THIS IS AMERICAN RICE ! 注目のカルローズ米 –スカイファーム- 岡山県岡山市

日本のお米は世界一と言われます。ふかふかで柔らかく、自然の甘味はどの国の方が食べても美味しいといいます。では日本以外の他の国のお米ってどうなんでしょうか?お米が主食という国もあるわけですが、今回紹介するのは買っちゃって王初「アメリカ」のお米で「カルローズ(原産地:カルフォルニア)」。どうやらそのまま炊飯して食べるよりも、日本と違った使い方のようです。

skaifa01

といいますが、お米はお米。まずはそのまま炊飯して食べてみました。カルローズはべたつかず、軽い食感で、香りや味を吸収しやすいのが特徴。短粒種に比べ、長くて大きい粒のジャポニカ系(稲の栽培種・寒冷な気候に強い)の品種です。

炊き方は軽くお米の表面を洗い流す程度で、浸水せずそのまま普通に炊飯(早炊き)します。

skaifa02

カルローズのそのまんまの味は・・・・香りはほとんどしません。普通炊飯中のお釜からの湯気で匂いが漂うんですが、それが殆どないです。口に入れると固いんですが、割と軽やか。そうですね、アルデンテ(歯ごたえが残る)というべきですか、噛んでも甘味がでてこないですから、これは料理に使う方が断然あってます。

skaifa03

いの一番に思い立ったのはカレー、丼もの、チャーハンにも・・・・。購入したらぜひ試してみてほしいんですが、せっかくスカイファームさんからお送りくださったわけですから、カルローズを使ってメインとして、しかも簡単にできるものはないのか模索してみました。

 

それが「カレーリゾット」です。

用意するもの

カルローズ生米1/2カップ、合挽肉40g、玉ねぎ(1cm角切)、
生しいたけ20g、しめじ1/5パック、カレー粉小さじ2、
バージンオリーブオイル大さじ1、
コンソメスープ2/2カップ(固形コンソメ1個を水2.2カップで溶いたもの)、
塩小さじ1/2

フライパンにオリーブオイルを入れ、玉ねぎ、合挽肉、きのこ類を炒め、カレー粉を入れ香りがでたらカルローズに熱が通るまで焦がさないよう炒めます。

コンソメスープを温め、半分(後ほど半分使う)フライパンへ入れ沸騰したら弱火にし、約12~15分煮る。※アルデンテになればOKナノデ時々確認しながら調理を行って下さい。

skaifa04

ここで、水分が足らないときに残りのコンソメスープを入れます。

塩を入れて味を整えたら完成です。お皿に盛って出来上がり♪

フライパンひとつでできますから、簡単でしょ。

skaifa05

カレーのいい香りが部屋中に立ち込めます。子供でもいればひとりで食べてずる~いなんて言われるかもしれませんね。ではスプーンからお口へ「うまいっ」さっき食べた白米のカルローズがこれだけ変化するなんて。

skaifa06

若干芯が残った状態、フライパンで水分を飛ばしながら煮込んでいる分、カルローズ一粒一粒にしみ込んだスープやカレーの味わいが、。おまけに歯ごたえもよくて、飲み込む前に芯のある米粒を歯で噛み、楽しんでから喉の奥に通すという繰り返し。食べ終わるまでスプーンは休むことは決してありませんでした。

 

スカイファームさんでは地元岡山で収穫されるお米も扱っていますが、今回のように違った角度から「お米」を見てみる、食べてみるのも面白くてこれからのライス文化を世界観で見るのも大切なのかもしれませんね。
アメリカのお米を使いたい、料理に活かしたい、お店で提供してみたいなんて方がいらっしゃったら、ぜひ買っちゃって王へご注文を。

買っちゃって王サイトで購入。

 

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。