会社の同僚と安い居酒屋で初めて食べた時も「あ~なんて美味しいんだ。ご飯以外で肉が食えるなんて」それが大人の世界の仲間入りの最初だったような、懐かしい記憶が一本の焼き鳥と一緒に蘇ります。

fusami001

さてその焼き鳥、自宅で焼いてみたという方もいらっしゃると思うんですが、どうせ焼いて食べるなら地方の美味しい鶏肉を焼いてみませんか?今回我が家にお送りいただいたのは丹波と但馬の焼き鳥用の鶏肉なんですが、まずはこの2つの鶏をご紹介します。

fusami002

「丹波地どり」その名のとおり地鶏なんですが、雄のロードアイランドレッド×ロードアイランドレッド、牝のロードアイランドレッド×ロードサセックスをかけあわせた鶏。指定農場で80日以上抗生物質・合成抗菌剤を含まない飼料でじっくりと育てられ、その肉質は適度に締まり、地鶏らしい歯ごたえとコクを味わう事が出きるそうです。

そしてもう一つ「但馬すこやかどり」は、無薬飼料でハーブを配合した飼料を使用し、農場で抗生物質を一切与えずに育てたヘルシーで美味しい鶏肉なんだとか。安全で味の良い新鮮な鶏肉として但馬地方を中心にその旨さの評価は高く、今後十分期待できる鶏肉だそうです。

さてもう食べていいですよね?レポートを書きながら早く食べたくて食べたくて、目の前には焼酎も用意!ではジュジュッと塩コショウを振って焼きたいと思います。

丹波地どり

fusami003

見た目硬いかも?というイメージなんですが、しっかりした肉質で鶏本来のうま味が噛んだ瞬間ジュワッと良質の脂と一緒に味わえます。

fusami004

よく地鶏は硬いというイメージがありますが、実はそんなに固くなくて噛む程にじっくり肉のうま味を堪能できるものなんですよね。丹波地どりはそんな本当の地どり!柔らかくて真の鶏肉の味がたまりません。鶏肉って本当はこうなんだってのがわかるはずです。

但馬すこやかどり(もも)

fusami005

これには驚きました、見た目が豚バラなんですから。九州では焼き鳥屋のメニューに豚肉のバラ肉を串に刺した豚バラが必ずあるんですね。見た瞬間「これ豚肉じゃ?」っと間違えるほどなんですが、食べてみるとフッカフカの柔らか~い鶏肉。

fusami006脂身はあるんですが、食べるのに気にならなくて意外とさっぱり。これほど完璧な食べやすい鶏肉は滅多に出会えないと思います。

但馬すこやかどり(ハツ)

ハツは鶏の心臓。炒め物や煮物にしても美味しいです。

fusami007

一羽にひとつしかない訳なのである意味希少部位と言えますね。この食感は柔らかく少しだけコリッとしてます。

fusami008レバーなど内臓系の好きな方なら大好きなのは当たり前。臭みもないから新鮮なのがわかります。

驚きでしたね。歯ごたえはいいし、瞬間のうま味は最高だし、いうことないです。

fusami009

鶏肉もここまでくれば次は海外でも沢山売れてほしいですね。しかし、まずは皆さんのお口でこの美味しいさを確かめてほしい!!

お買い求めは、買っちゃって王カートから。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.