アーカイブ : 2013年 5月

スッキリ美味しい!「じゅんさい茶」&「ごぼう茶」-㈱秋田白神食品-秋田県山本郡三種町

究極の生産者直送、白神産地の麓から届きます「じゅんさい茶」&「ごぼう茶」です。
今回紹介するのは世界遺産で知られる秋田県白神産地の麓、三種町の秋田白神食品さん製造の“じゅんさい茶”と“ごぼう茶”。最近ごぼう茶がブレイクしていますが、じゅんさいのお茶は国内初!今から心ウキウキ、どんなお茶なのかとっても期待大です。

gpbputya01

「じゅんさい」の生産が全国一を誇る三種町。じゅんさいはスイレン科ジュンサイ属の多年草で、池や沼で育った若葉を手で摘み、ゼリー状の透明な粘膜に覆われた独特のヌメリとツルツルした喉ごしは、初夏の味覚として親しまれています。

gpbputya06

そのツルツル、プリプリなじゅんさいを独自の製法でお茶にしたというのですから、おそらく試行錯誤の末やっとの思いで完成したに違いありません。じゅんさいには他の野菜や果物と比べ、非常に高いポリフェノールが含まれています。
また「じゅんさい」の良質な加糖類によって悪玉菌の排出を促し、体調も整えられるから、美容にもとってもいいんです。

gpbputya02

さてその機能性にも優れたじゅんさい茶、これから飲んでみたいと思います。しっかり乾燥させ粉末状になったじゅんさいをティーパックにいれています。
このティーパック1つで400~500ccのお茶が飲めるそうです。勿論冷やして飲んでも美味しいそうですよ。

gpbputya03

口に含むと・・・

特に強い香りはありません。ただなんとなくですがじゅんさいの粘りがでているかのようで、日本茶でも紅茶でもありませんね。初めての味なんですが、邪魔のない“スッキリ”そのもので、さっぱりと飲むことができます。
これは毎日飲んでも平気♪、美容にとってもいいですし、健康志向の方にもお勧めです。これからブレイクの予感タ~~ップリのじゅんさい茶でした。

 

 

さてさてお待ちかね!
正に今でしょの言葉通り、ブレイク中のごぼう茶。そろそろ違いのわかるごぼう茶も登場しつつありますが、やっぱり「こだわり」と「産地」と「思い」で随分味や香りにも違いがあるようです。
秋田白神食品さんの作るごぼう茶は、自社独自製法極粒タイプといって、こだわりの製法、極粒タイプ、こだわりの焙煎で作った逸品。焼酎で割ったり、調味料として料理に使って、そのまま食べても美味しいそうです。
gpbputya05

白神産地の恩恵がごぼう美味しくさせてくれる最大の理由なわけですが、収穫したごぼうはすぐに加工することで、成分を逃すことなく風味がそのまま残るから美味しいごぼう茶ができるんだそうです。ごぼうには老化防止、脂肪を体外に排出する効果がある「サポニン」、腸内に溜まった不純物を取り除いたり、血糖値を下げる効果が期待できる自然のインスリン「イヌリン」、余分なコレステロールなど老廃物を排出する効がある「デトックス」が豊富に含まれているんです。生だとそんなに多く摂取できませんよね。だからお茶!スッキリごぼう茶に限るんです。

 

栽培には土壌消毒だけ農薬を使い、安心・安全を第一に心がけて作られる秋田白神食品さんのごぼう茶は「かならずリピートになる」といいます。どんな味でどんな風味なんでしょう?これから飲んでみたいと思います。
ティーパックになったものと、乾燥させて粒状にした2種類あるんですが、粒の方をそのまま食べてみたんです。サクサクしていて勿論ごぼうの香りがするんですが、ブラック珈琲に近い感じがします。このまま味噌汁とか鍋に使っても全く遜色なく使えそうです。食が進む新しい感覚のごぼうっていう感じですね。

 

