アーカイブ : 2013年 7月

自然に逆らわないひたむきさが、美味しいお米を育てる秘訣「あきたこまち炭穣米」-認定農業法人 北浦郷(きたうらむら)秋田県角館町-

美味しいあきたこまちに出会ったのは真夏の頃。
勿論昨年収穫したお米で、玄米保存をし、厳重な管理の行き届いた農家さんのものです。コシヒカリかあきたこまちかと言われるほど、この2つは最もポピュラーですが、どっちもその土地や環境と、生産者のこだわりで随分違います。
今回紹介するのはあきたこまちなんですが、最初に言っておきます「あきたこまちだけに、飽きたこまちでは無く!飽きない美味しいお米」でした。

kitajyoumai1

秋田県仙北市角館町のお米専門農家「北浦郷(きたうらむら)」の代表辻さんからお送りくださった24年産あきたこまち「炭穣米」は、リピートも多い地元ではちょっとした有名なお米なんです。

kitajyoumai2

角館町は年中寒暖差の大きい地域で、奥羽山脈の肥沃な土壌と清らかな水に恵まれた米作りに適した地域です。北浦郷さんでは耕す際、田んぼに地元の森林組合から仕入れた炭粉を多量に散布し、EM堆肥の利用や、精米時に出る米糠を使うことで、肥沃な土壌を創ります。
更に田植えの際、株数を通常の半分近くにすることで稲と稲の隙間をつくり、そうすることで日光を十分に浴び、風通しがよくなることから強い稲が育つんだとか。収穫後は低温遠赤外線でふっくらと乾燥させ、注文後に精米し皆様へお届けしています。

kitajyoumai3

さて、早速いつもと同じように炊飯してみましたが、通常今の時期(レポート時、真夏です)多少の劣化、米の色落ちが見られがちですが、純白に輝きを放つ炊き上がったあきたこまちをみてホッとしました。これは管理がしっかりできている何よりの証拠です。

 

ではその味は・・・・

 

kitajyoumai4

なるほど美味しい!ネットでちょっと調べてみてわかったことなんですが、地元の有名なホテルでも炭穣米は使われていてふっくら餅肌のような艶やかな色、そしてあきたこまちの特徴のモチモチとした粘りは健在。

炊き上がりの透明感で美味しそうという感覚に、更に口のなかでそれが事実に。想像以上のお米本来の美味しさは誰をも納得させる深く、自然の甘い味わいの「あきたこまち」でした。

kitajyoumai5

美味しいお米はやっぱり農家直送。

この良さを改めて認識させられたわけですが、なんといってもわざわざ買いにいかなくても美味しいあきたこまちが玄関まできてくれるんです。
新米も予約していますから、是非予約を!!

お求めは、買っちゃって王カートをご利用ください。

 

舌先ジンジンジン、ピリピリピリが止まらずあ~大変!“からかわ”-新田ふるさと村-

いやぁナメてました・・・

正直そう思うしかなかったんですよ今回は。だって辛いのかしびれているのか訳がわかんなくなって。

でもハマルんだよね、これ。

nittafurusato1

冒頭でここまで書いたものって多分ないと思います。長く紹介するよりも短くまとめてみたいと思いますが、私の舌をいじめた?正体は「からかわ」という兵庫県神崎郡神河町の古くから伝わる一品です。

あっこれテレビで見た(秘密のケンミンSHOW)っていう人もいるかも知れませんが、おかずがない時にお勧めのモノ。そのまま、ご飯にのせず口に入れると“危険”なのかもしれません。

nittafurusato2

さてこの「からかわ」なるもの、お送りくださったのは夏のキャンプにピッタリ!コテージが沢山ある「新田ふるさと村」さんからで、地元の特産品の販売もしていますが、そこでもからかわを当然販売しています。
では、この「からかわ」とはどんなものなのかというと…山椒の木の薄皮の佃煮のことで、山椒のしびれる辛さが特徴の故郷伝承品。冬場に採取した山椒の樹の樹皮を細かくカットし、日本酒、みりん、砂糖、塩こんぶでじっくり煮込んだ佃煮のことです。で、その味なんですが・・・・

nittafurusato3

少しだけ口にダイレクトに入れると「あっ爽やか」清涼感があります。

が!

次の瞬間ピリっ・・・

ピリリッリリリリリリリリリリリリリリッ!

なんじゃこりゃぁぁぁ?

麻痺する手前といいますか、舌の感覚がなくなって指先で舌をつままれているかのような感じです。でも、これってご飯の上にちょっとのっけて、酒のあてにもきっといけるはずです。そのまま口に入れすぎなければ癖になるってことですね。
先ずは…ほんの少し、食べてみてください♪

キケンだけど、食べてみたい!!そんなチャレンジャーは買ってね♪

注文は、買っちゃって王カートから

 

ちゃんぽん、皿うどんの本場長崎からお届けします。 -長崎製麺所-

長崎のイメージって皆さんどうなんでしょう。
私は坂本龍馬、福山雅治、眼鏡橋・・・。おっとここは食べ物じゃないと先に進めませんよね。
なんといっても「ちゃんぽん」や「皿うどん」「カステラ」が代表的じゃないでしょうか。
何年か前、観光で訪れた長崎の中華街で食べたちゃんぽん、皿うどんは最高に美味しかったですねぇ。では、もし本場長崎のちゃんぽんや皿うどんがお取り寄せできるとしたらどうでしょう?
自宅で気軽に食べられるのであれば一度は経験してみたくないですか。
それが長崎発!できちゃいますよ♪

nagasaki1

今回我が家にお届けくださったのは創業50年以上、製麺一筋の長崎製麺所さんから。
取引先の専門店に卸している麺をそのまま送ってくれるわけですから、当然オリジナル&直送ってわけですね。
時代に流されす、昔ながらの製法で素材にこだわり、麺に合った喉越し、歯ごたえは長年愛されている老舗ならではの信用と実績の賜物。長崎で食べられているちゃんぽん麺、皿うどんは、小麦粉に唐灰汁(とうはいあく)を混ぜ合わせた唐灰汁麺。昭和初期に上海から伝わったとされ、独特の風味があるんだとか。

nagasaki2

我が家に届いたのは「皿うどん」です。※チャーメンともいいます。
中身は麺と餡用のスープが入っていて、見た目ではよくスーパーで売られているものと変わりません。ちゃんぽんと並ぶ人気の皿うどんは、細めの麺をほぐして蒸した後、油でさっと揚げたもので、その麺の上に野菜や豚肉、かまぼこなどをいれた餡をたっぷりかけて食べます。
更にその上にお好みでウスターソースやレモン汁をかけて食べても美味しいです。

 

皿うどんは、元々はちゃんぽんを出前用にアレンジし、お店から配達する時にこぼれないよう汁を少なくしたものがはじまり。見た目が皿に盛った焼きうどんのようだった事から「皿うどん」と呼ばれるようになり、その後堅焼きそばが伝わって長崎で発展し、同じように皿うどんと呼ばれるようになったといわれているそうです。
また祝い事に大人数分を一度に注文し、大皿から各自取り分けて頂くのも地元の食べ方のひとつ。

 

nagasaki3
レシピ付きなので安心♪
麺は軽くほぐし、大きめの皿の上に盛りつけて下さい。

 

nagasaki4

皿に載せた麺に鼻を近づけて見ると、とても香ばしく市販の皿うどんの麺よりかなり多めに感じます。

 

nagasaki5

さて餡を麺にかけて

熱いうちに口に運ぶと・・・

いやぁうんまい!

