0

ピリッと美味しく、毎日使いたい白山なんば味噌「シラミネーゼ」-石川県白山市-

Posted by kanri on 2017年10月10日 in お土産・郷土料理など, 調味料 |

今回紹介するのは、石川県白山市のピリッとした唐辛子の辛味が何とも特徴的な『シラミネーゼ』。キュウリや野菜につけて食べると“もう止まらない”のだとか。試食する前に、この『シラミネーゼ』という名前はいったいどんな意味で、どんな商品なのか、だれが作ったのかをこれから紹介したいと思います。

 

shiramineze_1

 

『シラミネーゼ』とは、石川県白山市白峰または近隣エリアに居住する“自然、農業、美味しいものを愛し、生き生きと暮らす女性”のことで、今回お送り下さったのはその白山の麓で商品と同じネーミングのシラミネーゼ代表の山下さんです。山下さんは白山地域の気候に合わせてワサビや野菜を栽培している農家さんなんですが、ここ最近『シラミネーゼ』と称して新たに『白山なんば味噌』を商品化しました。『白山なんば』はこの地方で“まぼろしの唐辛子”と言われ、明治以前から栽培されていた伝統野菜のひとつ。それを家庭で簡単に楽しめるよう、野菜などに付けて食べる味噌にしたのが『シラミネーゼ』。

shiramineze_2

 

今、生産農家の高齢化等から生産量が減少している中、新たな担い手として地域からの期待がかかっています。山下さんは地域を大切にしながらビジネスを成功させ、自分の理念を実現し、お客様に提供するという強い意志を持って地域活性化の新たな取組みを進めているそうです。

 

さてそんな意志、意欲がたっぷり含まれた『シラミネーゼ』をさっそく試してみたいと思います。

shiramineze_3

 

 

まずはダイレクトに、そのままちょびっと・・・いやぁうま~い♪ふんわり味噌味の中に時折粒が歯に当たるんですが、それがまぼろしの唐辛子『白山なんば』のようです。歯で細かく砕くようにすると一気に辛味がでてくるのですが、これがまたピリリッと余計に食欲を増してきます。キュウリにつけてみたんですが、これ「最高」です!

 

shiramineze_4

 

キュウリの水分と『シラミネーゼ』が口の中で合わさるとウマ辛のハーモニーが瞬時に現れ、飲み込んでもその辛さの余韻が残り、完全に消えるまで時間がかかります。それから、お取り寄せをしたらぜひマヨネーズと合わせてみてください。かなりの美味しさに化けるはずです。またそのまま熱いご飯の上にのせても、おかずなしでけっこうイケると思いますよ。

 

夏は畑、冬は機織り。雪深い白峰の伝統が息づく中で『シラミネーゼ』は作られています。どうでしょう、田舎の味をあなたの自宅で味わうのも、なかなかいいものですよ。

 

ご注文は買っちゃって王カートから。

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.