0

第2段!  岐阜県「あなぐまのお家」卵臭くない「醍醐卵」

Posted by kanri on 2011年11月21日 in 山の幸(農産物など) |

あなぐまのお家さんは楽天のネットショップさんですが、岐阜県の地元商品を数多く紹介しています。扱う商品の中で以前紹介した豚肉「文殊にゅうとん」は脂が美味しくて、噛むほどにジュワ~っと旨さが口いっぱいに広がってとても美味しかったです。

今回はあなぐまのお家さん「第2段」お勧めの卵を紹介します。

岐阜市の棚橋ファームさんの醍醐卵

 

澄みきった空気、おいしい水に恵まれた岐阜市の西部上西郷。ここですくすくと育った鶏の卵「醍醐卵」は第31回毎日新聞社毎日養鶏賞優秀賞を受賞した経験もある皆さんが認めた安心・安全な卵です。
卵を食べた消費者から「今まで卵アレルギーで食べることができなかったが醍醐卵は食べることができた」「卵特有の臭みがなく美味しかった」という声も。醍醐卵は遺伝子組み換えをしていないトウモロコシ、脱脂大豆、EM(有用微生物群)肥料と海藻・飛騨の桧の炭などを独自にブレンドし、与える水はFFCセラミックス活性水を鶏に与えています。そうして健康に育った鶏の卵は黄身・白身に張りがあり、臭みのない美味しい卵が生まれるんです。

 

卵はなんでも同じなんて思ってませんか?

卵は与える餌、水、鶏の種類で全くといっていいほど色、味、コクが違います。白や茶色い殻が殆どですが、今まで私が食べてきた農家さんの卵はすべて堅い殻のもので、どの農家さんも独自のブレンドをした餌、きれいな水、整った清潔な鶏舎または平飼いで育てた鶏卵です。
一言でいうと卵は改良すればもっといいものができるのではと思うところです。それと卵アレルギーを持つ子供さんが安心して食べることができる卵は餌、育成環境にあると最近思うようになりました。

さてこの醍醐卵、殻を割ってみると・・・・

キラキラと輝くまるで夕日を思わせるほどのきれいな濃いオレンジ色の黄身は、モッコリと盛り上がっています。鼻を近づけ匂いを確認すると確かにたまご特有の生臭さがありません。
醍醐卵の味をお伝えするために、みなさんお馴染の「たまごかけご飯」にして食べてみました。茶碗の中ははじけるほどの白、オレンジのコントラストを映しだしまるで新鮮さを物語っているかのよう。ズズッとお茶漬けのように一気に口に運ぶとその旨さに驚きは隠せません。

「今までと違う、この卵に早く出会っていれば・・・」そう思わずにいられなかった素直な気持ち。「濃くて甘い」トロ~リとろけるご飯とベストマッチの最高のたまごです。お醤油のかけすぎに注意すれば、本当に卵ってこんなに美味しいんだっていうのがだれでも確認できるはずです。私なら自分で食べたあと子供にどこの卵って言わず食べさせてみてその反応を見たいものです。きっと「美味しいっ」っていうに違いないでしょう。

 

醍醐卵御注文は買っちゃって王カートからもできます。
みなさんお気軽に!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.