0

ご飯のお供やお酒のお供に ピッタリな逸品を食卓に。

Posted by kanri on 2017年12月12日 in その他 |

今回、ご紹介するのは佐賀県にある珍味粕漬 北島有限会社の粕漬と佃煮をご紹介いたします。

kitajima1
珍味粕漬 北島有限会社は沢山の商品の数を取り揃えておりますが今回はその中でもおススメの商品をレポート致します。

まずは、北島の看板商品ともいえる「ししゃもきくらげ」です。

kitajima4
kitajima3
このししゃもきくらげは食べる前から確信しておりました。
絶対にご飯に合うと・・・。
まずは、一口食べてメチャクチャ美味しい!!我慢できずにすぐご飯をついできてご飯と一緒に食べるとししゃもの卵のプチプチ感ときくらげのコリコリとした食感がたまりません。その上で、しっかりとした味付けがしてありご飯が進みます。うちには、三人の子供がおり、子供達も興味津々で横から手が出てきます。

食べさせると笑顔になり母親にご飯頂戴と催促しておりました。少しづつ食べれば4日は持つかなと思っておりましたが2日で無くなってしまいました。無くなるとすぐに次は、いつ来る?と言われております。子供から大人まで飽きのこない味付けで家族全員から大好評の逸品でした。

 

次に、梅きくらげの紹介です。

kitajima2

きくらげをクラゲの仲間だと思っている方も多いそうですが、きのこ類の一種で、中華料理には欠かせない食材です。日本では豚骨ラーメンの具としておなじみですね。

最初はお風呂上がりのビールのアテにしたところこの梅味のシソの風味と味付けが割と薄目だったので思いのほか進みました。ごはんにもよく合い嫁は進んで食べてました。
梅味は飽きの来ない箸の進む食感と味わいでした。

 

次に、貝柱の粕漬の紹介です。

kitajima5
お酒の粕に漬け込んであるので蓋を開けるとやはりお酒の臭いが凄く良い。
まずは、粕を付けたままの貝柱を一口食べてみる。口の中にフワッとお酒の香りが広がり貝柱を噛むと程よい食感で堪らない。お酒のペースが早くなった。
次に、酒粕を水で洗い流し、貝柱だけを食べてみた。先程とはやはりいかないが口の中に風味が広がりさっきはわからなかったが貝柱にもしっかり味が染み込んでいてこれまた酒が進んでしまいました。
どちらも捨てがたいが個人的にはそのままの方が好きではあったのですが嫁は酒粕を洗い流した方が酒粕の風味と貝柱の食感が絶妙なバランスで良いといっておりました。

他にも、ココではご紹介していないですが美味しい商品がございますので気楽にお問合せしてください。

お買い求めは、買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2018 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.