アーカイブ : 2015年 11月

粘りと抜群のうまさ。あの黒豆を贅沢な納豆に!「丹波黒豆納豆」-サン食品工業㈱- 秋田県大仙市

全国のスーパーの冷蔵コーナーに必ずある「納豆」。

箸で納豆をかき混ぜるとみるみるうちに白い糸状のネバネバがでてきて、そこへタレまたは醤油を少々。
熱々のご飯の上へ乗っけて・・・。毎朝、いやいや食事のときに必ずなんていうご家庭も多いのでは?

納豆の香り、大豆の旨みって美味しいですよね♪納豆には体にいい成分が実に豊富!しかも美容にもよくて納豆を食べると「色白美人」なんていうくらいで、納豆に含まれるビタミンB2は肌や粘膜を守る働きがあって、毎日食べつづけると肌が白く滑らかになるなんていわれていたり、リノール酸などの不飽和脂肪酸が,血管中のコレステロールを洗い流し,納豆タンパクが心臓や血管の筋肉をしなやかにしてくれる作用がありますから、血管を丈夫にしてくれるそう。またお酒を飲むときに納豆を食べると悪酔いしないそうですよ。

sannsyoku001さて今日紹介する納豆はなんとあの丹波の黒豆を使った贅沢な納豆!お送りくださったのは秋田県大仙市にある地元では大保納豆本舗という屋号で親しまれるサン食品工業㈱さんから。ちょっと大きめな京都産丹波の大粒な黒豆を使い、やわらかく納豆の豊かな風味が楽しめるんだそう。
あの漆黒の丹波種ですから豆の香りも十分堪能できるのは間違いないはずです。こだわりが生んだ丹波黒豆納豆。この納豆完成に到達するには当然技術継承があって当たり前。そこでサン食品工業さんの歴史にも少し触れておきたいと思います。
先に紹介した大保納豆。その由来は日本最初糸引き納豆仕込みの地出羽の国仙北郡藤木村大保四十二館 一条天皇寛治元年八幡太郎源義家公、後三年合戦先陣の砌、藤木村大保の四十二館に本陣を敷き、秋冬の戦のため馬糧として土地の農民に煮大豆の供出を命じたのが起源。
急ぎ煮大豆を藁苞に仕込み俵に入れ供出し、係の兵は馬の背につけて金沢の合戦場に運び込み、陣所の納屋に数日積み重ねて置きました。そうした処薫香を発し大豆に粘りが出ており、試食すると独特の風味があって中々の美味。膳部の兵が義家公の食前に献上致したところ、その美味しさに驚き、将兵一同に之を分け与えたそうです。

sannsyoku002これこそが日本最初の糸引き納豆仕込みの地(大保納豆)、金沢村が糸引き納豆発祥の地と伝えられており、先人の技術を受け継がれたその味わいは今もなお親しまれています。

さて丹波黒豆納豆

きっとじっくり熟成させた旨み凝縮の納豆なのはわかりますが、その味を確かめてみたいと思います。開封すると確かに黒くて大きく、まるで大きめな甘納豆のよう。

sannsyoku003豆の周りにあの独特なネバネバが即確認できるんですが、気なったのはその香り。鼻を近づけてみると「あれれ、匂わない」そうなんです、あの納豆特有の匂いが殆どしません。見た目とは裏腹でこの時点で進化した納豆!という感じでしょうか。

sannsyoku004普通は5,6粒箸でつまんでという感じですが、一粒つまんで口に運ぶと・・・・フワッフワ、なめらか。これは納豆なのか?そう感じるのはおそらく私だけじゃないと思います。
癖がないのに豆の風味が際立ち、即一目惚れ。普通の納豆にはない穏やかで、やさしいさに包まれる不思議な味にぞっこんです。当然ご飯もすすみますが、この納豆を食べたらいつもの倍食べてしまいそうです。

 

