0

~くらとも~どうせなら違いのわかるお米を選びませんか。しかも「安全なお米」を。

Posted by kanri on 2009年4月21日 in お米, 山の幸(農産物など) |

お米の美味しい産地って沢山ありますよね。

私はお米を選ぶ「こだわり」があって種類と一番大切なのは混じりけのない生産者がわかるお米だけを選んで購入しています。

さて今回は山口県有機農産物認証推進協会認定のお米を生産する山口県美祢市秋芳町にある

㈱倉友さん。
観光地でも有名な秋吉台にあってその山すその田んぼで収穫したお米を製造・販売しています。
品種は

コシヒカリ(無農薬・無化学肥料 エコやまぐち100)

イセヒカリ(特別栽培米 エコやまぐち50)

ヒノヒカリ (特別栽培米 エコやまぐち50)

の3つ。

 左から「こしひかり」、「いせひかり」、「ひのひかり」のひかり3兄弟(姉妹?)

「エコ100」は生産過程において化学農薬と化学肥料を一切使用していない農作物に貼られる認証。
「エコ50」は生産過程において、通常の栽培法式に比べ化学農薬と化学肥料の使用量を50%以上減らしたお米のことなんです。

以前山口の萩へ旅行にいった際、帰り道に美祢市を通ったことがあって確かに山の中でこの感じだと昼夜の寒暖差もあって水もいいはずだからきっと美味しいお米ができるはずと車を運転しながらそう思っていたんです。

その地域のお米!しかも安全性も高い!早速食べてみました。

 

■コシヒカリ

ズバリ旨いでしょう!コシ、弾力、旨味は最高級です。

ふんわかな豊かな香りは食欲をそそります。

冷めてからおにぎりにしましたがなんとなく懐かしくて

美味しい米って噛むほどにうまいのがよ~くわかります。

 こしひかりは、冷めておにぎりにしても格別!

■イセヒカリ

炊き上がりの粒がはっきりしていて味は芳醇というべきかな。

これは冷ましてチャーハンにピッタリ

きっと米がフライパンで踊ること間違いなし。

あとお粥にも合うとオーナーから聞いてますよ。(カレーにもいいよ)

 いせひかり、今回はカレーにかけましたが、ひと手間かけた料理向き・・かな?

■ヒノヒカリ

実は私共のいる九州にもっとも多い品種。

食べなれていたので同じ食感かなっと思っていたんですが「甘い」んです!

やはり寒暖差からなんでしょう、しっかりした米粒がまるでコシヒカリにも似た

できのいいお米ってことがわかります。

痛感したんですが、産地によってお米ってこんなに違うんですね。

九州も産地の一つであるひのひかり、同じ銘柄でも育つ土地でこうも違うのかっ!
 
みなさん、安心・安全ってよくいいますが何が本当何が偽りなんでしょうね。

人それぞれだけど将来、お米大国日本は美味しいのは当たり前、その次に来る「安全」というキーワードを身を持って一人一人が理解する時が来ると私は思います。

そんなときにぜひ思い出してください田んぼの、稲穂のある風景を。

懐かしい風景をl思い返してください

 

倉友さんは皆さんの健康を心から願っている純粋な農家さんです。

倉友さんの心のこもったお米です

是非お気軽にお問い合わせしてください。


無農薬栽培のくらともさんのHPはコチラ
買っちゃって王のページはコチラ


タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.