0

ここのお米美味しいね!栃内ライスセンターの「あきたこまち」「ひとめぼれ」-岩手県遠野市-

Posted by kanri on 2013年2月14日 in お米 |
IMG_2287

IMG_2264

岩手県遠野市。四方を山で囲まれ、河童や座敷童子などが登場する「遠野民話」で知られる歴史と伝統が育まれてきた町。また、岩手県で二番目に高い山、早池峰山の一部も市域にあり、盆地が多いため放射冷却が起きやすい地域。

IMG_2263

「今年獲れたお米、あんまり残ってないんですよ」といいつつ無理を言ってお送りくださいました。そのお米農家さんは栃内ライスセンターといって「あきたこまち」と「ひとめぼれ」を作っていて生産者が、収穫した籾の荷受から乾燥、籾摺り、選別、出荷まですべてを請け負ってるそうです。勿論ですが、放射能性物質は不検出。

「今年のお米も例年通り、美味しく量もそこそこ。今までのリピーターさんは勿論、遠野の地で育ったお米をみなさんに是非食べてもらいたい」というオーナーの佐々木さんはお米一筋、みなさんの安心・安全を誰よりも願い「がんばろう岩手」を掲げ土と向かい合い、頑張っています。そんなお米、早速食べてみたいと思います。

 

あきたこまちakitakomati1

akitakomati2

このお米の名前ってコシヒカリの次に有名なのかもしれません。ホッカホカの炊きたてあきたこまちは、艶々でいい香り。
ではお口へ「う~んなんてモッチモチなの~~」透明感もあって、粘りが強くて弾力も十分感じます。そうですね「赤ん坊の肌」のようなモチモチ感、奥深い味わいが特徴ですね。

 

ひとめぼれ

hitomebore2
hitomebore1

おそらく東北のひとめぼれは久々の出会いのはず。ひとめぼれは、冷害対策から生まれた東北を代表するお米。柔らかく、冷めても美味しいのが特徴。
さて炊きたてのひとめぼれ、お口へ運ぶと・・・正に「惚れてまうやろ」粒がハッキリ、美味しいっ!!です。
“ひと目惚れ”本当はこう書くんじゃないのでしょうか。おかずなしですぐに一杯目が終わる感覚。甘く、粒が大きいから食感もいいし、粘りもコシヒカリに匹敵するくらい。一口で美味しい、だからひとめぼれなんでしょうね。

IMG_2287

美味しいのは当たり前だけど、作り手から直送してくれるお米ほど、ほぼ間違いないものはありません。毎日が「うまい」に出会えるんです!

栃内ライスセンターのお米は、買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.