次に食べたのは

「たまふくら」

sannsyoku005おそらくこの名前を聞いてわかる方はほとんどいないかもしれません。たまふくらは北海道で生まれたまだ新しい品種の大豆です。2つの品種を併せ持ち、母親が京都の「丹波黒大豆(新丹波黒)」で、父親が北海道の「ツルムスメ」。

sannsyoku006写真でわかるようにこの納豆も実に大きい!その味は「ふくよかでまったり」。これぞ納豆という、あの納豆の豊かな風味がするわけですが、粒が大きいので茶碗より丼の白いご飯に合いそうな雰囲気。
そうですね、お相撲さんが食べるとちょうどいいサイズなのかもしれません。やわらかくで食べやすく、食べ応えNO.1!!これも美味しいですよ。ネバネバ大好きな方、ぜひ食べてみてください。お近くのスーパーにはない味わいのある優しい味わいはきっと離したくなくなりますよ。

お買い求めは、買っちゃって王カートから。

 

ココナッツオイルも選ばれる時代!?USDA認定のオーガニック「KSオーガニック低温抽出ココナッツオイル」-The Flying Pig.Com- 福岡県糟屋郡久山町

「ココナッツオイル」

いろんなメディアでその効果や効能を紹介していて、ココナッツオイルの売れ行きがグ~~ンと伸び、デパートや海外商品を扱うお店では売り切れが相次いだことがありました。
塗ってよし、食べてよしの万能的要素たっぷりのココナッツオイル。モデルが愛用し、美容やダイエット・老化防止効果が高く、今やその売れ行きは小康状態にありますが、使い方が豊富なことから今でも普通に販売されています。

fps01

ブレイク当時はココナッツオイルを試してみたいのか、とにかく買う!爆買にほぼ近い状態でしたが、最近いよいよ質やメーカーにこだわった“良質”ばココナッツオイルを探し求めている皆さんもいらっしゃるようです。そう「品質のいいココナッツオイル」しかもお安くてお得なココナッツオイルを買っちゃって王初のレポートも購入の参考にぜひしてほしいと思います。
万能的使い道があるココナッツオイル。ではなぜ厳選した食の王道「買っちゃって王」にも登場したのかといいますと「オイルだから!」です。要するに健康+料理という接点もアリなんですがココナッツオイルは「うがい」に使われるほどで、いろんな料理のレシピにもその使い方が紹介。ということで今回福岡県のThe Flying Pig.Comさんからお送り下さいましたKSオーガニック低温抽出ココナッツオイルを紹介したいと思います。(もちろん料理にですけど)

 

KSオーガニック低温抽出ココナッツオイルは

USDA認定のオーガニック製品で低温抽出と品質も高品質!

しかも1.3kgの大容量!使っている方は・・・

◆量が多いので 食用のほかアトピー用保湿オイルに使っています。
◆コーヒーに入れ、フレーバーコーヒーとして愛飲。
◆エゴマオイルや亜麻仁オイルと違い、熱に強いので油の代わりなどいろんな料理に使えます。

などなどこれを見てもいろんな使い道があることがわかりますよね。

 

買っちゃって王らしく簡単♪食べたい♪そして健康!にいい食材「サツマイモ」でいっちょ作ってみましょう。これ、マジで簡単なのでぜひ♪そうそう、ココナッツオイルの甘い香り、これもとっても感動的です。

fps02

秋~寒い冬にお勧めなサツマイモ。

KSオーガニック低温抽出ココナッツオイルを使って「オイル揚げ」を作ってみたいと思います。
材料(レンジの機種などで加熱時間が異なる場合があります)
やや大きめのサツマイモ1/2本
ココナッツオイル大さじ2
蜂蜜大さじ2
生姜スライス1枚
水大さじ1

作り方

サツマイモをサイコロ状にカットし、レンジで約2分加熱します。(フライパンで加熱してもいいのですが、早くやわらかくなります)

fps03

ココナッツオイルとスライスした生姜をフライパンに入れ加熱し、温まったらサツマイモを入れて軽く混ぜます。蓋をし中火で2,3分、サツマイモがしんなりとなり、やわらかくなったら蜂蜜と水を入れてよく混ぜます。

fps04

あとはお皿に盛りつけたら出来上がり♪

 

