0

マカロニ国産製造発祥の地発、手作りマカロニチップス -ぱすたみすた-新潟県加茂市

Posted by kanri on 2013年10月17日 in スィーツ, 洋菓子 |
htami4

“マカロニ”といえばサラダやパスタ、グラタン・・・

これって普通はそう思いますけど、お菓子だったらどうでしょう。マカロニっていろんな形や色や種類が沢山あって、茹でたマカロニにケチャップソ-スやマヨネーズをかけると、簡単なおかずのひと品になります。
今回紹介するのはマカロニ国産製造発祥の地新潟県加茂市の「ぱすたみすた」さん手作りの「マカロニチップス」の登場です。

htami1

新潟県加茂市。
ここでお店を営むオーナーの相田さんは、お店で出しているおつまみにマカロニをチップスにしたものをお客様に出したところ、美味しいと評判になったのが「マカロニチップス」の販売を始じめたきっかけだったそうです。

こだわりは茹でたペンネに加茂産コシヒカリの米粉をまぶしてカリッと揚げたこと。米どころらしい一面を覗かせるマカリニチップスですが、自分で納得して商売に結びつけるのもアリですけど、目の前の一般のお客様の反応って以外に大事なのかもしれませんね。

htami2

さて、加茂市がマカロニ国産製造発祥ということですが(因みにパスタの国内発祥は長崎)マカロニは明治41年、当時加茂町で製麺業を営んでいた石附吉治氏が横浜の貿易商からマカロニの製造を頼まれたのがきっかけとなり、苦心の末、独自にマカロニ製造機を発明して製造をスタートしたのが国産初となる生産のはじまりとだったそうです。

その後、製造方法の確立に取り組み、昭和初期には月産10トンに到達。加茂市内にはマカロニを製造していた工場がいくつかありマカロニといえば加茂市というほど、国内唯一の生産地だったんです。しかし、今ではマカロニの生産も分散化され、工場の姿はなくなってしまいましたが、せっかくのマカロニ発祥ということもあって、町おこしをしようと地元の飲食店がマカロニを使って名物料理を開発。その中のひとつこそ今回紹介する相田さんが開発した「マカロニチップス」なんです。

htami3

さぁ加茂市生まれのマカロニ菓子、どんな味なのか楽しみながら食べてみたいと思います。

100g入りのマカロニチップスが全9種。その中にはかりんとうにしたものもあります。
★ガーリックペッパー★ポタージュ★しょうゆバター★ブラックペッパー★のりしお★カレー★コンソメ★まかろにかりんとう黒糖・キャラメル
おそらくお酒の好きな連中に定番の気がするガーリックペッパーから食べてみます。

htami4

ガーリックペッパー

ペンネを使っているのがインパクトのひとつだと思います。大きく見えますし、中の空洞まで味を染み込ませやすいですから。手で摘み、一口“カリッ、ポリッ”ん~いい音で砕ける次の瞬間・・・予想通り“ビール”が絶対欲しい!固めのポテチの棒って感じしますが、香ばしさもあって次々と自然に手が伸びてしまいます。ほんのりピリッ、あとからガーリックの香りがいい感じで迫ってきます。

htami5

のりしお

磯の香りがいいですね~。カリポリしたらう~んと広がる潮の香りがあとを引きます。歯ごたえがいいし、丁度いい具合の塩加減ですから、子供さんにもお勧めです。

htami6

かりんとう(キャラメル味)

こりゃたまげた!想像以上のおいしさにびっくり仰天!キャラメルコー○より美味しいです。これぞやめられない、とまらない状態の“新感覚お菓子”。ねじれたコイル状のマカロニにキャラメルがたっぷり付いているわけですが、この甘さとポリポリ感は、子供の味方&女の子はハマルこと間違いなし。

3つをチョイスして食べてみたんですが、どれも個性があって“おやつに最高”です。あっそうそう小さなお子さんのいらっしゃるお母さん、是非ご一緒にいかがでしょう。ビールの大好きなお父さん、サラリーマンのみなさんも一杯が二杯になりそうですよ。近所のスーパーで買ったスナック菓子に飽き飽きしている・・・

そんなとき「マカロニチップス」で決まり!

マジうまいっですよ♪

ご注文は、買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.