0

名峰「立山連峰」の大自然で育ったコシヒカリ –営農ワイエムアイ-富山市

Posted by kanri on 2013年2月4日 in お米 |
ymi2

立山連峰 ymi1

剣岳・立山・薬師岳の山脈、黒部川を隔てて対岸の白馬岳・鹿島槍ヶ岳など後立山連峰とそれに続く長野・岐阜・富山県境の三俣蓮華岳までの山脈、その間に位置する黒部川一帯を含む世界有数の豪雪地帯であり、3000m級の山々がそびえる山岳地帯で、氷河時代からの動植物が生息する等学術上貴重な自然や景観が残された地域。

 

今回、この雄大な自然の中で育ったコシヒカリを紹介するわけですが、最初に言っておきたいのはミネラルを多く含み、寒暖差が激しい地域のコシヒカリに“ハズレ”は過去食べてきた経験から殆どありません。
「安心・安全」の取り組みは勿論なんですが、その地域の土壌、水などの環境の影響から作られたお米は本当に美味しくて、飽きにくく粒がはっきりしたお米が存在しやすいと思います。

ymi2

富山市の営農ワイエムアイさんは、名水の宝庫とも言われる先に紹介した立山の恩恵を背に、有機質肥料などを抄き込んで土作りにもこだわった農業を営んでいます。
全国農業コンクール第56回優秀賞の経験のある営農ワイエムアイさんでは、コシヒカリのほかひとめぼれ、てんたかくも生産。勿論地元富山でも、美味しいと評判のお米を販売中です。

ymi3

さて、これから食べる名峰立山の恩恵を十分受けたコシヒカリ。どんな味わいなんでしょうか。

 

お米は、最初糠を落とす程度に2、3回かき混ぜ、優しく扱ってあげてください。研ぎすぎると、せっかくのお米の旨みが消えてしまいます。冬は1時間、夏場は30分近く渇すとふっくらと艶やかに炊きあがります。

ymi4

ふっくらと炊き上がったコシヒカリ。香りよく、真っ白、まるで雪のように思えます。

口に運ぶとその瞬間、口の動きが瞬間止まってしまい「あっこれ、この味、うまい!」おかずなんていりません。このコシヒカリのモチモチ感、喉をすぎるまでの安心感、これは素直に美味しいから自然にそう思うしかないんです。
優しくホッとする、営農ワイエムアイさんのコシヒカリ、最高に美味しいですよ!勿論覚めても美味しいから、おにぎりに是非してみてください。きっと違いに気づくはずです。

ymi5

いやいや美味しかったです。お米はこうじゃないと飽きてしまいますから。

 

ご注文は、買っちゃって王カートから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.