アーカイブ : 2013年 1月

江戸時代から続く「おぼろ豆腐」なめらかな味わい-涌谷とうふ店-

       今回紹介するのは「おぼろ豆腐」なんですが、これがとっても歴史の長い古くから伝わる豆腐だったのです。

お送りくださったのは宮城県遠田郡涌谷町の涌谷とうふ店さんから。“わくや名物おぼろ豆腐”は涌谷町産ミヤギシロメという大豆を100%使い、その食感はやわらかく、なめらか。
特にこの豆腐を使った「涌谷のおぼろ汁」には歴史があって、江戸時代に関西のお寺から派遣されたお坊様が、そのお寺の「わらじぬぎ場」になっていた奥州涌谷の「櫻井屋」に、おぼろとうふの作り方やおぼろ汁としての食べ方を伝え、地域に広めたのがきっかけだそうです。今ではこの豆腐が“わくやのおぼろ豆腐”として涌谷の郷土料理として親しまれる名物となっています。

1IMG_1890

さて早速わくや名物おぼろ豆腐を使って私も名物おぼろ汁を・・・と思ったのですが、今回はちょっと工夫を凝らして「おぼろ豆腐のあんかけ」を作ってみました。

2IMG_1892

●作り方●

まずおぼろ豆腐をお湯で温めておきます。次にひき肉(100g)を水から茹で、匂いを取りザルでお湯をきります。

 

鍋に水(200cc)醤油(大さじ1)みりん(大さじ2/1)だしの素(小さじ1)砂糖(小さじ1)を鍋に入れ、煮立ったらひき肉、生姜のみじん切りを入れます。沸騰したら水溶き片栗粉でとろみをつけ、豆腐にかけます。小口切りした小ネギを上にのせたらハイ、できあがり♪

食べてみると・・・

 

ん~いい香り。

まずは、おぼろ豆腐を食べてみると、つるっつるで、プリプリでやわらか~い、まるで赤ん坊のほっぺのよう。なめらかな舌触りは、大人だけじゃなくて子供さんにもきっと受けること間違いありません。このおぼろ豆腐のパックのラベルには「元祖青ばたおぼろ」と書かれてていたんですがラベルをはがすと、うっすらと緑色の豆腐がその姿を現したんです。豆そのままを固めましたという感じがとっても印象的でした。
伝統ってすごいもの。夢中にさせる不思議な力もあるかのようです。寒い日におすすめの「おぼろ豆腐のあんかけ」。身もココロも温まりますよ。

4IMG_1912

 

せっかくの名物ですから「涌谷のおぼろ汁」のレシピを書いておきます。

1.干し椎茸はひと晩水に入れて戻し、石づきをとってせん切りにする。
2.鍋に入れて、刻んだ椎茸をよく煮出します。
3.鍋に水と椎茸のもどし汁を入れて火にかけ、椎茸を入れて、醤油とみりん、調味料で味を整えます。
4.水溶きの片栗粉を焦げ付かせないようによくかきまぜながら、ブツブツになるまで煮てトロミをつけてきます。
5.それに「おぼろ豆腐」と油揚げ、人参、タケノコを入れます。
6.生姜の絞り汁を落し入れて、季節の青物をのせて出来上がりです。

 

 

次に、わくや名物おぼろ豆腐「濃甘」をそのまま食べてみました。

さすがに名物というだけあって深い味わいの豆腐です。口の中ではほんのりと大豆の香りが漂い、舌触りはなめらかで甘いんです。噛む暇がないまま“とろける”そして喉越しの良さは初めての経験。
もう少し柔らかくてハチミツでもかければプリンのような食感になりそうな想像もしてしまいます。なんて深い味わいなんでしょうか、飽きることなく口にどんどん運んでしまうのはきっと私だけではなさそうです。

5IMG_1894
6IMG_1920

 

さてお待ちかね?豆腐屋さんには必ずある「油揚げ」。
実は涌谷とうふ店さんからおぼろ豆腐と一緒に梱包されていたもので、食べ方はフライパンで焼いて、大根おろしをのっけて食べると美味しいそうです。この油揚げ、めちゃめちゃ大きい!そして重い。ボリューミーな厚揚げはきっとお酒のアテにいはず・・・。

