0

300年の伝統「岩国寿司」と岩国レンコン、地元味噌を使ったじらく杏特製の焼き鯖寿司 パンサー

Posted by kanri on 2011年5月17日 in お土産・郷土料理など |

日本三大名橋でも知られる錦帯橋(きんたいきょう)のある山口県岩国市。
春は桜の名所としても有名で、5連のアーチからなる錦帯橋は年間を通じ、多くの観光客でにぎわっています。

今日紹介する「岩国寿司」は地元岩国で作られる知る人ぞ知る押し寿司のひとつ。
岩国寿司の歴史は古く殿様寿司とも言われ、約380年前岩国藩で収穫された蓮根野菜を配し、近海のの身を入れ、保存食にするため味付けを寿司にしたもの。
かつて、山城のために水が確保できなかった岩国城で、戦に備えるため岩国藩主が保存食として考案したという説や、藩主への献上品といった説もあり、今では見た目の鮮やかさから、お祝いの席などには欠かせない一品となっています。
また2007年には農林水産省により農山漁村の郷土料理百選にも選ばれました。

 

さて、その岩国寿司を食べに行かずに何と通販で購入ができるんです!
錦帯橋の近くにある「パンサー」さんはお惣菜や弁当の販売をしていますが、もちろん岩国寿司もお客様には人気の商品。
随分前ですが、錦帯橋を見に行って岩国寿司を食べた経験があるんですが、綺麗で鮮やかな押し寿司にどこから箸をつけようか、食べるのがもったいなくて誕生日にケーキの代わりに子供が見てもきっと喜ぶだろうにと思ったほど。

その岩国寿司が目の前にあるんです!
パックの蓋を開けると「あっ綺麗」カラフルに彩られた岩国寿司は見た感じ正に和風ケーキで、艶やかな錦糸卵、エビ、おぼろ(でんぶ)、エビのコントラストがとても綺麗で華やか。
真横から見るとご飯とご飯の間に更に錦糸卵や椎茸がサンドされていてケーキでいうとスポンジの間にある生クリームといったところでしょうか。さていつまでも見ていたい岩国寿司ですが、早速食べてみることに。

一言でいうならば色形からは想像できないほど!
その味にはハデさがなく「あっさり・さっぱり」。そして美味しい!濃い味がするだろうと思っていたんですが全然で、食べすく十分すぎるほどの食べ応え。
これはきっと誕生日や祝い事にドンピシャ!ケーキの代わりに是非使ってもらいたいですし、岩国の歴史と伝統に触れてみていただきたいです。

さて実はパンサーさんにはもう一つお勧めの商品があって
「じらく杏特製焼鯖寿司」というこれも押し寿司。
表面の焦げ目とその真下にある寿司飯を眺めているだけでヨダレがでてきそうです。その味はというと、臭みのない焼鯖はしっとりしていて、鯖の下のシャリとシャリの間にレンコンと生姜が入っています。
噛むほどに鯖のいい香りと生姜の香りが合わさって歯ごたえのいい刻んだ生姜とシャリ、そして鯖のそれぞれの旨味が実によく合っています。互いのよさを引き出したじらく杏特製焼鯖寿司もひと噛みひと噛み味わい深く、岩国寿司と同じくさっぱりといただけます。

 

刻んだ歴史には受け継がれてきた味も当然存在しますが、そのひとつに今日直接触れることができました。それが自宅で味わえ、しかも見た目もよければまた今度頼んでみようときっと思うはずです。
紹介したパンサーさんの2つの商品、是非味わってみてください。

購入は買っちゃって王カートから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2009-2019 試食れぽ~と! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.