0

1日のはじまりは美味しいモチフワッ食パンで!-食パン工房L’amie(ラミ)-大阪市福島区

Posted by kanri on 2013年7月8日 in パン |
kobourami4

今日紹介するのは大阪市福島区にある食パン工房ラミさんの手作り食パン。

こんな経験ありませんか?例えばスーパーで市販されている食パンを食べて、確かに美味しいんだけどもっとこうあってほしいとか、モチモチ感が足りないとか、味そのものに物足りなさを感じたことってあると思うんです。

添加物が入っていたり、日持ちさせるために合成保存料が含まれるものって以外と多いんですが、そのせいもあるかもしれませんが、素材本物の良さがもっと身近にわかれば、手作りの食パンってこんなに美味しいんだって思ってくれると思います。

どこの町のパン屋さんも食パンは必ずあって食パンって基本中の基本と思っています。
ある意味、食パンでそのパン屋さんが旨いかどうかわかるともいいます。さて今回紹介する「食パン工房ラミ」さんはその名の通り“食パン”の専門店。他のパンを作らない代わりにきっと手間暇をかけていらっしゃるに違いありません。

昼12時に開店、販売終了の夕方5時までに毎日殆ど残らず完売するといいますから、如何に味がいいのか、人気があるのか想像させられてしまいますね。

そんなラミさんの食パン、ちゃんとお取り寄せできるんです。ただ市販のように日持ちしませんから前もって予約をしておりた方がいいでしょう。

kobourami1

ではなぜ美味しいのか?

それにはこんな秘密が隠されているんです。

 

小麦粉:小麦粉こそ全てを決めてしまいます。それは紛れもなく生き物だから、扱い方によって変化しやすく他に使う素材との相性に関わってきます。ラミさんでは吸水性に富んだカナダ産の高級パン用小麦を使っています。この小麦がもっちり、ふわっと感を生み出してくれるんだとか。

バター:色白でクリーミィ、油っぽさを強く感じない宮崎産高千穂ブランドの無塩バター。

生クリーム:これも「純生」の高千穂ブランド。乳脂肪分48%、乳化剤などを加えず、すっきりした風味。さらに乳脂肪分が多い割にさらっとしており、しつこさを感じない生クリーム。

練乳;これまた高千穂ブランドのしつこさのない優しい甘さの練乳を使用。

kobourami2

ここまで到達するのに数々の失敗もあったに違いないんですね。幾日もかけ、パンというのは見た目は変わらなくても持ち味をグッと引き出すまで相当な時間がかかるんです。

常連のお客様がパンにスーッと手が伸び、レジに持ってくる・・・これが美味しい、安心の何よりの証拠。そんな愛情と情熱の加わった食パン、これから食べてみます。

kobourami3

アンパンマンにでてくる“しょくぱんまん。”彼が正義ならば、正統派の食パンはここラミさんの食パン。
サクッとひと噛み、ふわっふわでモッチモチ。一口で贅沢っていうのがわかります。ほんのり甘く、バターの香りがフーッと鼻をかすめるとき、やっぱりパンはこうじゃなきゃって思いましたね。

耳もカリッカリだし、素材の良さが抜群に表にでているから、これなら毎日食べてもそう簡単に飽きない。フレンチトーストにしてもきっと美味しいはず、それとこれはあくまで感ですが、初めて食べたおばぁちゃんは、あまりにもモチモチで柔らかいから、腰を抜かすほど驚くんじゃないかな?

kobourami4

決めちゃったぜっ!みたいな、食パンの王子のごとく存在感たっぷり。こんなに美味しい食パンにであって食パンだけにSHOCK、SHOCKです。物足りないなんて絶対ありえない、これから朝はこれだよねってきっとなっちゃいますよ。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.