0

本場秋田直送!“日本料理花よし”お勧め「きりたんぽ鍋」

Posted by kanri on 2012年3月19日 in お土産・郷土料理など |

おそらく初めての登場だと思うんです「きりたんぽ鍋」。長年レポートをやってきてこんなに有名で、冬の秋田の名物を紹介していなかったなんて。どうぞ“お取り寄せ”の参考にしてください。

今回お送りいただいたのは秋田県大仙市の「日本料理 花よし」さんから。
料亭の味バッチリ、比内地鶏入りのきりたんぽ鍋セットが届いたんですが、中身は比内地鶏のスープ、きりたんぽ、比内地鶏(鶏モツ付き)、ごぼう、長ねぎ、せり、糸こんにゃく、油揚げ、天然舞茸が入っています。(到着しましたらすぐ冷蔵庫へ。3日以内に食べてください)

勿論レシピもついていますが、早い話「具材を順番通りに入れるだけ」でいい。

秋田杉の直径1.5㎝ぐらいの串に香り豊かな新米を巻きつけ、こんがり焼き出来たのがきりたんぽです。きりたんぽの発祥は鹿角市といわれ、漢字では「切蒲英」と書きます。

秋田県では冬になると学校給食にもでるほど、ごくポピュラーなものなんです。

さてさて鍋からグツグツといい音がと聞こえてきてまいりました。蓋を開けるとスープをしみ込んだきりたんぽが真っ先に目に入ってきます。そして鍋ならではのいい香りが部屋中に漂います。

まずはスープの染みたきりたんぽから食べてみたんですが、フワッとしていて口に入れると、実に美味しいご飯の味。お餅とご飯の間っていう感じでしょうか、焼きたてのきりたんぽだともっと美味しいのでは?と思いました。次に舞茸を食べてみましたが、大きめで食べ応え十分、スープとの相性がいいのでしょうか、この舞茸はいくらでも食べられそう。

さてお待ちかね、普通だったら最初に食べるであろう比内地鶏の番です。歯ごたえもいいけれど、これぞ比内地鶏という肉質の良さが噛むほどにわかってきます。あぁこれをから揚げや刺身にしたらいったいどうなんだろう?と大分県にいる私はそう思ってもおかしくないはずで、肉がうまいと何にでも合うことを知っているからなんです。

この鶏からの出汁。実はこの出汁のすごさがこの鍋のすべてのような気がしてなりません。

もちろん、厳選した素材も美味しさを引き出す役割があるんでしょうけど、このスープは、バランスがよくて、すべての素材を活かせるものに思えるんです。

深みもあって、コクもあって、そのまま温まったスープを飲んでみても、塩気が強いわけでもなく、辛いわけでも、濃いわけでもありません。グイグイ飲み干せるほど美味しいんです。もちろん締めはうどんや雑炊で食べて「あぁ美味しかった」また食べよ・・・。

 

秋田ならではのきりたんぽ鍋。
家庭的で、心も体も一緒に温めてくれますよ。

 

御注文は、買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2020 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.