三角油揚げ

熱々の油揚げにポン酢を少し垂らし、大根おろしをのっけて・・・ハフハフっうわ~っこれは美味しい♪お酒のつまみに合うこと間違いないんですが、この大豆のいい香りは記憶から当分離れそうにないです。外カリっ、中はふんわり、お豆腐が所狭しと詰め込まれています。これで今日のお酒の相手はキマリッ。

 

涌谷とうふ店

歴史と伝統、それにこだわり。この三拍子が揃う涌谷とうふ店さんのおぼろ豆腐。さすが名物にふさわしい手作りの逸品に、食べ飽きることなく堪能させていただきました。

 

お求めは、買っちゃって王カートから。

蜜たっぷり!程よい酸味&甘さのりんご“サンふじ”-会津ひろきりんご園- 青森県板柳町

    2013年1月。今年初めてのりんごが届きました。
みなさんりんごって秋のイメージがあるかもしれませんが、品種によっては長持ちする美味しいりんごがあります。ご存知かも知れませんが、そうですあのショリショリで甘酸っぱい品種の「サンふじ」は日持ちもよく、りんごの中でも一番好きという人も多いはずです。
しかしこんな経験がありませんか?スーパーで買うと硬いばかりで甘くない。まとめて買ったんだけど価格が高い。
味がイマイチ・・・・こんな経験はもうしたくないという方にはなんといってもプロからの直接購入が一番間違いありません。簡単にいえば「生産者直送」ということですね。

会津ひろきりんご園

私の自宅に届いた5k 送料込み3,500円のサンふじをこれから食べるわけですが、その前にこのりんごを作っている「会津ひろきりんご園」さんをご紹介します。

 

会津ひろきりんご園さんは、サンふじの生産量日本一の弘前市に隣接する北津軽郡板柳町にあります。会津さんのりんごの育て方は、紅葉する樹からしかりんごを収穫しないこと、通常より遅らせて収穫することにより完熟させることなんだそうで、なんでもいいから収穫するのではなく、本当の美味しさがわかっているプロだからこそ、見極めてから美味しいりんごいだけを皆様へお届けしてくれるわけです。

1apple

お送りくださったサンふじは「葉とらず」という生産方法で育てたりんご。

通常りんごは、りんごの葉っぱをとって赤い色をつけるんですが、その葉には大きな役目があって大切な味をのせる役目にこの葉っぱは欠かせません。そこでしっかりと味をのせるために収穫直前まで葉っぱをつけたりんごが「葉とらずサンふじ」なんです。

見た目はあまりよくありませんが、サンふじが本当に美味しいかどうかを見分ける方法で、りんごのお尻をみると、真っ黄色なのが「完熟」の証拠。この真っ黄色のサンふじこそ、これから食べるこだわりのりんごなんです。

2apple

さてサンふじの美味しさを物語るのに「蜜入り」かどうか、これを期待しているみなさんもいらっしゃると思いますので、もったいないですが輪切りにしてみました。写真をごらんの通り、確実に蜜が入っています。この蜜の周りが特に美味しいんですよね。
(収穫して日数が経過すると蜜は自然に果肉に消えてしましますが、味に遜色はありません)

4apple

さて思い切って皮ごとかじると・・・・・・・・

シャリッシャリの歯ごたえから、すぐにサンふじ特有のほどよい酸味にすっきりした甘さが口いっぱいに広がります。これは、普通スーパーで買う(場所によりますが)サンふじと全然違います。味のノリがよく、食べても食べても飽きない。時折バナナに似た香りがふわりとして、太陽の恵みと、生産にあった土地の養分が行き渡ったりんごだからこそ感じる食べてよかったという安堵感さえします。

3apple

りんごの花言葉は「選ばれた恋」だそうです。そうですね本当に恋をしそうなくらい、甘く酸っぱい、余計なものがない人と果物の相性の良さみたいなものを感じました。やはりりんごは生産者直送に限ります。

美味しくて安心&安全!本当に美味しいんだから!!!

ご注文は、買っちゃって王カートから。

 

美味しいからまた食べたい!関西風お好み焼きのお取り寄せはココでっせ!-SD食品㈱- 奈良県広陵町

ものは試し、当たりハズレがあって当たり前。-確かにそうです-
まずいともういらんわぁ、美味しいともう一回。こんな当たり前のことが食の世界に絶対あります。
B級グルメっていいますが、身近でいつでも気軽に家庭的なものが味わえるのはいいけれど、そんな中でも結構「マジ」モードで美味しいお取り寄せの“冷凍お好み焼き”に遭遇したんです。

 

お好み焼きっていうと普通は関西風の具を混ぜ込んだものと、生地の上に具を載せて焼く広島風があります。それを自分がお気に入りの店で注文して食べるのが当たり前。
家で食べたい場合は、お店のお好みをテイクアウトするか、スーパーにいって冷凍のお好み焼きを買ってチンして食べたりしますよね。その冷凍なんですが、ひどいものだとやたらと粉っぽくて具材も厳選せず、ただ単にお腹を太らせてくれるだけのって案外ショックだったりした経験ないですか。
私は、そんな経験があるものですから、今回お送りくださった奈良県のSD食品さんの冷凍手作りお好みにマジ脱帽でした。勿論奈良県ですから関西風お好み焼きなんですが、その製法に美味しさの秘密があったのです。

 

当然レンジでチン♪

 

で食べるわけですが、みなさんの口に入るまでのこと、説明しましょう。
キャベツは、群馬県嬬恋村をはじめ、国内産の新鮮・安全なキャベツを仕入れ、卵は、国内産の殺菌全卵、天かすに使われる油は、体にやさしいヘルシーな米油とゴマ油をベースとした非遺伝子組み換え油セサオレイン94という今注目される油を使ってできたもの。

もっとも食感を左右する粉は、自社ブレンドのオリジナルで、玉になりにくいお好み焼き専用のこだわりの粉。次に「焼き」ですが、遠赤外線銅板焼成機で焼くため、ベタつきがなく、ふんわりと仕上がるそうです。それにSD食品さんのお好み焼きは直売所も併設しているため、近くの方は直接購入もできるそうです。直接声を聞けるっていうのもいいですよね。

 

ミックス、スペシャル、豚玉

ミックス、スペシャル、豚玉

さていよいよ食べてみるわけですが「ミックス、スペシャル、豚玉」の各3つをチン♪してそれぞれの特徴をお伝えします。(ソース付き)

 

★ミックス(イカ・豚)

ミックス(イカ・豚)

ミックス(イカ・豚)

 

特性ソース、鰹節をふりかけ、箸をいれると柔らかいからなのか、簡単に食べやすい大きさにできます。

ふんわ~り♪の超柔らかい生地は、そんなに噛まなくても自然に喉の奥を過ぎていきます。次にインパクトを与えてくれたのがシャキシャキのたっぷりキャベツ、真ん中には歯ごたえのいいイカと豚肉があります。これはとても冷凍とは思えない、お店のカウンターから渡される出来立てのお好み焼きに近い味わいです。

 

★スペシャル(ねぎ・イカ・たこ・豚)

ミックス

ミックス

 

ちょっと贅沢なお好み焼きならコレ。数あるラインアップの中で一番人気なんだとか。

 

一口分をお口にIN。な~るほど、溶けていくようなキャベツのあとにイカ、たこが運良く?残るから二度にわたり食べごたえがあります。ねぎの香りが鼻を抜けるとき、あぁ美味しいお好みに出会ったんだという思いが、いつまでも印象深く残ります。

 

★豚玉

豚玉

豚玉

 

やはり豚玉は基本かな。“シンプル・イズ・ベスト”これぞ基本中の基本というお好み焼きです。

本来の食感を味わうためにあるかのようなお好み焼きで、中身は豚肉だけ。それでもふんわり&シャキシャキキャベツは健在なのです。マヨネーズをつければもっとウンマ~イ♪

 

食べてみて・・・・

 

おやつに、ビールの共に是非おすすめしたいですね。

このお好み焼きは私の中では、冷凍お好みのキングといっていいくらいで、マジに美味しいんです。違いを求めるのであれば、是非お試しください。

お買い物は、買っちゃって王カートから。

 

ピュアな味わいに惚れました♪瀬戸田レモン使用「生れもんほん酢」-㈱大前醤油本店-

今日はポン酢のご紹介。
しかしながら数あるポン酢には工夫が凝らしてあって、サラダに、鍋にどの家庭でもさっぱりいただくための一本がありますが、「あれっこれはいい香りで美味しいねぇ」なんてのがあって、いつもと違いのわかる一本ならどうでしょう。
今回紹介するポン酢は生の「レモン」の風味最高のこだわりのポン酢です。

1IMG_1669

時は平成24年冬。今年の流行鍋のひとつに「レモン鍋」っていうのがあって、鍋の上にスライスしたレモンを隙間なく並べているもの。そりゃレモンの風味蓋かで、さっぱりといただけるに違いないのですが、私の目の前には広島県安芸高田市の大前醤油店さんから送られてきた「瀬戸田生れもんぽん酢」という、素材にも製法にもこだわったポン酢があります。
レモン鍋もいいけれど、さっぱりいただく鍋ポン酢が合うように、今回お送りくださった瓶のラベルに「生れもん」の言葉がくっきり。ということはレモンの風味と酸味がきっと食を誘うに違いありません。

 

さて早速キャップを開けて匂いを嗅いでみると、なるほど「さっぱりキレのいいレモン」の香りがします。使われているレモンは、瀬戸田レモンという国産レモン発祥の謂れがある成熟してもグリーンのままのレモンなんです。輸入レモンと違いフレッシュで、健康的な生命力溢れる香りが特徴。

さすがレモン生産日本一の広島県だけのことはあります。

 

まずは「焼き茄子」に使ってみました。

2IMG_1679

柔らかく焼けた茄子はそのまま食べると甘いんです。そこへ生れもんぽん酢をサッとかけ、口に運ぶと「爽やか~レモンの風味がいいじゃん」。レモンの酸味は決して食べるのに邪魔することなく、さわやかな香りが口十に広がり、ほんのちょっぴりの甘い出汁がスっ~と効いてきます。
これがいいんでしょうか大前醤油さん独自の醤油の風味がこのレモンと合体し、いい雰囲気を出してくれています。

 

次にしゃぶしゃぶ。

4IMG_1687

肉がさっぱりといただけます。レモンの風味に抱かれた豚肉は、もっと美味しくなっちゃいました。

3IMG_1683

お豆腐にも使いましたが、豚肉も豆腐も素材の旨みを逃すことなく生れもんぽん酢は、引き立たせ役に早変わり。清々しささえ覚える保存料無添加の「生れもんぽん酢」是非お求めください。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから。

 

うれし、うまし「鳥取カレーの素」&「ゴールデンケチャップ」-㈱鳥取カレー研究所-

     あた~~り~~!!
久々に美味しいカレーに出会えてちょっと興奮ぎみ。カレーって種類は多いし、好みもそれぞれ。私がこれから紹介するカレーとケチャップは、お取り寄せして是非食べてもらいたい選りすぐりの逸品です。
そんなにすごいの?って思うでしょ。本当なんですよ、これが。

1IMG_1793

お送りくださったのは㈱鳥取カレー研究所さんから。最初に鳥取カレーの素を紹介ましょう。
旨味「松葉がに」、甘味「二十世紀梨」、香味「砂丘らっきょう」が入った鳥取の自慢の逸品が入ったカレー。着色料、保存料、化学調味料は勿論使用していないわけですが、この3つの地元の素材は味に特徴があるわけですから、香辛料の種類や分量も研究に研究を重ね作られたはずです。
合わせられるように、誰もが美味しく食べられるようにきっと懸命に考えたカレーに違いありません。

 

では、つくってみましょう。

作り方は商品の裏に書いていますので、その通りに進めていきます。使うお肉はなんでもいいと思うのですが、私は黒豚のブロック肉を使ってみました。

2IMG_1802

カレーを美味しく作るコツは玉ねぎの炒め具合にあるともいいますが、私は玉ねぎが飴色になる手前まで焦がさないように炒めます。そして人参、お肉を炒めて水をいれ、アクを取り、一端火を止めてカレールーを入れます。

3IMG_1804

弱火でトロミがつくまで煮込んだら出来上がり。(一晩おいた方が美味しいですよ)

 

“いただきます”

4IMG_1808

一口目、先に甘さがきた2秒後、ちょいピリっ・・・
HOTな香辛料がググッと舌を責め立てます。クドい辛さではなく、戸惑うことなく食べられる市販とは別物のカレー。私は「辛さが熱い」そういう風に捉えたカレーなんですが、メチャ辛いわけでもなく、ヒィヒィ言わせるカレーでもなく、日本人好みの家庭的なコクと旨みに包まれた、HOTなカレーなんです。
水っぽくもないですし、甘さが引き立つ子供カレーでもありません。紛れもなく大人カレーなんですが、研究に研究を重ねた結果、この香辛料の種類と分量に辿りついたと思います。あ~旨い、また食べよう!自動的に脳裏にインプットされた「鳥取カレー」、しばらくホクホクが続きます。

 

次にめちゃめちゃ売れているという噂の「ゴールデンケチャップ」

昨年1月にTBS系で放送されたJJJ-1グランプリで紹介され、大ブレイク!!
鼻を近づけてみると、カレーの香りがするトマトケチャップといった感じです。ゴールデンケチャップをたっぷりソーセージに乗っけてお口へ“パリっ”じゅわっと溢れる肉汁を寄せ付けない程のパンチの効いた辛さ+酸味+程よい甘さがお口の中を駆け抜けます。
このケチャップの開発には10年かけ厳選したスパイス(マル秘ガラミマサラ・コリアンダー・カルダモンなど)に、ベースになっている野菜は県産の完熟トマト(玉ねぎ・ニンニク、隠し味に生姜)、仕上げには特選のワインビネガーにヨーグルトでまろやかさと清涼感をプラスしたものすごいこだわりよう。

5IMG_1816
これだけの材料を使うと、どれかが表にでたりでなかったりという現象が現れがちですが、それが甘さ・辛さ・酸味ひとつひとつがわかりやすく邪魔のない、素材が生きてくるパーフェクトなソースなんです。ホットドックにも使えそうだし、ハンバーグのソースにもバッチリ♪

6IMG_1819

「香辛料」その種類、数は多い。それを選びさらに工夫を重ね皆さんが食べた瞬間の「美味しいね」が何よりの活力なはず。香辛料選びって本当にむつかしいんですよ!
産地や種類で違いもでてきますから、プロ級の目利きが必要になるんです。あたりまえに美味しいから、続けられる。そんな2つ、おすすめですよ!

 

お買い物は、買っちゃって王カートから。

 

パイナップルの香り豊か、一口で南国気分。沖縄カステラ本舗伊豆味の“パインカステラ”-沖縄県国頭郡本部町

パイナップルといえば沖縄のイメージを誰しもがもっていると思います。普通はピーチパインや手でちぎって食べるスナックパインが有名ですが、観賞用のパインを含めると全部で2000種はあるそうです。
今回紹介するのはそのパインを使った「パインカステラ」なんですが、地元では大人気のカステラだそうです。

1IMG_1621

お送りくださった本部町の沖縄カステラ本舗伊豆味さんは、以前あった伊豆美パイン園のカステラを復活させたそうで、この復活劇に地本の皆さんは大変喜んでいるんだそう。

いこいの駅いずみにあるカステラ本舗伊豆味さんの定番「パインカステラ」は、昔から地元では有名だったそうで、観光で訪れたお客様は、お店の外のパイン畑をのんびり見ながらコーヒータイム。やんばるの風景を眺めながらの休憩は、南国でのいい思い出になるはずです。

2IMG_1634

さてこのパインカステラ、お取り寄せもOK。内祝い、法事、お歳暮等にもおすすめです。

私はクリスマスに合わせて送ってもらったんですが、箱のデザインを見ただけで沖縄のイメージが浮かんできました。箱から出して袋を開封すると否や、パインの香りがじゅんわり。カステラの上には薄くスライスしたパインが見えます。
早速食べやすい大きさにカットして一口・・・

4IMG_1643

パインの香り満載のカステラは、上質のパインのそのものが突然舌を襲ってきます!!

パインの香りが口いっぱいに広がった瞬間、鼻の奥をパインの香りがさらに駆け抜け、フワフワの生地は甘すぎす食べやすい。
最初食べる前にパインだからきっとねちゃねちゃ甘ったるいのでは?と思っていたんです。ところが予想とは裏腹にしっとり&うっとり。

そして気になる生地の上のパインは、シャキシャキした歯ごたえさえします。お口の中は沖縄色いっぱい!!皆さんきっとカステラの概念が変わるのかも知れませんよ。

3IMG_1637

カステラの発祥は、坂本龍馬が長崎で作ったのが最初であるとされています。歴史を超え、カステラは我々日本人のお茶請けのひとつとして定番になり、贈り物に使う方も多いはずです。
しかし、そのカステラが今回南国の素材「パイナップル」を使ったものだったわけですが、カステラのイメージがさらに広がり、美味しいばかりかひと時の安堵感さえ与えてくれたのです。しっとりした生地、パイナップルの酸味は誰もがきっと驚くはずです。

 

ご注文は、買っちゃって王カートから。

 

沖縄パインの発祥地!(旧伊豆味パイン園)の幻のパインカステラを復活させました。
目の前に広がるパイン畑~ゆっくりと時間が流れています。やんばるの風情を眺めながら美味しいコーヒー・・・是非、ご賞味下さい。

内祝い、法事、お歳暮等にも!焼きたて! ど~んと!

●パインカステラ:1,000 円(税込)送料別

お電話かfaxにてご注文をお待ちしております。

 

自然に優しい園芸屋さんが心を込めてつくりました。北海道米味比べギフト-ハウス工藤園芸- 北海道七飯町

ここ最近、北海道のお米が随分美味しくなりました。
以前は美味しくなかったわけではなくて、品種を改良してさらに美味しくなったってこと。
実は北海道産米は、コシヒカリの生産で有名な米新潟県と1、2位を争う米所なんですよ!冷涼な気候が害虫の発生を抑え、農薬の使用も少ないクリーンな農業をほぼ全域で行われているんです。

1IMG_1647

お送りくださった北海道亀田郡七飯町のハウス工藤園芸さんは、地元の野菜苗、花苗、鉢花、観葉植物、野菜を販売する傍ら、自社農場でお米の栽培も行っています。
今回届いた「ゆめぴりか」「おぼろづき」「ふっくりんこ」は北海道を代表するお米なんですが、この3つ特徴、味覚をこれから順番に紹介しますので、購入の参考にしてください。
あ、そうそう注文、発送は勿論「ハウス工藤園芸」さんから。買っちゃって王のカートをお気軽にご利用くださいね。

 

「ゆめぴりか」
2IMG_1654

ゆめぴりかは、正に北海道屈指の魚沼のコシヒカリに匹敵すると言われる新しい品種です。

2年連続最高ランク「特A獲得米」で、開発まで12年もの歳月をかけたゆめぴりかは、程よい粘り、甘さ、やわらかさのバランスのとれたお米です。「ご飯そのものがご馳走になる」といわれるほどで、ANAの国際線ファーストクラスへ採用されました。

 

食べてみて・・・・

程よいやわらかさ、粘りも強く、しっとり感は他のお米より強く感じます。口に入れた瞬間に真っ先に感じ取ることができるのは、コシヒカリに負けない粘り、噛むごとに甘く存在感のあるお米です。

 

「おぼろづき」
3IMG_1657

このお米の最大の特徴はもっちり感と粘りがすごいこと。アミロースが多いと粘りが少なく、アミロースを少なくした分粘りが多くなります。その粘りこそ「おぼろづき」の特徴。

おぼろづきが誕生するや否や、東京と大阪で食味調査をしたところコシヒカリより美味しいという評価を得ることができました。柔らかいお米なので、お年寄りのいらっしゃる家庭で人気があって、風味と甘さは北海道米の中でも群を抜いている品種です。

 

食べてみて・・・・

久しぶりに食べたおぼろづきはやはり粘りがすごい。これ以上強烈だともち米になりそう。ファーストインパクトは「柔らかく甘い」。ミルキークイーンより美味しいと感じたのが素直なところ。噛むほどに甘いおぼろづきの人気は落ちることはなさそうです。

 

「ふっくりんこ」
4IMG_1688

その名の通り“ふっくら”して、やわらかさが自慢のお米です。北海道の中でも秋の長い道南地方で作付けされ、コシヒカリより粘り強い品種です。ふっくりんこはデビュー以来、平成25年で10年目を迎えます。寒さに強い「ほしのゆめ」と米国品種「国宝ローズ」を祖先に持つ系統「空系90242B」とを交配させ開発した「ふっくりんこ」はふっくら、炊き上がりふんわり。こちらはJALファーストクラスで採用されました。

 

食べてみて・・・・

粒はっきり!ふわっふわ!ふっくら!多分冷めておにぎりにしても美味しいはずです。

言うことなしの「うまいお米」ベスト10以内に入るでしょう。

 

北海道の米が生活レベルを変えた!!そういっていいでしょう。味や香り、炊き上がりの粒の良さは3種の道産米全てに共通しています。さて、あなたはどの道産米がお好み?

北国の米はうまい!そのひとつ「北海道」だって本気に「うまい」ですぞ。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから。