0

南米ペルーの黄金アイスクリーム「ルクマ」-HIKARI GROUP-

Posted by kanri on 2011年9月12日 in 洋菓子 |

南米ペルーのアイスクリームといえば「ルクマ」なんだそう。このルクマっていったいどんなものなのか、今回はそこから説明しながらレポートしたいと思います。

ルクマはペルーの北部のアンデスの山で収穫されているフルーツで、ペルーやチリ、エクアドルで主に栽培されています。標高1,500m〜3,000mの高地でインカ時代から栽培され、レモンが栽培できるところではルクマも栽培できるんだとか。メープルシロップのような独特の風味で、地元の人たちに大変好まれていて、生で食べることもありますが、むしろ果肉をパウダーにしたものを使い、アイスクリームやケーキなどにすることが主流の果物です。

さて画像でも確認できたと思いますが、このルクマを使ったアイスが通販で購入できます。

㈱HIKARI GROUPさんから送られてきたルクマアイスクリームは、有機栽培で育てられたルクマを使っていて、これまで数多くの一流シェフの舌を魅了し、今ではアメリカやヨーロッパでブレイク中の新しい感覚のアイスなんだそうです。

また今年3月1日~4日に千葉県の幕張メッセ開催されたアジア最大級の食品展示会、「FOODEX JAPAN 2011」でルクマアイスクリームを紹介したところ大好評だったそうで「メープルっぽい、キャラメルのよう、クセになる不思議な味」という評価。

さて多くのみなさんを魅了したこのルクマアイス、いったいどんな味なのか早速食べてみたいと思います。

カップの蓋を開けると栗を連想する色で正に黄金のアイスといった感じ。

では、お口へGO!

あっこ、これはうま~~い。

メープルのようで、キャラメルにも似た深い味。舌に絡みつくこのアイス、一口でスーパーなどの冷凍庫にないものであることがはっきりとわかります。一流シェフも納得する味なのもよくわかりますが、エキサイティングな味に誰もが一発で「惚れて」しまうのではないでしょうか。この新食感のアイスクリームこそ「愛す」に相当するフレーバーで、アイス珈琲の上に浮かべても案外美味しくいただけるかも知れませんね。ペルーの人がうらやましい限り、いつまでもお口で溶けないでほしいと願いたくなるルクマアイスクリームでした。

これは凄い。

 

きっとブレイクするはずです。我々日本人は案外新しいもの好きなところがあるから、一度食べるとなんせキャラメルのようにねっとりと舌に絡んでくるから、癖になること間違いないでしょう。

 

是非注文を!買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.