0

巨峰とうどん麺がうま~く合体しちゃいました!舌品「巨峰おざら」-㈱飯嶋製麺所-

Posted by kanri on 2011年7月19日 in お土産・郷土料理など |


あれとあれを合わせたらこうなる。あれはこの味だからこれとあわせたらこうなるはず・・・。

こんな想像料理が好きな誰もがした経験があると思うし、またこういう想像力が自己成長につながって脳の活性には実によい頭の体操。「予想外」というべきか、はたまた「偶然」というか、今回そんな実に面白くて地域の活性に一躍をかっている商品を紹介します。

山梨県といえば武田信玄、果物の宝庫、富士山・・・。
今回はその果物の中の「巨峰」を練り込んだうどん麺が今回の主役なんです。山梨というと麺は「ほうとう」が有名なんですが、今回お送りいただいた山梨市の㈱飯嶋製麺所さんは麺製造の老舗。製麺の技術と山梨名物の巨峰とのコラボ、舌品(ぜっぴん)「巨峰おざら」は地元でも注目の新しいうどんなんです。

甲州名物ほうとう。そのほうとうに「もうひとつの食べ方」があって、特に夏の暑い日、茹でた麺を冷水で冷し、あったかいつゆで味わう「おざら」という古くからの食べ方。


そのおざらに使われる麺を時間をかけずに茹であがるよう、そして冷たくして食べるとコシがでるように細く打ちあげ、さらに葡萄の名産地牧丘町の巨峰をペースト状にし麺に練り込んだのが「巨峰おざら」です。(作り方レシピ付)袋を開け麺に鼻を近づけ香りを確かめると確かに甘い葡萄の香りがして、そのまま食べるときっと美味しいガムじゃないの?みたいな感覚にとらわれます。

作り方は、沸騰したお湯にお好みで野菜や鶏肉などを入れ、


柔らかくなったらそこにつゆを入れたらつけつゆの出来上がり。
麺はたっぷりの鍋にお湯を沸騰させ、ほぐすように麺を入れ6~7分茹でます。次に麺を冷水で洗い締め、氷水にさらすと一層美味しくなります。食べ方は麺を肉や野菜などの入ったつゆにつけてツルツルといただきます。

では、いざ実食!

この麺の色すごいです。

綺麗な紫色の麺をつゆにつけてっと。

ズッズズズズズ~

うま~~~いっ。

 

コシの強い冷たい麺と暖かいつゆが妙に合う。
一噛み、二噛み目でフ~ッと葡萄の香りが鼻を抜け、飲み込むまで暫く葡萄の余韻が残ります。ここでだれもが「不思議な麺」と思うはずです。まるで葡萄畑にいるような、ワイン工場に見学にいったときのような甘くフルーティな香りに魅了されてしまいます。しかし麺は決して甘くないですよ!
葡萄だからといって甘いと子供のおやつになってしまいますから。

 

これは新しい感覚のうどんです。
さぬきでもないし、買っちゃって王のスタッフは大分県にいますが、大分名物の「やせうま」という麺はやはり平たいんですね。でもここまで細くなくてコシも強くない。もしかするとこの麺、短く切って油で揚げて、かりん糖やいもけんぴみたいに甘くお菓子にすれば葡萄の香りがするもっと美味しい発見かも?と勝手に思ってしまいました。

 

さてさて紫色をした舌品うどん「巨峰おざら」はとってもシンプルで、これから期待できる新感覚の麺。これが地元特産の巨峰と実にうま~く調合され、香り高い麺に仕上がっています。

舌品(ぜっぴん)うどん“巨峰おざら”
1箱3食入り(スープ付き)
1,500円(税込・送料別)

㈱飯嶋製麺所
山梨県山梨市北462
電話0553-22-0643
FAX:0553-23-1988

 

買っちゃって王のカートからも購入ができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.