0

丁寧な仕事が食べながらにわかります。加賀伝統の美味しさ「焼きいなり」-加賀 守岡屋-

Posted by kanri on 2011年7月19日 in お惣菜など |

みなさんご存じの「いなり」。一般的には甘い揚げにご飯を詰め込んだものですが、それぞれの家庭の味で、椎茸や人参などといった具を入れたものまであったりで運動会などで食べたこともあるはずです。

今回紹介するのはちょっとその辺にはないおそらく初めて見た、聞いたという方が多いであろう「焼きいなり」という丁寧に手作りで作られた素材、製法にこだわったものです。


お送りいただいたのは、石川県加賀市の加賀守岡屋さんから。
焼きいなりとはどんないなりかというと、その名の通り油あげに焼き目がついています。この食感がパリッとしていて普通食べるいなりと違い、油あげも厚めのもの。この油あげなんですがこの焼きいなり専用に作っているもので、堅豆腐で有名な山下ミツ商店さん製造のもの。
これまでいなり寿司用の皮は作られておらず、「どこにもない、美味しいいなり寿司を」という熱意から、特別に作っていただけることに。国産大豆、天然にがり、霊峰白山の名水を原料に、寿司飯と馴染みやすいよう内側を粗いスポンジ状にし、様々な工夫を凝らした大豆の香りが広がる大きな油揚げが完成したのです。

次に中身の具。これもどれもがこだわっていて、米は北陸で獲れたコシヒカリ100%、酢は地下120メートルから汲み上げた白山系の水を使い、寒仕込み清酒を醸造した酢。低農薬で作られた密度の高い加賀れんこん。だしに使われる醤油は長野県産の大豆と小麦に長崎産の塩で仕込み、じっくりと熟成させた塩分を抑えた本醸造濃い口醤油。

素材や製法にこだわった焼きいなり、その食べ方は写真で確認できますが、袋のままレンジで温めるか、袋から出してお皿に載せてラップをかけずレンジで温めるだけ。

 

果たしてその味はいかに。

 

(ちらし)


パリッとしたあげは本当に厚い。こんな油揚げに遭遇したのは初めてのことで、こんがりと焦げたあげの大豆の香りが食欲を余計にそそります。油濃くなくさっぱり、ご飯とモチモチのれんこんの具の味もあっさりなんですが、でっかい油揚げのボリュームが美味しいご飯と具をかき消すほどで、あげのインパクトは相当に強烈。


油揚げの好きな方なら間違いなくハマルでしょう。普通の油揚げの倍以上の厚み、こんがりと香ばしくいつまでも口の中にいてほしくなります。

 

(鶏ごぼう)

これもさっぱり。鶏の旨みと牛蒡の香りがこの厚いあげにピッタリ。素朴で懐かしいこの焼きいなり、年代関係なく喜ばれる気がします。素材がいいとここまで美味しくなる、その通りだと思います。

油揚げがご飯を覆いかぶせ、それをパクリッとひと噛み!むしゃむしゃと噛むほどに残さず一気にもっと食べたくなります。

さすがに美味しい。初めて味わう食感は作り手が丁寧に作っているからなのでしょう、こんがり大きい油揚げはいつまでも脳裏から離れようとしません。時に懐かしく、シンプルなのにそうさせない、素材の一つ一つがじっくり味わえる焼きいなりでした。

贈り物にも最適!

ご注文は買っちゃって王から。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.