ティーパックのごぼう茶を飲んでみました。

gpbputya04

きつくないスッキリとした飲み心地、確かにごぼうの風味がフワリッと口一杯に広がりますが、なんといっても「軽い飲みやすさ」と、ごぼうのいい香りがクセになります。きっと都会の人は、ごぼうってこんなにいい香りなんだと思うでしょうね。きつくない香りの秘密はきっと焙煎方法にあるはずです。
そして飲みやすさの秘密は一切妥協のない「こだわり」からだと思います。農家だから基本の忠実にできるんですね。「美味しくて飲みやすい」秋田白神食品さんのごぼう茶はマジで“完璧”です。

 

 

美味しく飲んで健康に。

お父さんも、お母さんも、周りの人みんな「健康」って願っていることですよね。今回紹介した2つ、飲んで試して私以外の皆さんも“ホッ”としてほしいと思います。飲んでわかる違いの良さ!!
日本茶もいいけれど、白神産地の恩恵たっぷりのじゅんさい茶&ごぼう茶は気持ちの隙間にス~ッと溶け込んでくれますよ。

 

お買い求めは、買っちゃって王カートから。

 

震災に負けない奇跡の干物 宮城県塩竈市の「まるあ阿部商店」お勧め“天然!汐の音セット”

美味しい干物があると、酒の量もついつい増えてしまいますよね。
おかずにしても、弁当にいれてくれても美味しい干物の味が脳裏に焼きついている限り、暫くは飽きることなく食べることができます。
今回紹介する宮城県塩竈市の「まるあ阿部商店」さん手作りの汐の音セットは種類も、量も、勿論味も大満足の干物だったのですが、私は食べながら震災に遭遇してからこれまでのお話をご主人に聞いたことを思い出さずにはいられませんでした。

 

宮城県塩竈市。宮城のほぼ中央に位置し、日本有数の漁港を中心とする港町のひとつです。
阿部商店さんはそんな港町で小さな水産加工会社を長年にわたり営んでおり、独自の製法で作る干物は看板商品。が、3月11日の東北地方を襲った震災で阿部さんのお店は、店の前の堀から水が溢れ、1.5m近く浸水。自宅兼事務所のガラスには、まだ津波の跡が残っているそうです。
大事な工場器具など流れてしまったのですが、干物たちは奇跡的に無事だったそうです。工場も自宅も浸水し、復旧には途方もない時間が掛かることも即座にわかったそうですが、泥一つない干物たちを眺めていると、なんだかやる気がでてきて「この干物はきっと誰かに届けるために残ったんだ」という使命感が湧き上がったそうです。

marua02

送られてきた干物は冷凍で真空包装され、開きホッケ、開きキンキ、開きアジ、一夜干しイカ、開きサンマがどっさり!見ただけで腹いっぱいになりそうなくらいで、はりきって食べないと作ってくれた阿部さんに申し訳ないような気に囚われそうです。今回送られてきた中から開きキンキ、一夜干しイカの試食したレポートをまとめました。

marua01

食べる前に・・・

焼きすぎては美味しくありません!
身が固くなり本当の美味しさを楽しむことができません。我が家はガスコンロのグリルで焼きますが(炎はグリル上部からでルタイプ」、グリル内を2、3分温め、背の部分から「中火」で焼いていきます。
冷凍の場合、約半日~1日冷蔵庫で解凍してから焼きますが、その方が断然早く焼けます。干物は炙るくらいで丁度いいのですが、乾燥させているので火が通りやすく、焼きすぎないよう注意しながら丁寧に焼き上げます。最も簡単な焼き方は目視しやすいフライパンでも全然OKです。
そうそう、一匹ままグリルに入らない「大きい干物」は頭、尻尾をとって食べやすいサイズにカットして焼いてもいいです。形を残したままが常識と思っている方もいるんでしょうけど、そんな決まりはないですし、家庭で焼く場合気にしなくていいんですよ。

醤油などの調味料をかけて食べることはお勧めしません。せっかくの魚の美味しさが無駄になってしまいますので。それから、焼いた干物に飽いたら素揚げや粉を軽くふって唐揚げにしても絶品!カリカリに揚げてで食べても美味しいですよ。

 

marua03

では開きキンキ(吉次)から。

泣けるほど旨い!marua04
いや、実際泣きそうで僕らは恵まれているなぁって改めておもいましたね。人生いろいろあるけれど、あの震災から立ち上がる姿、思いを今目の前で噛み締めているわけですから。真っ赤な魚体の皮の下は純白の身、海の魚の中でも最高級の魚種のひとつと言われるキンキ。
コンロで焼いているときバチバチと脂が跳ね、魚に火がつくんじゃないかと思うくらい大量の脂が含まれているんです。だから「ジューシー」で「ホクホク」。その風味は何とも例え様の無い極上のもので、スーパーの魚と比べ物になりません。

上質な味に誰もが感動すること間違いなし!

 

 

イカは食べやすい大きさにして、マヨネーズで。

marua05

いやいやこれもデカイ!

marua06
厚めのイカの身を熱いうちにササッと食べやすいサイズに切ったらまずはそのままで。イカってこんなに美味しかったんだって再認識&ビールに合う!

柔らかい身は噛むほどに一瞬一瞬イカの旨みをダイレクトに伝えてくれるから、飽きることなく噛み続けてしまいます。ンオーッうまいっ!それが素直な感想そのまんま。

 

お酒の好きな方に“とうちゃん満足♪” 今日のおかずに“かぁちゃん喜ぶ♪
みんなとワイワイ“盛り上がる!”阿部商店さんのめちゃめちゃ美味しい干物、 どうぞ召し上がってください!

ご注文は、買っちゃって王カートから。

 

愛情を込めて一生懸命育てました。陸前高田市の米粉麺&野菜-ひころいちファーム-

岩手県陸前高田市。震災以降何度も耳にしたことのある場所です。大津波で殆どの土地が失われ、壊滅的被害を受けましたが、今、復興に向け市民が一丸となり頑張っています。
そんな中現地の農家も以前からの作物を再び復旧させようと、日夜努力をしている中、

今回お送りくださった“ひころいちファーム”さんは「元気があればなんでもできる」をモットーにお米や野菜を作る生粋の農家さんで、我が家に新鮮な野菜とお米を粉にして作った米粉麺を送っていただきました。

hikoroi1

ひころいちファームのオーナー村上さん一家は震災のとき、間一髪でようやく逃げきったそうです。奥さんも子供さんも無事助かったのですが、土地や農機をすべて失いました。実家のある大船渡市に戻らず、陸前高田市で「ひころいちファーム麺工房」として新たにスタート。小さな工房には製麺機があり100%米粉でまっ白な米粉麺を作り、耕す土地からは四季を通じてできる美味しい野菜を育てています。

hikoroi2

ダンボールにどっさり入った野菜と米粉麺、それにトマトジャム。
野菜はすべてシャキッとしていて見た目だけでも鮮度のよさが伝わってきます。シーズンによって野菜の種類は変わりますが、その種類や説明書付きで同梱されてきますから、その日の料理によって簡単に選べます。

さて、野菜やジャムも然ることながら私がもっとも注目し、試してみたいと思ったのが米粉麺なんです。画像をみてすぐに気づくはずなんですが、ひらひらの平麺で色もお米の粉だけあって純白。では何故この麺に執着するのかといいますと、スープに入れたり、茹でてパスタで食べてもいいんですが、実は買っちゃって王は九州の大分県にありまして、大分県には郷土料理で「やせうま」という麺料理があるんです。
茹でた平麺にきなこと砂糖を混ぜた粉状のものを麺にまぶして食べる風習がありまして、おかずやメインディッシュではなく“おやつ”なんです。その麺は小麦粉の麺でうどんと然程変わらない食感なんですが、大分県ではどの家庭でも当たり前の麺の甘いおやつです。

 

そこで、ひころいちファームさんの米粉麺の平たいですし、思いついたわけですね。皆さんぜひ「ひころいちファーム」さんの十割米粉麺と旬の野菜セット(税・送料込み3,150円)を是非ご注文してください。

 

米粉麺で作った
大分県の郷土料理“やせうま”

※個人差もあるため、きなこ・砂糖の分量はお好みで調整してください。
今回米粉麺200gに対し、きなこ150g 砂糖大さじ5(砂糖の量はお好みで調整)

1、 沸騰したお湯に米粉麺を入れ、約3分ゆでます。2、ざるに上げてお湯をきり、麺をボウルに入れ、きなこ砂糖、塩少々(ひとつまみ程度)をいれてよく混ぜます。

さぁ、これで出来上がり♪ 簡単でしょ。

hikoroi4

その味は・・・・・・・・・

hikoroi5

予想を反して、米粉の麺の食感はモチモチ!小麦の麺の場合、弾力が強いんだけど米粉だから簡単にちぎれると思っていたんですが、予想外。弾力はあるわ、腰もあるわで食感最高です。この麺でで作ったやせうまに大分県民はきっと驚くはずです(私、第一号!)

それに是非お子様のいる家庭では、おやつに是非だしてあげてほしいですね。簡単ですし、手間もかかりませんから。米粉麺のレシピの幅はまだまだ広がりそうです。そうですね、沖縄そばなんてのもいいかもしれませんね。是非いろんな料理にチャレンジしてみてください!!

hikoroi3

温もりと感動。この言葉がピッタリのひころいちファームさん手作りの米粉麺。頑張れ!東北、あの一本松のように負けない精神で乗り切ってください。皆さん、是非ご注文を。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから。

 

牧場だからできるそのまんまの味わい!野村牧場の超ウマジェラート“Acacia Gift”-京都府京丹後市-

アイスの種類は多い方がいい・・・
そんなあなたにお勧めなのが京都府京丹後市にある野村牧場さん手作りのAcacia Gift。冷凍庫に眠らせておいて、いつ食べても「やっぱりここのが最高♪」そうなること間違いなしの至福の味わいをご紹介しましょう。

今やアイスクリーム系の商品は、夏も冬も関係なく食べられていますよね。
スーパーにいって冷凍庫を覗くと新しい種類のアイスが目の前に。でも、でもですね近くで買えば毎日同じで、アイスの好きな方には「あ~また同じのを買っちゃうのね」なんて諦めるしかないみたいなことってあるでしょ?
そんな時は“お取り寄せ”以外ないんじゃないのでしょうか。遠くには知らない“アイスの世界”が広がっているのですよ♪

zentai

今回買っちゃって王がお勧めするアイスは画像で確認できますが、6種類のカップに入ったジェラート。そのジェラートの販売している野村牧場さんは、京都府北部、京丹後市網野町にある日本海に面した自然の宝庫、浦島太郎伝説でも知られる町にあります。
のびのびと育った牛から毎朝絞った牛乳のみを使い、地元やこだわりの素材を入れたジェラートは酪農家だからできる人気アイス。まだまだ種類はあるそうなんですが、今回届いたひとつひとつをご紹介します。

 

ミルク

milk

これぞ定番。口に入れた瞬間はさっぱり、溶け始めるとミルクの風味と自然の甘さが美味しさの秘訣のようです。濃すぎず、物足りないこともなく、口当たりの良さが癖になりそう。


琴引の塩

kotohiki

アイスや甘いものに塩を入れると、元々の素材の味がさらにグ~ンと表にでてきます。このアイスは塩気の後にミルクのまったりがとても相性がよくて、とても食べやすいです。
ラムレーズンramu

後味まったり。コクがある中ここのミルクのせいなのか、食べ飽きないです。クオリティの高い大人味。


itigo

甘さを抑えた食べやすさに、苺の香りがフワリと鼻をかすめます。自然で優しい味わいが、大人も子供も美味しく召し上がれます。


黒豆きなこ

kinako

見た目胡麻が入っているのかと思わせますが、きなこの風味が特徴で、豆と豆の味がしっかりと味わえます。


抹茶

matya

豊かな抹茶の香りと、さっぱりミルクの味が爽やかそのもの。甘さ控えめで食べやすいです。


ここのアイス美味しいのは当たり前、だって素材がいいんだから。

やはり自社自営のアイス、農家さんのアイスが一番です!大量に作られるものよりも、素材がわかるものの方が安心・安全そして気持ちのこもったいつまでも余韻の残る美味なものほど記憶に残り続けます。「アイスならあそこだよ」ってすぐに言えることができたら、それは美味しかったっていう何よりの証拠じゃないでしょうか。

 

お買い物は、買っちゃって王カートをご利用ください。