0

香り豊かな米粉100%食パン 工房レガール

Posted by kanri on 2010年10月13日 in パン |

モッチモチ!

香り豊かな米粉100%食パン 工房レガール


今回お送りいただいたのはこれまでにないめちゃくちゃモチモチの米粉食パンです。
100%米粉で作られていてとってもしっとり!
工房レガールのオーナー野口さんによれば福島県郡山女子大教授農学博士庄司一郎先生監修のもと考案された小麦アレルギー対応パンなんだとか。確かにアレルギーで何でも食べられない子供さんや大人までも年々増えていますよね。
小麦が食べられないということはほとんどのパンがダメってことだから、工房レガールさんの米粉100%のパンなら全然OKじゃないでしょうか。


そもそもなぜ米粉で作られたパンなのか?というと小麦アレルギーで受け付けられないというケースもなんだけど、今から2年前(2008年)穀物価格の高騰により、従来の小麦粉を用いたパンでは製造コストがかさみ、海外から輸入される小麦の消費に相対するように国内で収穫されたコメは消費が低迷、小麦の消費圧縮、コメの消費拡大策が求められるようになったんです。
簡単に説明するとお米がこのままだと全国的に余るということですね。朝ご飯を食べない、米より麺、またファーストフードがご飯代わりという傾向が近年当たり前のように。日本人特有の食文化を受け継いできてはいるものの、欧米化の影響もあって確かに主食の米は少なくなっています。
でも、その米をパンにすることでいままでにない味と食感が米の価値を変えようとしているのも事実です。
米粉のパンは小麦と違い「腹持ち」がとってもよく食感も小麦で作られたパンよりもしっとりしています。
今小学校や中学校の学校給食もまだ一部ですが米粉のパンを献立に入れた学校もあるんだとか。

ではさっそく工房レガールさんの愛情こめて作った

米粉食パンをトーストしてみましょう。

手で持つと通常の食パンより

ズシッと重いのがわかります。

あっそうそうオーナー野口さんによればカットするときに上からではなくパンの下部から持ち上げるように切ったほうがきれいに切れるそうですよ。
それに米でできた食パンならではなんですが、シーチキン+マヨネーズに醤油、刻み海苔+一味唐辛子+とろけるチーズ+醤油またはケチャップ、明太マヨネーズなどおかず系のものをのせてチンしても美味しいそう。要はご飯の代わりに十分匹敵するってことです。

チ~ン。

ん~なんていい香り。

まず何もつけずサクッ・・・

これは美味しい♪

トーストをしたのに、すごくしっとり・・・。

芳醇な香りが口いっぱいに広がって後味さっぱり。
だから食べやすいし米粉だからご飯の代わりにもなるなぁっていうのが食べながら感じとることもできます。
小麦ではないことがはっきりとわかるんですが、何かのっけて食べるのであれば先に書いたようにおかず系のものがぴったり♪

私はマーガリンを塗ってみましたがパンの香りのほうが強いのでどちらかというとのせるのであればシーチキンマヨネーズやスクランブルエッグか?
このパンやはり「新たなご飯の代わり」というべきシンプルなんだけど奥も深い米粉パンです。

原材料:米粉(県内産こしひかり)、菜種油、上白糖、 海塩、セルロース、増粘多糖類(グァーガム)

さてこのパン、「手作り」が故に多く焼けません。
ですから前もっての予約がいいと思います。

ご注文は買っちゃって王カートからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.