0

ここまで進化!静岡名産の緑茶&みかんを練り込んだ創作ところてん-桜井蒟蒻店-

Posted by kanri on 2011年7月21日 in 調味料 |


いやはや何とも不思議でオリジナル性た~~っぷりのところてんが今回の主役。

お茶の名産地といえば静岡、そしてみかんも有名。その2つ、な、なんとところてんに練り込んだ静岡の香りいっぱいの「創作ところてん」なるものが出現!

 

創業明治32年、受け継いだ製法を頑なに守り、時代や嗜好に合ったコシのあるところてん、歯ごたえのあるこんにゃくが自慢の(有)桜井蒟蒻店さんから届いた「創作ところてん」が今ブレイク中なんです。静岡の名産品のお茶とみかんをペースト状にしてところてんに練り込み、桜井蒟蒻店のこだわりの4つのタレで食べるという今まで見たことも、聞いたこともない新しい提案。
また綺麗なお茶の緑色、みかんのオレンジ色は見た目でも楽しめる。当然地元のいろんなメディアにも取り上げられたりもしましたが、創作ところてんに練り込んだお茶は着香料、着色料、合成化学保存料は一切使用せず、緑茶葉の成分が100%。みかんは厳格なチェックの素、残留農薬をクリアしているので安心。

 

気になるのはその味。

これから食べてみますので、購入のきっかけにして下さるとうれしく思います。

 

★お茶とみかんのところてんと4つのタレでいろんな味が楽しめます★

 

お茶のところてん

最初に食べたのは「黒蜜&きなこのタレ」お茶の香りがほのかに広がって、すっきりした清涼感さえ芽生えてきます。さすがとも言えるお茶処静岡ならではの工夫の逸品。どこか懐かしささえ覚えます。

 

次にわさびドレッシング。

ドレッシングとは・・・この組み合わせは意外。わさびの香りとこのところてんは純和風といった感じで、さっぱりと食べられます。冷たい清水に足をつけて食べたい気分ですね。

 

みかんのところてん

みかんのところてんの最初はみかん蜜のタレから。みかん+みかんの旨味と香りの融合から、爽やかさを覚えずにいられません。皮ごと使っているだけあってみかんの風味がフワッと広がり、ところてんというよりまるでゼリーのようです。

 

最後に三杯酢&ふりかけで食べてみました。

みかんの香り、酢の酸味そしてふりかけという本当に合うの?と思うかもしれませんが、実は実は食感、この味は癖になりそうなくらい。昔駄菓子屋で食べたところてんのようで、子供の頃を思い出させてくれます。

 

さてどうです。桜井蒟蒻店さんの創作ところてんは、優しくて食べやすさも追求したものだと思うんですが、見た目でも楽しめるから、お客様に出してもきっと喜ばれると思います。今までと違う、楽しみながら食べる「創作ところてん」

ご注文は買っちゃって王カートから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.