その味は・・・・

fps05

甘~い♪こりゃうんまいわ。

ホクホクのサツマイモにココナッツオイルが絡まって、体も大喜び!簡単にできますから、お子様のおやつにも最適ですよ。

 

fps06

中鎖脂肪酸や、ラウリン酸など体にいいとされる成分が豊富なココナッツオイル。
簡単に手軽で利用法が多いココナッツオイル。

買っちゃって王で、ぜひ購入してみませんか。

 

新潟より~厳選したお茶とお茶やさんのあごだし-お茶の紫香園- 新潟県阿賀野市

「お茶」全国には様々な産地があり、そこで作られるお茶は皆それぞれ個性があって香り・旨味・色が違います。また淹れ方によってその味わいもそれぞれ。高級なお茶からごく一般的なお茶までその数は無数にあります。
今回紹介するのは地元の選りすぐりのお茶はもちろん、全国の厳選したお茶を取扱い販売している新潟の「お茶の紫香園」さんから2つのお茶と、だしを送っていただきました。

shikou001新潟県阿賀野市。新潟平野のほぼ真ん中にあって阿賀野川に抱かれた緑豊かな自然と国の天然記念物にも指定されている瓢湖には遠方から飛来してくる数千羽の白鳥の幻想的な姿を見ることができます。

ここ阿賀野市に本店を置き様々なお茶を販売しているお茶の紫香園さんから「越後路(2014年モンドセレクション金賞受賞)」「信濃川」の2つのせん茶と「お茶やさんのあごだし」というお茶を専門とする紫香園さんオリジナルの出汁をこれから試してみたいと思います。

 

越後路

(2014年モンドセレクション金賞受賞)

shikou002なんと年間4万本もの販売実績がある越後路は、鹿児島から新茶期に産地に赴き荒茶を買付け、製品の出来上がりをイメージし、越後路のために仕上げの配合を進めます。

shikou003

鹿児島にしかない希少品種のみを使い、旨み・甘み・水色(すいしょく)のバランスが良く、誰もが自然にお茶本来の美味しさを感じることができるんだとか。

 

試飲

shikou004

これが世界に認められたお茶!一言でこの味を表すなら「爽やかな飲み心地」ほんのり甘く、お茶の好きな方なら越後路の茶葉から滲み出るお茶の旨みの美味しさに納得のはずで、

全てにおいてバランスがとれたお茶といえます。高級感も忍ばせ、一般受けしやすい選ばれたお茶こそ越後路。甘いお茶菓子がほしくなります。

 

信濃川

shikou005長年試行錯誤の末辿り着いた鹿児島の希少品種のみを使用。

shikou006

使われる品種は全国茶葉生産量の3%以下のものといいますから、このお茶に出会うまで如何に時間をかけこだわっているのかがわかります。甘みが強く、渋み苦味が少ないのが特徴らしいのですが・・・

 

試飲

shikou007

ん~確かに!甘さが先立ち、渋みがない分飲みやすいです。飲み口鮮やかなで玉露に似たような甘さ、粘りがある旨みが特徴です。そして冷めても甘く、心を和ませてくれます。クラシックを聴きながら飲みたいお茶ですね。

 

お茶やさんのあごだし

shikou008お茶を扱うお店のオリジナルの出汁。これまた全国でもお茶屋さんが販売する出汁なんて珍しいですよね。なんとこの出汁、玉露が入っており「モンドセレクション銀賞受賞」の経歴をもつ優れもの!焼津産鰹節本枯れ節、長崎産枯れ鯖節、熊本産うるめ鰯、長崎産焼きあご、利尻産昆布、宮崎産香信椎茸、八女産玉露を使用。

