アーカイブ : 2012年 8月

富士山の麓のお漬物屋さんが作った、違いがわかる「塩麹&醤油麹」-㈱宮漬-

「塩麹」随分ブレイクしましたよね。しかしながら製造方法はほとんどどこも変わりはないのに、あまりの多さにどれがいいのか、どれが好みなのか選ぶのに迷うほど。
今回紹介する塩麹と醤油麹は“違いがわかる”とっても使いやすく食材の旨みを自然にググ~ッと引き出してくれた2つでした。

代々伝わるお漬物屋の㈱宮漬さんが今回の製造元。

宮漬さんは、富士山のお膝元、市の約半分が富士箱根伊豆国立公園の区域内という静岡県富士宮市にあって、富士山麓の荒野菜を使い、おばあちゃんの味を今に伝える懐かしいお漬物を製造・販売をしています。

宮漬さんが作る塩麹は、深層海塩「ハマネ」と、手作り生米麹を富士山麓バナジウム天然水で丁寧に仕込んだもの。野菜・魚・肉などさまざまな食材の旨みが引き出され、おいしいお料理に変身するばかりか、普段の料理で塩を使うところを塩麹に代えるだけでその違いは明らか。

さらに野菜の塩もみに使ったり、焼き物、煮物、汁物の隠し味に、ドレッシングとして使ってみたりとその使い方は無限に広がります。

 

私はお漬物や塩もみに使うんじゃなくて、

どの家庭でもお馴染みの「卵焼き」に使ってみました。

卵2個、味付けは小さじ2杯の塩麹。攪拌した卵に塩麹を入れ、よくかき混ぜいつも通り焼くだけ。

その味はというと「シンプルisベスト」といったところです。さっぱりした邪魔にならない塩気は、だし巻き卵より美味しく、実にうまく卵の味を引き出します。

おそらく卵専門農家さんが作るような、味の濃いコクのある、黄身が濃厚な卵を使うと、もっと美味しくできるのがわかります。これは簡単だし、是非子供さんや弁当のおかずに作ってあげてはいかがでしょう。きっと喜んでいただけるはずです。

 

次に醤油麹。

醤油麹は塩麹に続く醤油の味や香りが一層引き立つこれからブレイクの予感たっぷりの旨み調味料です。

その使い方は塩麹と類似していますが、焼き魚や煮物はもちろん、野菜・魚・肉などさまざまな食材の旨みを引き出すのは塩麹と変わりません。唐辛子を加えておき辛味をプラスしたり、ニンニクを加えてスタミナ料理にするなど、自由にカンタンにアレンジできやすいのも美味しいところ。

宮漬さんの作る醤油麹は、天然醸造富士山麓湧水仕込みの「富士泉」で手作り生米麹を丁寧に仕込んだこだわりの醤油麹。もちろん保存料等の添加物は一切使用していません。

 

では早速使ってみたいと思いますが、用意するのは「ししとう」と「鰹節」。(ししとう6個、醤油麹大さじ2、鰹節少々)ししとうを輪切りにし、油で炒めます。ししとうに火が通ったら、醤油麹を入れさらに炒めて皿に移し、鰹節をパラパラと上からふりかければ完成です。

どう、簡単でしょ♪

これは酒のおつまみにGOOD!!

 

我ながら夏の暑い最中、ビールのつまみにしては簡単&上出来。ししとうの食感といいますか、たまに辛いししとうに当たると余計にビールがすすみます。それにこの醤油味が最高でですね、普通にふりかける醤油と違って角がなく、ほんわかとした味わいなんだけどコクもあります。だから素材に絡んでいい味をダイレクトに出してくれるわけです。

使う素材がよければいい程、表にというか舌に触っただけでポ~ンとはじけたかのように、そのものの味のよさが素直に、そして瞬時に感じることができるんです。お肉をこの醤油麹で焼いたら香ばしくて、きっといい味に仕上がると思いますね。

 

「お漬物屋さんならでは」というのが今回使ってみて一番の特徴ではなかったでしょうか。発酵のプロが、水や素材にこだわり、それなりの工夫も凝らしているわけだから、素人が使っても素材が引き立って、美味しい料理になって当然のこと。

その当たり前こそ大切で、選ぶのは“あなた”ですから、イイモノに感激さえすればもう虜にあるのは間違いないでしょう。宮漬さんの塩麹、醤油麹、是非使ってみてください。

あっそうそう、注文しますと宮漬さんからおすすめのレシピも同梱して送ってくれますから、美味しい料理が簡単に自宅でできちゃいます。

 

お買い物は、買っちゃって王カートから

 

「アップルスイートポテトパイ」&「吟醸チーズケーキ」-日光のおみやげ屋さん-

そうです。あの日光にあるお土産屋さんからの超お勧めをご紹介♪

 

見ざる、言わざる、気かざる・・・そうそうあの日光東照宮

観光地であるからにして当然お土産屋さんだって多い。そんな中、地元栃木の様々な素材を使ったオリジナル商品や、目玉商品を販売するその名も「日光おみやげ屋さん」から、今回アップルスイートポテトパイと吟醸チーズケーキをお送り下さいました。

 

まず最初に

アップルスイートポテトパイから

頂いてみました。

栃木県産「オリジナルバター」と、こちらも県産のさつまいも「紅あずま」を使ったパイ。見た目はごく普通のパイなんだけど、カットしてみるとあらまぁたっぷりのお芋!

 

さてその味は・・・・

うほほほっシ・ア・ワ・セ♪

お芋の好きな方なら、即ファンになっちゃいますよ!それと甘いりんごの誘惑と生地の相性だってとってもいいのよね。普通パイだとゴワゴワしたり、素材のいいとこ取りっていうのは案外少なかったりするじゃないですか。

ところがこのアップルスイートポテトパイっていう名前だけあってスイーティ&素材の甘さがバッチリなのね。食べて正解、万歳栃木って感じです。

 

次に吟醸チーズケーキ


チーズケーキって嫌いな人っているのかな?お店によって酸味のやたら多いのもあったり、喉の奥にいつまでも後味がくっついていやな思いもしたり・・・。

でも平均お・い・し・いよね。

これから食べる吟醸チーズケーキは「吟醸」というだけあってきっと大人の味に違いない! 栃木県地元の造り酒屋の吟醸酒の酒かすを使った「チーズケーキ」なんですが、これまで沢山のチーズケーキを食べてきた私にとって吟醸酒の酒かすを使ったチーズケーキなんて初体験。

ワクワク、ドキドキ・・・

カットしてお口へ IN♪

 

なるほどお酒のいい香りがやっぱりねっという大人の味。
スペシャルなその味は、ふわっとした口どけの中に、大吟醸の甘い香りが広がって日本酒の魅力をチーズに詰め込んだ優しい味。しかし吟醸のチーズケーキなんて珍しいですよね。初体験無事終了。

この2つ、地元の良さをふんだんに活かした完成度も高い美味しさを秘めた逸品だったわけですが、まずは是非食べてみて下さい。魅力たっぷりの味は、暫く脳裏を離れそうにありませんよ。

お買い物は、買っちゃって王カートから

 

 

さぁ粘りの強いのはどっち!?北海道「がごめ昆布」vs大分県「くろめ」-㈲高岡商店(函館市)-

ネバネバにもいろいろある。

皆さんご存知の納豆、おくらは代表的。
海の幸にもあって特に有名なのが北海道の「がごめ昆布」じゃないでしょうか。


しかし!買っちゃって王のオフィスがある大分県には「くろめ」というがごめ昆布に匹敵するほどのネバネバがでる海藻があるのです!
この二つ、どっちがネバネバなのか実験をしてみたいと思います。

その前にお互いを紹介しましょう。

 

今回我が家に「がごめ昆布」をお送りいただいたのは、朝市で有名な函館市松陰町の㈲高岡商店さんから。
天然岩のり、寿しのり、焼きのり、道南産天然昆布、海産加工品全般を扱う海苔専門の問屋さんです。函館朝市には40年近く出店しており、プロの目利きから鮮度のよい安心・安全な昆布や海苔を目の前で売ってくれます。

 

がごめ昆布はここ数年大人気で、一般的な昆布よりネバネバが多いため健康面からも注目され、一般のお客様や業務用まで引き合いの多い昆布だそうです。

がごめ昆布の収穫される有名な産地は、北海道室蘭市地球岬~恵山岬を経由し函館市~松前町まで。がごめ昆布の「がごめ」とは、葉全体にある雲紋状の凹凸が「篭の目」に似ていることから付けられたと言われています。がごめ昆布は有用な成分を多く含くむ海藻で、ネバネバの中に含まれる、フコイダン(マコンブの約4倍)、ラミナラン、アルギン酸が人の体にとても良い成分なんです。特にフコイダンには美肌効果があることが知られ、化粧品の素材にもなっています。

大分県の「くろめ」は名前からして何かの芽?と初めて聞く人はそう思うはずですが、あの関アジ・関サバで有名な大分県佐賀関町の豊後水道で収穫される海藻で、新芽の出る1月~5月までの間収穫されます。

「フコイダン」成分はコンブの約5倍もあって、海藻ポリフェノールも豊富。棒状にねじって出荷されていて、そのままねじったままのくろめを店頭で購入もできたり、千切りにして冷凍や乾燥させて販売もしています。

今回用意したくろめは、初めての人でも簡単に食べられるようにした刻んで冷凍にしたもの。

おそらくこの2つ、グルグルかき混ぜて味付けをしてご飯と一緒に食べてもいいんだけど、一番多い食べ方はそのまんま刻んで「味噌汁」にINでしょう。

 

ではネバネバ対決、開始!

先に登場したのは水に戻し、刻んだ「がごめ昆布」。
予想を超えたネバネバ!かき混ぜてみたとこと、うまく混ぜることができないほどの硬く丈夫な粘り。このまま接着剤にでもなりそうな、ものすごいネバネバ。

次にくろめ。

確かに多くのネバネバがかき混ぜるほどでてきますが、サラサラのネバネバ。がごめ昆布よりも柔らかい粘りで、醤油を混ぜて生卵の代わりにそのまんまご飯にぶっかけて食べてもよさそう。(実は我が家ではたまにそうしてます)しかし、これが生のくろめだともっとネバネバがでますから、おそらくいい勝負だったかもしれませんね。

香りも比べてみましたが、圧倒的にがごめ昆布のほうが昆布出汁の香りがプンプンします。そのまま食べるのであればくろめがオススメなんですが、今回のネバネバ対決の勝者は「がごめ昆布」に決定のようです。

さてこんなことやってみました。

2つを一緒にして「みそ汁」。


うおぉぉぉぉ~みそ汁がネバネバだらけ!
2つの昆布をミックスして食べた人ってもしや私だけ?香りだってク~~~~ッ最高です。フコイダンパワーが体にズド~ンとじゃんじゃん入ってきます。うんまい(北海道では“なまらうまい”)昆布出汁が効いたネバネバみそ汁、めちゃウマでした。

がごめ昆布。これいいです。

美味しいし健康にいいから、毎日ネバネバを楽しみながら味わえたらいいですよね。

 

高岡商店さんの「がごめ昆布」の注文は、買っちゃって王カートから。お気軽に♪

ただいま五代目。伝統を守り、自然と向き合う -茶農いしやま- 茨城県猿島郡境町

伝統を守り、自然と向き合い、お茶の匠の心で作ったさしま茶「稀天」
心に染み渡るお茶に出会いました。

五代に渡り丹精込めてさやま茶を作る石山製茶工場さんは、今もなお石山製茶工場の名を受け継ぎ“茶農いしやま”として皆さんが安心して飲んでいただけるさしま茶を製造・販売をしています。そんな歴史と伝統に育まれたお茶の中で特にこだわった「稀天」をお送りくださいました。

 

全国には多くのお茶栽培に適した産地があります。

さしま茶もお茶の名産地の一つで、歴史を簡単に紐解いてみると、江戸幕府ができる以前に元々公家・武士・禅僧侶・数寄者階級の嗜好の茶道として広がっていたものが、江戸時代に入ると徳川幕府が開かれ、徐々に武士や町人による都市化が進んできました。

と、同時にお茶の需要は増大し、やがて喫茶の習慣が地方の村々にも及び、茶樹に好適な猿島地方に自然発生的に茶の栽培、製茶が始まったのが「さしま茶」のきっかけのようです。その後生産にも力が入り飛躍的に増大して茶の産地としての形が徐々に出来上がり、茶問屋も現れます。上州(群馬)野州(栃木)武州(埼玉)信州(長野)にまでも販路が拡大され、交通機関の発達していない当時としては驚くほどの広範囲に届けられていたそうです。

その後、様々な製茶方法も生まれ全国のお茶生産者からの影響も受けつつ時代の流れによって変わってきたものの、さしま茶の歴史は後世へと受け継がれ、今もなお美味しいお茶の産地として皆様に親しまれています。

私の手元に届いた茶農いしやまさん謹製の「稀天」は代々続くお茶畑に根付いたエネルギーと、有機肥料と極力使用を抑えた低農薬栽培から作り上げた、渾身のお茶。

先人の残した技術、そして五代目の匠の技から生まれた「稀天」は、やわらか味(ミル芽)を感じるお茶に仕上げているんだとか。それにこの「稀天」の最大の特徴は「普通の水道水でも美味しく飲める」という特徴があるんです。

高価なお茶は井戸水や名水など「いい水」じゃないと本来の味がでにくいようなイメージがあります。「稀天」は普通の水道水でも美味しく、名水を使えばさらに美味しく召し上がることができます。

 

そのお茶の味わい、水道水を沸かして

これから感じてみたいと思います。

 

「稀天」を美味しく味わうには、沸騰させたお湯をポットに入れ、湯冷ましをしたお湯を使うこと。そして茶葉はたっぷり、冷ましたお湯に入れ約15秒。湯呑に注ぐとき、まわし注ぎで最後の一滴まで。そうすると均等の味になります。

さて石山さんの育てた「稀天」飲んでみましょう。

一口目で「角のないまろやかさ」が実感できます。舌全体が優しいベールに包まれたかのような、なめらかな味わいです。

一口で落ち着けて、二口目以降、飲み終えるまで飽きのこない、また鼻を抜けるお茶の風味は、時折高級感さえ感じさせてくれます。

このお茶「稀天」は、どんな水でも美味しく召し上がることができることから、贈り物としてもきっと喜んでいただけると思います。

今回初めて味わったさしま茶。
高級なものから一般大衆向けのものまで、その種類は豊富に違いないのです。しかしながら、今回私が飲んだ「稀天」はいつ、どんなときでも、誰に飲んでもらっても恥ずかしくない優しい味に仕上げた安心・安全なお茶。

目を瞑り、お茶畑の風景を思いながら飲むと、懐かしく、一層美味しく飯がれる気がします。

 

「稀天」のご注文は、買っちゃって王カートから

 

うっそ~これっ本当に“にんにく”!?ジャンボにんにく「桃太郎のげんこつ」 -M・Tカンパニー- 岡山県岡山市

先日岡山県からにんにくが届きました。

箱を開けると「これ、にんにくじゃなくて玉ねぎじゃないの?」と間違えてしまいそうなくらいの超BIGサイズのにんにく

このでっかいジャンボにんにく「桃太郎のげんこつ」といって匂い成分10分の1「野菜として」もりもり食べてもらいたいんだそう。

フライドガーリック、ドライガーリックで肉料理やカレーにオススメなんだとか。

 

いやいや~ 本気でびっくりです。

世の中にこんなでかいにんにくがあるなんて信じられません。

お送りくださった岡山のM・Tカンパニーさんは、今年2月に一度買っちゃって王で紹介したことがあって、既にジャンボにんにくの収穫後ということもあって、桃太郎のげんこつをスライスし、なたね油でフライにした「フライドガーリック」と「乾燥にんにくチップ」をレポートしたことがあります。

 

実物の桃太郎のげんこつは、本当にげんこつくらいといいますか、大人の拳くらい有にあります。そしてあの気になる匂いはほとんどしません。

 

見た目で大きくても食べたらどうなのか?

 

そこが皆さんの知りたいとこだと思います。
にんにくは60%が水分で、主要な栄養成分は30%含まれる炭水化物。そのエネルギー量は100g当たり138kcalと野菜にしては、少々高め。野菜としては、タンパク質が多いのが特徴で、脂質やビタミンB1、B2、カリウム、リン、カルシウム、ナトリウム、アミノ酸等も含まれています。バランスよくほかの食材といただくこともオススメしますが、昔から長い間、元気の素として、老若男女大勢の人々に親しまれてきた「にんにく」はガン予防にもなる他にアメリカで人気のサプリメントはというと「にんにく」という研究結果が出ているほど。

桃太郎のげんこつにんにくは野菜!

その超簡単な食べ方をひとつご紹介しましょう。

まず1片を皮ごとレンジ(600Wの場合)30秒ほど加熱。そのまま180度の油で素揚げ。

串をいれてスッと刺さればOKです。それだけでOKなのね~~(^O^)

ホクホクに揚がったにんにくの皮を剥がすと、玉ねぎを連想します。

その味はちょっぴりにんにくの香りがするだけで、そうですね食感は芋やじゃがいもに近いですね。

一口サイズにカットしてカレーの野菜と一緒に、バター焼きにしてもきっと美味しいはずです。

 

どうですこのジャンボにんにく!?

 

テーブルの上でしばらく眺めていてもなんとなく笑えてくるから不思議。だってこれ、こんなに大きいのに「にんにく」なんだよね(^O^)

で、これを食べたり料理に使うとなればそう簡単にはなくならないから、磨り潰して使いたいときにラーメンや餃子のタレに使ってもいいかも。

 

とにかくでっかいでっかいジャンボにんにく「桃太郎のげんこつ」
ご注文は、買っちゃって王カートから。

 

おひさまと大地の恵みを詰め込んだ、有機野菜と米粉の「野菜カレー」-風丸農場- 秋田県鯵ヶ沢町

ジリジリと暑い夏の太陽、照り返す道路、日焼けをなんて気にせず、ビーチで遊ぶ若者たち、顔を滴る汗…夏本番のこの時期に食べたい、スパイシーなカレーが届きました。

そのカレーは、青森県西津軽郡鰺ヶ沢町の風丸農場(有限会社 白神アグリサービス)さんのオリジナル「有機野菜と米粉の野菜カレー」で、青森のりんご、米粉、有機栽培の野菜が豊富に含まれたレトルトカレー

カレーは嫌い…なんていう連中って聞いたことないですよね。
カレーの種類が多い中、いつも食べているカレーじゃなくて、食べたことがないカレーって以外と好奇心を唆られません?私なら見つければ必ず食べる性質を持っていますから、必ず食べちゃいまね。

暑い日に汗をかきながらのカレーもいいけれど、寒い日冷えた体にもカレーはオススメです♪

 

風丸農場さんは「よいものづくり、そして次世代農業の進展に関わりながら地域に貢献する」をモットーに、地元の旬の味覚を全国にも発送しています。

さくらんぼ、りんご、ブルーベリー、山ぶどうやお米など、四季を通じて生産する農産物。米粉、りんご酢、カレールウ、柿やリンゴ、プルーンを干した果実、ジャムなどの加工品を生産しています。

地域活性と、消費者と生産者が共につくる新しい農業を目指して出来る「風丸ブランド」は今もなお開発中です。

 

さてその中のひとつ有機野菜と米粉の野菜カレーは、風丸農場さん生産の米粉とりんごのカレー・ルウに、協力農場である久松農園さんのこだわりの有機野菜で作ったヘルシーなカレー。

ゴロッと入った大きめの野菜がおすすめポイントなんだとか。

さてこのカレーの決めては一体なんなのか。早速食べてみて素直に味を表現してみたいと思います。

 

★香り「ほんのりと甘いんだけど、スパイスの香りもふんわり漂います」

★スパイス「種類は使われていることがはっきりわかります。酸味、辛さのバランスが最高」

★味「野菜の大きさは驚き!レトルトなのにこんな大きいじゃがいもや人参は初めて見ました。‘ウマッ3秒後にカラッ’、肝心なコクだって負けじとグッと感じますよ」

 

ヒ~ハ~♪

 

と徐々に辛さが増してくるからうまいんですよ。
作り手の考え通りのカレーじゃないかなと思います。野菜のボリュームといい、カレーのコクと旨みといい正に

 

“あっぱれ”

当然ながら、また食べたいと思うのは食べてみた連中しかわからないこと。
でも本当に安心・安全でしかも美味しいんだよっていうのは伝わったと思います。市販されているカレーより「できのいい」カレーであることは間違いありません。見た目、味でインパクトを与え、脳裏を離れそうにない有機野菜と米粉の野菜カレー、是非食べてみてほしいです。

 

ご注文は、買っちゃって王カートから。

 

お茶作り三代。鹿児島県頴娃町のお茶農家直送 -勲- 下窪勲製茶

もう随分前のこと。鹿児島へ仕事でいった時に、鹿児島市内から指宿スカイラインに乗り、枕崎を目指していた途中、見たこともない大きな扇風機が見えてきたんです。

その扇風機は後で分かったんですが、防霜ファンといいその役目は、新茶のお茶の芽が遅霜の被害にやられないようにするために設置しているそうなんです。その防霜ファンの周りこそお茶の生産地で有名な、頴娃町(えいまち)のお茶畑だったのです。

今回お送りくださったのは頴娃町牧之内に三代に渡り、お茶栽培を続ける「下窪勲製茶」さんから。独自の工夫から生み出された薫り高いお茶は、今もなお不動の人気を誇ります。

「美味なるお茶は畑の土から、株の根から」この言葉通り、常に善き道を指向し、良質なお茶作りに励む下窪勲製茶さんは、お茶栽培から製茶、販売・発送まですべて自社で行っています。

下窪勲製茶さんでは美味しいお茶のための3つの約束が代々受け継がれており、

1、葉肉の厚い元気な一番茶の柔らかい新芽だけを使う。

2、渋み・苦みを整え、まろやかでコクのある深蒸し茶に仕上げます。

3、お茶本来の薫りと味わいに徹したお茶を追求します。

この3つが守られているからこそ、高品質な安心・安全な手作りのお茶が生まれるわけです。

下窪勲製茶さんでは、いろんなお茶を作っていますが、その中の今回お送りいただいた「勲」は、鹿児島県公認「かごしま茶」のブランド認定されたお茶のひとつ。勲は、やぶきたの中でも最高級茶葉を厳選し、薫り・味わいともに納得の一品なんだとか。

 

その「勲」早速頂いてみたいと思います。

お茶の淹れ方は袋の裏側に丁寧に説明があります。その通りにして湯呑に注ぎ

 

一口 ズズッと…

甘くふくよかな香りが鼻をかすめ、濃くもなく薄すぎない味は「ん~うまいっ鹿児島のお茶っておいしいねぇ」というのが素直なところ。

渋みの少ないすっきりした味わい、なのに飲みながらにして、味の奥深さにプロの仕事がなされているのが確認できます。余計のない、無駄のない仕事がこのお茶を飲めばその素直さに気づくと思います。

一口で、やさしさを感じ、二口で遠くに見れるふるさとの山々が懐かしく、そんなお茶こそ「勲」ですね。

※お茶を美味しくいただくための注意※

美味しくいただくには先に書いたように、淹れ方をみてその通りにすることです。沸騰させたお湯をそのまま使うと渋みばかりしかでませんから、決して焦って作らないことです。

 

鹿児島県頴娃町。
ここで育つ「えい茶」は天保7年、現在の新牧地区に種子を播種したのが起源とされるそうです。下窪勲製茶さんは、この地でお茶を栽培し数十年の歴史を刻んできたお茶農家。ひたむきにお茶と向かい、その甲斐あって今では鹿児島を代表するブランド茶の生産も行っています。お茶は人の心を親しませ、気持ちにゆとりさえ与えてくれます。そして安心・安全なお茶を下窪勲製茶さんは今日も皆様へお届けします。

 

下窪勲製茶さんの「勲」のお取り寄せは、買っちゃって王カートから