播州伝統の名物「鯛の浜むし」祝い事に、パーティで-㈱浜野商店-

全国津々浦々「鯛」を使った料理は多い。
その歴史はどこも古いが、昔から我々日本人にとって鯛は「めでたい」という表現からなにかと祝い事には使われていて、たとえば二人の門出を祝う結婚式、お正月はその年の初めを祝うことから幾度となく鯛を目にしたことも多いはずです。
今回紹介するのは創業大正15年の浜野商店さんから送られてきた播州地方伝統の「鯛の浜むし」。あまりの迫力のある鯛の大きさに驚いてしまうほどで、見た目で絶対一人では食べきれないことがわかります。

浜野商店さんはその時期の旬な魚介類を販売していますが、その中でも鯛の浜むしは特別なもの。
ではどんな蒸しものなのかというと、その歴史を語るには姫路市的形地区の「入浜式塩田」で作られた窯出しの塩、明石海峡の急流に揉まれ育った鯛なしでは始らない。

今では塩田は消えていったものの、明石海峡で捕れた大きい鯛を塩にうずめ、特殊な方法で長時間蒸し焼きにしたものを言いますが、播州地方の塩田の発達とともに鯛の浜蒸しが誕生したと言われています。

では鯛の浜蒸し、

食べ方を紹介しましょう。

(温めずそのままで)

鯛に着いた塩を落とし、竹を取り外し大きめの皿に移してそのまま食膳に。

皮は鱗のまま剥ぎ取り、別の皿に移し食べやすい大きさにカットし、から揚げにするか、コンロできつね色に焼き醤油をつけて。

鯛の身は小皿に取り分け、そのまま食べても絶妙な塩加減で美味しくいただけますが、大根おろし、生姜、わさび醤油、ポン酢、三杯酢、醤油、ソース、オリーブオイルなどをつけて食べてください。カブトは、塩抜きをし潮汁で、腹の中の鶏のタマゴも珍味!
これ以上鯛を美味しく頂く方法は無いくらいの旨さ!私が特に美味しかった部分は頬の肉が激ウマ!でした。家族4人で腹いっぱいになるくらいですが、もったいないくらい究極の酒の共であったことは事実です。
浜野商店さんお勧めの食べ方に昆布を鍋に敷き、鯛の骨や鰭(ひれ)と一緒に煮ます。ある程度煮詰めてきたら焼き豆腐を入れ、煮ながら食べるとこれまた絶品なんだとか。

頭の先からしっぽまで、すべてが美味しくておなかいっぱい。鯛だけでこれだけ腹いっぱい食べられるのは勿論大きいからで、それと按配のよい塩気だからそのまま食べても美味しいんだけど、他になにか調味料をつけても何も遜色なく食べられ、皮のから揚げも美味絶品。何かの行事で人が集まるとき、結婚式などに是非お勧めしたい浜野商店さんの「鯛の浜むし」

ご注文は買っちゃって王カートから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です