それぞれの持つ特徴を活かし、旨み、香りを封じ込めた万能和風だし。ティーバック入りなので使いやすく、これさえあれば一般家庭でも本格的な和風料理が作れます。私はごく普通に「味噌汁」で試してみました。

 

味わってみると・・・

シンプルな味噌汁が高級な味わいに!味噌より出汁の風味が先行します。

shikou009コクがうんと増して味噌の旨みがより一層深く、そして自然な甘さが決め手。風味や旨みを引き出すためにいろんな努力をしている家庭の主婦の皆さん、これがあればプロの味に!出汁を使う料理や、アクセントがほしいときに活躍しそうです。

「お茶屋さんだからできる」そう、お茶屋さんだからこそお客様の目線で厳選したお茶を販売できる特典みたいなものがあって、それが美味しければ当然リピーターになります。みなさん、お茶農家さん直送もいいけれどお茶屋さんが選んだお茶も実に美味しいですよ。

そうそう、出汁もお勧め!

お買い求めは、買っちゃって王カートから

 

宍道湖産“大粒”大和しじみ。体にいい成分た~くさん♪&美味しいっ!-平野缶詰(有)- 島根県松江市

宍道湖(しんじこ)といえば「しじみ」。
買っちゃって王「初」の宍道湖の「大和しじみ」のレポートとあってウキウキ♪

ご存じの方もいらっしゃると思いますがここで宍道湖産大和しじみのこと、紹介しましょう。

hiranoka001

味噌汁の具材の中で最もポピュラーなしじみ。
そのしじみの名産地の宍道湖は島根県の松江市と出雲市にまたがる汽水湖で周囲47km、湖の面積の約5割が水深5m以上で、湖底はほぼ水平。
湖内の漁獲量の約9割を占める大和しじみは全国へ出荷されその獲れる量は日本一!サイズは2~3cmでしじみに含まれるオルニチンが肝臓に作用するため、「シジミの味噌汁は二日酔いに効く」と言われています。また鉄分も多く含み、貧血によいとされその昔からエキス状にして健康食品として販売されているほど。

hiranoka002

さて今回お送りくださったのは松江市の食品加工の会社「平野缶詰(有)」さんから。明治初期に平野川魚問屋として創業し、島根県の魚介類の缶詰や佃煮の製造をしていて、主力製品は、島根県産たけのこ水煮。
ここで「おや?なぜしじみ?」と思われるかもしれませんが、そもそも現在の工場の敷地がもともと宍道湖畔にあったのですが干拓工事され今では湖畔から300メートルの位置に移転。

 

その後、東京の銀座にある島根和牛の専門店のオーナーから
「宍道湖のしじみは高くとても手に入れにくい!」
「何かいい方法はないものか?」 
と相談を受け、それをきっかけに

「安く、大きく、美味しいしじみ」の製造販売

に着手し、丁寧に砂ぬきをした大和しじみは人気も高く、
地元をはじめ県内外から注文が入るそうです。

hiranoka003

送られてきたしじみは真空されていて、その使い方は至って簡単♪
沸騰したお湯にしじみを入れ(砂ぬきをしていますから、エキスが入ったままのしじみを洗わず使います)貝の殻がパカッと開いたら好みでお味噌を入れるだけ。
また今回送られてきた中に、合わせ味噌も付いたしじみものもあるのでご希望の方はお問い合わせを。

hiranoka004

さぁその味やいかに・・・・

熱いしじみ汁を口に近付けズズッ

あぁ・・・ なんて、おいしいんだ!

hiranoka005

冷えた体を一気に温めてくれ、まだ寝ぼけている頭をスッキリと覚ましてくれます。最初に気づくのはしじみの香りはもちろんですが、この汁の旨みは深くホッとします。味噌汁が生き返るといっても決して過言ではなく、サプリメントに頼らず一杯のしじみ汁で元気な一日を過ごせるのではないでしょうか。
そしてまた恋しくて、毎日飲んでいたいお気に入りになりそうです。

宍道湖産大和しじみのご注文は、買っちゃって王カートから