0

楊貴妃も食べていた?!白いきくらげを毎日の食生活に!-農業法人㈱アスカグリーンファームの「明日香きくらげ」- 奈良県五条市

Posted by kanri on 2017年1月16日 in 山の幸(農産物など), 自然食品 |

「きくらげ」

そうですあのきくらげ。ラーメンや中華料理に入っている黒くてコリコリ食感のものなんですが、実は国内で消費されている殆どが中国産って知ってます?昆布の一種と思っている方も多いと思いますが、実はきくらげは大変栄養価が高く、美味しいきのこなんです。そのきくらげ、なんと奈良県の企業が自社生産、自社販売をして加工品まで作っているんです。またこれぞ稀少中の稀少、あの楊貴妃も好んで食べていたという「白いきくらげ」もある!!

asuga001

お送りくださったのは奈良県五条市の農業法人㈱アスカグリーンファームさんから。きくらげの栄養価に着目し、国内生産が極めて少ないことや奈良県を代表するもののひとつとして広げたいという思いから「無農薬」にこだわり、品質の高いきくらげ「明日香きくらげ」を生産しています。きくらげの栽培は温度と湿度を一定に保つ必要があり、アスカグリーンファームさんでは一年を通じて栽培可能な周年ハウスを近畿地方で初めて導入し、さらに2棟目、3棟目のハウスも建設中(平成28年4月現在)。大型の乾燥機や急速冷凍をさせるプロトン凍結機など最新鋭の機材を設置し、鮮度をキープした状態で安定したきくらげの供給が可能なんだそうです。

asuga002

明日香きくらげはオガクズなどを利用した菌床で栽培しています。もちろん菌から培地となるオガクズまですべて国産。栽培するハウスでは日光をほぼ当てず、湿度70~90%という息苦しささえ感じ、真っ暗な中で懐中電灯を照らし慎重に作業をしています。次々に菌床から育つきくらげを丁寧に採り、洗い、固い石づちの部分をカット。そしてボイルし瞬間冷凍されます。明日香きくらげはすべて人の手によって安全な管理体制のもとで生産されているわけです。

 

白いきくらげには骨の形成や成長に重要なカルシウムの吸収に深く関わっているビタミンDが豊富!白いきくらげにも黒いきくらげにも腸内環境を整えたり、デトックス効果があるとされる不溶性食物繊維、カルシウムが多く含まれています。ではなぜ楊貴妃が「白いきくらげ」を好んで食べていたかという説についてですが、黒いきくらげよりも薬効があるといわれ、お肌を潤し、老化を防ぎ、滋養強壮にもいいとされるまさに女性に最適な成分が豊富だからだそうです。お肌に潤いと弾力を与え、しわやたるみにも効果抜群らしいですよ。

 

さて白いきくらげ、どうやって食べようか迷ったのですが「スープ」にしてみました。

 

asuga003

材料:白きくらげ5g、卵1個、味噌小さじ1弱、酒粕小さじ1弱、チキンスープ1、水250cc、豆乳50cc

冷凍状態きくらげは沸騰したお湯に入れ落し蓋(キッチンペーパーでOK)をしたら30

秒。よくお湯を切り冷水でしめます。

 

作り方

食べやすいサイズにカットし、水にきくらげをいれ沸騰したらチキンスープをいれます。

次に味噌と酒粕を溶かし、溶いた卵をスープに入れ卵が固まったら完成です。※味が薄いと感じたら味噌ではなく、中華スープの素などを入れた方が整いやすいです。

asuga004

その味は・・・・プルン♪♪プルルンのきくらげ。シャクシャクと簡単に噛み切れるほどで、ナタデココを柔らかく感じと思っていいですかね。

asuga005

スープの味は酒粕が入っているからなんでしょうけど、まろやかできくらげとの相性も抜群。美容にいいものを気軽に食べてるって感じです。体によくて、優しいものを自分で作れるっていう満足感に浸りながら食べてしまいました。

 

次は黒いきくらげ

asuga006

豚肉と野菜で「卵炒め」を作ってみました。

材料は解凍した生きくらげと豚肉、キャベツ、ネギ、溶いた卵(2個)。炒めて塩・胡椒で味を調え、中華スープの素、ごま油を加え、最後に卵を回し入れば完成。引き立て役としてお皿に移す直前にお醤油を少し入れると更に美味しくなります。

asuga007

その味は・・・・・

瞬間柔らかいのに、シャキシャキッとしたきくらげの歯ごたえが気持ちよくて、豚肉の旨みと相まってビールがほしくなります。

asuga008

おかずでもいいですし、材料さえあれば簡単にできますが、忘れてはいけないのが生の黒きくらげ!これ絶対です。肉でも野菜でもないのに何故か美味しい材料の引き立て役に変身します。

 

「佃煮&甘酢漬」

asuga009

「コラーゲンたっぷり!食べる美容サプリ」と書いている白いきくらげの甘酢漬から食べてみました。

asuga010

開封し小皿に載せると見た目イカそうめんのよう。透明なきくらげの味は優しい甘酸っぱさで、歯ごたえはシャクッ!とてもいい感じで喉を過ぎていきます。

 

次に白いきくらげの佃煮

asuga011

これは“オンザライス”!甘さ控えめ、癖がない分何かと一緒に食べたくなるんです。

asuga012

プルンプルンのきくらげが佃煮になってるなんて不思議。けど、味は勿論「美味しい」です!

asuga013-225x300

最後に黒いきくらげの佃煮には食べる漢方と書いていて、どうやら「辛い」ようです。

 

プルプル食感にちょうどお酒に合う辛さ。つまみにすべし!!

asuga014

ビールや焼酎のアテとしてもいいんですが、卵焼きに巻いても美味しいかもしれません。

 

 

 

「きくらげは国産」

その位置で正しい!その位置じゃないといけないと思います。そこにはこだわりがあり、安心・安全そして美味が存在します。そして美容、健康に役に立つとくればあとはご自身で確かめてみてはいかがでしょうか。

 

お買いものは、買っちゃって王カートから

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.