0

富士山世界遺産登録記念“富士山バウム”は思い出のバウム-ローヤル菓子店-静岡県三島市

Posted by kanri on 2013年10月21日 in スィーツ, 洋菓子 |
ro-yaru1

まだまだ記憶に新しい富士山世界遺産登録。
もっと早く登録になればという声もある中、当然富士山に近い地域では、町おこしにも似た活気が溢れ、世界各地からその勇姿を見ようと観光に訪れているそうです。
その地域のひとつ、三島市のローヤル菓子店さんでは世界遺産登録を記念して地元の素材をふんだんに使ったその名も“富士山バウム”が今日のレポート材料です。

ro-yaru1

「せっかくだから地元の素材を活かそう」そう思い立ったオーナーの鈴木さんは、先代から約40年続く教えのもと受け継がれてきた技術を駆使し、富士山の世界遺産登録に因んでバウムクーヘンを完成させたんです。
ドイツ銘菓をオリジナルの配合によって上質なバター(醗酵バター)に卵をたっぷり使い、地元三島市塚原の杉本製茶工場さんの香り高い粉茶をバームクーヘンの生地に混ぜマーブル状に焼き上げた、今後期待の新商品。
山の形の上部に、ホワイトチョコをかけ三島より見える富士山をイメージし、食べやすく、甘さ控えめに仕上げ、子供でも食べやすい様にお酒を使っていなくて、とてもシンプル。

ro-yaru2

三島産の粉茶の風味と、ホワイトチョコがアクセントのハーモニー、どんな味わいなんでしょう。

ro-yaru3

綺麗に包まれた包装紙を剥がし、箱をOPEN・・・
あぁっ出た、でたぞ富士山!ふっくらと焼き上げられた記念すべき富士山バウムが目の前に!富士山の雪をイメージしたホワイトチョコの部分にそっとナイフをいれると、その中に綺麗な白と緑のマーブル状の生地が出現。口に入れるとその瞬間、ホワイトチョコの甘さと優しいバターの風味がサ~ッと広がります。
そして決して見逃すはずのないお茶の香り!これが以外とすんなり、さっぱりなんです。しっとりと豊かな風味に包まれて、口どけがいいから食べやすく、それぞれの素材のいい部分が互いに優しく包み込んでくれます。職人技の逸品から富士山をじっくりメージしながら味わうことができました。

うんまいっ!!

ro-yaru4

その昔、小学校で誰もが歌ったであろう「頭を雲の上に出し~富士は日本一の山♪」私だってこの歌を音楽教室歌わせられた覚えがありますから、如何に自然と雄大な山、日本を象徴する山は“富士山”なのか当たり前だったわけです。
それが世界に認められ、世界遺産に登録され、いよいよ世界に誇る代表的山に。四季彩豊かで、見慣れていない皆さんにとって富士山は憧れの山。その富士山、せめて自宅で味わう?ことができたらきっといいでしょうね。その想い、ローヤル菓子店さんが叶えてくれますよ。

ro-yaru5

お取り寄せは、買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.