0

これだっぺ !新感覚「天のつぶでつくった」米粉麺 -ダイヤファーム会津㈱- 福島県会津若松市

Posted by kanri on 2015年1月6日 in 麺類(全般) |

今や当たり前になりました米粉、米粉の加工品。
いよいよどれが美味しくて自分好みなのかが問われる時代になったといっていいでしょう。書店にいけば米粉の使い方や米粉のレシピが載った本がズラリ!そこで今回、福島県会津若松市のちょっとこだわった評判の「米粉麺」を紹介したいと思います。

daaizu001
粉だから簡単に加工ができる、

小麦粉に代わる新たな存在・・・

確かにそうです。収穫したお米を粉にし、それで作る加工品は随分増えてきましたが実はその背景にあるのが米を食べない人があまりにも増えたということもあります。
我が国のお米の単価も安くなり、これからはお米を炊飯用として提供するのではなく、工夫を凝らした品々の方が主役になる可能性があるといわれています。我が家に届いたのは福島県会津若松市産の「天のつぶ」というオリジナル米と国産馬鈴薯でん粉のみで作った米粉麺。しかも限定販売なんだそう。

daaizu002

この麺を作っているのは

ダイヤファーム会津㈱さん。

後継者がいなくて管理ができない農地がどんどん増える中、これをどうにかしないとだめになることに着目し、先祖代々の土地を預かり、農業ができるようになるまで米を生産しようと考えたそうです。後継者がいない、老化が進み自由がきかない、休んでいる田んぼや土地に活力を与えなければと生産を含め、お米の販売先を確保しなければなりません。
さらに付加価値をつけ、製品化する必要があると考え、完成した商品が米粉麺。販売にあたりアンケート調査を行い、とても美味しいと答えた人が約70%、美味しいが約27%で、モチモチした食感がとてもウケたそうです。

 

さてそんな思いで作られた米粉麺、普通の米粉麺とアスパラを練りこんだほのかな緑色の麺の2種類。ラーメンとうどんにして食べてみました。

 

米粉めん

daaizu003

塩ラーメンにしました。気になるのは麺とスープの相性、その味は・・・・・・

ズズッズ~~ッ、おおっ“ツルッシコッ”ツルツル

の舌触り、麺を噛んでみると弾き返すかのようなモチモチ感。

daaizu004

新しい食感のストレート麺といっていいですね、コレ!
スープの塩加減と麺の相性はかなりいい線、食べながら思ったのですが、これはスパゲティにしても絶対合います。

daaizu005

子供さんを喜ばせたいならスパゲティ、食感で喜んでもらいたいならラーメンかつけ麺でしょうね。

 

アスパラ麺

daaizu006

袋を見ると「うどん」と書いていました。ここは素直にうどんにして味わいたいと思います。うっすらと透明感のある緑色の麺、いったいどんな食感なのかというと・・・・

daaizu007

“これもツルツル!”

そうですね、例えるとすれば麺のサイズから稲庭うどんに近いですね。通常の米粉麺よりアスパラが入っているからなんでしょうか、柔らかく感じます。

daaizu008

その弾力がまた優しくて、簡単にスルスルと喉を過ぎていきますから、あっと言う間に食べてしましました。

これも絶品!ウ・マ・イ。

 

2つの共通点は「とても米粉の麺と思えない」ってとこです。食感がはっきりした新しい麺が登場したといっていいと思います。原料のお米は米所会津の「天のつぶ」。のど越し良し、優しい素材の味が楽しめる驚きの麺は、一度食べたらきっと「コレ、この麺じゃないと」ってなりそうです。美味しく、安心・安全!ここにありますよ。

ご注文は、買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2018 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.