 

パリパリの麺と餡が絡んで存在感バッチリ、やっぱこれが本物!
時間が経つと餡が麺に染み込んで、この時の食感は「モチモチ」。更に皿うどんにウスターソースをかければ、酸味が効いてもっと美味しくなるんです。
1つの皿うどんが2度、3度と違った食感で味わえる、正に「長崎ばんざ~~い」。量も多いからたっぷりお腹にたまります。

nagasaki6

きっと粉の配合から、練り上げて麺になるまでそれ相当のこだわりがあるからなんでしょうね。たまに食べるスーパーで買う皿うどんがちっぽけな存在にさえ感じます。本場から伝統の味がお取り寄せができるわけで・・・

うちに、長崎がやってきたぁぁぁぁっ~

を味わってみませんか。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから

 

美味しい手作り肉まん、山紫水明・水郷日田にあります。-神来屋-大分県日田市

“肉まん”コンビニやスーパーで買って食べたことあると思います。暑い日よりどちらかと言うと暖をとる目的であったり、おやつ感覚で食べるという存在。
今回紹介する肉まんはというと研究熱心といいますか、これ一つで勝負している“手作り”の肉まんなんです。

kiraiya1

大分県の北西部、すぐ隣は福岡県という盆地ある日田市に「神来屋(かみくや)」さんがあります。
アンを練り、生地で包み、蒸し上げるまでとにかく丁寧に丁寧に手作業のみで作る地元では大評判の肉まんです。
その肉まん、もっちりした皮とジューシーなアンが特徴で、しかも“お取り寄せ”もできちゃいます。(肉まん以外にあんまん、芋入れた芋ちゃん、かぼちゃまん、高菜まんもありますよ)肉まんは古代中国の三国志のころから既にあったといいますから、そういえばよく地方の中華街に行くと、店頭で売られている肉まんを見かけたりしますよね。それぞれ味も大きさも違って、個性がありますが、神来屋さんの肉まんってどうなんでしょう?

 

これから食べてみたいと思います。

kiraiya2

レンジで温める場合(冷凍)、表面にたっぷり水をかけ、皿に載せてふんわりラップをかけ電子レンジ(500W)で約2分30秒程温めます。

kiraiya3

さてさてほっかほかに温まった肉まんを割ってみると、立ち込める湯気の奥に美味しそうな具がたっぷり♪

 

アツアツの肉まんを

いよいよお口へIN。

 

皮がうんま~い!&超ジュ~~~シ~~!!

これはレベルが高い肉まんっていうのが好きな方なら誰でもわかるはずです。

kiraiya4

物足りなさなんてない、皮とアンのバランスが絶妙に合っていて、美味しい肉まんはと聞かれたら“神来屋”に決まってるだろ!って言いたくなる。アクセントに酢醤油、辛子をつける方もいますが、私はここの肉まんにはそんなの必要ないと思いましたね。

ちなみに使われている豚肉なんだけど「和豚もち豚」っていう専門の農場で育てられた安心・安全な豚肉を使用。臭みのない肉に、良質な脂が豚まんの旨さをより一層引き立ててくれているんだと思います。

 

これでしょ、美味しい肉まんって♪

kiraiya5

手作りだから美味しい!この言葉通りの肉まんは、水郷日田の新しいグルメとしてこれからもずっとそうあってほしいですね。
子供さんからお年寄りまで、美味しいという感覚はみんな持っているわけですから、誰もが美味しいって感じるそんな豚まんこそ神来屋さんの手作り肉まんと思います。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから。

 

《お店で直接!是非お立ち寄りください。》
大分県日田市中央一丁目1-10山田ビル1階

 

北海道余市町発、岳人-GAKUTO-のトマトジュース-渡辺農園-

GAKUTOといえばあのミュージシャンのことを思い浮かべるかも知れませんが、今回紹介するGAKUTOは“岳人”という名の北海道の農家さんが作った美味絶品の「トマトジュース」でした。

watanabe1

お送りくださったのは、古くから果樹栽培が盛んな町で知られる北海道余市町の渡辺農園の代表、渡辺岳人(がくと)さんから。
就農したのは2011年の春からで、1.6haの畑に3棟のビニールハウスを建設し、翌年春トマトの苗を植え、秋に念願のトマトジュースが完成。園主の名前そのままの「岳人」が商品名という、思いを込めて作られた完熟トマトジュースをこれから飲んでみたいと思います。

