0

やっぱり魚沼!石挽ふのりそば&コシヒカリ-妻有工房かわきた-

Posted by kanri on 2012年10月22日 in お米, 麺類(全般) |
2IMG_1121

秋が深まるこの時期。お米がいつもより美味しいですよね。
今回お送りくださったのは知る人ぞ知る、あのお米の名産地新潟県“魚沼”から勿論“農家直送”の2つ。

新潟県十日町市にある「妻有工房かわきた」さんは日本そば、コシヒカリ、もちの生産・加工・販売の専門店。もちろん原料は自社農場で栽培されたもののみを使い、地元で評判の安心・安全な品々を地方発送してくれます。
お米の生産で欠かせない魚沼地域は土壌、気候がその旨さを発揮する最大の理由と聞いたことがあります。しかも今回オリジナルのそばはつなぎに「ふのり」が使われているという全国では大変珍しい「そば」なんだそう。

では、まずそばから

頂いてみたいと思います。

石挽ふのりそば(茹で時間3分)

私はここのそばを一口、口に入れただけで「これが魚沼のそば」とにんまりしてしましました。そばにはなくてはならないコシのよさと風味の違い、それに喉越しのよさに、その辺にあるそばとは大違いであることがすぐに理解できます。

しっかりした歯ごたえのそばは懐かしさを感じさせてくれ、時折鼻を抜ける磯の香りは、決してそばの癖を邪魔するのではなく、帰ってそばの引き立て役になっています。自社無農薬栽培で作られた玄そばの製粉には、大型の石臼を使い丹念に挽かれ、つなぎに海藻のふのりを使うという通常ではありえない製法で、滅多にお目にできない逸品に感動すら覚えました。

そば好きなら、乾麺とはいえこの素晴らしく精度の高いそばにきっと誰もが納得する珍しいそばです。

 

次にあの「魚沼産コシヒカリ」

オーナーの遠田さんが作るコシヒカリは「特別栽培米」しかも、ついこの前稲刈りが終わり精米したてを送ってもらいました。ある意味ラッキーで、あの魚沼産を新米でいただけたなんて食べる前なのに夢のよう。なにがともあれ早速炊飯してみたいと思いますが、みなさんの参考になればいいのですが、最近から始めたお米の炊飯方法を教えますね。

というのも、最近のお米は柔らかく炊く前の米粒を噛んでみると簡単に砕けるほど柔らかいことに気づいたんです。ということは、強く研ぎすぎてしまうとお米が割れたり、一番大切な旨味成分が半減してしまうことを避けるためなんです。

 

美味しいお米の炊き方「買っちゃって王バージョン」

1、 ひたひたになるくらいに水を入れ、1,2回かき回したら10秒以内に水を捨てます。

それを2、3回繰り返します。(お米の汚れを落す効果)

2、 次に水を捨てた状態のお米をシャカシャカ音がするように、20回ほどかき回します。

かき回したら水を入れ、水を捨てます。これを2回繰り返します。

(にごりは「デンプン」です。にごりがなくなるまで研いでしますと、味がなくなります)

3、  春から夏は約30分、秋から冬は約1時間水に浸し、炊飯器のスイッチを入れます。

4、炊き上がったらかき混ぜるのではなく、釜の底までシャモジを入れて、十字に切り込みを入れます。そしてお米を底から持ち上げます。このときこねないよう、お米を潰さないよう注意。茶碗に盛り付けるときも、ギュギュッと押し込まないようしましょう。

炊飯器を開けると、お米が立ってひと粒ひと粒に艶があり、しっかりと形をもっているのがわかります。そして米と米の間には、所々に空気が抜けた穴が開いているんですが、これはお米が炊飯器の中で綺麗に回っていた証拠で、研ぎすぎるとこんな状態にはならないんです。
※炊飯器、お米の種類にも若干違いがあります。

 

そしてなんといっても“新米”の、この時期の特別ないい香り!日本人でいてよかったぁとつくづく思います。

 

さてそのお味は・・・・・・・・・

“これぞ魚沼”なんて甘くて、美味しいの!!!
かなり前に塩沢地域の農家さんからお送りくださったコシヒカリを思い出しました。口に入れた瞬間「うわ~~何これ」っていう感じで、ムシャムシャと動かせないんですよ。ごく自然に味わいたくなるんですね。

口の中が自然とスローな動きになってしまって、お米ってこんなに美味しいかったっけ?と思い知らされるわけです。正に王道を行くコシヒカリとはこのことなんでしょうね。

卵をかけるなんて最初からできっこないし、おかずなして一杯目は食べてしまいました。

 

「立派」この言葉がぴったりとフィットするスゴ技のそばと魚沼産コシヒカリ。旨いものができやすい地域という理由もあるんでしょうけど、なんといっても真面目な取り組みがそうさせていて、食べる側の気持ちをよ~く理解しているからこそ、ウマイッという言葉が自然とでてしまったんだと思います。
是非食べてみてほしいです。魚沼の味を。パンに負けるな日本のお米!

 

お米は、コチラ 買っちゃって王カート

蕎麦は、コチラ 買っちゃって王カートから

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.