0

これが本当に懐かしいって誰もが思う「尾道ラーメン」-㈲ひろやす-広島県福山市

Posted by kanri on 2012年12月18日 in 麺類(全般) |
3IMG_1515

自宅でラーメン。
いったいどれくらいのラーメンを年間食べているのか計り知れませんよね。おそらく2、3日に一回とか、寒い日は毎日なんて人もいるかも知れません。
しかしそれはカップラーメンのこと。では自宅で本格的な有名な地方のラーメンが味わえたらどうでしょう?北は札幌、南は九州とんこつまで、地方ではそれぞれの麺、スープ、具材が個性を顕に丼に盛り付けられています。特に腹が減った時のラーメン、寒い日に早く食べたいラーメンは美味しいですよね。

 

今回紹介するのは製麺工場から直送のあの「尾道ラーメン」です。


到着してからすぐにテンションが上がるくらい。それもそのはず乾麺でもカップラーメンでもない、自家製生麺に尾道ならではの醤油スープ付きとあればラーメン誰でも大好きな人なら食べたくなって当たり前。

 

さて皆さんは尾道というとどんな思いがあるでしょうか。
私は真っ先にちょっと古い映画ですが尾道三部作といわれた「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」であったり、坂道が多く、その坂道には隙間なく民家があるというイメージ。
また瀬戸の港町でゆっくりと時間が過ぎていくという感じもします。尾道ラーメンは、1920年代に中国福建省から来日し、尾道市内で住み込みで働いていた人が作った中華ラーメンが元祖といわれており、尾道市に隣接する福山市でもこの特徴を持ったラーメンが、古くから作られています。

 

今回お送りくださった㈲ひろやすさんは麺づくりの専門工場で、ラーメン・うどん・焼きそば・和そばを作っています。
ひろやすさんの作る尾道ラーメンは、この地域独特の平打ち麺と鶏がらをベースにした濃厚な醤油スープ、それに瞬間高温高圧熱成法で水分を強制的に飛ばして作った専用スパイス「旨香焼きすぱいす」が一味変えてくれるそう。

 

作り方は箱の裏に書いていますから、その通りに作ってみました。
(ねぎ、チャーシューは入っていません)

麺は沸騰したお湯で約2分茹で、スープは300ccの熱いお湯にいれて作ります。
丼にスープを注ぎ、麺をいれ買っておいたチャーシューと刻んだねぎをIN!

 

では いただきます。

 

ストレートにくる!‘’

 

この表現に限ると思います
腰のある味わい深い平麺は、このスープだから合っていると思います。モチモチしていて、麺に絡み、口に運び噛んでみるとどことなく懐かしいんです。
そしてスープ、濃厚なんだけどあっさり味で、臭みも全くない。邪魔がなく、ズズッと一気にいける庶民的な味は、安心して最後まで食べきることができます。

 

さてここで付属の「旨香焼きすぱいす」をいれると、ピリッと香辛料の辛さ+にんにくの風味のラーメンに即変身。このスパイスこそ、尾道ラーメンのイメージにひと工夫加えた、プラスαのオプションに成りうるのかもしれません。
焼黒コショウ、黒にんにく、焼かき肉、ごまが入っていて見た目は粗挽きの胡椒に近い。これをいれるとパンチが効いた辛さになるから、寒い日はすぐに体中が温まり、暑い日は汗カキカキになるはずです。

 

さて懐しさを感じながら

‘新しい尾道ラーメン発見’

って感じですね。

 

次に『プレミアム』

このプレミアムは、高速道路のサービスエリアでしか販売していないラーメンなんだか。

さっき食べた尾道ラーメンと比べると、明らかに違う「麺」。よく美味しい麺のことをこういいます“シコシコ”していると。その表現にぴったり当てはまる歯ごたえに、噛んで旨い麺はこれ!と言いたいです。勿論スープとの相性もいいから、食べ終わるまであっといいう間のことでした。

尾道ラーメンここにあり。

体の芯まで温めてくれ、作り手の気持ちのこもった一杯は、そう簡単に飽きることはないようです。味噌やとんこつ、塩もいいけれど我々日本人の基本とのラーメンは醤油味ではないでしょうか。個性や癖も強すぎず、香りを確かめた瞬間から安心して食べられるラーメンだと思うところ。尾道ラーメンって懐かしく、暖かいラーメンですよ。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.