watanabe2

渡辺農園さんは代々受け継がれた農家さんではなくて、全くの新規就農農家さんなんです。東京の企業にお勤めのサラリーマン時代、北海道千歳市に3年間住んだことがきっかけで、四季折々のたくさんの自然に囲まれた北海道の大地が大好きになったそうです。
農作業を経験し、地域の人との交流も行う中、自然と魅力を感じこの土地で食べ物を生み出そうと一大決心。夫婦2人でできる規模を考えハウス栽培をすることにし、その中で品種、大きさ、加工にも適したトマトに着目。
以前農業を始める前に各地をまわっている最中、今までにないトマトジュースに出会い、その美味しさに感動したのもトマト生産のきっかけになったんだとか。

 

あとはこのジュース、いろんな方に飲んで欲しいと願っているわけですが、私自身もいろんなトマトジュースを買っちゃって王のレポートで飲んが経験があります。
その中で、濃い、甘いも美味しさを味わう要素に含まれることは間違いないのですが、素材の旨みが残像として残るもの程「本物」といえるジュースではないかと思うところです。

 

ではよ~く冷えた岳人、飲んでみましょう。

watanabe3

ゴクッゴクゴク・・・

 

喉の奥で感じるこのコクのようなものっていったい何?
トマトというか新しい品種のフルーツジュースのようにも感じますが、喉を過ぎたころには「あっ美味しいフルーツトマトを飲んだんだ」ってなります。
そしてなんとも“爽やか”なこと!甘すぎない、物足りなさなんて存在しない、濃すぎることも酸っぱすぎることもない。即ち飲みやすくて美味しいってことです。

農家さんっていいなぁって、つくづく思い知らせれます。だってスーパーにこんなに美味しいトマトジュースなんてあるわけないんですから。

watanabe4

ん~やっぱりトマトジュースは農家さんの愛情が込められたものに限ります。岳人は喉の渇きを潤すだけじゃなくて、心にも染み渡る本物の美味しさを感じさせてくれる不思議なトマトジュースでした。子供さんに、贈答にも是非ご利用ください。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから。

 

山梨の老舗製麺所㈱飯嶋製麺所オリジナル「モッチモチがたまりません!」甲州やきそば

kosyuyaki1

これで3回目のレポートとなる山梨市の㈱飯嶋製麺所さん。
今回紹介するのはオリジナルのやきそばで、その名も地元を意識した“甲州やきそば”という如何にも山梨らしいネーミング。

とにかくモチモチの麺らしく、地元の新たな名物は勿論、全国の麺通にも是非食べてその食感を味わってほしいということです。また、焼きそばを音に表現すると誰もがジュ~ジュ~というように、どちらかといえば冬より暑い夏のイメージを持つ人が多いと思うんですね。

この焼きそばは私が食べた限り普通に売られている麺と全然違いますから、是非自宅でフライパンを使ってもいいけれどホットプレートで、仲間内で、どうしても焼きそばが食べたい時、“最高”です!!

マジウマ焼きそばです。

kosyuyaki2

というわけで「食べちゃった感想」はというと・・・・・

kosyuyaki3

ファーストインパクトは“細麺のさぬきうどん”って感じで、しっかりした歯ごたえ。で、噛んでいくとものすごくモッチモチ♪そう!このやきそば「本当にモチモチ」なんです。

ソースはちょっぴり甘くて、ソース特有の酸味の強さはないからスイスイって感じでズズッと口に入れてもむせ返ることはありません。

kosyuyaki4

よく粉末のソースってあるでしょ。粉末とは全く違って麺によ~く絡むんですね。
「モチモチの麺+食べやすい!」ソースとの相性もとってもいいですし、いつものやきそばの味にうんざりしている方、特にお勧めしたいですね。なんたってインパクトが違いますから♪

kosyuyaki5

で、何が一番いいたいのかというと、

食べてねっ♪

ていうこと。

食べたら感動とまた食べよっていうリピート要素ばっちりで、焼きそばはコレ「飯島製麺所の甲州やきそば」になっちゃいますよ。それもそのはず私自身イチオシの製麺工場直送ということもアリなんですが、やっぱり山梨の老舗企業の麺のエキスパートが作って送られてくるわけですから、間違いないってことですね。どうぞ安心してご注文を、虜になりますよ。

