0

ウマウマ♪♪岐阜県の郷土料理「鶏(けい)ちゃん」のフランクフルト -鶏(けい)ちゃんカンパニー- 岐阜県郡上市

Posted by kanri on 2017年10月30日 in その他 |

私が初めて鶏(けい)ちゃんを知ったのは今から10年近く前。ある焼肉店のオーナーから送られてきたのが初めての出会いでした。味噌や醤油に付け込んだ鶏肉をキャベツなどで焼いて食べる「鶏ちゃん焼き」。北の北海道がジンギスカンなら日本の真ん中は「鶏ちゃん」だわ!ってくらいインパクトがあって、ビール片手にジュワ~~と焼いて食べた鶏ちゃんを思い出します。

ある日秘密のケンミンShowで「岐阜で生まれたけいちゃんが、名古屋でブレイク」なんてのを聞いて「そういえば鶏ちゃん食べたなぁ、また機会があれば食べてみたい」っという思いを頭の片隅にインプットし暫くしたとき今度は「鶏ちゃんフランク」!これは食べてみたい!

keichan_1

「鶏ちゃん」は、卵を産まなくなったニワトリを里山の貴重なタンパク源として調理して食べたのが始まりらしく、身近な食材を調味料で手軽に調理できることから飛騨地方、高山近郊から広がったそうです。山里離れた岐阜県の麓で鶏肉を味噌や醤油ベースのタレなどに漬け込み、キャベツや玉ねぎ、季節の野菜と炒めて食べる里山ならではの料理こそ「鶏ちゃん」。それをなんと違った方法で製造したけいちゃんカンパニーの「鶏ちゃんフランク」が徐々に浸透しつつあるようです。

keichan_2

あの鶏ちゃんをフランクフルトに。これはよく思いついたものです。けいちゃんカンパニーでは、鶏ちゃんフランクの販売もしていますが、ホットドッグにした鶏ちゃんドッグ(商標登録)として地元で販売しています。そこに挟まれた鶏ちゃんフランクが今回の主役なんですが、焼いてお好みでマヨネーズや辛味噌を付けて食べたり、居酒屋のメニューになっているそうです。

keichan_3

早速焼いて食べてみましたが、とても鶏肉と思えないというのが正直なところ。噛んだ瞬間、肉の脂がジュンッ。そして少し味噌の風味が漂い、飲み込む寸前はさっぱり。肉の旨みは十分に感じ取れますが、やはり豚肉と違って重さがない分食べやすいです。これにマヨネーズ!そりゃうまいでしょ♪ビール、ほしい!

keichan_4

うまかっちゃんの焼飯の素で「チャーハン」を作りました

実は我が家ではチャーハンを作るとき、シャウエッセンを大きめにカットして肉の代わりに使うんですが、今回はシャウエッセンではなく鶏ちゃんフランクで作ってみたいと思います。

keichan_5

さらにいつもですと独自の味付けにしてしまうところ九州のインスタントとんこつラーメンの王道「うまかっちゃん(ハウス食品)」のうまかっちゃん焼飯の素を使ってみました。

keichan_6

熱したおフライパンに卵を混ぜながら、そこへカットした鶏ちゃんフランクをIN。

旨みを含んだ脂が染み出したところへ白いご飯。よく混ぜたらうまかっちゃん焼飯の素を入れ、ご飯がパラパラになったら完成。

keichan_7

大き目にカットした鶏ちゃんフランクはとてもインパクトが強いです。その味は「うん、うまいっ」九州とんこつの味に、鶏ちゃんフランクの肉の味が互いにうまさを引き合わせてくれて美味しいですね。

 

郷土の美味しさを皆様へ。鶏ちゃんフランクは新たなおかずとして、お酒の相手としてその存在は結構上位に近いと思います。

 

ご注文は買っちゃって王カートから。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.