0

気分はフランス♪UDMさんオススメDUMANGINのシャンパンビネガー&マスタード

Posted by kanri on 2011年7月21日 in お惣菜など |

フランス シャンパーニュ地方にある5代にわたるシャンパンメーカーDUMANGIA(デュマンジャン)。
代々受け継がれてきたひとつの芸術ともいえるDUMANGINの商品は、今後注目すべきフランス北東部の歴史的地域シャンパーニュを代表する最高品質を誇ります。

実は国内にDUMANGIAの商品を輸入販売している唯一のショップがあります。

三重県のUDMの尾崎さんはDUMANGINの商品を輸入していて、今回買っちゃって王では初めてフランスのシャンパーニュ地方の逸品と接触?することに。届いたのはシャンパンのマ-ルを使用した上品質のビネガ-、マスタ-ド(シャンパ-ニュ風味)の2つ。シャンパンビネガーは簡単にいえば「お酢」なんですが、これはフランスでは魚料理によく使われていて、魚との相性のよさは格別のもの。また肉料理やホットドッグに今回お送り下さったマスタードはちょっと粒に違いがあるんだとか。

 

DUMANGINのシャンパンビネガーの香りを確かめると、甘さと酸味、それにシャンパンの風味がしてさっぱり感が漂ってきます。直接舐めてみると、日本の酢との大きな違いは生臭くなくて、清涼感があります。このままソーダ水で割って、蜂蜜を入れて飲んでもきっと美味しいはずです。

 

さてシャンパンビネガーをどう使うか?さっぱりとサラダのドレッシングや、フランス料理のソースに使うという手もありと思ったんですが、酒の友にも使えて、簡単で・・・思い立ったのがイカでした。

「俺流超簡単イカのカルパッチョ」

★用意するもの

カットしたイカ1人前 バージンオリーブオイル・・・大さじ2

ションパンビネガー・・・大さじ1 セロリ・・・みじん切り大さじ1弱

塩、胡椒、レモン汁・・・少々

※お皿は冷蔵庫で冷やしておいた方がいいです。

 

●イカは、刺身用であらかじめ食べやすい大きさにカットしたものが簡単でいいですよ。

●セロリは皮むき器で筋を丁寧に取って、ごく細かいみじん切りにします。

●(ソース)容器にバージンオリーブオイルとシャンパンビネガーを入れ、泡立て器で攪拌します。みじん切りのセロリを入れて混ぜ合わせ塩、胡椒で軽く味つけしレモン汁を加えます。

●よく冷やした皿にイカを並べソースをかけたら、ハイ完成。

 

で、その味はというと。

♪♪♪おいしいじゃ~~~ん。


これは夏向き!さっぱりしていて爽やかなシャンパンビネガーの酸味、オリーブオイルとセロリの香りが噛むほどにイカの旨味とうまく合わさり、いつもと違ったイカの食べ方に満足。実は使ったイカはよくスーパーにあるイカそうめんなんですよ。こだわる方は、魚屋さんに新鮮なイカを食べやすい大きさにカットしてもらってください。もっと美味しいかも?

さて次にマスタ-ド(シャンパ-ニュ風味)これも興味津々。
直接鼻を近づけてみると、普通の市販されているマスタードと違ってシャンパンの甘い香りに、酸味があることが確認できます。少し舐めてみるとこれが凄くて、よくマスタードに入っている粒々があるじゃないですか、それがですねすごいんです。数の子のような感じで少し舐めただけなのにたくさん沢山粒があるんです。インパクト・・・そう、ぜったい国内にはないであろうマスタードの粒が多さから、きっとホットドックも違う感じに捉えられるはず。

ストレートにウインナーに使ってみました。

茹でたウインナーにたっぷりつけて・・・・。
パリッ、そしてシャンパンの香り、粒がお肉と絶妙に合う。ウインナーもマスタードも口で弾ける!辛いマスタードではなくて、程良い酸味とちょいピリ辛で食べながらの感じたことは、肉料理に合う気がします。ソースやタレで食べていて飽きたとき、このマスタードが口直し役になるような気がします。

さてこの二つ、是非お試しいただきたいフランスの逸品です。きっといままでと違う感じで食べるのが楽しくなるはずです。

 

ご注文は買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.