0

今日のおかずに、酒のアテに、北海道松前名産「ホッケのすり身」-滝川鮮魚店- 北海道松前郡松前町

Posted by kanri on 2015年3月31日 in 海の幸(海産物など) |

みなさんご存知の「ホッケ」。

魚編に花と書いてホッケと読むのですが、北海道では桜の季節になると脂ののったホッケが漁れることからその名前の由来になったという説もあるようですが、居酒屋に行くと酒のアテでよく食べるのは私だけではないと思います。
そのホッケ、普通は開きにして一夜干が多いんですが、ハラスの骨を捨てず擂(す)りあげた「すり身」をご存知でしょうか。最初聞いたとき、これぞ港町ならではの隠れた逸品とすぐに予想できましたが、これが自宅に届くなんてホント嬉しい!

kyounooka001

お送りくださったのは北海道唯一の城下町として栄え、全国屈指の桜の名所でも知られる松前町の滝川鮮魚店さんから。ほっけの一夜干し、蛸刺しなども扱いますが最も人気なのが画像で確認できる「ほっけのすり身」だそうです。
すり身って普通は近海でとれた魚をいくつかの種類をそのまますり身にし、かまぼこや天ぷらにしますが、脂がのったホッケをそのまますり身にするなんて「贅沢」。
滝川鮮魚店さんではホッケ特有の柔らかさと程良い歯ごたえを残すために、その日の魚の状態を見分け、独自の配合を微妙に加減し常に同じ味わいを保てるようにしているんだとか。

kyounooka002

さてどんな風に使うのか迷うことなく丸めて「天ぷら」にしてみました。手頃な食べやすいサイズに手のひらで成形しながら転がし、180度の油にポイっ。
約3分でいい頃合の焼き色がつきます。ついでに大判も作ってみました。

kyounooka003

まだ熱いうちの天ぷらを噛んでみると、お店で揚げたてを食べている感覚になるのは間違いないんですが弾き返されるようなキチキチとした歯ごたえ。
魚臭さもほとんどなくて時折ホッケの香りが鼻をかすめます。

kyounooka004

出来のいいアツアツのかまぼこっていう感じにも捉えられますが、これは酒に合う!

ポン酢またはマヨネーズを少しつければ、こりゃたまらん!

kyounooka005

弁当のおかずに、カルシウム補給にお勧めです。冷ましてからも食べてみたんですが、これまた程良い塩気でおかずにピッタリ!
ハンバーグに、すり身汁に、更にアレンジを加えれば自宅のオリジナルとして十分活躍しそうです。
それともうひとつ、ほっけの切り込み。普通ニシンが多いんですがホッケの切り込みは初めて。

kyounooka006

きっと海辺で育った皆さんの知恵の詰まった逸品に違いありません。
麹、塩をいれ漬け込んだ所謂「醗酵食品」の一種。これはご飯や日本酒のアテによ~く合います。大根おろしと一緒に食べると更に美味しいですよ。
懐かしく、美味しく、簡単調理♪北の海の幸はやっぱり美味しいですね。

お買い求めは、買っちゃって王カートから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.