0

美味しいから使い勝手も多くなる・・・和食の店「史(ふみ)」の煎り胡麻醤油 利休

Posted by kanri on 2012年1月24日 in 調味料 |

福岡県宗像市田熊の和食の店史(ふみ)さんの「煎り胡麻醤油 利休」はお店でも使われている煎り胡麻醤油。お店にくるお客様からの熱い要望により店内で人気の茶漬けの醤油を製品化したそうです。

その理由は言うまでもなく「美味しい」から。

 

史さんは活魚と旬の食材で四季折々の料理を提供してくれる純和風のお店。宗像市特産の鯖を使いふんわり〆た「鯖すし」もお勧めなんですが、寒い冬にはちり鍋や天然とらふぐの鍋が人気で、直接信頼できる漁師さんから仕入れた魚を使っていますから時には天候によって予約が必要になることも。
地元のものにこだわり、新鮮な素材で拵えた料理を出してくれるわけですが、いつもお店で使われている煎り胡麻醤油 利休が今回の主役。

湯豆腐、冷やしうどん、蒸し鶏などにも合うということなんですが、ちょっと舐めてみると確かにいろんなものに試して使えば、野菜や肉など素材の味を損なうことなく使えるなというのがわかります。
煎ったゴマの香りが強く醤油との相性のよさが最高で、ちょっと指先につけて舐めてみただけなのに、もっと舐めたいと思いあたりを見渡すと炊飯器に目がいき、ついつい白いご飯にかけ、よくかき混ぜて食べてみたところゴマの風味がよくてこれだけで癖になりそうです。
食べながらパッと思いついたのがこれから紹介する誰でも簡単にできる「丼」です。

 

材料は食べやすいサイズにカットした豚肉200g(赤身が多いお肉)と、煎り胡麻醤油 利休のみ。まず豚肉にひたひたになる程度の量の煎り胡麻醤油 利休をかけ、約20~30分漬けこみます。フライパンで焼き、それを飯の上にのせるだけ。

その味は生姜焼きより美味しい!柔らかな肉にしみ込んだ醤油味、後を引く胡麻はシャレではないけれどゴマカシのない旨さに素直に「美味しい」といえる丼。

火を使うと味が変わるのかと心配でしたが、これなら簡単に作れます。弁当箱にぎっしり詰めたご飯の上にたっぷり盛って今日の昼ご飯にしてもいいんではないでしょうか。

煎り胡麻醤油 利休。素材ひとつひとつのいいとこが活きているから、アレンジを加えればきっと美味絶品のレシピができると思います。
市販のものにはない作り手の心意気も伝わる胡麻醤油 利休。

この一本で旨い!違う!を見つけてほしいです。

 

御注文は、買っちゃって王カートから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.