 

ご注文は、買っちゃって王カートから

 

1日のはじまりは美味しいモチフワッ食パンで!-食パン工房L’amie(ラミ)-大阪市福島区

今日紹介するのは大阪市福島区にある食パン工房ラミさんの手作り食パン。

こんな経験ありませんか?例えばスーパーで市販されている食パンを食べて、確かに美味しいんだけどもっとこうあってほしいとか、モチモチ感が足りないとか、味そのものに物足りなさを感じたことってあると思うんです。

添加物が入っていたり、日持ちさせるために合成保存料が含まれるものって以外と多いんですが、そのせいもあるかもしれませんが、素材本物の良さがもっと身近にわかれば、手作りの食パンってこんなに美味しいんだって思ってくれると思います。

どこの町のパン屋さんも食パンは必ずあって食パンって基本中の基本と思っています。
ある意味、食パンでそのパン屋さんが旨いかどうかわかるともいいます。さて今回紹介する「食パン工房ラミ」さんはその名の通り“食パン”の専門店。他のパンを作らない代わりにきっと手間暇をかけていらっしゃるに違いありません。

昼12時に開店、販売終了の夕方5時までに毎日殆ど残らず完売するといいますから、如何に味がいいのか、人気があるのか想像させられてしまいますね。

そんなラミさんの食パン、ちゃんとお取り寄せできるんです。ただ市販のように日持ちしませんから前もって予約をしておりた方がいいでしょう。

kobourami1

ではなぜ美味しいのか?

それにはこんな秘密が隠されているんです。

 

小麦粉:小麦粉こそ全てを決めてしまいます。それは紛れもなく生き物だから、扱い方によって変化しやすく他に使う素材との相性に関わってきます。ラミさんでは吸水性に富んだカナダ産の高級パン用小麦を使っています。この小麦がもっちり、ふわっと感を生み出してくれるんだとか。

バター:色白でクリーミィ、油っぽさを強く感じない宮崎産高千穂ブランドの無塩バター。

生クリーム:これも「純生」の高千穂ブランド。乳脂肪分48%、乳化剤などを加えず、すっきりした風味。さらに乳脂肪分が多い割にさらっとしており、しつこさを感じない生クリーム。

練乳;これまた高千穂ブランドのしつこさのない優しい甘さの練乳を使用。

kobourami2

ここまで到達するのに数々の失敗もあったに違いないんですね。幾日もかけ、パンというのは見た目は変わらなくても持ち味をグッと引き出すまで相当な時間がかかるんです。

常連のお客様がパンにスーッと手が伸び、レジに持ってくる・・・これが美味しい、安心の何よりの証拠。そんな愛情と情熱の加わった食パン、これから食べてみます。

kobourami3

アンパンマンにでてくる“しょくぱんまん。”彼が正義ならば、正統派の食パンはここラミさんの食パン。
サクッとひと噛み、ふわっふわでモッチモチ。一口で贅沢っていうのがわかります。ほんのり甘く、バターの香りがフーッと鼻をかすめるとき、やっぱりパンはこうじゃなきゃって思いましたね。

耳もカリッカリだし、素材の良さが抜群に表にでているから、これなら毎日食べてもそう簡単に飽きない。フレンチトーストにしてもきっと美味しいはず、それとこれはあくまで感ですが、初めて食べたおばぁちゃんは、あまりにもモチモチで柔らかいから、腰を抜かすほど驚くんじゃないかな?

kobourami4

決めちゃったぜっ!みたいな、食パンの王子のごとく存在感たっぷり。こんなに美味しい食パンにであって食パンだけにSHOCK、SHOCKです。物足りないなんて絶対ありえない、これから朝はこれだよねってきっとなっちゃいますよ。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから。