0

蕎麦の香り豊か!ありそうでなかったこのお酢で健康生活。農業生産法人㈱はまほろ

Posted by kanri on 2011年11月14日 in 調味料 |

酢にもいろいろ種類がありますが、ここ数年の間酢は「健康」にとってもいいことが認識されて料理酢以外にドリンクになったり、そのバリエーションは豊富。
今回紹介する酢は、北海道佐呂間町で農業を営みながら、自社栽培の蕎麦を使ったそば店を経営する農業生産法人 ㈱はまほろさんからです。ファーストインパクトは勿論「蕎麦酢」というネーミングからで、どんなものなのか食べることが大好きな私にとって興味がないはずありません。

送られてきた瓶には赤いタグがついていてそこには「私達生産者がオホーツクのミネラル豊富な海風を活かして育てたそばです」と書いています。
はまほろさんの作った蕎麦酢の使われている蕎麦は無農薬栽培。サロマ湖から吹き寄せるミネラル豊富な海風をうけ、香り高くコシの強い蕎麦が育つんだとか。また色鮮やかに育った蕎麦で打った店舗のそばは地元でも人気だそうです。その蕎麦を原料に製麹し、糖化・発酵させ、種酢を加えて酢酸発酵させた醸造酢こそ、今私の手元にある「蕎麦酢」。
スーパーでたくさん陳列されている酢には黒酢、米酢、果実酢、バルサミコなどがありながら、あってもよさそうなのに蕎麦の酢を見た、使ったという方はまずいないと思います。

 

蕎麦の主成分はでんぷん。蕎麦に含まれるたんぱく質には体脂肪の蓄積を抑制する作用があるとされ、高脂血症の予防や肥満防止に役立ち、生活習慣病の予防に結びつきます。またポリフェノールの仲間のルテイン、余分な塩分を体外に排出するカリウムも含まれます。

実はその体にいい成分、この蕎麦酢にもそのまんま含まれています。

さてこの蕎麦酢、酢特有の酸味とほのかに蕎麦の香りがします。
簡単な使い道でドレッシングが身近ではないでしょうか。そのまま野菜にかけてもいいんですが、はまほろさんによれば蕎麦酢とオリーブオイルを混ぜドレッシングとして使うのがお勧めだそうです。蕎麦酢3に対しオリーブオイル1の割合で作ってみました。

キャベツ、レタスの他に先日新潟の農家さんから送っていただいた「トマピー」という見ためはトマトそっくり、生でかじると甘く、肉厚であのピーマンの臭みがないパプリカの仲間の一種と、ミニトマトを刻みサラダにして蕎麦酢ドレッシングをかけてみました。

案外さっぱり、和と洋の傑作ともいえるこれまで味わったことのない気品溢れるおしゃれなドレッシング。蕎麦の香り、酸味、そしてオリーブオイルとの相性が抜群で、一口で蕎麦がグッと近づいてきます。

いつも使い慣れたドレッシングより予想を超えた風味、味わいに「これ、いいわ」と誰しもがそうに違いありません。これ一本とオリーブオイルさえあれば簡単♪に健康ドレッシングのできあがりです。

 

ドレッシング以外に、蕎麦酢を牛乳に入れて飲んでも美味しいということでしたので試してみたんです。すると、なんとなんとヨーグルト風味で美味しいこと!さっぱりといただけます。

蕎麦を酢に。この発明はすごく酢だけにステキなことと思います。マヨネーズやドレッシング、昔から日本人に愛着のある醤油や酢にあとひとつ「蕎麦酢」が仲間入りといっていいでしょう。
また体調管理がそろそろ気になる中高年の方。お近くの蕎麦に飽きてきたら是非この蕎麦酢で奥さまに蕎麦酢ドレッシングを作ってもらっては?またこの蕎麦酢をつかっていろんな料理にもチャレンジしてほしいですね。酢を使う料理って案外多いもんで酢(す)。
御注文は買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.