0

お茶作り三代。鹿児島県頴娃町のお茶農家直送 -勲- 下窪勲製茶

Posted by kanri on 2012年8月16日 in お茶 |
3IMG_0548

もう随分前のこと。鹿児島へ仕事でいった時に、鹿児島市内から指宿スカイラインに乗り、枕崎を目指していた途中、見たこともない大きな扇風機が見えてきたんです。

その扇風機は後で分かったんですが、防霜ファンといいその役目は、新茶のお茶の芽が遅霜の被害にやられないようにするために設置しているそうなんです。その防霜ファンの周りこそお茶の生産地で有名な、頴娃町(えいまち)のお茶畑だったのです。

今回お送りくださったのは頴娃町牧之内に三代に渡り、お茶栽培を続ける「下窪勲製茶」さんから。独自の工夫から生み出された薫り高いお茶は、今もなお不動の人気を誇ります。

「美味なるお茶は畑の土から、株の根から」この言葉通り、常に善き道を指向し、良質なお茶作りに励む下窪勲製茶さんは、お茶栽培から製茶、販売・発送まですべて自社で行っています。

下窪勲製茶さんでは美味しいお茶のための3つの約束が代々受け継がれており、

1、葉肉の厚い元気な一番茶の柔らかい新芽だけを使う。

2、渋み・苦みを整え、まろやかでコクのある深蒸し茶に仕上げます。

3、お茶本来の薫りと味わいに徹したお茶を追求します。

この3つが守られているからこそ、高品質な安心・安全な手作りのお茶が生まれるわけです。

下窪勲製茶さんでは、いろんなお茶を作っていますが、その中の今回お送りいただいた「勲」は、鹿児島県公認「かごしま茶」のブランド認定されたお茶のひとつ。勲は、やぶきたの中でも最高級茶葉を厳選し、薫り・味わいともに納得の一品なんだとか。

 

その「勲」早速頂いてみたいと思います。

お茶の淹れ方は袋の裏側に丁寧に説明があります。その通りにして湯呑に注ぎ

 

一口 ズズッと…

甘くふくよかな香りが鼻をかすめ、濃くもなく薄すぎない味は「ん~うまいっ鹿児島のお茶っておいしいねぇ」というのが素直なところ。

渋みの少ないすっきりした味わい、なのに飲みながらにして、味の奥深さにプロの仕事がなされているのが確認できます。余計のない、無駄のない仕事がこのお茶を飲めばその素直さに気づくと思います。

一口で、やさしさを感じ、二口で遠くに見れるふるさとの山々が懐かしく、そんなお茶こそ「勲」ですね。

※お茶を美味しくいただくための注意※

美味しくいただくには先に書いたように、淹れ方をみてその通りにすることです。沸騰させたお湯をそのまま使うと渋みばかりしかでませんから、決して焦って作らないことです。

 

鹿児島県頴娃町。
ここで育つ「えい茶」は天保7年、現在の新牧地区に種子を播種したのが起源とされるそうです。下窪勲製茶さんは、この地でお茶を栽培し数十年の歴史を刻んできたお茶農家。ひたむきにお茶と向かい、その甲斐あって今では鹿児島を代表するブランド茶の生産も行っています。お茶は人の心を親しませ、気持ちにゆとりさえ与えてくれます。そして安心・安全なお茶を下窪勲製茶さんは今日も皆様へお届けします。

 

下窪勲製茶さんの「勲」のお取り寄せは、買っちゃって王カートから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.